ケアハウス(軽費老人ホーム)のサービス内容と入居条件を解説

ケアハウスとは 入居条件やサービス内容 介護施設の紹介

家庭や経済的事情により、自宅生活が困難・不安がある。
そんな高齢者向けた住まいがケアハウスで、公的補助のある福祉施設です。
軽費老人ホームと呼ばれることもあります。

特定施設がある事で、ケアハウスにも「一般型」と「介護型」と種類があります。
入居条件やサービス内容などを解説しましょう。

スポンサーリンク

「ケアハウス」とは低所得でも入居できる福祉施設

ケアハウスとは、別名「軽費老人ホームC型」という施設です。
社会福祉法人による運営が主ですが、後述の介護型については民間企業も参入しています。
※A・B型は生活のサポート中心の施設、現在新設はされていない

近親者からの援助が厳しく、住まいや生活に困難を抱える人の為の施設です。
助成金制度を利用して、安い利用料でサービスが受けられるのが特徴。
ただし、入居一時金が必要な施設もあるようです。

 

ケアハウス(C型)にも「一般」「介護型(特定施設)」と種類があり、提供サービスも異なります。
24時間の介護を望むのであれば、介護型を利用する必要があります。

主に、食事・安否確認、レクリエーションといったサービスが提供されます。
居室は原則個室ですが、2人部屋も用意されており、食事は食堂で提供されています。

 

ケアハウスの入居条件

ケアハウスの入居条件は、一般型と介護型で違いがあります。

一般のケアハウスでは、満60歳以上である程度自立した生活が出来る方が対象。
介護度が高くなると、住み続ける事が難しい場合もあります。

一般型の入居条件
・60歳以上の方 (夫婦の場合、どちらかが60歳以上であること)
・家族との同居が困難など不安が認められ、ある程度自立した生活が出来る方
・共同生活に対応できる方

 

一方、介護型は介護を必要としている方が対象です。
こちらのは場合、認知症にも対応している所も多く、施設によっては看取りにも対応しています。

介護型の入居条件
・要支援1~2の方
・要介護1~5の方
※施設により違いがある可能性もあり

 

ケアハウスの「一般型・介護型(特定施設)」 サービスの違い

ケアハウスには2種類あり、それぞれで入居条件が違うようにサービスも違います。
特に介護サービスの利用方法については大きく違うので解説します。

 

まず「一般型」はある程度自立した方向けですので、施設職員による介護サービスはありません。
介護サービスを利用したい場合、各自で事業者と契約し、自宅と同じく介護保険の居宅サービスを利用しなければなりません

介護型」は特定施設と指定されており、ケアハウス職員から24時間体制で介護サービスが受けられます
介護型の有料老人ホーム・サ高住などと大きな違いはありません。

特定施設とは
介護保険を利用した介護サービスが受けられる施設の事です。
特定施設の指定を受けているケアハウスは約2割ほどとの事。

 

ケアハウスの利用目的に合わせ、事前に「特定施設の指定」があるかよく確認しましょう。
介護型ケアハウスに近いものとして、「介護付き有料老人ホーム」や「介護型サービス付き高齢者向け住宅」があります。
どちらも特定施設の指定を受けた入居施設です。

 

こちらから、介護施設の検索や資料請求が出来ます。
探しっくす

コメント

タイトルとURLをコピーしました