介護職で働くことに関する記事

働き方

フリーランス介護士を支えるシェアリングとは?実際の働き方と注意点

介護職として独立し、フリーランスで働く。近年はシェアリングエコノミーが浸透し、介護分野でもそうした「個人で仕事を請け負う働き方」が可能になってきました。実際にフリーランス介護士として働く方法や仕組み、注意点について解説します。
介護職で働く

介護職は有給消化ができない?介護士が有給を使うコツを現状と共に解説

介護職は人がいないから有給なんか使えない、有給消化は退職時にまとめてするもの。介護業界のそんな現状は少しずつ変化してます。まだ数は不十分ですが、介護職でも有給が使える職場はあります。有給消化率の高い介護施設の事例や現状、介護士が気持ちよく有給休暇を取るためのコツなどをお伝えします。
介護職で働く

サービス付き高齢者向け住宅の「介護職の仕事内容」!資格・給料も解説

サービス付き高齢者向け住宅における介護職員の仕事内容を解説します。サ高住で義務付けられてるのは、安否確認や生活相談。生活の悩みを解決したり、様子確認や見守りが主な仕事です。ただサ高住によっては、デイや訪問介護事業所を併設し、施設の入居者へ介護サービスを提供する事もあります。それらの介護士を兼務し、身体介護を行う可能性もあります。負担少なく働けるのがメリットですが、転職の際は仕事内容のミスマッチに注意しましょう。
働き方

介護派遣のメリットとデメリット!正社員とどっちがオススメ?

介護業界では、派遣と正社員どっちで働くのが良いのか。派遣社員と正社員のメリットとデメリットをまとめつつ、どちらがオススメかを比較します。介護派遣は時給相場が良く、柔軟な働き方が出来るのがメリット。ボーナスを得にくい、派遣切りの可能性があるデメリットもありますが、需要の高さからあまり気にならないのも現状です。派遣から正社員になる事も出来るので、派遣やパートで働きつつ、良い職場があれば正社員を目指す動きがオススメです。
介護職で働く

介護職を悩ます職場内イジメの内容!イジメで辞める時の対処方法は?

介護は職員同士のやり取りが多く、人間関係の悩みが発生しやすい環境です。特に介護士同士のイジメに悩む新人職員も多くいます。もし職場でイジメにあったら、我慢はせずに逃げて下さい。もしいじめが原因で辞めるなら、無理にその事実を話す必要もありません。介護職をとりまくイジメの実態や原因、辞めたい時の対処法やいじめ被害を受けない為の方法についてお話しします。
介護職で働く

介護助手の仕事内容とは?看護助手との違いや給料も紹介!

介護助手の仕事内容や役割を詳しく解説します。看護助手は介護士のサポーターで身体介助は行わず、清掃やシーツ交換などが仕事です。専門的な知識や経験は必要なく、無資格でも安心して働く事が可能です。当記事では介護助手の業務を細かく説明、介護士や看護助手との違い、給料や資格の話などもしていきます。求人の探し方等、介護助手になる為の情報を網羅的にまとめました。
介護職で働く

介護職が円満退職すべき理由と方法【退職トラブルなしで辞めるには?】

介護業界は意外と狭く、昔の退職トラブルが原因で思わぬ問題が生まれる事があります。介護は職員の入れ替わりが激しく、転職活動も容易ですが、辞める時は円満退職を目指さなければ、後々苦労する事もあります。当記事では、円満退職の流れやコツを解説。円満退職は無理と思っても、見ている人は見ています。いつでも堂々といられる様、守っておきたい退職マナーや方法を解説します。
介護職で働く

介護施設の送迎ドライバーの仕事内容とは?資格や志望動機も解説

介護施設の送迎ドライバーの仕事内容や必要資格を解説。デイサービスや入居施設での送迎業務や福祉車両、給料等についてお伝えします。送迎ドライバーには2種運転免許は必要ないですが、介護補助員や営繕など、様々な仕事を兼務する事もあります。その業務範囲や実際の求人など、介護ドライバーになりたい方に必要な情報をまとめました。
転職活動

介護業界への転職時期はいつが良い?求人や賞与で見る転職タイミング

介護業界での転職活動は、採用確率で言えば特に時期を気にせず問題ありません。ただ賞与や処遇改善などの収入面、求人数が多くなる時期などはあります。未経験者であれば、資格の取得タイミングも考えて転職活動をする必要もあります。介護で働く気持ちがあり、良い求人が見つかった時がベストタイミングですが、知っておきたい転職スケジュールの話を説明します。
介護職で働く

介護職は遅番や夜勤を断れる?早番や遅番ばかりでキツイ時の対処法

介護施設では、早番や遅番、夜勤など様々な時間で不定期に働く必要があります。家庭の事情などで「遅番や夜勤を断りたい」と悩む方も多いです。特定のシフトは断れるのか、どんな理由なら認められるかなど、介護業界の実情や対処法をお伝えします。実際そうした方は多く、他職員が「早番や遅番ばかりでキツイ」ともなりがち。そんな時も、辞める前にまずは周囲に相談する事が大切です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました