介護職で働くことに関する記事

転職活動

施設介護職員の「日勤の仕事内容」を解説!「日勤のみ」で正社員になれる?

介護施設における日勤介護職員の仕事内容を解説します。日勤は9時から18時までのシフトで、入浴や排泄、食事などの介助が仕事です。早番や夜勤に比べ、職員の多い時間なので業務に余裕があるのがメリット。日勤のみで働く事も可能ですし、正社員になれる求人もあるので未経験者にもオススメです。
介護職で働く

介護職のキツイ連勤実情!5日以上や連続夜勤も【何日まで許せる?】

人手不足により、連勤も多い介護職。5日以上の連勤や連続での夜勤が発生してる職場も多くあります。介護職の公休の数を考慮すると、連勤日数は3~4日までが標準的なラインです。それ以上の連勤が多くなると、その職場を続けるのは危険かもしれません。介護職の連勤実情と連勤しない為に個人でできる事を紹介します。
介護職で働く

介護における「ケース記録」の書き方【例文付きで解説】

介護施設などで使う「ケース記録(ケア記録)」の書き方を例文付きで解説します。ケース記録を書くべき時や内容、文章表現などを詳しく紹介。介護施設を想定したケース記録の例文も、日勤・夜勤帯ともに紹介。スムーズに分かりやすい文章記録を作成するコツもお伝えします。
転職活動

「入浴介助ばかり」で辛い!介護職で入浴介助なしや楽な施設はある?

入浴介助でキツイというのは、介護職共通の悩みです。ただ「毎日入浴介助ばかりで辛すぎる」と過度な負担がかかってる方もいるでしょう、介護士は皆同じ様でも、入浴担当が多くなる働き方や負担の大きい施設も存在します。その実情を説明しつつ、「入浴介助無し」や「入浴介助が楽」な職場・働き方を説明します。
転職活動

介護職のボーナスはいついくら貰える?ボーナス無し・カットの職場も

介護職にもボーナス支給制度のある職場は多くあり、処遇改善手当もあって、そこそこの額が支給されます。しかし「ボーナスなしの職場」や「ボーナスカットされ安くなった」という事も珍しくありません。当記事では、介護職の平均ボーナス支給率や金額を紹介。「ボーナス重視の転職」や「増やすための取り組み」にご活用ください。
介護士用品

介護士にオススメなウエストポーチ特集!仕事での中身も紹介

介護士は持ち物が多く、ポケットに入らないも多々あります。そんな時に便利なウエストポーチを紹介。介護士向けのオススメウエストポーチを「小さめ」や「可愛い」など、様々なデザインから選びました。「仕事で何を入れてる?」など、ポーチの中身や使い方も解説中です。
介護士用品

介護職におすすめなメモ帳・手帳まとめ!介護士用手帳やメモ方法も

毎日の申し送りの多い介護職には、メモ帳も必須アイテムの1つ。 そこで今回は「介護職向けのおすすめメモ帳と手帳」をまとめました。 職種や目的別に応じ、多様なサイズから便利メモ帳を選びました。 業務中のメモの活用場面についても触れてます。...
介護職で働く

介護職は力仕事ばかり?業務内容と力がない人でも働ける施設も紹介

介護職は力仕事も多いですが、そうでない職場もあります。力が弱い、自信がない方でも、働きやすい介護施設もあります。当記事では「力仕事」の観点から、介護士の仕事を解説。力仕事や体力的にキツイ業務、力仕事が少ない介護施設などを紹介します。介護職転職を考えてる方は、ぜひご参考下さい。
働き方

介護職の正社員とパートの違いを解説!働くならどっちがオススメ?

介護職で初めて働く方へ、正社員とパートの違いを詳しく分かりやすく解説します。どちらが良いか迷ってる方は、基本的に「収入なら正社員」「働きやすさならパート」です。しかし近年の介護業界では、パート社員でも正社員に近い扱いを受けられる職場が出てきてます。そのあたりの実情・実体験も含め、細かくお話しします。
介護職で働く

夜勤介護士の持ち物を紹介!飲食物や便利グッズ、仕事用品まで解説

介護施設の介護士が夜勤で用意したい持ち物をまとめました。夜食や飲み物の量、上着や仮眠グッズなど、夜勤で準備すべきモノを現場の介護士が解説。夜勤での便利グッズから仕事での必需品まで、介護士のリアルな意見をお届けします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました