介護職の未経験者にオススメの介護施設は?初心者向け職場と転職ステップ

転職活動

どの仕事も最初が肝心ですが、介護職も例外ではありません。
経験に問わず、転職で1番失敗を感じやすいのは入職直後だったりします。

未経験でこれから介護職で働く方にも、こんな疑問があるのではないでしょうか?

  • 未経験者にオススメの職場を知りたい
  • 避けた方が良い職場の種類は?
  • 転職活動をどう進めるべきか、分からない

当記事では、「介護未経験者にオススメの職場と転職ステップ」をまとめました。

私は10年近く介護で働き、色々な職場も経験しました。
そこで得た経験を元に、「未経験者向けの職場」や「具体的な転職時の動き」を紹介します。

「初めての人でも、無理せず続けられる事」を重視した職場選びを解説。
未経験者にオススメの転職方法や求人サイト等も扱います。
スポンサーリンク

介護職の未経験者にオススメの職場

初めて介護業界で働くのであれば、介護施設の介護士がオススメ。

それには下記理由があります。

施設介護士で働くべき理由

  • 無資格でも働ける
  • 他介護士と一緒に働ける
  • 相談員等の他職種には、介護福祉士などが必要

介護士以外の他職種になるには、資格や経験が必要です。
未経験からであれば、まずは介護士として経験を積む事になります。

また上記理由により、訪問より施設の方が初心者向けです。
訪問では初任者研修が必要かつ、1対1の仕事なので、他職員のサポートを受けにくい。

案内をする介護士

私が今まで経験してきた施設では、下記施設が未経験者にオススメ。

未経験者向けの介護施設

  • 有料老人ホーム
  • ユニット型の特別養護老人ホーム

その理由を解説します。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護度的に利用者のバランスが良いです。

「自立度が高い方が多いが、介護度の高い人もいる」という感じですね。
忙しすぎず、様々な介護業務に関われるので未経験者向けです。

相談をするシニア夫婦

様々な施設を経験しましたが、有料に関しては下記感想を抱きました。

介護付き有料老人ホームの特徴

  • 自立度が高い人が多く、業務過多になりにくい
  • 介護度の高い人もいるので、身体介助も学べる
  • 「利用者=お客様」の意識が高く、接遇の質も高い

介護士として必要な事をバランスよく、無理せず学べます。

他施設に比べ、「キツイ」「大変」という感じは薄いですね。
初めて働く人も、安心して働けると思います。

介護付きは、24時間介護サービスを提供する施設の事。
他の有料には、生活支援中心の「住宅型」も存在します。

ユニット型特別養護老人ホーム

「ユニット型の特別養護老人ホーム」も個人的にオススメ。

介護度の高い方が多く、介護技術知識をしっかり学ぶ事が出来ます。

キツイイメージが強い職場ですが、働いてみると意外に安心して働けます。
介護度が高い方を想定した施設なので、介護がしやすい環境は整ってますね。

特別養護老人ホームの仕事はキツイ?働くメリットと大変さを解説
よく仕事がキツイと言われる特別養護老人ホーム。そんな特養は、意外にも働くメリットも多い職場です。介護技術や知識の習得にも繋がり、設備の充実や他職種のサポートで介護士が安心して働ける環境ですよ。特養は仕事が大変ですが、働きやすい面も多い施設です。実務経験をもとに、その実態をお伝えします。

私も特養で経験を積み、現在は色々な施設で働いてます。

特養で慣れれば、仕事の自信は間違いなくつきます。
慣れた頃には、どこでも通用する介護士として成長していますよ。

なぜ「ユニット型特養」なのか?

ユニット型というのは、利用者と職員を少人数のグループで固定してる施設ですね。

大規模施設の中に、小さい施設がいくつもある感じです。

ユニット型施設とは?

特養の中でも、何故ユニット型なのかというと下記理由があります。

ユニット型特養がオススメな理由

  • 担当利用者が少なく、ケア方法等を覚えやすい
  • 少ない利用者と多く関われるので、成長に繋がりやすい
  • 職場が合わなくても、ユニット間の異動で解決できる

担当利用者が少なく、相手を覚えやすいです。

施設全体で60人や80人いたとしても、1ユニットの利用者数は10人。
利用者の覚えやすさが違います。

チェックポイントを教える介護士

少ない方に深く多く関われるので、仕事も覚えやすくスキルアップにも繋がります。

職員同士で介護方法を相談したり、成長機会にも恵まれてますね。

また各ユニットは、利用者も雰囲気も大きく異なります。
「今の職場は自分に合わない」と思っても、転職せずにユニット異動で解決も可能。

異動機会は少ないですが、希望を出せば自主的にも可能。
転職せずに多様な経験を積んだり、問題解決も図れます。

介護未経験者が避けるべき職場

それでは逆に、未経験者が避けるべき職場についても触れます。

訪問介護(ホームヘルパー)

個人的な意見ですが、訪問介護は未経験者にあまりオススメできないです。

理由は先も述べましたが、要点をまとめるとこんな感じ。

未経験者が訪問介護を避けるべき理由

  • 初任者研修が無いと働く事が出来ない
  • 1対1の仕事なので、他職員サポートを受けにくい
  • 利用者宅で働く故の難しさ

誤解の無いよう言っておくと、訪問介護はやりがいのある良い仕事です。

個人にあわせた個別ケアを実践できますし、スキルアップにも繋がります。

困り顔の女性

ただ介護士と利用者のマンツーマンという環境は、未経験者には不向き。

他職員を見て覚えたり、指導を受けられる機会も少ないです。
仕事柄、独り立ちも早い傾向にあるという話もよく耳にします。

初任者研修が必須なのも、選択肢として入れにくいかと思いますね。

介護老人保健施設

介護施設で未経験者が避けるべき職場は、どこなのか。

あえて言うのであれば、「介護老人保健施設」かなと思います。

リハビリ

老健とは、病院と家の中間のような役割を持つ施設。
退院後のリハビリ等で使用される介護施設ですね。

その為、利用者の入退所が激しく、数も多いです。
また、看護に加えリハビリ職との連携も必要になります。

仕事ベースが出来上がってない人には、負担不安が大きいかと思いますね。

ベテラン勢でも「老健が1番大変」と、よく口にしてます。

施設適性は個人でも異なる

ただ介護施設の合う合わないって、個人の感性によるモノも大きいです。

こんな話を聞いても、いざ老健で働いたら「働きやすい」という事もあり得ます。
あくまで意見の1つとして、ご参考下さい。

「指導力が無い」「人間関係が悪い」施設

介護施設であれば、未経験者でも無資格で働けます。

正直な話、未経験者でも介護施設なら割とどこでもやれると思います。

介護士のプライベートイメージ

それよりも、結局は職員同士が上手くやれるかです。

相手を気遣い、思いやる。
職員同士でコレが出来ていれば、後はどうとでもなります。

例えば未経験者に対してなら、こんな言動が欲しいですね。

良い介護施設の例

  • じっくり丁寧に仕事を教えてくれる
  • 手持無沙汰にならない様、小まめに指示や声掛けがある
  • 職場に馴染んだり、緊張をほぐすような言葉かけがある

避けるべき職場を言うなら、コレが出来ない介護施設。

独り立ちを焦らせたり、新人を放置する。
なかなか仲間になれない様な「暗い雰囲気」といった感じですね。

昔は「介護はこんなもん」と思ってましたが、そんなことは無いです。
ちゃんとした職場は、驚くほど丁寧に、親切に仕事を教えてくれます。

こればかりは入職して初めて気付く事も多いので、「おかしい」と思ったら逃げた方が賢明ですね。

ゼロから介護転職する時のオススメステップ

ここからは、具体的な転職活動を解説します。

長く介護士として働いた経験から、オススメしたい転職活動の流れをまとめました。
「何をどうしたら良いか分からない」時にご参考下さい。

推奨する介護転職ステップ

  1. 初任者研修を取得する
  2. パートや派遣として、介護施設への転職を目指す
  3. 様子見しつつ、正社員を検討する

ポイントとしては、資格を取ってから働く事ですね。
または資格を取りながらでも可です。

何故かというと、入職直後が1番辛い時期だから。

仕事も覚えなきゃいけないし、職員とも利用者とも慣れないといけない。
未経験者なら、なおの事辛い時期です。

備えとして、なるべく仕事に集中できる環境を事前に作っておきたいですね。

入職前に「初任者研修」を取得する

未経験者が取るべき資格は、「初任者研修」ですね。
※旧ヘルパー2級

実務者研修でも良いですが、費用も時間もかかります。
下記記事でも言ってますが、デメリットも無いので心配しなくて大丈夫です。

初任者研修と実務者研修はどっちの資格を取るべき?資格の違いと選び方
「介護で働くのに資格が欲しいけど、初任者研修と実務者研修はどっちを取るべき?」、こんな疑問にお答えします。多くの場合、初任者研修から取るのがベターです。その理由や実務者と初任者の違い、それぞれのメリットなどを解説します。

現在別のお仕事に就かれてるなら、研修を退職前に受講し始めてもOK。
在職中に通信学習を終わらせ、退職後に通学を始める流れがオススメですね。

詳しくは、「初任者研修の取得方法」をご覧ください。

資格取得後に働き始めても良いし、通学が終わるまでは「パートで出勤日数を抑える」という方法が無理のない流れかと思います。

「介護施設の非常勤」への転職を狙う

未経験者向けの職場には、先述の通り介護施設がオススメ。

転職タイミングは、「資格取得後」か「受講開始後」が良いでしょう。

「現在通学中なので、取得後から出勤日数を増やしたい」とすると、やる気アピールをしつつ、無理のない働き方が出来るのでオススメ。

いきなり正社員を目指さないのは、無理なく続ける為の安定を重視した選択です。

私が過去に転職した理由は、ほぼ全て「体力的にしんどい」というのが理由です。
非常勤なら「夜勤無し」や「休日多め」で働けるので、慣れるまではそちらの方が良いでしょう。

正社員にはいつでもなれる

「慣れるまでは非常勤」という事も可能ですし、大抵の職場は後から正社員になるのも容易。

マネジメントイメージ

介護の仕事に慣れるまでは、無理せず継続できる働き方を勧めます。

資格が取れてからでも良いですし、仕事に余裕が出てからでもOK。
「もっと稼ぎたい」など、気持ちに余裕が出てきたら、正社員で夜勤に挑戦してみましょう。

未経験者向けの介護転職サイト

介護職の転職は、「介護職用の転職サイト」の使用が主流になってきました。

求人の量も多いですし、介護職に特化した転職相談も受け付けてます。
最後まですべて無料で利用できるので、活用すると良いでしょう。

パソコンで仕事をするスーツ女性

利用する転職サービスは、「かいご畑」がオススメ。

こちらは介護未経験者に注力した転職サイトです。

かいご畑の特徴

  • 派遣で働けば、0円で介護資格が取れる
  • 未経験や無資格OKの求人に強い
  • コーディネーターも未経験者のフォローに力を入れている

派遣という条件付きですが、初任者研修などの資格を無料で取得できます。

介護業界では、正社員になる事は難しくないですし、派遣の時給相場も高め。

正社員の負担も大きいので、まずは資格取得やお試しで派遣で働く。
「やっぱり正社員が良い」と思ったら、そこから正社員を目指しても遅くありません。

かいご畑の評判と使い方

介護施設の求人も多く、「無資格・未経験OK」の求人も多め。
初めて働く方のサポートに長けているので、職場選びも兼ねて相談してみましょう。

よく知らないサービスで心配な方は、知名度や実績で優るマイナビ介護職もオススメ。

まとめ

今回は「介護未経験者にオススメの職場や転職方法」についてお伝えました。

最後に要点をまとめておきます。

記事の要点

  • 介護施設(有料老人ホームや特養)がオススメ
  • 初任者研修の取得中、または取得後に入職
  • 非常勤で働き、慣れたら正社員になる

どの職場を選んでも、辛いのは「転職活動中から仕事に慣れるまで」の期間。

「採用は得られるか」「仕事についていけるか」など、様々な心配もあるでしょう。
そんな時は、仕事や業界の情報収集で不安も和らぐと思います。

下記記事は、介護士の仕事や転職をより総合的、具体的に解説してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました