ユニット型介護施設とは?ユニットケアのメリットや問題点を解説

介護施設のユニットとは? 介護施設の紹介

グループホームや特養など、介護施設でよく聞くユニットという言葉。
個別ケアやユニットケアといった言葉も、耳にした事があるのではないでしょうか?

ユニットとは、介護施設における1つの生活グループを言います。
ユニットを採用したユニットケアでは、個人を大切にしたケアを目標としています。

今回は、ユニット型の介護施設をじっくり解説します。
ユニットケアのメリットや問題点など、お話ししていきます。
スポンサーリンク

介護施設におけるユニットとは

ユニットというのは、介護施設における生活グループの単位です。
9~10人程の利用者様を1つのグループとし、固定のメンバー・職員で生活します。
※職員とは介護職員を指します

このスタイルを採用している施設は「ユニット型」と呼ばれ、以下が代表的な施設です。

  • グループホーム
  • ユニット型特別養護老人ホーム

下記は、グループホームの1ユニットを再現した図です。

介護施設1ユニットの図

ユニット型の施設では、居室は全室個室です。

共有スペースにそって居室が配置され、それらが主な生活の場となります。
トイレやお風呂場は共用、食事は主に共有スペースで提供されます。

ユニット型の施設では、たとえ大規模施設でも家庭的な雰囲気で生活する事が出来ます。
1つの施設に、小さな施設な複数存在するようなイメージですね。

馴染みのメンバーによる安心感、より個人を理解・重視したケアが出来るのが特徴です。

グループホームと特養等の違い

先ほどの画像はグループホームの物ですが、特養などでも似た作りになってます。
違いを述べるなら、以下のような点でしょうか。

施設によるユニットの違い

  • 1ユニットの利用者数
    ※グループホームは9人、特養等では10名
  • 施設の作りやユニット数

グループホームの特徴

グループホームは認知症の方に向けた施設で、それに配慮し1ユニット9名までと決まってます。
ユニットの数も2つまでという決まりがあります。

職員もユニット毎に固定です。
夜勤帯も、2ユニットそれぞれに職員が配置されます

食事の調理も利用者の側で行われ、家の延長を強く意識した作りになっています。
特養等に比べ、1ユニットの人数が少なく、施設も小規模です。

グループホームとは

ユニット型特養等の特徴

ユニット型特養では、1ユニットの人数は10人までです。

大規模施設ですので、ユニット数も多く、一部はショートステイに対応しています。
大きな施設の中に、小さな施設がいくつもある感じですね。

特別養護老人ホームとは

2ユニットを1つのグループとし、隣接させた作りが多くあるのも特徴。
この2ユニットは協力ユニットとも呼ばれ、職員はこの2つを担当する形になります。

日中は1ユニットごとに職員が置かれますが、夜勤帯は1人で2ユニットを担当します。
なお利用者の生活は、1ユニット毎に独立しています。

協力ユニットを作る意味は、職員配置の意味合いが強い感じですね。
例えが下手ですが、家は違うけど同じ地区に住んでいる感じです。

ユニットケアの目的・メリット

ユニット型施設の目的は、利用者が安心して生活し、個別ケアを受ける事が出来る事です。

個別ケアとは、個人の生活スタイルを尊重し、より1人1人に合わせたケア方法を言います。
ユニット型施設では、職員が少人数と深く関わる事で、より利用者を理解したケアが実施されます。

傾聴の図

固定の職員・利用者が馴染みの関係を持つことで、下記の様なメリットもあります。

  • 職員と利用者の信頼関係ができる
  • 慣れた利用者同士で安心して生活できる
  • 職員の利用者理解が深まる

家の様な小規模での生活を実現する事で、認知症の方に安心感を与える目的もあります。

従来のような決まった生活スタイルでなく、自分らしい生活を実現。
個人が必要とするケアを実施する事が可能です。

この様にユニット型を採用し、個別ケアを重視するスタイルの事をユニットケアと呼びます。

ユニットケアが生まれた理由

例えば特別養護老人ホームは、現在こそユニット型が主流ですが昔は違いました。
長い廊下に多床室が並ぶ、病院じみた作りが主流だったのです。

そこでは職員都合が強く出てしまう側面があり、下記の様な問題を抱えていました。

  • 利用者のプライバシー配慮への欠如
  • 効率を重視した流れ作業的なケア方法

効率を求めるあまり、利用者の尊厳が損なわれてる事が問題視されたのです。

この様な指摘を受け、特養はユニットケアが推奨されるようになりました

新設の特養はユニット型がほとんどとなっていますが、昔ながらの施設も存在してます。
これらは「従来型」と「ユニット型」呼び、区別しています。

高齢者イメージ

一方グループホームは、元よりユニット型として作られた介護施設です。
…よって、全てユニット型の小規模となっています。

理由としては、認知症の方は大規模大勢の生活に適応しきれず、不安を抱えてしまう為です。
認知症でも安心できるよう、馴染みの少人数と適応しきれる範囲で暮らせるように設計されてます。

利用者や職員のユニット異動はある?

利用者に関しては、基本的に入居後のユニットや居室の変更はありません

ただし生活上の問題点が出てきた場合、ユニット内で居室変更が検討される可能性があります。
基本的には、ケア方法の見直しなどで解決される為、変更となるケースは極わずかです。

また入居時には、利用者間の相性や介助量など、現状を見て居室が決定されますが…
居室の空き状況などもあり、必ずしも考慮されるとは限らない様です。

職員に関しては異動の可能性がいくらかあるので、後述。

職員の配置と異動

固定のメンバーというのがユニットケアの特長ですが、介護職員の異動はあります。
頻繁にはありませんが、下記の様な理由で異動が発生します。

  • 人員不足
  • リーダー就任
  • 職員の適性

特定のユニットで人員が不足したり、新たに役職に就いた場合などですね。

ユニット型施設では、身体介助量など、ユニット毎に仕事内容が大きく異なる場合があります。
その為、職員の適性をみたり、成長を促す目的での異動もあります。

固定の職員は、介護士のみです。
看護師等が配置される施設でも、固定のユニットで勤務はしません。

介護職員の配置状況

ユニット型施設でも、他と同様に24時間体制で介護職員が配置されます。
※看護師など、他職種は夜間は常駐していません

ついでに介護職員のシフト配置の例をご紹介。
※16時間夜勤の場合

  • 早番(7:00 ~ 16:00)
  • 日勤(9:00 ~ 18:00)
  • 遅番(11:00 ~ 20:00)
  • 夜勤(16:30 ~ 翌9:30)

施設問わず、大体こんな感じです。
各ユニットで、毎日それぞれ1名ずつ職員が置かれるようになっており、日勤がいない日もあります。

ユニットケアの問題点

ユニットケアのメリットは大変良い事ですが…、同時にいくらか問題点も抱えてます。
従来型=悪と決めつけるのは、少し違う様です。

現場を知る身としては、こんな問題点があると思っています。

  • ケアの目標が必ずしも達成出来てはいない
  • メンバー固定による弊害
  • ケアの質の格差

メンバー固定による弊害

職員や利用者の固定は、デメリットもあります。

利用者や職員間でも相性というモノがあり、そこに問題が発生すると逃げ場が少ないという事。
他の方の大声等、問題行動に困っても、すぐに場所を移る事が出来ません。

上手く居場所を作れなかった場合を考えると…、辛いですよね。

NG

ユニットケアは、特に認知症の方向け施設に敷かれた制度ではあるものの…
クリアな方を主として、全ての方に適した仕組みとは言えないでしょう。

夜勤中に訪室すると、「個室は寂しい」と多床室を望む声もよく聞きます。

職員の質による個別ケアの格差

メンバー固定による弊害がもう1つ、ユニット間におけるケアの質の格差です。

介護士が固定の少人数という事で、同じ施設でもケアの質に大きな差が出来る事があります。
同じ職員の対応が増える事で、サービスの質がその職員の能力に大きく左右されます。

介護リーダーと会議

ケア方法を統一する仕組み、しっかりと職員を指導・管理できるユニットリーダー等が必要です。

情報を共有するツールとして、24時間シートがあります。
利用者の好みや介助方法が記載されるので、ケア方法の統一に役立ちます。
24時間シートとは?

職員不足により効率化せざるを得ない事も

そもそも個別ケアの実施には、マンパワーが必須です。
個人に合わせたケアを行うには、仕事の効率を捨てる覚悟が必要です。

好きな時に食事を摂るにしても、要介護にある方ですので見守りが必要です。
他の方も同時にみるので、全て対応しきる事は難しいのです。

良い介護施設の条件でも述べてますが、人員配置「3:1」は十分とは言えません。
職員の志が高くとも、人員不足により最低限のサービスしか実施できない事もあります。
腕を組み悩む女性

ユニット型施設だからと言って、十分な個別ケアが実施できるとは限らないのです。
これは介護業界全体の問題でしょう。

問題点も感じていますが、ユニット型施設で働き、個別ケアの良さを実感したのも事実。
職員としては、より入居者様を理解し、しっかりとしたケアが出来ている様に思います。

ユニット型施設が全てではありませんが…、正解の1つとして捉えていただければと思います。

ユニット型の介護施設を探す

ここからは、ユニット型施設を探す際の注意点についてお話しします。

  • 利用者として入居する
  • 職員として入職する

それぞれの目線でお届けしましょう。

入居施設として探す際の注意点

ここまでの特長を理解したうえで、ご本人がユニット型施設を望むのか確認して下さい。

ユニット型施設は、プライバシーを保護しつつも、孤独を感じにくい作りです。
ですが、煩わしさを感じる方もいますし、個室を望まない方もいます。

ご本人の帰宅願望が強すぎると、利用を続ける事が難しい事もあります。

ご家族が判断されるのであれば、まずは入居条件や必要サービスから選びましょう。
下手に絞り込んでしまうと選べる施設が減ってしまいます。

ポイント

まずは、利用したい施設形態を決めましょう。
そこからの施設選択で、ユニット型かどうかを判断材料にすると良いですね。

まずはご本人に適した施設はどこか、という所から始めましょう。
入居できる介護施設の特徴を一覧で紹介

こちらから施設検索や資料請求が出来ます。
ユニットと検索しても他の言葉がひっかかるので、費用や地域などで絞った方が捗ります
探しっくす

ユニット型施設で働く

働くとなると、グループホーム特別養護老人ホームが見つけやすいです。
なお、ここでの説明は介護未経験の方向けとなります。

まず注意しておきたいのが、ユニット型施設では夜勤は1人で対応するという事。
16時間、8時間と勤務時間の差はありますが、どちらでもそこは同じです。

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?

もし不安なら、日勤パートとして勤務するのも良いと思います。

私は両方の施設で勤務経験があります。
どちらも一長一短ですので、それぞれ説明します。

グループホームで働く

グループホームについてお話しします。

グループホームの特徴
・入居者の人数が少なく、自立度の高い方が多い
・調理や献立も業務に入る
・重度の方に対応しておらず、看護師の配置義務もない

認知症があっても自立度が高めの方に向けた施設なのが特徴です。

歩く老人

特養に比べ、入居人数や身体介護が少なく、余裕を持って介護に慣れていけます。
オムツよりはリハビリパンツを使用して、トイレに歩ける方が多い感じです。

重度の方を想定した作りではありませんので、そこがネックでしょうか。
そうした方は住み続けるのが難しいですが、対応しなければならない期間はあります。

厨房がないので、調理など食事準備も仕事の1つです。
家事に慣れた主婦の方が、パートで働くにはぴったりの施設ですね。

女性が多めですが、男性の職員も活躍されています。

ユニット型特養で働く

続いて、特別養護老人ホームです。

ユニット型特別養護老人ホームの特徴
・介護度3以上の方がほとんど、身体介護が多い
・施設設備が整っており、多職種で連携し働ける
・介護能力が身につく

特養は介護度の高い方が多く、身体介助も多いです。
健康リスクを抱えた方も多くいます。

介助イメージ

しかし、入浴設備などはそれ向けに整っており、看護師も配置されています。
多職種がそろっているので安心感もあり、介助は多いですが、介護業務に集中できる環境です。

介護量の多さ、多職種と知識が共有出来る、という事から、介護能力・知識はかなり身につきます
介護福祉士を取るころには、どこでも通用する介護士になっている事でしょう。

苦労も多い分、身につくスキルは圧倒的。
お給料も他と比べ、ちょっと高めな事が多いですよ。

こちらから求人情報を検索できます。
絞込検索もできるので、活用してください。

【参考:就職支援サイトの使い方

カイゴジョブ

・株式会社エス・エム・エス運営(東証1部上場)
・介護特化の転職サイト
・月間利用者は55万人を超え、求人は30,000件以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました