グループホーム介護士の仕事内容を解説!1日の流れや必要資格を紹介

グループホーム介護士の仕事内容と必要資格転職活動

グループホームで介護士の仕事内容が知りたい。
他の介護施設とグループホームって、どう違う?

そんな方の為に「グループホームの仕事内容」をお伝えします。

記事の内容

  • グループホームの仕事内容
  • 1日の仕事の流れ
  • 他施設と比較してのメリットとデメリット

グループホーム介護士の仕事内容を中心に、他施設と比べての特徴を解説。

家庭的な雰囲気の少人数の施設なので、未経験の方にもオススメです。
認知症対応の多い施設ですが、元気な方も多く働きやすいですよ。

私も介護士デビューはグループホームでしたので、未経験者の方にも参考になるかと。

スポンサーリンク

グループホームの仕事内容とは?

本題の前に、まず「グループホームがどんな施設か?」をお話しします。

介護施設は、種類によって入居者や施設設備などが異なります。
特徴を理解する事で、より仕事内容がイメージできるかと思います。

グループホームは認知症の方向けの施設

グループホームは、高齢者が24時間そこで生活する入居施設

認知症の方が安心して暮らす為の小規模施設です。

グループホームの特徴

  • 認知症の方が利用
  • ユニット型の小規模施設
     (最大2ユニット、1ユニットにつき8名まで)
  • 比較的、自立度が高い方向け

音楽を楽しむ男女の高齢者

グループホームは、「認知症」の診断を受けた「要支援2以上」の方が入居できます。

その為、認知症の方が暮らせるよう、なるべく家に近い作りになってます。
ある程度動ける認知症の方の対応」がメインの仕事ですね。

グループホームの入居条件と生活を解説

認知症向けの小規模施設

グループホームは、認知症の方向けのユニット型小規模施設

下記の様なフロアで、合計8人の方の介護を行います。

介護施設1ユニットの図
※1ユニットの図

ユニットとは入居者の生活グループの事で、職員目線で言えば「担当フロア」。
利用者も職員も、基本的に配置先のユニットは固定です。

ユニット型施設とは?

介護士として働く際は、基本的に配属先のユニットの利用者様をみる事になります。

介護度が低い方向けの施設

グループホームは、介護度があまり高くない方向けの施設です。

  • 認知症により生活動作が分からない
  • 自分の部屋が分からない
  • 認知症はあるが身体は元気

こういった方が多い介護施設ですね。

入浴介護をする女性

自分で動ける方を想定した作りなので、施設の機能はご家庭とほぼ同じです。

キッチンはあっても「専用の厨房」は無く、お風呂も一般家庭のモノと同じです。

介護士の仕事内容

それではグループホームの介護士の仕事をご紹介します。

介護士の仕事は、他施設と大きく変わりません。
「入居者様の生活スケジュール」にそって、下記の様な業務を行います。

グループホームの仕事内容

  • 3大介護(食事・排泄・入浴介助)
  • 食事準備(料理や盛り付け、買い出し等)
  • 介護記録の作成
  • 洗濯物やシーツ交換
  • レクリエーション

食事を配る介護士

介護士の仕事は、食事や排泄など、毎日の生活のサポートが中心です。

直接的な介助の他にも、「洗濯物の整理」や「介護記録」などの業務も行います。
入居者様の生活の流れにそったケアを行いつつ、隙間時間で各業務を進める感じですね。

動ける方の介助が中心

介護施設の仕事は、どこもほぼ共通です。

その違いは、利用者様が必要とするサポートで大きく異なります。

シルバーカーを使う女性

グループホームは、認知症があっても身体は動ける方が多め。

寝たきりの方の全介助より、動ける方の一部介助が中心です。
「出来ない事のサポート」、「声掛けで指示を出す」といった事が多くなりますね。

具体的には、下記の様な内容です。

  • トイレでのズボンの上げ下ろし
  • 移動の付き添い
  • 着替えの指示やサポート

動けるという事は、転倒リスクにも注意が必要です。

ただ少人数という事で、他施設より見守り対応はしやすいかと。

重度の方は少なく、車椅子の移乗等は少なめ。
体力的にも働きやすいと思います。

料理も介護の仕事

グループホームならではの仕事は、料理を含む食事準備ですね。

専用の厨房や職員もいないので、調理買い出しも介護士が担当します。

また小規模で職員数も少ないため、介護士が受診付き添いをする事もあります。

介護士のプライベートイメージ

ただ近年では、サービスの質や働きやすさの向上の為、「看護師」や「専属の調理スタッフ」を採用するグループホームも増えてきました。

介護士として転職活動する際は、注目すると良いでしょう。

グループホーム介護士の1日の流れ

グループホームでの仕事スケジュールをご紹介します。

全部記述すると長すぎるので、一部省略。
これでも雰囲気は伝わると思います。

グループホーム介護士の1日の流れ

7:00
朝食準備、起床介助
8:00
朝食介助
9:00~12:00
排泄や入浴介助、口腔ケア、水分補給、昼食準備など
12:00
昼食介助
14:00~16:00
レクリエーション、おやつ、記録作成
18:00
夕食介助
19:00~20:00
口腔ケア、排泄介助、就寝介助
夜間
定時での「オムツ交換」「トイレ誘導」、巡視

「夜勤者の仕事内容」は、別記事で解説してます。

介護施設の夜勤の仕事内容とは?巡視や排泄介助のポイントを解説
介護施設における夜勤の仕事内容を解説します。巡視や排泄介助の方法、仕事のスケジュールなどを細かく紹介。注意したい職場や職場選びのポイントもお伝えします。

グループホームの勤務シフト

グループホームにおける介護士のシフトは、下記の様になってます。

介護士のシフト例

早番
7:00~16:00
日勤
9:00~18:00
遅番
11:00~20:00
夜勤
16:00~9:00

基本的には、各シフト1名ずつの人員配置です。

「利用者8人」を「職員2~3人」位でみる感じですね。
※夜間は8人を1人

夜勤イメージ

介護施設の夜勤は、8時間と16時間の2種類があります。

上記は16時間の例ですが、勤務時間により遅番者などの出勤時間にも違いが出てきます。

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?知っておきたい夜勤の注意点
介護夜勤の8時間と16時間の違いは勤務時間だけだはありません。シフトの組まれ方や公休の扱いも違います。始める前に知りたい夜勤の事をまとめました。

グループホーム介護士に必要な資格

グループホームは介護施設なので、無資格でも働く事が出来ます。
「無資格未経験OK」という求人も多くありますよ。

実際の業務や採用率アップを考えると、下記資格の取得を推奨です。

持っておきたい資格

  • 初任者研修
  • 運転免許

初任者研修は、介護資格でも入門的位置にある資格ですね。
就労後によく取得を求められるので、可能なら事前に取得しておきましょう。

初任者研修とは?

グループホームは、受診付き添いや買い出しなどで車を運転する可能性があります。
地域差はありますが、運転免許があった方が何かと有利です。

免許が必要ない職場を知りたい方は、下記記事を参考下さい。

介護職に車の運転免許は必要?仕事の運転場面と免許なしでの転職方法
介護で働きたいけど、「運転免許がない」「車の運転に自信がない」と悩んでいる方。介護職には車の運転や免許が必要ない職場もあるので大丈夫です。特に介護士はそういった職場が選びやすいです。仕事での運転場面を解説し、運転免許の必要ない職場への転職方法を紹介します。

グループホームで働くメリットとデメリット

他介護施設と比べた時の「グループホームで働くメリットとデメリット」をお話しします。

転職で迷ってる方の参考になれば幸いです。

グループホームで働くメリット

他施設と比べた時、グループホームの魅力は下記だと思います。

グループホームで働くメリット

  • 利用者数が少ない
  • 利用者の介護度は低め
  • 家庭的な雰囲気で働ける

グループホームのメリットは、利用者数が少なく介護度が低めなこと。

ユニット型特養など、職員配置が同じ他施設と比べ、入居者数は少ないです。

また家庭を意識した施設の為、病院や施設チックな雰囲気は少なめ。
温かな雰囲気で働けるのも、大きな特徴ですね。

未経験者にもオススメ

利用者数が少なければ、そのぶん利用者の特徴や対応を覚えやすいです。

食事やトイレなど介助は、相手により注意すべきポイントが違います。
介護士にとっては仕事を覚える事は、利用者を理解する事でもあります。

女性訪問介護員の食事介助

利用者数が少なめなので、未経験者も仕事を理解しやすい環境ですね。

ご自分で動ける方が多いので、重度の方より安心してケア出来ると思います。

グループホームで働くデメリット

それでは、他施設と比べた時のデメリットも確認してみます。

グループホームで働くデメリット

  • 料理業務
  • 1人夜勤
  • 利用者が重度した際のリスク

ユニット型や小規模施設では、夜間は1人体制です。
担当利用者は少なめですが、それでも1人で働く不安や不都合はあります。

また介護度が低かった利用者も、時間と共に衰えていきます。

重度化し寝たきり状態に近くなると、グループホームでの対応は難しくなりますが、そのまま対応せざるを得ない施設もあります。

家事に慣れた主婦層にオススメ

グループホームは、介護施設の中でも家に近い作りです。

実際に働いてみても、料理を始め、家事に関係する業務が多い印象でした。
利用者様も少なく、元気な方も多めです。

案内をする介護士

総じていうと、未経験の主婦層にオススメという感じですね。

家事スキルを発揮しつつ、介護経験を積む事が出来ます。
パートで働く分には、1人夜勤の不安とも無縁でいられます。

もちろん、その他の方でもOK。
介護の入り口としては、働きやすい施設ですね。

「料理」「1人夜勤」をどう考えるか?

もしグループホームで働くか迷うなら、「料理」と「1人夜勤」をどう考えるかで判断しましょう。

スマホを持つひよこ

またグループホームは2ユニットの施設で、1ユニット1人の夜勤者がつきます。

フォローすると、夜勤中は2人の職員がいる事になります。
他施設と比べると、同じ1人体制でも、「特養が20人」「グループホームは8人」。

1人ながらも負担は少ない、という見方も一応出来ます。

医療サポートも充実してると安心して働ける

また重度化問題もあり、看護師を配置する施設も出てきています。

先輩からの指導

そうした職場であれば、医療的な判断も仰げるため、介護士も安心して働けると思います。
日々の介護業務に役立つ知識も吸収できますし、スキルアップに繋がります。

様々な側面から「安心して介護に集中できる環境」を選べば、働きやすい介護施設ですよ。

小規模ならではの不安を上手く克服してる職場を選ぶ事が大切ですね。

「施設内の介護に集中できる職場」を選ぼう

介護の職場は、施設問わず良し悪しがはっきり分かれます。

先に述べた通り、グループホームは職員数の少ない施設です。
「看護師配置」や「専属の調理スタッフ」など、介護士が介護に集中できる環境が重要。

介護士の転職においては、情報収集が命です。
その為、介護士の転職活動においては介護系の転職サイトを使うと有利です。

転職の面談

グループホーム等の施設種類で検索も出来るので、活用しましょう。

「こんな職場が良い!」とアドバイザーに相談すれば、求人の紹介も受けられます。

特に「きらケア」が内部情報に強く、細かな情報を聞き出しやすいかと思います。
職員の配置状況や雰囲気など、気になる点を確認してみましょう。

きらケア介護求人の評判と口コミは?

他の介護施設ですと、給料やスキルアップ重視なら「特養」。
未経験者であれば、「有料老人ホーム」もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました