介護士の勤務時間はどのぐらい?シフトや出勤時間を職場毎に解説!

働き方

勤務時間が不定期なイメージの介護士ですが、どんな勤務で働いてるかご存知でしょうか?

実は介護士は、職場により勤務時間に大きな違いがあります。
職場選びを工夫すれば、「規則正しい時間」で働く事も可能です。

そこで今回は、「介護士の勤務時間やシフト」を職場毎に紹介します。

記事の内容

  • 介護士の勤務時間はどのぐらい?
  • 不定期なシフトを避けて介護の仕事をしたい
  • 介護士はどんなシフトで働くの?

こういった疑問に答えていくので、転職活動の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

職場毎の介護士の勤務時間

介護士の勤務時間は、基本的に「実働8時間+休憩1時間」の形です。
ただし夜勤だけは、「実働16時間+休憩2時間」というパターンが主流ですね。

車イスの介助

具体的な出勤時間やシフト内容は、事業所のサービス提供時間で異なります。なのでサービス提供時間を限定した職場を選べば、規則正しい勤務も可能です。

サービス提供時間は、大きく見て「24時間」と「日中のみ」の2種類に分けられます。

事業所毎の介護士の出勤時間

  • 24時間対応のサービス(入居施設、一部の通所・訪問介護)
  • 日中のみのサービス(多くの通所・訪問介護事業所)

職場毎に実際のシフト内容を確認してみましょう。

入居の介護施設等(24時間対応のサービス)

特養や有料老人ホームなどの入居介護施設では、24時間体制で介護サービスを提供します。

そこでは「早番」や「遅番」などのシフトを組み、交代で介護士が出勤します。加えて、勤務時間は「2交代制」と「3交代制」で異なります。

夜勤イメージ

分かりやすく言うと、夜勤1回の勤務時間が「16時間(2交代)」か「8時間(3交代)」か、という違いですね。それに合わせ、遅番者も出勤時間がずれる形になります。

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?知っておきたい夜勤の注意点
介護夜勤の8時間と16時間の違いは勤務時間だけだはありません。シフトの組まれ方や公休の扱いも違います。始める前に知りたい夜勤の事をまとめました。

実際のシフト内容

実際のシフト内容をみると、より分かりやすいです。

2交代制(16時間夜勤)のシフト例

  • 早番 7:00~16:00
  • 日勤 9:00~18:00
  • 遅番 11:00~20:00
  • 夜勤 16:30~翌9:30
3交代制(8時間夜勤)のシフト例

  • 早番 7:00~16:00
  • 日勤 9:00~18:00
  • 遅番 13:00~22:00
  • 夜勤 22:00~翌7:00

このうち日勤の出勤時間は、多少変動する事があります。
朝食の介助をスムーズに終わらせる為、8:30~とする施設も多いですね。

訪問介護

他にもデイ等の通所施設や訪問介護でも、夜間対応24時間対応のサービスがあります。
例えば、「お泊りデイ」「定期巡回型の訪問介護」などですね。

そういった事業所では、上記に近いシフト内容で働く可能性もあります。

介護士以外の施設職員の勤務時間

入居の介護施設で24時間配置されてるのは、主に介護士です。

介護サービスの相談

「相談員」や「ケアマネ」等の他介護職員、事務員などは、基本的に日中のみの勤務です。

介護士以外の職員の勤務時間例

  • 8:30~17:30

介護士でいう、日勤と同じですね。
多少前後はありますが、介護士以外の施設職員はこの様な形となります。

デイサービスや訪問介護(日中のみ対応)

デイサービスやデイケア等の通所施設、訪問介護は主に日中のみ介護サービスを提供します。

レクリエーション

その為、出勤時間はほぼ日勤帯のみです。
多少前後はしますが、下記の様な勤務時間で働きます。

デイや訪問介護での勤務時間例

  • 日勤 8:30~17:30
  • 日勤 8:00~17:00

「日曜や祝日は休み」など、営業日を定めている事業所も多くあり、入居施設と比べ、出勤時間や出勤日が規則正しいのが特徴です。

介護職で土日祝日が休みの職場はどんな所?【正社員もOK】
休みが不定期になりがちな介護職ですが、土日祝日が休みの職場も多くあります。パート等の非常勤はもちろん、在宅介護事業所などを選べば、正社員でも土日休みが実現できます。介護職が土日に休みつつ働く方法を、職場選びと働き方の観点から解説します。

出勤日数と希望休

出勤日数や休日についても触れておきます。

介護業界では、月の休みは平均9日程度です。
シフト制勤務の場合、希望休は月に3日程度までとする職場が多いですね。

介護士の年間休日や有休休暇はどれぐらい?実態と休みを増やす方法
介護士を中心とした介護職、その休日数や有休休暇はどのぐらいあるのでしょうか?どちらも企業全体の平均ぐらいなのですが、経験からいうともう少し 少なく感じます。介護業界の休日と有給の実態、休みを増やす転職方法などをお話します。改善に成功した優良企業も紹介。

但しこれは正社員の場合です。
パート社員ならもっと自分の生活スタイルに合った勤務方法も可能です。

パートなら色々な勤務時間を選べる

介護士の出勤時間は、雇用形態でも違いがあります。

ここまでの説明は主に正社員として働く場合であり、パート社員はその限りではありません。

パートやアルバイトで可能な働き方

  • 早番のみなど、固定シフトで働く
  • 出勤日数を減らし、休みを多く確保する
  • 短時間勤務で働く

パートやアルバイトであれば、こうした働き方も可能です。

転職の面談

実際には「応相談」という形になるので、応募先の施設に相談してみて下さい。
短時間であれば、3~4時間位で勤務も可能ですよ。

ただし施設側の人員状況もあるので、採用を得るには「自分の条件」と「施設都合」を上手くマッチさせる必要があります。

転職サイトのコンサルタントに相談すると、希望条件で働ける職場が見つけやすくなります。

また短時間パートの働き方に、介護施設での食事や入浴介助の専門スタッフもあります。
人手が足りない業務や時間に、ピンポイントで職員を配置する方法ですね。

短時間の介護パート!入浴・食事専門パートの仕事や働き方を解説
パートで介護士として働く場合、短時間での働き方も可能です。当記事では、食事や入浴を専門で行う専門パートという働き方を紹介。仕事に自信がない方や短時間で働きたい方にオススメです。

この働き方を狙うのは難しいですが、こういった職員を必要とする施設も多くあります。

残業や早出が多くなる時間帯は?

介護士の勤務時間という事で、残業や早出についても説明します。

入居施設の例を出すと、「早番の残業」や「遅番の早出」が発生しがちですね。

ショック

入居施設でのシフトは、最悪「日勤」はいなくても成り立ちます。その為、職員が不足すると日勤者を確保できない時も出てきます。

すると、その穴をフォローする形で早出や残業が発生します。
時間で言うと、ぞれぞれ30分~1時間位が目安でしょう。

シフト指定での早出が残業が増えてきたら、ちょっと危ないかもです。
シフトがきつい介護施設には要注意!その原因や特徴、解決方法とは?
職員が不足しがちな介護業界では、シフトがきついと感じる場面が多くあります。不平等なシフトが当たり前だったり、勤務への協力意識が低い職場には特に注意が必要です。当記事では、シフトがきつい介護施設の特徴や原因、解決方法を説明。

ズルい話になりますが、パートで働くなら「日勤固定」だと残業や早出を回避しやすいですね。

勤務時間を中心とした職場の選び方

ここまで話した通り、介護士の勤務時間は職場により大きく異なります。

最後に、勤務時間を中心とした職場の選び方をまとめておきます。

勤務時間的に働きやすい介護事業所は?

  • 正社員で不定期なシフトを避けたい ⇒ 【デイや訪問介護】
  • 短時間や少ない出勤日数で働きたい ⇒ 【パート社員】

勤務時間で働きやすさを見ると、やはりサービス提供時間が限られた職場になりますね。
夜勤や遅い時間を避けつつ、正社員も目指せます

OKサイン

しかし、24時間対応の介護サービスならではメリットもあります。

代表的なのは、「夜勤手当で稼げる」という事。
介護士にとって、分かりやすい給料アップ方法の1つです。

またデイや入居施設、訪問介護では、それぞれ利用者様も仕事内容も異なります。
転職活動の際には、自分の適性も考慮したうえで職場を選んで下さいね。

介護士に向いている人とは?自分の適性に合った職場で働く方法
介護士に興味があるけど、向いているか不安な方。働いていて「向いてない」と自信を無くした方。本当に介護士に向いてない人は少ないので大丈夫です。会話やコミュニケーションが苦手でもOK、やりがいや魅力をすぐに感じられなくても大丈夫です。性格や能力だけでなく、各職場への適性からも「介護士の向き不向き」を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました