介護職で土日祝日が休みの職場はどんな所?【正社員もOK】

介護職で土日が休める職場とは 転職活動

不定期な勤務になりがちな介護職ですが、土日祝日が休みという職場もあります。
そういった職場では、土日を休みつつ正社員で働く事も可能です。

子育てなど家庭の事情がある方も、安心して働ける職場がありますよ。

今回は「土日が休める介護職の職場」を解説。
職場選びから働き方まで、幅広い観点かお話ししていきます。
スポンサーリンク

介護職で土日祝日が休みの職場とは?

24時間365日対応のイメージが強い介護職ですが、土日や祝日が休みの職場もあります。

例えば、家にいながら介護サービスを利用する「在宅介護サービス」の事業所。
これらは「日中のみ」などサービス提供時間を設けており、土日を休みとする職場も多くあります。

逆に入居施設では24時間介護サービスを提供するので、土日の完全週休2日は難しいです。

喜ぶ女性

下記の様な事業所を選べば、土日を休みとしながら正社員も目指しやすくなります。

土日休みの可能性がある介護サービス

  • デイサービスやデイケア(通所介護)
  • 訪問介護
  • 障がい者デイサービス

どんなサービスなのか確認してみましょう。

デイサービスやデイケア(通所介護)

デイサービスやデイケアは、自宅から通う介護施設です。
基本的に日中のみ対応しており、家族の介護負担軽減等を目的としています。

デイサービスの介護予防運動

デイサービスは日常支援やレク、デイケアはリハビリをメインとした施設です。
他にも、認知症対応で小規模の「認知症デイ」、「お泊りデイ」等のバリエーションもあります。

デイサービスの仕事内容を紹介!

介護施設ですが、入居施設と比べサービスの提供時間が決まっているのが特徴ですね。
土日休みだけでなく、勤務時間の面でも選びやすい職場です。

障がい者デイサービス等、障がい者向けの施設でも介護職員として働けます。
広い視野を持って職場を探すと、理想の条件を見つけやすくなりますよ

訪問介護

訪問介護は、利用者様のお宅に訪問し介護サービスを提供します。
家事などの生活援助、オムツ交換などの身体介護といった内容がお仕事です。

訪問介護

訪問介護員の仕事内容とは?

こちらも主に日中のみ対応の事業所が多いですね。
土日を休みとする事業所もあります。

希望曜日や時間を登録し、仕事を紹介して貰う「登録ヘルパー」という働き方も出来ます。

訪問介護は初任者研修が必須

1つ注意点として、訪問介護は無資格で働く事は出来ません
初任者研修以上の資格が必要なので、覚えておきましょう。

入浴介助後の車イス移動

また訪問介護にも種類があり、入浴を専門とする訪問入浴、夜間対応等のサービスもあります。
24時間対応の「定期巡回・随時対応型」もあるので、職場選びには注意しましょう。

土日休みの求人を見つけるには?

介護で土日休みの求人を探すと、そのぶん対応した求人が少なくなり、より情報が必要になります。

また求人には明記せずとも、「相談したら実はOKだった」という事も珍しくありません。
パート等の非常勤であれば尚更の事。

土日休みの求人を探す際には、それなりの工夫も必要です。

転職サイトを活用する

求人数の確保・内部情報の把握手段としては、転職サイトの活用がオススメです。

「土日祝休み」「年間休日数多」などの条件で検索できますし、アドバイザーに相談すれば、交渉や求人の紹介などのサービスも受けられます。

マッチした人材に紹介する高待遇の非公開求人もあり、意外な出会いがあるかもしれません。

事務仕事

「土日休み」で求人数を絞り込んでしまう為、いくつか併用・比較すると捗ります。

求人の質にこだわる「マイナビ介護職 」、内部情報に強い「きらケア 正社員紹介 」等がオススメ。

入居の介護施設で土日に休む方法

「入居施設の仕事が合ってるので、そこで土日休みを実現したい」という方もいるでしょう。

特養や有料老人ホーム等でも、職場や働き方次第では実現も可能です。
ある程度妥協しながらであれば、理想に近い働き方が可能です。

入居施設で土日休み働くには?

  • 年間休日数や希望休が多い職場で働く
  • パートや派遣で働く
  • 希望を伝え、条件交渉する

年間休日や希望休が多い職場で働く

年間休日数の多い職場を選べば、土日を休める機会も増えます。
職員を多く確保している職場であれば、有給消化もしやすいでしょう。

月の希望休を多く取れる職場であれば、指定の休日も確保しやすいですね。
※ちなみに平均的な希望休は月3日まで

介護士の年間休日や有休休暇はどれぐらい?

整容する高齢者と見守る介護士

入居施設は24時間対応なので、正社員では完全土日休みは難しいです。
休みを取れるかは、良くも悪くも職員数次第です。

年間休日数や希望休の多い職場を選ぶ事で、理想に近い働き方が出来る可能性があります。

パートや派遣で働く

入居施設であっても、パートや派遣なら土日休みの条件でも働けます。

求人の方でも、「土日休みOK」の表記が多くみられます。

ただし、出勤日や勤務時間を応相談としてる求人も多くあります。
面談時に希望を伝え、それが職場とマッチすれば採用と言う形ですね。

転職の面談

土日休みは人気条件ですので、平日など「土日以外でどれだけ貢献できるか」をアピールする事が採用率アップに繋がるでしょう。時には、ある程度の妥協も必要かもしれません。

入居施設でも土日休みの職場がある?

数は多くないですが、入居介護施設で土日祝休みという職場もあります。

日勤の土日のみで正社員というような形ですね。
調べてみた感じ、待遇はそこまで高くない代わり、正社員の敷居が低いといった印象。

腕組み疑問

ただ入居施設で「土日休みの正社員」という条件は、非常に再現性が低いです。

入居施設では、出勤時間や日数に制限のある職員は正社員になる事は難しいです。
ですがそうした条件下でも、正社員になれる可能性のある職場もあります。

入居施設では非常勤が現実的

ただ他のパート社員やフルで働く社員との区別もあり、「パート社員の条件で正社員」という形を上手く制度化する事は難しいです。誰もが納得する形で上手く形にできてる施設は極わずかです。

管理側の裁量で認められることがあっても、公にはしにくいでしょう。

夜勤NGで正社員になった人も知ってますが、内密でしたし本人も勤務条件は譲歩してました。何にせよ、レアケースですね。

車イスの介助

入居施設で土日休みを実現するには、やはり非常勤が現実的です。
そこから収入を高め、ワークライフバランスを整える形が最も再現性が高いと思います。

まずは求人を探してみよう

好みの職場で理想条件で働くのは、なかなか難しいものです。
自分で妥協点を見つけたり、交渉する等して、理想の働き方を考えてみましょう。

探してみれば意外に良い条件もあるかもしれませんし、見つからない時は、少しずつ妥協すれば選択の幅も広がります。諦めずに、まずは調べてみる事から始めてみましょう。

OKサイン

既述の通り、転職サービスを利用すればその手助けを受けられます。
仕事は大切な生活の一部ですので、少しでも良い職場に巡り合えるよう活用して下さい。

まとめ

今回は「介護職が土日祝休みで働ける職場」についてご紹介しました。

パート等の非常勤であれば、あまり職場は選ばずに可能。
正社員であれば、在宅介護サービスの事業所が狙い目ですね。

介護サービスの相談

記事は主に介護士を想定した内容でしたが、ケアマネ相談員となると、また少し変わってきます。
調べたところ、ケアマネも介護士に次ぐ感じで土日休みの求人が見受けられました。

同じ介護職でも、幅広い職種の中から選べるようになれば、選択の幅も広がってきます。
自分の時間をしっかり取り、ステップアップの為に使うのもまた賢い方法ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました