介護士の年間休日や有休休暇はどれぐらい?実態と休みを増やす方法

介護士の平均休日数と有給 介護職の悩み

介護士を中心とした介護職は、年間休日有休がどれぐらいあるでしょう?

働きやすい職場に転職するには、毎月の休日数も大切なポイント。
「本当に休めるのか」、「有給は使えるか」、という実態も気になるところです。

10年近く介護士をしてますが、休みの多さは働きやすさに直結します。

当記事は、「介護職(介護士)の平均年間休日と有給、その実態」をテーマにまとました。
改善に成功した優良企業もご紹介します。

主に介護士を中心とした内容ですが、他の介護職にも当てはまると思います。

スポンサーリンク

介護職の休日数はどのぐらい?

介護職の休日数は、職場によりいくらか違いがあります。

色々な施設で介護士として勤務しましたが、月休9日程度が平均的と感じます。
年間休日数は110日程度ですね。

ポイントを説明する看護師

職員数に余裕があれば、これに加えて有給取得する余裕もある。
いない場合は、休日出勤が必要になると思って下さい。

私の体感ですので、これでは情報が不十分ですね。

実際の調査データから、介護士の年間休日数を調べてみます。

医療・福祉分野の年間休日数

厚生労働省による調査結果に、「医療・福祉分野」の年間休日データがあります。

医療・福祉分野の年間休日
・1企業 平均年間 休日総数【109.4日】

・労働者1人 平均年間 休日総数【111.5日】
※参考:厚生労働省(平成30年就労条件総合調査の概況)

医療分野も加わってますが、平均年間休日数はおよそ「110日」です。

回答項目別にみると、下記の様になります。

医療・福祉分野の休日数の回答割合

  • 「100~ 109日 (40.4%)」
  • 「110~ 119日 (24.7%)」
  • 「120~ 129日 (19.4%)」

冒頭で述べた「月の公休9日」という職場が多い感じですね。
9日×12ヵ月=108日

福祉分野の休日数を全体平均と比較

この数字は、他業界と比べるとどうなのか?

同調査内容から、企業全体の平均年間休日数と比べてみましょう。

企業全体の平均年間休日数
※( )内は、医療・福祉分野

  • 1企業平均 107.9日(109.4日)
  • 労働者 1 人平均 113.7日(111.5日)

医療・福祉分野は、平均と同じぐらいの年間休日数ですね。
ちなみに介護求人においても年間休日100~110日は、よくみられる数字。

チェック

「1企業の平均年間休日」で見ると、休日数が少なかった業種は下記2つ。

休みが少ない業種

  • 運輸・郵便業 (100.3日)
  • 宿泊・飲食サービス業 (97.1日)

休日数が多かったのは、「情報通信業(118.8日)」という結果でした。

介護士の1週間の労働日数

介護士」に特化したデータも見てみましょう。

介護労働安定センターの資料に「1週間の労働日数」のデータがあります。

介護職の1週間の労働日数の平均
介護職員  【4.8日】
・正規職員 【5.0日】
・非正規職員【4.3日】
訪問介護職員 【4.9日】
・正規職員  【5.1日】
・非正規職員 【4.7日】
サービス提供責任者【5.2日】
・正規職員    【5.2日】
・非正規職員   【5.1日】

参考:介護労働安定センター(介護労働者調査の統計表)より

訪問介護と施設介護では大きな差はなく、週に5日程度の勤務。
すなわち週休2日という事で、休日数は平均的ですね。

訪問介護

やはり非正規の方が休日数が多いですね。
介護施設では、より正規職員との開きが大きくなります。

サービス提供者責任者とは、訪問介護においての役職者です。
仕事量の多さもあり、勤務日数は多めという結果でした。

介護士は、年間で休日のバラつきも少ない仕事です。
特別休暇もほぼありません。

これだけで年間休日を完全には把握できませんが…、
ここまでの内容で考えると、介護士の年間休日は105日~110日程度が平均とみて良いでしょう。

希望休はどれぐらい取れる?

介護職は、一部施設を除き毎日運営しています。
休みも不定期なシフト制なので、毎月希望休を取る事が出来ます。

希望休に関しては、月に3日程度が一般的です。
シフト作成者や職場ルール次第では、夜勤等の指定が出来る事も。

パートや派遣などの場合、入職時に出勤日などをしている事が多いですが…
それとは別に希望を取れる事が多いと思います。

OKサイン

介護士は実務者研修などの資格取得に、スクールに通う必要があります。

毎月の希望休だけでは足りないので、相談すれば毎週の休日を指定可能です。
資格取得や研修など、希望を多く出したい時は素直に相談しましょう。

拒否する様であれば、かなりブラックな職場だと思います。
思い切って転職を考えましょう。

ちなみに私が入所介護施設で働いた時は、月の希望休は3日まででした。
年間休日は「107日」、月の公休は9日(2月のみ8日)。

人手不足・人材獲得に苦労している、所謂”並”の施設です。
参考までに。

介護士の休日数の実態は?

介護士の平均休日は「年110日」、「月9日」ぐらいと話しました。
多いとは言えませんが、全体と比べても平均的な数字です。

実際はどうかと言うと、職員の数次第です。
職員が少ない職場では、こんな勤務が必要になります。

職員がいないとこんな働き方に

  • 休日出勤
  • 残業
  • 半休

休日出勤や残業が増え、休日が減り勤務時間が増えます。

休日出勤分は時間外勤務となり、次月に休日が戻る事は少ないでしょう。
人員がおらず、休日を返還できる見込みが無い為

落ち込み

半休とは、短時間勤務での出勤です。
勤務時間半分での出勤=半分休日ということ

半休の日が2日があれば、公休1日分としてカウントされます。

理屈ではプラマイゼロですが、実際やるとかなり怠いです。
丸1日の休みじゃないので、疲れも残ります。

上記3つが増えてきたら、相当人員不足に困っている職場と考えて良いです。

職員がいる分には、公休に加え「有休」を定期的に消化できます。
業務も余裕を持って行え、サービス残業等も減ってきます。

また職員が少ないと、急用や体調不良でも休みにくさを感じる事もあります。
周りへの気遣いから、休む事が負担になるケースもあるので注意しましょう。

介護士はなぜ仕事を休めない?有給や欠勤の言い出しにくさも存在
介護士はなかなか休みをとるのが難しい仕事です。職員不足はもちろん、「人に迷惑はかけられない」という言い出しにくさも存在し、休みや有休はとれても、言い出す事が出来ない環境もあります。介護士ならではの「休めない」環境を解説し、解決策を提案します。

この様に介護職において職員数は、働きやすさを決める重要な要素です。

休日出勤が多い施設を見破るには

職員が少ない施設の特徴は、職員の定着率が低いこと
労働環境が悪いため、職員の入れ替わりが激しく、負のスパイラルに陥っています。

考えられる原因としては、下記の様なモノがあります。

職員定着率低下の原因

    • 労働環境への不満
    • 給料が安い
    • 人間関係

コレという原因を1つに絞る事は難しいのですが…、
給与や働きやすさなど、職場の魅力が不満に大きく負けてる時でしょうね。

当然働いても満足度が低く、働きやすい職場とは言えないでしょう。

腕組み疑問

職員数がいると思っても、急に人がいなくなり「休日出勤」や「残業」が増える事も。

そうした時、職場の改善・対応力が明らかになります。
人がいない状況をどう回避し改善するか、職場の信頼性・運営力を見定める機会です。

「労働環境が改善されない」、「もう自分は限界」と感じたら、迷わず逃げて下さい。

介護職は転職回数が多いと採用に不利?伝えるべき転職理由とは
介護職は、転職回数が多くても採用で不利にはなりません。これまでの経験は強みとして、転職に活かせるので安心して下さい。転職理由の伝え方や実体験、無駄な転職を減らすポイントなども、あわせて解説します。

介護業界では、転職回数はそんなに問題になりません。
きちんと説明し、ポジティブな理由があれば大丈夫です。
前職場を悪く言いすぎるのはNG

今までと違う種類の事業所を選ぶ事で、解決できる可能性もあります。

介護士の有給休暇取得状況

介護士の有給休暇についても、ご説明しておきます。

結論を言ってしまうと、付与はされるが使用が難しいのが現状かと。
理由はもちろん「職員がいない」から。

「有給が取得しやすい職場=職員数がいる」という事。
他の労働環境に注目しても、優良企業と言って良いでしょう。

「医療・福祉分野」で見る有給取得率

休日と同様に、有給の平均取得率を見てみましょう。

厚生労働省の資料に、「医療・福祉分野」の有給取得状況があります。

『医療・福祉分野の有給取得状況 (労働者1人平均 )』
 【有給付与日数】17.0日
 【有給取得日数と取得率】8.9日(52.2%)

参考:厚生労働省(平成30年就労条件総合調査の概況)

有給の付与は17日、取得日数は約9日
取得率はおよそ50%です。

上記は介護職に特定するものでなく、あくまで「医療・福祉」のデータです。

同資料より、全体の平均と比べてみます。

『企業全体の有給取得状況』
 【有給付与日数】18.2日
 【有給取得日数と取得率】9.3日(51.1%)

医療・福祉分野と大きな差は無い結果ですね。

介護士の有給取得率の実態は

前項の結果を受け、「そんなに有給は取れない」と感じた介護士さんも多いでは?
私もその1人ですし、有給はほとんど取れてないです。

別の調査ですが…、介護職で働く上での悩みについて、「有給休暇が取りにくい(34.2%)」、「休暇が取りにくい(24.5%)」という回答も出ています。
※参考:介護労働安定センター(介護労働者調査の統計表)より

ちなみに1番多く回答を集めたのは「人手が足りない(53.0%)」でした。

ショック

この様な現状では「有給休暇は取りにくい」と考えるのが妥当でしょう。
2019年に有給取得が義務化されましたが、体幹では状況に変わりはありません。

有給取得義務化で介護士はどうなった?

2019年に働き方改革により、有給取得が義務化されました。
年10日以上有給休暇の権利がある職員従業員は、最低5日以上は取得

これにより介護士が休めるようになったかと言うと、否です。

私の経験上、介護士の有給取得実態は下記。

介護士の有給実態

  • 有休を取得すると、他の誰かが休日出勤をする
  • 退職前に一気に取得する

これは実際に私の職場で起きてる現状です。

交代で有給取得しつつ、不足分を他職員が休日を削り働いてます。
職員の絶対数が足りなく、こうした事態を招いています

パソコン疲れ

とても気軽に使用できる状況ではないですね。
結局は「職員がいるか」です。

「関係ない」と、取ってしまうのもアリだと思いますが…
その後の仕事のやりやすさを考えると、理由なしに取るのは勧めにくいです。

シフト作成者の「有給への配慮」も取得率に関わるポイントですね。
職員がいるうちにガンガン取った方が良いですよ。

気軽に有給が取得できる職場は、介護業界ではだいぶホワイトですよ。
良い職場を見分けるポイントとして使えますね。

介護職の働きやすさは職員数が条件になる

ここまでの内容をまとめると、休日数も有休取得も「職員数が必要」という事。

職員数が影響するのは、それらだけではありません。

職員が多いと働きやすい!

  • 忙しさが減る
  • 仕事の質を上げる余裕ができ、スキルアップに繋がる
  • 残業が減る

良い労働環境を求めると、結局「職員の数が必要」という結論になってしまうのです。

それほどまでに、マンパワーは正義です。
人不足は悪だと思って良いです。

介護派遣の人間関係

「同業他社との人材獲得競争が厳しい」というのは、多くの事業所が抱える悩みです。
ですが、その競争に勝っている、介護士が魅力を感じ集まる職場もあるワケです。

人材が多いという事は、有給や休日に関しても安定しますから定着率も良いですね。
好循環にある職場です。

転職活動の際は、「休日の多い職場」を選びつつ、働きやすさにも注目です。

介護士が休日を増やす方法は転職

介護士を中心とした介護職が休日(有給消化)を増やすには、下記の方法があります。

介護職が休日を増やす方法

  • 転職(職場・雇用形態を変える)
  • 職場環境・働き方を変える

「転職」するか「今の職場環境を改善する」か、という事ですね。

後者はそれが出来る立場も限られるし、労力も掛かります。
上手くいく保証もありません。

多くの人にとって、休日を増やす方法は転職になるでしょう。

休日数だけで判断しない

介護職が転職で休日を増やすには、求人の年間休日数だけで判断してはいけません。

既述の通り、毎月の公休が多くとも、職員がいなくては休日出勤で休日が減ります。
それが慢性的になれば、そもそもの休日が減るという変更もあり得ます。

OKサイン

なので、「年間休日数が多く、職員定着率が高い」職場を選ぶ必要があります。

もっと言えば、「休日数・職員数・定着率」の3つが高い事ですね。
定期的な有休消化も可能になるので、休みも相当増えると思います。

ではそれはどんな職場かというと、職場改善への意識が高い職場です。

職場改善への意識が高い職場例

  • 給与の評価基準が明確、魅力ある内容である
    (職員の不満を無くし、中途採用者にもアピール)
  • 良い意味で残業への意識が高い
  • 職員が悩みを相談でき、改善に動いている

色々と例を出しましたが、良い職場は労働環境への意識が高いです。
その把握能力にも優れています。

余談ですが…
過去に休日出勤や残業、夜勤が多く、面談で「辛い」と伝えた事があります。
返ってきた答えは「何が辛いの?」でした。

業務が大変なのが当たり前になり、感覚がマヒしてる職場は危険です。

「あそこの部署はもっと大変だから」と、他がおざなりになっている状況も良くないですね。

職員定着率が高い職場を選ぶには?

職場の職員数・定着率は、転職活動をしながら知る事は難しいです。
未経験者であれば、なおさらです。

そこで活用したいのが、転職エージェント。
内部情報も私達よりは詳しく、適切なサービスを使用すればブラックな職場を回避できます。

介護関係でいうと、マイナビ介護職ですね。

マイナビ介護職を勧める理由

  • 職員定着率があまりに低い職場は掲載しない
  • 「職業紹介優良事業者」認定取得

介護職向け転職サイトとして、かなり信頼のおけるサービスです。
エージェントの対応力も高い評価を受けています。

こちらの希望も「休日が多く、有給が使いやすい職場」と明確なので、求人紹介やアドバイスも受けやすい事でしょう。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!未経験者にもオススメできる?
マイナビ介護職の口コミや評判を紹介するとともに、その特徴を解説します。個人的な評価も加え、利用メリットとデメリットをまとめました。誰にでもお勧めできる信頼性の高いサービスですので、利用を迷ってる方の参考になれば幸いです。

また自分での職場判断も、ある程度は可能です。

あまりにヒドイ職場は、面接時の職場案内で察する事が出来ます。
内定に固執するあまり、見落とさないよう注意しましょう。

派遣やパートで転職し、休日を増やす

介護職が転職で休日を増やしたい時、最も確実な方法が派遣パートで働く方法。

自分でも希望条件を出せるので、休日数を会社に依存させなくて済みます。
勤務可能な時間帯も指定できるのもポイント。

高時給の介護求人も多いですし、正社員に固執する事もないと思いますよ。

実務経験や資格、入職後の働きで評価を上げる事だって可能です。

案内をする女性看護師

その場合、マイナビ介護職だと派遣求人がほとんどないです。

派遣も視野に入れたい人は、きらケアを使用するのがオススメ。

「きらケア」もサービスの質が高く、高待遇求人に強いサービス。
収入を落とさず雇用形態を変えたい時に有効です。

きらケア介護求人の評判や口コミは?個人評価と共に解説【派遣対応】
きらケア介護求人の評判や口コミをまとめ、個人評価も加えて解説。メリットやデメリット、お勧めしたい方など、その特徴や魅力について語ります。介護派遣会社としての評価も解説しています。

私も「休日が多い方が良い」という考えですが、正社員での転職で何度も失敗してます。
何とか今の職場に食いついてますが、次は派遣かパート職員で働く予定です。

同じ様に苦しんでいる方がいたら、自分にとって何が1番大切か考えてみましょう。

仕事に疲れた介護士は正社員から離れてみよう【しんどい時は非常勤】
忙しく休みもないなど、介護士を苦しめる人手不足。仕事が辛い時は働き方を見直してみましょう。介護派遣やパートなら、自分のペースを1番にした働き方も可能。介護業界は正社員に固執せず、非正規がオススメです。その理由を経験談と共にお伝えします。

【実例】年間休日と有給への取り組む介護施設

最後に、働きやすい介護施設もある事をお伝えしたいと思います。

介護の職場にも、働きやすさの改善に取り組むところがあります。
その施策1つとして「年間休日を増やした」例を紹介しましょう。

「職員を大事に」で雇用改善に成功した特養

紹介する事例モデルは、茨城県石岡市の特別養護老人ホーム。

利用者を第一に」「職員を大事に」を理念とし運営する施設です。

介護士とおばあちゃん

そこでは、下記の様な取り組みが行われています。

実施施策
・年間休日は123日(年末年始休暇6日、夏季休暇3日含)
・「年次有給休暇」は時間単位で取得可能、
・年2回の面談で、離職防止や人事面に活用
・EPA(経済連携協定)に基づく外国人受け入れ
・併設病院内に託児所を用意し、労働時間にも配慮
・外部研修、資格取得もその費用を施設負担でバックアップ

※介護労働安定センター 茨城支部
 「介護事業所の「魅力ある職場づくり」のための雇用管理改善への取り組み」より

年間休日123日は、介護施設ではトップクラスではないでしょうか?

結果として、過去3年の離職率は全国平均の半分以下。
残業も月平均0.4時間 、有給取得率も74%になりました。

若年層もバランスよく採用でき、定着しているとの事。

面談による「離職防止」効果

この特養では、面談を離職防止や人事に活用しています。

配置の希望を聞いたり、労働時間を考慮するなど…、
職員が「働くうえでの希望・悩み」を伝えられる場として、機能しているのが伺えます。

介護リーダーと会議

上司からの話や評価を受けるだけという、一方的な面談ではありません。
名ばかり面談ではなく、きちんと離職防止効果が出せてるのがポイント高いですね。

意外なことに、「ワークライフバランスを意識した施策はしてない」という話。

とにかく職員を大事にし、コミュニケーションを意識してるのが特徴。
職員を大事にしようと考え動いた結果、成功した好例ですね。

外国人実習生も活用

注目したいのが、他よりだいぶ早い段階で外国人実習生を受け入れている事。
介護の仕事を学ぶ為に、日本に実習に来た方達ですね。

これが人員確保に一役買ってると思います。

車イスの介助

一緒に働いたことがあるので分かりますが、下手な日本人より働きますよ。

仕事を覚えるのも凄く早い。
コミュニケーションも問題ないし、礼儀正しいです。

外国人実習生の受け入れ」は、人員不足に有効な施策だと思います。

介護にも良い職場は沢山ある!

介護の職場と言うとネガティブな話が多いですが、良い職場もちゃんとありますよ。

ポジティブな転職活動の原動力になればと思い、ちょっと長くなってしまいました。
また良い事例が見つかったら、別の機会にご紹介できればと思います

他の実例も、下記記事で紹介してますので良かったら。

介護にもホワイト企業は存在する!転職したくなる介護施設を紹介
忙しいイメージの介護業界にもホワイト企業は存在します。職員不足解決に向け、給料や休日など様々な取り組みが行われているのです。思わず介護に転職したくなるような、職場改善の成功例を紹介します。

こんな職場を見つけるには、「転職サイト」のエージェントに相談するのも手です。
色んな職場を知っているので、意外な情報が見つかるかもしれません。

諦めずに、理想の職場に出会えるよう動いてみましょう!

まとめ

今回は、「介護職の休日数と有給の実態」をテーマにお話ししました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

記事の要点

  • 介護職は平均年間休日110日、有給取得率52%ぐらい
  • 職員不足の職場では、もっと数字が低くなる
  • 休日を増やすには、「職場改善意識の高い職場への転職」
    「派遣やパート等の雇用形態で働く」方法等がある。

要点をまとめると、こんなところでしょうか。

色々な記事で言ってますが、介護業界は職場による環境差が大きいです。
休日だけでなく、給料等も該当します

どうしても辛い時は、身体や精神に支障が出る前に逃げて下さい。

介護職を辞めたい!注意したい職場と退職方法
介護職が辛い辞めたい、限界を感じたら辞めても大丈夫です。辞めても良いかの判断方法注意すべき介護施設の特徴。退職と転職の流れをお話しします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました