介護での「風呂場・浴槽の手すり」を解説!工事不要や住宅改修も対応

お風呂で使える浴室浴槽手すり解説家族の介護

「入浴中に転びそうで不安」「浴槽を跨ぐのが辛い」。
身体が思う様に動かない状況では、毎日のお風呂も危険が一杯です。

高齢者介護をはじめ、歩行や立ち上がりが不安な時は「風呂用の手すり」が活躍します。

当記事では、お風呂用の手すりを総合的に解説

  • 工事不要で後付けできる「風呂・浴槽手すり」の種類
  • 「住宅改修による風呂手すり」の設置場所や費用
  • オススメの風呂手すり

工事不要の手すりから住宅改修、設置すべき場所まで、幅広くまとめました。
介護保険との関係についても紹介します。

スポンサーリンク

お風呂で使える「工事不要の後付け手すり」の種類

まずは、工事不要で後付けできる風呂手すりを紹介します。

入浴介護のイメージ

後付けできる風呂手すりは、主に下記3種類です。

  • 浴槽手すり
  • 吸盤型手すり
  • 床置き手すり

住宅改修に比べ安価で、簡単に使えるのが特徴ですね。

使い方等を見ていきましょう。

浴槽手すり

浴槽手すりは、浴槽の縁に取り付ける手すりです。

本体にあるハンドルを閉め、固定して設置します。
工事不要の手すりでは、かなり安定性があり安心して使用できます。

高齢者介護では、浴槽への出入りは事故が多発する場面です。
足元の危険を感じたら、まず導入してみてはいかがでしょう。

「浴槽台」や「滑り止め」を併用すると、さらに安全性が増します。

吸盤型の手すり

吸盤型は、吸盤で固定して使う手すり。
※セーフティーハンドルとも呼ばれます。

手軽で持ち運びも楽、壁や浴槽など様々な場所に設置できます。

また他の風呂手すりに比べ、比較的安価なのがメリットですね。

チェックポイントを教える介護士

ただし、取り付けや商品選びにはいくつか注意が必要です。

  • 吸盤より小さいタイル等では吸着しにくい
  • 耐荷重に優れた商品を選ぶ
  • 耐水性や耐熱温度もチェック

吸盤型は、細かい凹凸のあるタイル等には適しません。
安全性の面でも、耐荷重に優れた商品を選びたいですね。

浴室で使うならば、耐水性や耐熱性も必要になります。
「浴室用の吸盤型手すり」も販売されてるので、チェックしてみて下さい。

吸盤型手すりは、お風呂場以外でも使用できます。

床置き型の手すり

置き型手すりは、その名の通り「床に置く手すり」です。
大きな金属板に手すりが付いており、様々な場所に設置できます。

疑問のある介護職員

洗い場での使用を想定したモデルは少なく、脱衣所での使用が中心ですね。

浴室内で使えるタイプは、希少なうえに高価です。

一応見つけたので、ご紹介しておきます。
 ⇒サテライト「ふくよく床置式手すり」(Amzon)

お風呂以外では、下記の様な場所にも設置できます。

  • ベッド付近
  • トイレ
  • 玄関

風呂手すりと介護保険

介護保険を利用し風呂手すりを設置する場合、対象は下記に分かれます。

  • 浴槽用手すり(入浴補助具)
    福祉用具販売の対象、保険を使い購入できる)
  • それ以外の「工事を伴わない手すり」
    福祉用具貸与の対象、保険でレンタルできる)

※参考「厚生労働省(介護保険における福祉用具)

いずれも、「要支援1~2」「要介護1~5」の方が対象。

原則1割負担(収入により負担額が増える場合もある)で利用できます。

介護サービスの相談

また指定を受けた事業者から購入した場合のみ、適用されます。

介護保険を利用したい場合、まずは自治体やケアマネに相談しましょう。

「手すりの住宅改修」と介護保険

後述する住宅改修で、手すりを取り付ける場合も介護保険を利用出来ます。

工事イメージ1

支給額は、「支給限度基準額20万円の9割(18 万円)」が上限です。
要支援・介護の判定区分に関わらず、定額です。

※参考「厚生労働省(介護保険における住宅改修)

また申請は原則改修前に行う必要があるので注意して下さい。
工事を行う前に、ケアマネ等に相談するようにしましょう。

オススメの風呂手すりは?

どの風呂手すりを付けるべきか、迷ってしまった方もいると思います。

ここで各種類の特徴を整理します。
※床置き型は割愛

種類メリットデメリット
吸盤型
  • 価格が安い
  • 壁にも設置できる
  • 工事取り付けに比べ、安定性で劣る
  • 設置できない場所がある
浴槽手すり
  • 安定性に優れる
  • 設置がしやすい
  • 浴槽縁のみ、用途が限られる
  • 吸盤型に比べ、高い

価格用途の広さで言えば、吸盤型ですね。

設置が可能で危険が無ければ、非常に使いやすいタイプ。
お試しで使うなら、こちらから試してみると良いでしょう。

高齢者の疑問

ただし設置の難しさ、耐久性がちょっと心配かもしれません。
浴槽の出入りに限って言えば、浴槽手すりの方が安全です。

詳しくは後述しますが、工事での設置も数万円で可能です。
転倒への不安が大きいなら、検討すると良いでしょう。

案内をする介護士

吸盤型であれば、「my&G」のセーフティーハンドルがオススメ。
取り付けが簡単で、水周りにも強い設計です。

浴槽用手すりでは、アロン化成の安寿が定番ですね。

入浴や排泄周りに強く、介護関係では信頼のおけるメーカー。
下記商品は、高さ調整も可能な定番モデルです。

住宅改修リフォームで風呂手すりを設置する

次は、工事で取り付ける風呂手すりを解説します。

工事イメージ3

浴室の手すり工事では、主に「縦や横に長いタイプを浴室の壁に設置」します。
工事費用は、安くて2万円程度が目安。

住宅改修による風呂手すりの種類、設置場所などを見ていきましょう。

住宅改修工事で取り付けできる「風呂手すりの種類」

下記の風呂手すりは、主に工事で取り付けし使用されます。

  • 縦型(I型)
  • 水平型
  • L字型
  • 逆T字型

「I」や「L」というのは、手すりの形を表します。

手すりとお婆さん

立ち座りや上下移動を補助する縦型。
横移動や浴槽内での姿勢安定を図る水平型、それらの複合タイプが存在します。

トイレや廊下などでも、上記タイプの手すりが使用されます。

お風呂場で「手すりを設置したい場所」

お風呂場で、手すりを取り付けたい場所の目安を紹介します。

  • 出入り口(浴室・脱衣所)【I型】
  • 入口~洗い場間【水平型】
  • 洗い場【I型】
  • 浴槽出入り用【I型】
  • 浴槽壁側【L・逆T字型】

手すりを使って入浴する高齢者

まず出入り口付近は、ドアの開閉が伴い、転倒しやすい場所です。
浴室に入り、洗い場までの移動には横手すりがあると便利ですね。

立ち座りが多くなる洗い場では、I型手すりがあれば立ち上がりも楽になります。

手すりがある浴槽

浴槽付近に手すりがあれば、浴槽への出入りも楽になります。

また浴槽壁側に手すりを設置する事で、入浴中の姿勢も安定し、立ち上がりも楽に出来ます。

風呂手すりの工事費用相場は?

風呂手すりの工事費用について、調べてみましたす。

ホームプロさんの事例に、風呂手すりの内容があったのでご紹介。

風呂手すりの設置費用例

  • I型手すり×1、横手すり×2【合計4万円】
  • L字型手すり×1、I型手すり×1【合計2万円】
  • I型×1、L字型手すり×1、横手すり【合計9万円】

工事会社や内容によりますが、10万円以内に収まる感じでしょうか?
安ければ2万円程で、取り付けできるみたいです。

工事イメージ2

参考にさせてもらったホームプロは、リフォーム会社の紹介サイト

予算や内容の希望に応じて紹介を受け、比較検討などが出来ます。
見積もり依頼も出来ますし、介護関係のリフォーム事例も見る事が可能ですよ。

よければ、ご覧になってみて下さい。

さいごに

今回は、「お風呂用の手すり」をご紹介しました。

相談をするシニア夫婦

手すりは安全確保に大変便利ですが、高齢者の入浴を楽にする介護用品は多々あります。

他にも、入浴に関する介護用品を解説してます。
良かったら、ご参考下さい。

お風呂で使える介護用品まとめ【高齢者・家族介護向け】
お風呂で使える介護用の種類と使い方をまとめました。どれも家庭で使える福祉用品なので、高齢者のいるご家庭や家族介護で役立てる事が出来ます。お風呂をまたげない、立ち上がりが辛いなど、悩む場面毎に商品と使い方を解説。介護者向けのアドバイスもお話ししてます。

また風呂手すりが必要という事は、他の生活場面でも悩みは出てきます。

ベッドやトイレなど、立ち上がりを助けるグッズがあるので、せひ検討してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました