認知症の徘徊センサー・GPSオススメ特集!徘徊防止グッズを紹介

認知症徘徊防止のオススメグッズ(センサーやGPS) 介護用品

高齢者を抱えるご家庭では、認知症による徘徊の不安も大きいと思います。

行方不明や交通事故、出先での体調悪化など…
様々な不安がある事でしょう。

そこで今回は、認知症の徘徊防止グッズをご紹介します。

こんな商品を紹介!

  • 徘徊防止センサー
  • 外出先で位置がわかるGPS
  • 緊急連絡用のステッカーやタグ

当記事では、特にセンサーGPSの紹介・解説を中心にお話しします。

仕事柄よく使っている商品なので、使用感も交えご説明します。

認知症の方は、家庭内の危険も上手く理解出来ない事があります。
ご自身も老化や持病で身体的なリスクを抱えていることも…。

徘徊防止だけでなく、屋内の危険防止にも役立つと思いますよ。

スポンサーリンク

認知症の徘徊防止センサーの種類

認知症の徘徊防止グッズは、センサーGPSが主となります。
当記事では、これらを「徘徊防止センサー」と呼び、ご紹介します。

徘徊防止センサーは、その名の通り認知症による徘徊を防ぐ為の商品です。

ご本人の動きを察知し、様々な方法でご家族に知らせてくれます。

歩く高齢の男女

徘徊防止センサーは、前述の通り下記の2種類になります。

徘徊防止センサーの種類と分かる事

  • センサータイプ(人の動きやドア等の通過反応を検知)
  • GPSタイプ(ご本人の位置情報)

ご本人の動きを検知するか、位置情報を把握するか、というところですね。

それぞれ見ていきましょう。

センサータイプ

センサータイプの商品は、ご本人の動きを検知し受信機に知らせます。

センサーの検知があると、メロディーコール等で知らせてくれます。
受信機がセットになっている商品も多いですが、スマホアプリ対応の商品もあります。

徘徊防止センサーというと、主にこちらを指し、下記の様な種類があります。

センサーの種類 使い方
人感センサー センサー範囲内の動きを検知、取り付け場所も様々
ベッドセンサー ベッドからの起き上がり等を検知。
介護用ベッド・コールと併せ使用
センサーマット マットを踏むと、反応を検知

どこのご家庭でも導入しやすいのは、人感センサーでしょう。
価格、設置の簡単さで選ぶならコチラです。

チェック

ベッドやマットセンサーは、主に介護施設向けの商品です。
歩行状態に問題があり付き添いが必要ですが、認知症により危険を理解できない方に使用します。

ご家庭で使用したい場合、施設で使うナースコールの設置が必要なモノが多いです。

1つずつ確認していきます。

人感センサー

人感センサーは、センサー範囲内で人の動きを検知し、受信機に知らせます。

実物は下記の様な商品ですね。

こちらは、比較的シンプルなタイプ。
小型なので色々な場所に設置でき、両面テープやネジ止め出来る商品もあります。

基本的にワイヤレスですので、購入後すぐに設置・使用できます。
扉付近でなくとも、ベッド下に置くなどすれば、起き上がり反応も拾えます。

広い用途で使える商品ですね。
屋外対応や角度変更できるタイプもあり、防犯対策にも利用できます。

扉の開閉を検知するタイプもあるので、併せてご紹介しておきます。

ベッドセンサーとセンサーマット

ベッドセンサーセンサーマットは、起き上がりや離床を知らせるものです。

主に介護施設で使用するセンサーですね。
ベッドマット下やベッド脇に置き使用します。

ナースコール

ナースコールに中継器を接続し、ケーブルを繋ぐものが多いのも特徴。
ご家庭で使用する場合、施設の様なナースコールの導入が必要になりがち。

当記事では詳しくは扱いませんが…、
認知症に加え歩行が難しくなると、付き添いの為これらセンサーが必要になります。

徘徊と言うより、転倒・危険防止グッズと言えますね。

価格も高めで設置条件もあるので、導入が必要ならケアマネさん等に相談した方が良いと思います。

似た用途に、ベッド下に人感センサーを置くという手もあります。

その場合、「反応をキャッチしてから対応が間に合うか」という問題も。
歩行は問題ないが、動向が気になる場合試してみてはいかがでしょうか。

GPSタイプ

GPSタイプは、その名の通りでご本人に小型GPSを持ってもらう形になります。
本体料金以外にも、通信費として月額料金もかかります。

センサーが徘徊を防ぐ為のモノなら、GPSは徘徊を防げなかった時のモノですね。

上記商品の様に、子どもの見守り商品として売り出されている事も多いです。
1人での外出が不安になってきた時などにも、有効ですね。

言ってしまえば監視ですので、ご本人の理解を得て使用すべき商品です。

GPSタイプは、ご本人が持ち歩けるかも重要です。
ご本人が納得し、自然な形で持ち歩ける商品を選びたいですね。

徘徊発見時の身元確認ができるグッズも

もし徘徊を防げなかった時のグッズとして、ステッカー等もあります。

これは第三者が認知症の方の徘徊を見つけた時、身元が分かるよう持ち歩くモノですね。
多くの場合、お住まいの地域の自治体で配布があるかと思います。

一般の商品にも同じ様の便利グッズがあります。
記事中でも取り扱うので、必要に応じ使用して頂ければと思います。

徘徊防止センサーが必要な時

徘徊防止センサーの利用を考えるタイミングは、やはり徘徊の恐れがある時です。

また認知症のある方は、家の中の危険も把握できない事があります。
ご自身の身体や危険を理解できず、転倒の危険がある事も…。

車イスで立ち上がり転倒しそうな男性

また家の中でもトイレが分からないなど、行き先が分からなくなる事も。
家庭内でも、危険や見守りが必要と思ったら導入を検討しましょう。

GPSタイプは、1人での外出が不安になった時にも有効ですね。

ご本人の様子やご家族の見守り状況に応じ、必要な商品を選んで下さい。

オススメの徘徊防止センサー

ここまでの説明に沿って、タイプ別にオススメの徘徊防止センサーをご紹介します。

こんなラインナップで、商品の特徴をご説明します。

紹介内容

  • 人感センサー
  • ドアセンサー
  • GPS
  • 徘徊時の緊急グッズ

それではどうぞ!

リーベックス 人感センサーチャイム(X850)

まずは、極シンプルな徘徊センサーです。

リーベックス 人感センサーチャイム(X850)

センサータイプ 人感センサー:人の動き(熱)に反応
受信機 有り:メロディー16種類・光
音量:0~75dBで音量調節可能
電波対応距離 最大100M
電源 単3形アルカリ電池3本

人感センサーの反応

赤外線センサーが人の動きを検知し、受信機がメロディーと音で反応します。
※メロディーor音のみの設定も可

動きを検知すると、送信機側が赤く光り受信機が反応します。

人感センサーの設置

「壁面マウント」と「ネジ・両面テープ」付属なので、壁にも設置可能。

ワイヤレスで購入後すぐに使用でき、電波の飛距離は屋外見通し最大100m。
電池で動くので電源も要りません。

電池切れが心配なら、受信機側なら別売のアダプターを使用可能。

リーベックスの他センサーチャイム(Xシリーズ)にも対応してます。

仕事で使ってますが、反応は良好です。
音の大きさも設定でき、屋外にも設置できます。

動かしやすい反面、固定は難しく不要な反応を拾ってしまう事も…。
置き場所は上手く考える必要がありますね。

人感センサー レンズフード
参考:リーベックス「人感センサーチャイムX850(取り扱い説明)」より抜粋

レンズフード付属なので、センサーの感知角度も調節できます。
反応しすぎて困る時は、装着してみると良いですね。

リーベックスのセンサーは色々と種類がありますが、どれも使いやすくオススメ。

リーベックス ドア窓センサーチャイム(X830)

ドアや窓が開いた時にだけ反応が欲しい場合は、こちらがオススメ。

リーベックス ドア窓センサーチャイム(X830)

センサータイプ ドアセンサー:マグネットによる磁気反応
受信機 有り:メロディー16種類・光
音量:0~75dBで音量調節可能
電波対応距離 最大100M
電源 ボタン型リチウム電池CR2032×2個

先ほどの人感センサーの基本はそのままに、窓やドアの開きにのみ反応します。

ドアセンサーの仕組み
参考:リーベックス「ドア窓センサーチャイム(取り扱い説明)」より抜粋

2つで1つのマグネットセンサーになっており、2cm以上離れると受信機が反応します。

ドアセンサーの取り付け方

参考:上記同ページより抜粋

取り付け方はこんな感じです。
ネジの他、両面テープでの固定も可能です。

個人的な話ですが、こちらも仕事でよく利用してます。

遅延などは無く、ドアが開いたタイミングでちゃんと反応しますよ。
開閉の多い環境ですが、電池もよく持ってますね。

ドアチャイムもオススメ

センサーを使うほどでもないが、玄関の開閉に気付きやすくしたい。
そんな時は「ドアチャイム」もオススメ。

お店なんかに入った時のカランコロンという奴ですね。
ドアに音が鳴る金具を設置する事で、開閉を分かりやすく出来ます。

センサーのメロディーが頻繁に流れるとストレスも大きく、状況によってはこちらの方が良いかも。

こちらは強力な磁石を使い、ドアに取り付けできる商品。
鉄プレート付属なので、鉄扉以外のドアにも使用できます。

防犯対策としても有効ですね。

+Styleスマートセンサー(スマホ使用OK)

スマホで反応をキャッチしたい場合は、こちらの商品があります。

+Style スマートセンサー(開閉センサー)

センサータイプ ドアセンサー
受信機 スマホ:専用アプリを使用
電波対応 Wifi環境が必要
電源 アルカリ単4電池×2本

設置方法は、ネジか両面テープを使用。

Wifi環境こそ必須ですが、外出先でもリアルタイムに確認が出来ます。
専用アプリは、iPhone・android共に対応しています。

上記はドアセンサーですが、人感センサータイプもありますよ。

ちなみに「スマホで検知反応をキャッチ」というのは、見守りカメラに多い仕様です。

動体など色々な検知方法も設定でき、通話が可能な機種もあります。
興味があれば、関連記事もどうぞ。

介護用見守りカメラの使い方とオススメ機種を紹介!防犯対策も可
1人暮らしや留守中、高齢の親が心配。介護用見守りカメラはそんな時の安否確認に役立ちます。カメラの使い方や機能、オススメ商品など情報をまとめました。

ソフトバンク どこかなGPS

続きまして、小型GPSをご紹介。

ソフトバンクの商品ですが、ドコモやauのスマホでも使用できます。

ソフトバンク どこかなGPS

大きさ 約47 x 47 x 15.5 mm
電池
連続利用期間
・充電式リチウムイオンバッテリー
・約4~7日
月額料金 本体価格(13,200円)込み、2年間無料
※3年目より月額400円
機能 ・リアルタイム検索、移動履歴
・登録エリアへの到着、出発確認
・ボタンでの位置連絡も可能
・防水

対応エリアは、「ソフトバンクの4G LTEエリア」。
対応OSは、Android(7以上)iOS(12以上)です。

連続使用期間は、「リアルタイム検索(いまどこ検索)機能」のON・OFFで違います。
上記機能はそれ以外にも、3分~30分程度で更新間隔を設定できます。

ポイントを説明する看護師

本体価格は2年間の月額費込みなので、2年間は月額料金無料です。
※費用(月400円)は、利用3年目から発生。

大きさは5cm程度と小型で、カバンの隅や小型ケースなどで携帯できます。

子どもの見守り目的の商品ですが、認知症の徘徊防止にも有効ですよ。

登録エリアへの到着確認もでき、ボタンを押せばGPS側から位置情報の発信も可能

徘徊だけでなく、移動が不安な高齢のご家族に持ってもらうのも便利ですね。

GPSシューズ魔法の靴

魔法の靴とは、介護用品愛ショップが販売する「靴にGPS端末を装着する商品」。

他のGPSシューズと違い、お気に入りの靴でも使用できます。
NTTドコモのGPS端末なので、その点でも安心感がありますね。

GPSシューズ魔法の靴

GPSシューズ魔法の靴 徘徊位置検索・好みの靴に端末装着。

新品価格
¥95,700から
(2020/6/5 05:30時点)

大きさ 約38.5 x 45.5 x 11.85mm
電池
連続利用期間
・充電式バッテリー
・通常時約400時間
月額料金 2年間で87,000円~111,600円
※料金プラン4種類
機能 ・リアルタイム検索、移動履歴
・登録エリアへの到着、出発確認
・ボタンでの位置連絡も可能
・防水

靴を加工してGPS端末を装着し、その上にインソールをかぶせるという商品です。

利用プランは4種類で、下記の違いがあります。

利用プランによる違い

  • GPS端末の「一括買取」か「レンタル」
  • 「愛GPSインソール(シューズ)」の有無

GPS端末のみの購入もでき、それを装着する魔法の靴も購入するか選べるという事ですね。

「靴のみ」や「GPS端末のみ」の販売もあるので、購入の際は詳細をよくお確かめください

分からない時は、ショップに問い合わせてみる事をオススメします。
※介護用品愛ショップはAmazonでも出品しており、上記はそちらを紹介
 公式サイトは後述

好みの靴も使用できる

用意されている靴以外にも、希望があれば好みの靴を加工してもらえます。

加工できる靴の条件

  • 靴底の厚さが3cm以上ある靴
  • 中敷き(インソール)が外せる靴
  • 踵部にエアーパックなどのパーツが入っていない靴
  • 踵の中の幅が6センチ以上ある靴

よく分からない場合、靴の型番などで加工可能か調べてくれます。

公式サイト「介護用品愛ショップ」

便利な徘徊防止グッズ

最後に、センサーやGPS以外の便利グッズ・サービスをご紹介します。

1人での外出時の緊急時や、離れて暮らす家族に役立てて下さい。

救急QR(徘徊時の連絡や救急情報登録)

救急QRとは、緊急連絡先持病・主治医などをQRコードで登録しておける商品です。

認知症による徘徊、1人での外出時の体調悪化など…
第3者がそれらを発見した時、役立ててもらう事が出来ます。

救急QR

登録可能情報

  • 氏名、住所、連絡先
  • 主治医
  • 持病や服用薬など

利用期間は、ユーザー登録から10年間
QRコードが読み込まれると、登録先に日時と位置情報が送信されます。

見守りサービスや自治体の取り組みも活用しよう

認知症による徘徊を防ぐには、見守りサービス等の利用も有効です。

仕事で家を離れている時や、離れて暮らす家族の異変にも気が付く事が出来ます。

見守り

見守りサービスは、ホームセキュリティ家事代行などに付属するモノも多く、その内容は様々。

定期訪問緊急時の対応も可能なサービスもあるので、検討してみると良いでしょう。

高齢者見守りサービスは種類が色々!内容や選び方を特徴毎に解説
オススメの高齢者見守りサービスについて、内容を比較できるよう特徴をまとめ紹介します。見守りサービスとは何か、その選び方まで解説します。

また各自治体でも、認知症による徘徊防止の取り組みを行っています。
氏名や連絡先などが記載できる「徘徊防止ステッカー」は、多くの自治体で配布してますよ。

例えば、個人番号を登録しキーホルダーを配布。
地域包括支援センターに連絡すれば、番号を元に登録情報を調べ、連絡してくれたり等。
参考:取手市(ご自宅で暮らす高齢者に向けたサービス)

お住いの地域のHPや高齢福祉課などで、確認してみて下さいね。

まとめ

今回は「認知症の徘徊防止グッズ(センサー・GPS)」についてご説明しました。

ご家庭で使用するなら、「人感センサー」「ドアセンサー」「GPS」あたりがオススメです。

OKサイン

またセンサーを使用していると、検知反応の多さが介護者のストレスになる事も…。
もし認知症が進み、介護者の負担が大きいなら介護サービスの利用も検討しましょう。

しっかりされており不安の少ない方は、ご本人にご説明しGPSを持ってもらうと良いですね。

いずれにせよ徘徊防止には、ご家族だけでなく地域介護サービスの協力も必要かと思います。

記事中では、認知症と老化による身体機能低下の危険も述べましたが…
もしナースコールの使い方が理解できる方なら、家庭用ナースコールも便利です。

家庭用ナースコールで家族の危機を知る方法!機能別にオススメ紹介
家族介護中や高齢者がいるご家庭の方、家族の危機を知る方法があれば便利ですよね。 施設や病院のコールの様に、家庭用ナースコールを再現する方法があるのでご紹介します。 ボタン1つで家族に危機を伝え、呼び出す事が可能です。 取り付け工事も不...

ベッドからの起き上がりやポータブルトイレの使用時など、介助が必要な時に家族へ伝える事が出来ます。
※但し、ベッドやマットセンサーの設置には使えません

コメント

タイトルとURLをコピーしました