認知症の方にオススメな携帯電話と解約方法【携帯電話は解約すべき?】

認知症の時にオススメな携帯電話と解約方法家族の介護

昔とは違い、携帯電話は若者だけの物ではなくなりました。

今の高齢者には、携帯電話に慣れ親しんだ世代が増えてきてますね。
たとえ認知症になっても、「携帯電話を使いたい」という方も多くいます。

しかし周囲としては、トラブルや上手く使えるかなど心配も多いもの。
本人の手続きが難しい時の解約方法なども、気になるところです。

当記事では、「認知症の方にオススメな携帯電話と解約方法」をテーマにお話しします。

「認知症になったら携帯は解約すべき?」という疑問。
認知症の方が「安心・安全に使える携帯電話」等も紹介します。

スポンサーリンク

認知症になったら携帯電話は解約すべき?

高齢者のスマホトラブル

認知症があると、携帯電話によるトラブルも出てきます。
しかし、解約すべきかは本人の症状状況次第となります。

  • 解約を考えるタイミングとよくあるトラブル
  • 携帯を使うなら知っておきたい安心機能
  • 認知症がある時の解約方法

本項では、まずこれら内容に触れていきます。

解約が正解とは限らない

認知症があっても、解約する事が正解とは限りません。

軽度の症状であれば、通話位なら使いこなせる方もいます。
様子次第ですが、本人の関心が強いうちは無理に取り上げない方が良いでしょう。

チェックポイント(ひよこ)

上手く使えば、下記の様なメリットもあります。

  • 通話での居場所、状態の確認ができる
  • 「携帯がある」という心の安心感が持てる
  • 上手く使えば、施設入居しても気軽に話が出来る

本人が外出先で困った時、こちらから所在や様子を知れるなど…
携帯電話がある事で、安心できるメリットもあります。

また私達がスマホが無いと不安な様に、あるだけで「心の安心」に繋がる面もありますね。

無理に取り上げる事で、逆にトラブルに発展するリスクもあるので注意です。

有料老人ホームなどの民間施設であれば、携帯電話の持ち込みも可能。
面会が難しい今、貴重な連絡手段となってます。

老人ホームに携帯(スマホ)の持ち込みは可能?禁止施設やトラブルも
携帯電話やスマホは、多くの老人ホームで持ち込みが可能です。有料老人ホーム等は持ち込みやすく、特養や老健は禁止など、施設による傾向や使用ルールもあります。施設での新たな家族連絡手段となった一方、認知症や帰宅願望によるトラブル等もあり注意が必要です。施設に携帯を持ち込むべきかや職員サポート等、細かな実態もお伝えします。

注意したい認知症による電話トラブル

スマホトラブル

認知症による携帯電話トラブルには、下記の様なモノがあります。

  • 思い込みから、110番などにかけてしまう
  • 頻繁に電話があって、対応が大変
  • 使い方が分からず、混乱する

いずれも、認知症の方によくあるトラブルです。

ご家族としては、頻繁な電話に困る事が多いでしょうか。

上手く言葉かけをしたり、環境を整えたり、安心や理解を促す対応が必要になります。
また電話に出る時間を決めるなど、ご家族の負担を大きくしすぎない工夫も大切です。

認知症対策に使える携帯機能

残念ながら、認知症の方用の携帯電話は今のところありません。

しかし、下記の様な機能・工夫で対策も可能です。

  • ガラケーなど、慣れ親しんだ操作ができる機種選び
  • 登録番号への「ワンタッチ発信」
  • 決まった番号のみに発信できる「発信制限」

スマホを持つひよこ

ガラケー、スマホ共にワンタッチ発信等の簡単操作が出来る物もあります。
こうした機種は、電話アイコンも分かりやすく、視覚的にも分かりやすいですね。

また発信制限は、主にガラケーでの機能ですね。
※使いたい場合は、対応機種を後述しますので参考下さい。

良くかける番号が分かる様、電話帳メモなどを部屋に置くのも有効。
機種や環境で、上手く使えるように工夫しましょう。

継続・解約はどう判断すべき?

高齢者の疑問

使用を継続するかは、本人の状況心境を見て判断して下さい。

携帯電話がある事で「平穏が乱れてる時」。
能力的に「携帯電話の使用が難しい時」、「本人の関心が薄れた時」などが解約タイミングかと。

ただ本人の依存が強い時は、解約がトラブルに繋がる事も。
慎重に判断しましょう。

もし使用を続けるのであれば、ご本人が正しく安心して使える事も条件ですね。

先述の工夫なども取り入れつつ、判断して頂ければと思います。

認知症がある時の「携帯電話の解約方法」

スマホ操作

高齢者の方の契約解約方法は、主に下記です。

  • 本人と一緒にショップで手続き
  • 本人と一緒に電話をかけて解約
  • 委任状を用意し、代理人が手続き

本人と一緒に手続きを進めるか、委任状を用意して家族が代理人になるかですね。

いずれにしても、本人の意思確認が必要になります。

また認知症により手続きが難しい場合、成年後見人による解約手続きも可能です。
その場合、後見人が同意書等を用意し解約する形ですね。

制度については、「成年後見制度とは(厚生労働省)」をご覧ください。

パソコンで仕事をするスーツ女性

委任状や同意書は、キャリアHPからもダウンロード可能です。

下記はドコモのページですが、書類や手続きの参考になると思います。
※参考「ドコモ(本人確認書類)

その他の方法は、オンライン手続きで解約する方法もあります。

ただしこれは、キャリアで可否が異なるので注意。
例えばAUは不可ですが、ドコモの場合はdアカウントでログインすれば可能です。

認知症の方にオススメな携帯電話

正解を教えるひよこ

認知症があるけど、携帯電話を使いたい。
そんな時にオススメしたい携帯電話をご紹介します。

高齢者に安心な「かんたんスマホ」

まずは高齢者向けスマホとして、オススメな商品。

「分かりやすさ」と「安心」に特化したスマートフォンですね。
初めてスマホを使う方にも、分かりやすい画面表示が特徴。

かんたんスマホ2

かんたんスマホ2(ワイモバイル)

スマホという事で不慣れな方もいるかもですが、見やすさならコチラ。

よく使う連絡先を4件まで登録し、ホーム画面からワンタッチでかけられます。

危険番号からの電話は分かりやすく警告表示。
間違って出た時も、警告ガイダンスを出し音声録音します。

本機は優良防犯電話としても認定されており、安全面でも優秀です。
優良防犯電話とは?詐欺電話に強い固定電話機解説

分かりやすくセキュリティも高い、高齢者向けスマホですね。

発信制限を使うなら「ガラケー」

家族など「決まった相手だけに発信したい」という時、発信制限という機能を使います。

ただ発信制限は、スマートフォンだと使いにくい機能となってます。
機能を使うのであれば、ガラケーの使用がオススメです。

例えば下記機種は、本体で発信制限の設定が可能です。

AQUOS ケータイ 3

AQUOS ケータイ3(ワイモバイル)

発信制限の方法は、「電話帳に固定」「電話番号を指定」という形。
登録は複数件可能です。

他にも「音声の聴きとりやすさ」、画面を見やすくする「はっきりビュー」など…。
高齢者向けを意識した携帯電話です。

ガラケーの方が馴染みのある方もいるので、高齢者向け携帯としてもオススメです。

認知症がある時の便利グッズ

最後に認知症対応中のご家族へ、参考情報をお届けします。

認知症があると、普段の生活でも混乱や不安が出てきます。
例えば、下記の様な場面。

  • テレビのリモコンが上手く使えない
  • 家での様子を知りたい
  • 外出先で何かあったら心配

高齢者にとって身近な娯楽はテレビ。
しかし、近年は操作も機能も複雑化しています。

もしリモコン操作が難しい場合、シンプルな代替リモコンがオススメ。
設定も簡単なので、すぐに使い始める事が出来ます。

高齢者に勧めたい簡単リモコンを紹介!【テレビ・エアコン対応】
便利な家電も高齢者にとっては、難しいばかり。テレビやエアコンのリモコンには、操作を簡単にする工夫が必要です。当記事では「高齢者に勧めたいテレビ・エアコン用リモコン」をまとめました。シンプルな代替リモコンで、自分でテレビ等の操作を出来る方法を提案します。

また家での様子や徘徊が心配な時には、見守りカメラ徘徊防止グッズが活用できます。

センサーチャイムでの外出検知、緊急情報を登録したステッカーなど…。
いざという時の備えとして用意してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました