介護職の仕事の悩み

働き方

介護職にできるオススメの副業在宅ワークを紹介【介護スキルを活かす副業方法も】

介護職向けのオススメの「副業・在宅ワーク」を現役介護士が選びました。忙しい仕事の合間にも、コツコツと稼げる方法を提案します。クラウドソーシングやブログなど、なるべくスキルを必要とせず、介護知識が活かせる方法などを解説します。
転職活動

介護にもホワイト企業は存在する!転職したくなる優良介護施設を紹介

忙しいイメージの介護業界にもホワイト企業は存在します。職員不足解決に向け、給料や休日など様々な取り組みが行われているのです。思わず介護に転職したくなるような、介護施設の成功例を紹介します。
働き方

介護職が転職ばかり繰り返す理由【仕事に疲れた時は正社員を辞める選択も】

「介護職として働いているが、転職ばかり繰り返してしまう」「介護士の仕事に疲れた」。そんな時は、思い切って正社員へのこだわりを捨ててみてはどうでしょう?パートや派遣でも十分食べていけますし、収入アップも可能です。仕事がしんどい時は、快適に働ける環境を自分で作る必要があります。介護で転職を繰り返すのは普通ですし、自信を無くす事もありません。経験や現状を交え、無理せず細く長く働く方法を提案します。
転職活動

介護職における退職引き止めの断り方【辞めさせてくれない時の対策法】

介護業界では人手不足により、しつこい引き伸ばしやパワハラなどの「退職の引き止め」が発生しており、仕事を辞められない介護職が多くいます。当記事では、介護職の退職引き留めを断る方法を解説します。退職の伝え方やスムーズに辞める方法、時期や退職理由など、引き止め対策をご紹介します。
介護職の悩み

介護リーダー(主任)を辞めたい!リーダー職の「辛い悩み」と「降り方・断り方」

介護士のリーダーになったら何をすれば良いのか、その仕事内容や役割を解説します。また辛くて辞めたいと考える現職リーダーも多くいます。ユニットリーダーの経験を元に、その理由やリーダーを「降りる」「断る」時の対処法などをお話しします。
介護職で働く

介護職の夜勤はいつから始まる?夜勤をやらせてもらえない理由とは

介護職で働いているが、「夜勤をやらせてもらえない」という事態もよくあります。「夜勤はいつから入れる?」「急に夜勤回数を減らされた」など、それぞれ不安や悩みもあるでしょう。当記事では、夜勤デビューのタイミングや条件、夜勤をやらせてもらえない時の理由を解説。その原因には、自分の能力だけでなく、職場とのミスマッチが隠れてる事もあり注意が必要です。
介護職で働く

【丸投げに新人イビリ】介護職の「合わない・パワハラ上司」の回避法

介護職はチームの仕事だけに職員同士の不満も多くなりがち。特に「上司と合わない」と悩む方も多くいます。新人イビリやパワハラを行うお局様など、「苦手」や「合わない」で済ますには危険なパターンもあります。介護職が注意すべき上司とその対処方法を、現場経験から解説します。
働き方

介護職の夜勤は平均月5回!夜勤回数に上限や制限は無いの?

介護職の平均夜勤回数は、月に3~5回程度です。しかし職員不足もあり、極端に夜勤回数を増やされている職場があるのも事実。また夜勤回数の上限や制限を定める決まりもありません。自分の希望にそった働き方をするには、日頃からの意思表示が大切です。夜勤回数に注目し、注意したい職場と対処方法を解説します。
介護職の悩み

介護職の残業時間の実態と問題点【サービス残業なしで働くには?】

介護職の平均残業時間や理由などを解説。介護士経をもとに残業実態を細かにお伝えします。介護業界では人手不足の為、早出や残業が多い職場も沢山あります。残業が当たり前なだけでなく、見せかけの残業禁止や残業代が出ない職場もあるので要注意。サービス残業を避け、健全に働く方法もお伝えします。
介護職の悩み

介護士が髪型や髪色で注意すべきこと【長髪や茶髪はOK?】

介護士が髪型や髪色で注意すべき事についてまとめました。介護士は男性も女性も、キレイ目スタイルであればオシャレを楽しむ事も可能です。常識的な範囲内で安全性に配慮された髪型であればOK、それらがどういったモノか詳しく解説します。
スポンサーリンク