介護士はなぜ仕事を休めない?有給や欠勤の言い出しにくさも存在

転職活動

介護士はなかなか休みがとりにくい仕事です。
職員不足もあり、「思う様に休めない」「もっと休みがとりたい」方も多いのではないでしょうか?

加え、体調不良による欠勤や急用での休みなども、周りへの気遣いから休みを言い出しにくい事も…。
そこには、介護ならでは複雑な事情が存在します。

そこで今回は、「なぜ介護士は仕事が休めないか」を解説。
現状や原因について考え、問題の解決方法を提案していきます。

スポンサーリンク

介護士は仕事を休めない?

今まで介護士経験で、辛いと感じていたのは仕事を休めない事でした。

具体的には、下記の様な事を思っていました。

介護士は休みが取れない?

  • もっと休みが欲しい
  • 体調不良の時に休みにくい
  • 有休を使いにくい

休みが少ないし、何かあっても「休む」とは言い出しにくいという事ですね。

言ってしまえば職員不足が原因なのですが、深堀すると色々な現状が見えてきます。
介護ならではの特徴もあるので、ご紹介していきます。

シフト制で休みを言い出しにくい

介護士は、シフト制の仕事です。
急な休みを取ると、シフトに穴が開いてしまうので休みにくい面があります。

車イスの介助

例えば、入居施設ですと「早番・日勤・遅番・夜勤」という形の人員体制になってます。
このうち日勤者以外は、必須人員となります。
※日勤者の出勤時間帯は、他職員も出勤している為

にも関わらず、各シフト最低限の人数しか配置できず、急な欠員に対応できない職場がほとんどです。
急に休みが必要になっても、なかなか休みにくい状態です。

逆に日勤者は割と人材確保しやすく、複数名配置される事も多々あります。

休む事が負担になるケースも

そんな現状ですので、周りへの気遣いから「休む事が負担」になるケースも多々あります。

「自分がいなければ、誰かの負担が大きくなる」、「ただでさえ休みが少ないのに、迷惑はかけられない」。お互い様だと分かっていても、こんな心境にはなるものです。

これではせっかくの休日も楽しめませんね。
いざという時に気兼ねなく休める環境は、良い職場には必須です。

落ち込み

夜勤前に体調が悪くなった時なんかは、特に休みにくいですよね。
実際、現場での混乱はかなりのモノです。

介護士は、チームワークや人間関係が働きやすさに直結する仕事です。
意識しすぎて言い出しにくい時もあるでしょう。

そんな時「お互い様だから大丈夫!」と言ってくれる所は、良い職場ですよ。

有給取得も難しい

2019年より、「年10日間以上有給付与される社員は、毎年5日以上の有給取得が義務化」されました。
これにより介護現場でも、有給取得への意識が高まっています。

しかし職員がいない状態では、「休日出勤しつつ有休消化」という形が多いのが現状。
手当が貰えるだけ喜ぶべきかもしれませんが、「休みが欲しい」という人にとって、事態が好転したとは言い難いでしょう。

先輩からの指導

有給はシフト作成前に申請する事も出来ますが、その分、他の職員への負担が増える事になります。
先述の内容と同じく、「言い出しにくい」のが正直なところですね。

常勤は特に休みが無い

介護士が休めないのは、結局は職員不足によるものです。
もっと言うと、常勤の不足ですね。

「平日・日勤のみ」の職員は飽和状態だけど、遅番や夜勤、土日に働ける人がいない。
こんな職場は結構多いのではないでしょうか?

日勤者は人がいるので、休みや有休もとりやすい。
それ以外の時間帯で働く職員は、休みもとりにくく、時間外労働も多い。

こんな感じで、人員配置や各々の負担がアンバランスな職場も多いですね。
常勤の確保は、ほとんどの施設での課題となってます。

「退職拒否」や「引き止め」が発生するケースも

退職を申し出た際も、人手不足を理由に退職拒否引き止めに合うケースもあります。

ショック

「辞めたいのに辞められない」、「だから仕事が休めない」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。
退職までの期間引き延ばしなど、職場によっては採用より退職の方が難しい事も…。

介護職における退職引き止めの断り方とは?退職意思の上手な伝え方
介護職を悩ます退職の引き止めの断り方を解説します。その退職の伝え方やスムーズに辞める方法など、引き止め対策をご紹介します。

自力での解決が難しいケースもあり、時には「退職代行サービス」など、第3者の力に頼る必要もあります。

退職代行サービスのNEXT

介護士が休める環境で働く方法

では、介護士が休みを増やすにはどうすれば良いのか?
それには主に下記の方法があります。

介護士が休みを増やすには?

  • 休みやすい雰囲気を作る
  • パートや派遣等の非常勤で働く
  • 年間休日数の多い職場を選ぶ
  • 職員数・定着率に優れた職場で働く

1つずつ確認していきます。

休みやすい雰囲気作り

休む事への負担をお話ししましたが、休みやすい雰囲気作りをする事も大切です。

誰かが体調不良で休んだ時、表面上だけでも「大丈夫!ゆっくり休んで」と言えてるでしょうか?

人間関係

こうした1人1人の取り組みが働きやすい雰囲気を作ります。
やがて自分の休みやすさにも繋がるので、積極的に取り組んでいきましょう。

他にも、休憩もとらずに働いている職員がいたら気遣う、平等に有給消化できるよう提案する。
新人職員の不安を取り除くなど、細かな気遣いは忘れないようにしましょう。

「個人でも働きやすい職場を作る努力をする」という事ですね

パートや派遣の非常勤で働く

まずはパートや派遣で非常勤として働く方法です。

常勤に比べ、給料額などでは劣りますが、休日の確保はしやすいですね。
休日や勤務時間の交渉などもしやすい立場です。

介護職員が不足すると、休みを返上しなくてはならないのは常勤です。
休みを最優先にするなら、非常勤が最も優れた選択になるでしょう。

訪問介護

収入面も考慮すると、介護派遣の方が時給が高め。
経験者であれば、選択肢に入れてみると良いと思います。

介護派遣で働くメリットとデメリット

日勤のみのパートでも、土日に出勤出来れば歓迎される事が多いですよ。

年間休日数の多い職場で働く

次に年間休日数が多い職場で働く方法です。
どうせ休みがとりにくいなら、そもそもの休みが多い職場を選ぶという事ですね。

以前書いた記事では、介護士の年間休日は「105~110日」程度とお伝えしました。
月の公休にして平均9日、2月のみ8日という施設が多いですね。

介護士の年間休日や有休休暇はどれぐらい?

OKサイン

求人特集などにもありますが、「年間休日110日以上」だと休みが多い職場と見て良いと思います。
休日重視で転職活動する際に、目安とすると良いでしょう。

また入居施設では、24時間人員が必要になるので確保が難しくなります。
どこが楽とは言いませんが、介護事業所のサービス形態にも注目してみましょう。

職員数と定着率に優れた職場を選ぶ

介護士が休みを取れるかは、結局のところ職員数が必要です。
狙って転職できるなら、「介護職員の数が多く、職員定着率の高い職場」が1番です。

働きやすい職場には職員が定着するし、職員数がいれば休日もとれ、さらに働きやすくなる。
こういった好循環にある職場に転職できればベストです。

職員に余裕があれば、有給取得の申請もしやすくなりますね。

事務仕事

ただ狙って転職するのは難しく、再現が難しい方法でもあります。
積極的な情報収集はもちろん、時には転職サイトなど外部の力も頼る必要があります。

マイナビ介護職など、職員定着率にこだわった転職サイトを活用しましょう。
著しく定着率が低い求人は掲載を避けてくれてますし、年間休日110日以上で検索も可能です。

マイナビ介護職の口コミ評判は?

まとめ

今回は「介護士はなぜ仕事が休めないか」というテーマでお話ししました。

特に入居施設は人員確保が難しく、常勤介護士の負担が大きくなっている傾向があります。
単なる人員不足だけでなく、確保できる人材にも偏りが見られています。

加えて、周りへの気遣いから「休む事」すら負担になっているケースも多々あります。

こんな時こそ、「お互い様」の精神が重要です。
個人でも、必要な時には休める雰囲気作りを意識していきましょう。

介護にもホワイトな職場は沢山ありますよ。
諦めず、根気よく自分に合った職場を見つけていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました