介護職における退職引き止めの断り方とは?退職意思の上手な伝え方

退職引き止めの断り方 転職活動

「仕事がなかなか辞められない」、「退職させてもらえない」。
介護職、特に介護士に多い悩みだと思います。

会社からの引き止めを上手く断れず、困っている方も多い事でしょう。

そこで今回は「退職引き止めの断り方」をテーマにお話しします。
仕事をスムーズに辞めるコツをご説明していきます。

他の仕事全般との共通部分も多いので、他職種の方にもご参考頂けると思います。

スポンサーリンク

介護職はなかなか仕事が辞められない

介護職は、採用を得るより退職する方が難しい仕事です。

理由は退職の引き止めです。
なぜ引き止めが多いのか?理由はもちろん職員不足です。

「とにかく人手が欲しい」「誰か1人欠けたら回らない」、こんな職場は多いです。
職員がいなくて負担が大きい、そんな時ほど退職には苦労します。

結論から言うと、引き留めを断るには、理由や事情より「退職の意思」を伝える事が大切です。

落ち込み

退職の苦労と言いましたが…、
「他職員に迷惑をかけたくない」という遠慮より、引き止めに悩まされるケースがほとんどでしょう。

退職を決意するまでの葛藤もあるでしょうが、そこからがなかなか辞められないのです。

介護職によくある引き止めパターン

下記は、介護職に多い引き止め理由です。

私も何度か転職を繰り返してますが、ほぼこんな引き止めに合ってます。

介護職に多い引き止めパターン

  • 仕事を辞める事への注意
     ⇒「どこも同じ」「辞めグセが付く」
  • 不満解消や自分の必要性を訴え、説得する
     ⇒「人を入れて楽にする」「あなたが必要、いないと困る」
  • 引き延ばしや放置
     ⇒「もう1ヵ月だけ頑張って」

退職後の不安を煽ったり、仕事を評価したり不満を聞き入れようとする。
分かったといいつつ、自分が出勤するしかない形にするなど、様々。

また複合パターンもあり、「不満を改善するから」と言いつつ放置されるケースも。

真面目で責任感のある人ほど、響く言葉ですね。
本当にあなたを考えての事もあるし、職場の勝手な言い分に過ぎない事もあります。

ショック

また行き過ぎたものだと、暴言やパワハラ。
「損害賠償を請求」など脅しも稀にあるようです。

それらは基本的に相手にせず、流してしまってOK
トラブルが避けられない時の相談先として、労働基準監督署もあるので覚えておきましょう。

まずは退職の意思をはっきりさせる

パワハラ発言はともかく…
いずれにせよ、先に述べた様な事は言われると思って下さい。

引き止めを上手く断るには、辞めるという強い意思が必須です。
はっきり断れない時は、自分にも迷いがある場合もあります。

退職を決める際には、自分の考えをまとめ、はっきりさせておきましょう。

介護職を辞めたい!退職を考えるべき職場と退職方法
介護職を辞めたい、限界だと思ったら辞めても大丈夫です。介護士を中心に、仕事を辞めても良いタイミングや辞めるべき職場、具体的な退職方法などを解説します。

上記記事でも言ってますが、基本的に「辛い」「限界」だと思ったら退職して良いです。

辞めグセは自覚があれば気にしなくて良いし、良い職場に合えばちゃんと長続きします。
逃げの退職も、新たなチャレンジに昇華させてしまえばOK。

悩んで出した答えが退職ならそれで良く、周りに迷惑をかけないタイミングはないです。
自分のタイミングで辞めて良いのです。

退職引き止めの断り方

自分の意志を通すとは言いましたが…
言葉巧みな引き止め説得には、どう対応したら良いでしょうか。

スムーズに退職するには、下記のポイントが重要です。

スムーズな退職に必要な事

  • 退職日を明確に伝える
  • 自分から積極的に話を進める

まずは「退職までの期限をはっきり決める」事です。
考えが決まったら、まずは直属の上司に伝えて下さい。

介護職は、毎月毎にシフトを出す事がほとんどなので、職場への配慮もすると、1~2ヵ月前位が現実的。

順を追ってご説明します。

辞める意思を伝え続ける

多様な引き止めパターンがありますが、断り方はただ1つ。

「申し訳ないですが、退職の意思は変わりません」と伝え続ける事です。

それらしい説得をされても、「分かってはいるが、よく考えて決めた事だ」と返してください。
引き延ばしの交渉も断りましょう。

NGサイン

引き止めに対し、退職理由や理屈で勝負してはいけません
ああ言えばこう言われ…と、泥沼化します。

退職理由で勝負しようとすると、交渉合戦が始まります。
既に辞める意思が決まってるなら、条件交渉は不必要なはず。退職までの期間が長くなるだけなので、回避しましょう。

それらしい理由を伝えたら、退職の意思が変わらない事をアピールした方が有効です。

退職日をはっきり伝え、自分から話を進める

退職を伝える際、ただ「辞めます」だと有耶無耶にされて終わりです。

「2か月後」「1か月後」など、明確な退職日も必ず伝えて下さい。

また退職を伝えたからと安心してはいけません。
その後も定期的に人事について尋ねたり、再度退職の意志を伝える等して下さい。

無かった事にされたり、話が振り出しに戻ってる等も珍しくありません。
退職ギリギリになって、「後1ヵ月だけお願い」なんて事もザラです。

ポイントを説明する看護師

故意でなくとも、忙しくて対処できなかった場合もあります。
手ごたえが無ければ、上司の上司に相談してみるのも有効です。

介護業界はこの現状ですし、確認が多いくらいが丁度良いです。

退職の話をしたいのは自分だけ

管理者はもちろん、上司や同僚も退職の話は積極的には進めません
これには退職を踏まえたその後の対応も含まれます。

1度の話し合いで、全てを決定できない事も多いです。

先輩からの指導

…というのも職員が減れば、自分の負担が増えるからです。
出来ればそのままなかった話になり、居ついてくれればと思うでしょう。

退職の話をしたいのは、貴方だけです。
人はアテにせず、自分の退職、自身で進めていくしかないのです。

自力での解決が難しい場合、「退職代行サービス」に頼るのも手です。

退職代行サービスのNEXT

引き止めにあわない退職理由は少ない

仕事を辞めるにあたり、退職理由をどう告げようか悩みますが…
基本的には、正直に話して良いと思います。

…というのも、大体は何を言っても引き止められます
それらしい理由を付けても、「考え直して欲しい」と返ってくるでしょう。

あまり考えても効果は無いですし、止めようがない理由となると、自分が大きな嘘をつかねばならなくなります。伝えた後、いかにブレずにいられるかが勝負です。

腕組み疑問

ただ正直に伝えるのが躊躇われる理由もあるでしょう。

そんな時は、「違う種類の施設で働いてみたい」。
「一度休み、再出発したい」ぐらいに言っておけば良いです。

転職活動を始めてしまうのもアリ

双方の職場に迷惑をかけない前提なら、早めに転職先を決めてしまうのもアリ。

退職日程がはっきりしたら、転職活動を始めてしまいましょう。

その素振りを見せる事で、「仕事を続ける意思がないアピール」になります。
次のステップを具体的に考える事で、自分の気持ちもより明確になります。

但し、退職を考えるほど気持ちが弱っている時は、冷静な判断が出来ない事も。
焦って後悔するような転職は行わない様、注意して下さい。

情報収集や転職相談などから、じっくり進めていきましょう。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。

引き止めから円満退職は目指せる?

狭い介護業界、出来る事なら円満退職をしたいもの。

ですが、あまり相手の顔色ばかり窺っていては、結局引き止めにあってしまいます。「迷惑かけたくない」という、善意に付け込む人間もいます。

相手の出方次第では、時に円満退職は諦める必要もあります

最低限の配慮と今までの感謝を伝えたら、自分の意志を貫きましょう。

円満退職の為にできる事

  • 退職日は早めに余裕を持って伝える
  • 職場への過度な批判はしない
  • 今までの感謝を伝える

円満退職も大事ですが、1番の目的は退職のはず。
職場への過度な気遣いは無用です。

繰り返しですが、会社や同僚の迷惑にならないタイミングはありません。
お互い様だと割り切り、自分のタイミングで辞めて下さい。

出戻りに誘われた時の断り方

介護業界では、慢性的な人手不足です。
しつこいケースだと、仕事を辞めた後も「戻ってこない?」と声がかかる事もあります。

ショック

辞めた職場に戻る事を出戻り転職と言いますが、その意思がないなら断りましょう。

これも断り方は退職時と同じです。
理由で勝負すると泥沼化するだけなので、「その気は無い」以上の言葉はいりません。

後は適当に回避しておけばOKです。

介護職の出戻り転職はリスクが多い!出戻り社員のデメリット
介護職には多い出戻り社員、でも「前の職場に戻りたい」と思っても、ちょっと待って下さい。出戻りは沢山のリスクがある転職方法です。出戻り転職をするべきでない理由を解説しつつ、前向きに転職活動をする為のアドバイスをおくります。

上記記事でも話してますが、出戻り転職はおすすめしません。
もしちょっとその気があるなら、個人的には辞めた方が良いと思います。

最後に

今回は、「退職引き止めの断り方」を中心にお話ししました。

記事の要点

  • 引き止めには、理由や事情より「退職の意思」を伝える
  • 退職日をはっきり決め、自分から積極的に進めないと、スムーズに辞める事は難しい
  • 退職への迷いは、事前に捨てること

引き止めを断るには、前提として退職への迷いを捨てる必要があります。

退職や転職は、人生における大きな悩みです。
決定に至るまでも、色々な葛藤があるでしょう。

だからこそ引き止めが断れない、そんな人も多いと思います。

また介護業界は、行く先どこも人手不足。
負担の大きさから転職を繰り返し、コンプレックスになってる方もいるでしょう。
介護職は転職回数が多いと採用に不利?伝えるべき転職理由とは
介護職は、転職回数が多くても採用で不利にはなりません。これまでの経験は強みとして、転職に活かせるので安心して下さい。転職理由の伝え方や実体験、無駄な転職を減らすポイントなども、あわせて解説します。

上記でも言ってますが、転職回数はあまり問題にならないので大丈夫です。
もし同じ失敗が続いていると思ったら、施設の種類や雇用形態を変えてみるのも手ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました