介護職に車の運転免許は必要?運転場面や免許なしで働ける職場を解説

介護職は車の運転免許なしでも働けるか 転職活動

介護職に就きたいけど、「車の運転免許を持ってない」「車の運転が苦手」。
こんな方の為に、介護職と車の運転について情報をまとめました。

介護職に車の運転免許は必須ではないですが、運転機会の多い職場もあり注意が必要です。

記事の内容

  • 車の運転免許がなくても、介護職になれる?
  • 介護職が車を運転をするのはどんな時か
  • 「運転免許がなしで働ける職場」や採用率への影響

上記の様な悩みについて、お答えしていきます。
転職活動の際にご参考頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

介護職に運転免許は必要か?

介護職に車の運転免許が必要かですが、必須ではないがあった方が良いです。

仕事で車の運転をするかは、職場の他、介護士や相談員などの職種でも違います。
上手く職場を選べば、運転免許を必要とせず働く事も可能です。

介護職が車の運転をする場面

まずは、介護職員がどんな場面で車の使用するかをご説明します。

代表的なのは「デイサービスでの利用者送迎」でしょうか。
通いの介護施設なので、自宅と施設間の送迎も介護職の仕事です。

介護職が仕事で運転をする場面

  • 利用者様の送迎、受診付き添い
  • 買い物代行、職場での買い出し
  • 外出レク

ピンクの訪問車

職場によっては、「受診付き添い」や「買い物代行」等もありますね。
またグループホームの食材など、職場の物品買い出しが業務に含まれる事もあります。

「外出レク」とは、利用者様を連れてのお花見等ですね。
現在はコロナで難しくなってきましたが、こういったイベントも定期的に行われてました。

また訪問介護員であれば、「仕事での移動」に車が必須の地域もあります。

運転機会の多い介護職は?

これらの運転業務は、介護士だけの仕事ではありません。
介護支援専門員生活相談員が担当する事も多々あります。

介護サービスの相談

総合的には、相談援助職の方が運転機会が多い印象です。
介護士の方であれば、そういった他職種のサポートがある職場を選べば運転機会が少なくなります。

いずれにせよ、職場により担当業務は異なります
毎日運転が必須な職場は少ないので、上手く選べば運転免許を必要とせず働く事も可能です。

介護で運転免許なしでも働ける職場は?

ここからは介護士を中心に「運転免許が必要ない傾向が強い職場」を紹介します。

色々な施設で働いてきましたが、種類により運転機会の多さに違いがみられました。
その傾向についてお伝えします。

大規模の入居介護施設がオススメ

介護士であれば、入居の介護施設がオススメです。
「特養」や「老健」等の24時間対応の施設ならば、他より運転の機会が少ないです。

OKサイン

上記のような大規模施設を選べば、基本的に施設での利用者対応に集中できます。
施設外に出る必要がある時は、他職種が担当する事が多い傾向ですね。

特養は長く経験しましたが、ほとんど車の運転は無かったですよ。

避けるべき介護施設は?

逆に避けるべき職場は、「デイサービス」や「グループホーム」等の通所や小規模の施設です。

小規模施設は職種や人員も少なく、介護士が車の運転業務を兼任する事が多いですね。
利用者の受診対応を介護士が行っている施設も結構あります。

車イスの高齢者の車で通院介助

デイサービスの通所送迎は前述の通りです。
私の経験では、他に「サポート付き高齢者向け住宅」でも運転機会がありましたね。

運転免許の必要ない職場を選ぶなら、介護業務に集中できる大規模施設を選びましょう。

都心部なら訪問介護もあり

東京などの交通機関が発達してる地域ならば、訪問介護もアリですね。

地方では車が必須ですが、都心部ではかえって利便性が悪くなります。
上手く場所を選べば、訪問介護でも移動の問題を克服可能ですよ。

訪問介護員の仕事内容とは?

都内などでは、「自転車」や「公共交通機関」の利用が多くなるみたいですね。

訪問介護

ただし訪問介護では、初任者研修以上の介護資格が必須なので注意しましょう。
※介護施設は無資格OK

訪問介護は基本的にマンツーマンなので、施設介護より未経験者へのハードルは高めです。

介護職員初任者研修の取り方

運転免許の有無は採用に影響する?

運転免許の有無による採用に影響は、業務で必要かどうかが大きいですね。
全体的には「無いよりはあった方が良い」程度で、無くても採用を得る事は可能です。

転職の面談

その必要性が低い職場であれば、直接合否に関わる事は少ないかと。
それが原因で不採用ならば、お互いのミスマッチを防げたと喜ぶべきでしょう。

運転の必要性があれば、求人に「要運転免許」と記載もありますよ。

お住まいの地域によっては、「職場に通えるか」の方が問題かもしれません。
「自宅から近い」「駅の近く」など、無理なく通える職場を選びましょう。

詳細は「転職サイト」で確認しよう

またここでの話はあくまで傾向であり、実情は入職してみないと分かりません。

慎重に転職活動を進めるならば、転職サイトの活用をお勧めします。
掲載求人が多いので条件付きでも探しやすく、私達よりアドバイザーの方が内部情報に詳しいです。

事務仕事

介護系転職サイトですと、「きらケア」が内部情報やマッチ度の高さを強みとしてます。
「運転免許の必要ない職場」という条件で、紹介を受ける事も可能ですよ。

今回のケースでは、使いやすいサービスですね。
「駅近」条件でも求人を探せます。

きらケア介護求人の評判や口コミは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました