介護・福祉の資格一覧

介護・福祉系の資格一覧です。

当サイト内の説明記事へのリンク集となっています。
資格取得の情報検索、検討にお役立てください。

資格の取得方法については、該当記事内で説明しています。

スポンサーリンク

主要の介護士資格一覧

介護士としての主要資格です。

未経験者向けの「初任者研修」、国家資格である「介護福祉士」など…、
所有者の能力をはっきり示す資格です。

知名度、評価共に高く、転職活動給料額にも大きく影響を与えます。
介護福祉士を取得し実務経験を積むことで、職種の枠を越え、違う道への挑戦も可能になります。

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
介護職員初任者研修 介護の初歩を学ぶ研修講座
誰でも可
実務者研修 基本をベースに幅広い対応力を学ぶ講座
誰でも可 (初任者研修修了 推奨)
介護福祉士 (★国家資格) 介護のスペシャリスト
受験資格は「実務経験3年+実務者研修」
認定介護福祉士

介護士の最上位資格
介護福祉士としての実務5年、リーダー経験等条件あり

これらの資格取得には、通信に加え、スクールへの通学が必須です。
よく分からないという方は、下記記事を確認ください。

【介護資格の取り方】通信と通学の違いは?

相談・援助の資格一覧

社会福祉士ケアマネージャーなど、相談援助と呼ばれる業務をする為の資格です。

悩みを抱えた利用者に必要なサービスを提示する、仲介役といった立場になります。

福祉について幅広い知識が必要になり、その業務も多岐にわたります。
難しい仕事ですが、その分やりがいも大きいでしょう。

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
介護支援専門員(ケアマネ) 要介護者と介護サービス事業者との調整役
受験は「国家資格業務か相談援助業務5年」
社会福祉士 (★国家資格) 福祉における相談援助のプロ、「ソーシャルワーカー」
相談援助経験4年、養成施設に通う必要あり
精神保健福祉士 (★国家資格) 精神障害に特化した相談援助のプロ、「PSW」
相談援助経験4年、養成施設に通う必要あり
福祉用具専門相談員 福祉用具の貸与・販売で活躍、選定とアドバイスをする
誰でも可

その他介護・福祉の資格一覧

知名度や評価はそこまで高くないものの、特定の場面において真価を発揮する資格達です。

何かに特化した物が多く、勤務する施設に合わせた物を選ぶと良いですね。

多くの場合は、他の主要資格と併せる事で活きる資格ですね。
資格そのものはもちろん、その学習過程で得られる知識・スキルに意味があります。

その他の介護・福祉資格

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
レクリエーション介護士 レクリエーションを学ぶ講座
誰でも可
介護口腔ケア推進士 口腔ケアで「口から食べる事」を支援
誰でも可、上級試験あり
ガイドヘルパー(移動介護従事者) 障害を持つ人の外出援助が可能になる
誰でも可 (初任者研修等 修了推奨)
ウェルフェア・コンシェルジュ初級 介護サービスの質を高める接遇を学ぶ検定試験
誰でも可、在宅試験
スマート介護士 介護ロボットのノウハウを得て、質の向上と効率化
誰でも可、実施級は2つ
福祉住環境コーディネーター 福祉や建築を総合的に学習
誰でも可、資格等級あり
2級取得で「住宅改修が必要な理由書」作成可能
准サービス介助士 一般業界向け、介助技術習得資格
誰でも可(有名企業でも導入)、上級試験あり

看護助手向け

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
看護助手実務能力認定試験 初めて看護助手を目指す方向け
誰でも可、通信学習なら試験可能
メディカルケアワーカー 業界初の看護助手資格
通信学習や実務経験など、受験条件あり

医療ケア

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
喀痰吸引等研修 修了で吸引や経管栄養に関われる
基本研修+実地研修
※実務者研修修了者は(基本研修が免除)

認知症の資格

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
認知症ケア専門士 認知症ケアの専門家
3年以上の認知症ケアの実務経験必須
資格等級あり「准専門士」は未経験から可、更新あり
認知症ケア指導管理士 認知症ケアの専門性向上と人材育成が目的
誰でも可、資格等級あり
専門士との違いは試験内容と更新制度
認知症介助士 一般業界向け、認知症対応を学ぶ
誰でも可

介護予防の資格

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
介護予防指導士 介護予防の指導資格、マシンを使わない指導を学ぶ
介護、医療など、関連資格が必要
介護予防運動指導員 専門知識で介護予防の指導ができる
初任者研修の場合、2年の実務が必要
介護予防健康アドバイザー 介護予防の基礎知識やエクササイズを学ぶ
誰でも可、通信学習、在宅試験可能

介護食の資格

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
介護食アドバイザー 介護食の知識やレシピ、高齢者の口腔ケアなど学習
誰でも可、通信のみ・在宅試験OK
介護食コーディネーター 介護食の知識やレシピ、食事介助や配膳など学習
誰でも可、通信のみ・在宅試験OK

介護事務の資格

介護事務は、介護請求など難しい知識が必要になり、事務職の中でも専門性の高い仕事です。
人気職種なので、知識と技能を高め自分の能力をアピールしたいですね。

事務スキルを重視し学ぶ資格、高齢者や福祉全般を学ぶものなど、学習内容に差があります。

主な学習手段が通信講座であり、試験がそれに付随する形が多いのも特徴。
一見差が分かりにくいので、通信講座の学習期間も補足しておきます

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
ケアクラーク 介護事務に必要な知識・技能を広く評価する検定試験
誰でも可 在宅試験可能 (通信:4ヶ月)
介護事務管理士 介護請求など、介護事務スキルを中心とした検定試験
誰でも可 在宅試験可能 (通信:標準4ヶ月)
介護報酬請求事務技能検定試験 給付管理業務など、介護事務スキルに特化の検定試験
誰でも可 在宅試験可能 (通信:最短1ヵ月)

終活と看取りの資格一覧

高齢者の抱える悩みは、自身の身体や介護ばかりではありません。
残された人生をどう生きるか、どう最期を迎えるのか、向き合わなくてはなりません。

終活看取りなど、最期を自分らしく穏やかに迎えるための支援資格をまとめました。

資格名(説明記事リンク) 説明(概要や取得制限など)
終活アドバイザー 終活、エンディングノートの知識を学ぶ
誰でも可、通信学習、在宅試験可能
看取りケアパートナー 初めて看取りに関わる方に必要な知識を学ぶ
誰でも可、通信学習、在宅試験可能

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました