音楽健康指導士とはどんな資格?試験や仕事資格取得情報まとめ

介護士

介護現場の高齢者が好きなモノの1つが歌や音楽。
音楽を使った、健康的なレクを学べる資格に「音楽健康指導士」があります。

今回は「音楽健康指導士の資格情報」についてまとめました。

楽器や楽譜など音楽に弱くても問題なく取れ、レクを学ぶ事が出来ますよ。

資格の取り方や試験情報、2級と準2級の違い、仕事への活かし方などを総合解説。
介護の仕事や健康促進活動などで、活躍ができる資格です。
スポンサーリンク

音楽健康指導士とは

音楽健康指導士は、日本音楽健康協会が認定する民間資格です。
「うたと音楽」による楽しく健康的なレクを学ぶ為の資格ですね。

カラオケを楽しむ女性

資格には「準2級」と「2級」があり、ユーキャンの通信講座や協会の集合講座で取得できます。

受験資格は無く、どなたでも取得が可能です。

健康的な音楽レクを学べる

音楽健康指導士は、音楽レクに特化した資格です。
学習では、主に「音楽健康セッション」という内容を学びます。

音楽を楽しむ男女の高齢者

音楽健康セッションとは、「うたと音楽」を活用し、楽しく身体機能や脳機能の維持・向上を行う事。
認知機能低下の予防効果も期待されるプログラムです。

楽譜が読めない、楽器が出来ない方でも、問題なく取得できます。

2級と準2級の違い

音楽健康指導士の2級と準2級は、取得方法学習内容に違いがあります。

準2級は「音楽レクの基礎」、2級では「音楽健康セッションの実技指導」が学習目標になります。
全カリキュラムのうち、準2級は一部、2級は全てを学習する形です。

ポイントを説明する看護師

また準2級はユーキャンの通信講座で取れますが、2級は集合講座への参加が必要です。
生涯学習のユーキャン

詳しくは後述の「資格取得方法」をご覧ください。

レクリエーション介護士との違い

似た資格にレクリエーション介護士があります。

デイサービスの介護予防運動

レクを学ぶという点では共通してますが、音楽健康指導士は音楽レクに特化した内容です。
レクリエーション介護士とは?

好みや目的に応じ、必要な方を取得しましょう。

音楽健康指導士を仕事で活かすには

音楽健康指導士という職種で、求人を見つける事は難しいです。

仕事や活動で活かすのであれば、下記の様な方法があります。

音楽健康指導士を活かせる場所

  • 介護士(デイサービス、有料老人ホーム)
  • ボランティア活動
  • 介護予防事業
  • 地域交流や健康促進運動

仕事で活かすとなると、主に介護士になります。

履歴書にも書ける資格ですが、この資格のみで評価を得る事は難しいと思われます。
しかし主要の介護資格や能力と組み合わせる事で、評価や需要に繋がるでしょう。

介護施設でのレク、ボランティアを中心に活躍

介護の職場ですと、デイサービスを始めとした、レクや介護予防に注力した施設での活躍できます。

介護全般でも「音楽を使ったイベント行事やレク」は多く、余暇活動の提供に役立ちますね。

私も含め、レクが苦手な介護士は沢山います。
レクの計画・実践力があれば、需要や差別化にも繋がりますよ。

デイサービスの仕事内容とは

演歌歌手

同様に、介護ボランティアとしての活動にも有効です。

既述の通り、カラオケや体操など、音楽を使った活動は介護施設の定番行事です。
高齢者ウケも良く、需要も見込めますね。

健康促進を学ぶ為、そうした交流や運動の場にも役立ちます。
認知症・介護予防の事業に関わる方にもオススメです。

音楽健康指導士の資格取得方法

ここからは、音楽健康指導士の資格取得方法を説明します。

音楽健康指導士には「準2級」と「2級」があり、それぞれ取得方法が異なります。
条件別に分けると、下記の3パターンがです。

資格の種類 準2級 2級(準2級を所持) 2級(準2級なし)
取得方法 ユーキャンの通信講座 集合講座2日間 集合講座3日間
資格認定試験 免除
資格更新制度 なし 3年毎に更新(更新料11,000円)

準2級は、ユーキャンの通信講座で取得。
2級は、日本音楽健康協会の集合講座を受講する事で取得できます。

2級からでも取得できますし、準2級があれば2級へのステップアップが楽になります。

順を追って、ご説明します。

音楽健康指導士準2級の取得方法

音楽健康指導士準2級は、ユーキャンの通信講座を修了する事で取得できます。

勉強する看護学生

通信講座なので、全て在宅学習で取得できます。
試験もありますが、在宅受験が可能となっています。

資格取得までの平均学習時間は、1日20分で約3ヶ月が目安です。

ユーキャンの通信講座情報

下記が「ユーキャンの通信講座」の詳しい情報です。

ユーキャンの音楽健康指導士講座情報

取得できる資格 ・音楽健康指導士準2級
・健康カラオケサポーター
受講費用 ・一括払い 34,000円(税込み)
・分割払い 2,900円 × 12回(12ヵ月) 
 計34,800円(税込み)
・送料無料
支払い方法 ・郵便局 ゆうちょ銀行
・クレジットカード
・コンビニエンスストア
教材 【メインテキスト】2冊
【副教材】音楽レク実践ノート、DVD、他
受講、学習期間 平均学習期間3ヵ月(サポート期間6ヵ月)
添削課題 全2回(資格認定試験含む)
返品 教材到着後8日以内であれば可能

ユーキャンの通信講座では、準2級だけでなく「健康カラオケサポーター」という資格も取得できます。
2級の取得も楽になる事を考えると、かなりお得な講座です。

下記から、講座情報が確認できます。

健康カラオケサポーターとは、カラオケをより健康的に楽しむ為の資格取得講座。
心・体・脳をより健康的にする知識、歌い方を学ぶ事が出来ます。

音楽健康指導士の資格認定試験

音楽健康指導士の試験は、マークシート方式で行われます。
合格ラインは、正答率70%以上(100点満点で70点以上)で合格です。

音楽健康指導士の認定試験内容ユーキャンHPを参考)

試験方式 マークシート
合格基準 正答率70%以上
試験時期 ・受講期間内であればいつでも可
・2級から取得する場合、集合講座の後に実施

通信講座で受験する場合、受講期間内であれば不合格でも3回まで再試験可能です。
難易度や合格率は明記されていませんでした。

マークシート方式の学習資格という事を考えると、取得しやすい部類でしょう。
合格率も高い物と思われます。

音楽健康指導士2級の取得方法

音楽健康指導士2級を取得するには、協会実施の集合講座に参加します。
申し込みは、日本音楽健康協会HPより可能です。

授業風景

集合講座は、3日間で合計20時間となっています。
(※準2級所持の方は、2日間で13時間)

どなたでも申し込め、2級からでも取得できますが、下記の点に注意です。

  準2級を所持 なし(2級を直接取得)
費用 69,400円 103,400円
時間 2日間(13時間) 3日間(20時間)
試験 免除

費用や時間数、試験の有無に違いがあるのでご注意ください。
また資格取得時には、認定料として11,000円の費用が発生します。

確認したところ、会場は【東京・大阪・名古屋・札幌】など。
記事執筆時で2か月おきに開催されている様子です。

1日の参加時間は、10:00~18:00が目安です。

申し込みの際は、ご自身でもお確かめください。

集合講座のカリキュラム

下記は、集合講座のカリキュラムです。

音楽健康指導士の学習カリキュラム

資格による学習範囲 テーマ カリキュラム
準2級・2級 音楽健康指導士の理解
  • 音楽健康指導士の資格について
  • 音楽健康指導士の役割・活躍フィールド
  • 音楽とは
  • 音楽健康セッションの理解
高齢者の特性
  • 高齢者の特性の理解
音楽と運動
  • 運動の種類と効果
  • 音楽を組み合わせた運動方法
2級
(準2級者のステップアップ)
実践指導方法Ⅰ
  • 音楽レクリエーションの実践
  • 安全で効果的な指導方法
  • 実技練習
実践指導方法Ⅱ
  • プログラミング実習
実技評価
  • 実技評価

使用教材は、テキストとDVDです。

これらを全て合計すると、3日間20時間の講習になります。
2級を直接取る場合、講座の後で検定試験があります。

準2級を所持している場合、前半部分と試験が免除。
後半のステップアップ部分(2日目)からの参加で取得できる、仕組みです。

資格取得すると、顔写真入りの認定証と認定バッチが発行されます。
資格の有効期限は3年、更新が必要な資格なのでご注意ください。

まとめ

今回は「音楽健康指導士の資格取得方法」をお伝えしました。

介護の現場では、レクや余暇活動の提供の難しさが課題となってます。
「楽しみ」や「やる事」を求めつつも、満足できずにいる高齢者が大勢いるのです。

また、施設の高齢者が大好きなモノの1つが音楽です。
介護士はもちろん、ボランティアの方も、介護予防や余暇提供の為、取得を検討してみてはいかがでしょうか?

生涯学習のユーキャン

他の介護資格を調べる
介護・福祉の資格一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました