介護職員初任者研修の平均費用は?値段を安くする方法も紹介

初任者研修の平均費用と受講料を安くする方法介護士

介護士の入門資格である「介護職員初任者研修」。
仕事に必須とも言える資格ですが、その費用は約5万円から10万円近くかかります。

多くのお金が必要なうえ、値段のバラつきが激しく、「受講料が高いのか安いのか分からない」と悩んでしまいますよね。

給付金制度や割引も豊富にあり、知らないとスクール選びで失敗してしまう事も…。

当記事では「初任者研修の平均費用と値段を安くする方法」を紹介。

価格重視のスクール選び、資格取得の給付金などを解説。
介護資格とお金のお得知識をお話しします。
スポンサーリンク

介護職員初任者研修の費用

介護職員初任者研修の受講費用は、スクールにより大きく違います。

大手スクールを比較しただけでも、約2万円から10万円までと様々
また割引制度や補助金の有無で、最終的な金額も異なってきます。

まずは、初任者研修の大体の費用を説明します。

初任者研修の平均費用は「5万~8万円」

資格情報サイトで調べたところ、平均費用は約5~8万円前後が相場ですね。

再現性の高い全国対応スクールでは、約8万円程度となってます。

  • ニチイ:88,000円
  • 三幸福祉カレッジ:79,800円

※参考「ケア資格ナビ

初心者介護士

5万円程度であれば安い。
8万円以上出せば、使い勝手の良い大手を選べるイメージでOK。

実際には、これらとお住いの地域のスクールで比較する形になります。

「表記受講料8万円」を基準に、通える範囲のスクールで探してみましょう。

高い値段でも安く済むケース

またスクール独自の割引制度も多く、高い値段表示でも支払額は安くなる事もあります。

割引率も10%以上で、表記額が高いほど割引特典が豊富な傾向です。
※「ニチイ」「三幸」も、割引適用できれば6~7万円台になる

チェックポイントを教える介護士

実際の費用を計算して比較する事が重要ですね。

金額だけでなく、「自宅からの距離」や「取得期間」も大切です。
働きながらであれば、通信コースを選ぶと通学日数も減らせますよ。

最安値は「無料」

「初任者研修の最安値はいくらか?」の話をすると、無料です。

受講料は無料、テキスト代の数千円で済むケースもあります。
ただし、「介護士として就業」などが主な条件となります。

カンファレンスイメージ

極端な例を出しましたが、初任者研修はこのぐらい割引率が高いのも特徴です。

次項で説明しますが、学生や求職中の方は価格面で特に有利です。

初任者研修の値段を安くする方法

安い費用で初任者研修を取得するには、給付金や費用補助の制度を活用しましょう。

下記ポイントを意識してスクールを選ぶと、より費用を抑える事が出来ます。

  • スクールの割引特典
  • 補助金や助成金制度
  • エリア特化したスクールを選ぶ
  • 転職時の資格取得サポートを受ける

順にご説明します。

「学生割引」や「紹介割引」を使う

既述の通り、多くのスクールでは各割引の適用で10%以上費用の差が出ます。

下記は、よくある割引特典の例

  • 受講経験割引
  • 学生割引
  • 紹介割引

学生や団体受講、利用経験のあるスクールを狙うと、より安く受講できます。

過去に自分や知人が通った事のあるスクールでは、「経験・紹介割」。
高校や大学に在学中であれば、「学生割」が受けられる可能性があります。

社会人の場合、後述の補助金や職場の費用免除が狙えます。

介護士のプライベートイメージ

その他ですと、複数人で受講する「ペア・団体割引」。
説明会参加による特典割なども見られます。

表記価格の安さはもちろん、割引特典を狙えるスクールを選ぶのも手です。

「給付金」や「補助金」制度を活用する

初任者研修の費用免除制度には、下記の様なものがあります。

  • 「教育訓練給付制度」
  • 自治体の「介護職員資格取得支援事業」
  • ハローワークの「職業訓練」

この中で使用しやすいのは、教育訓練給付制度ですね。

これは厚生労働大臣の指定した講座を修了すると、学費の20%(最大10万円)を支給する制度。
初任者研修でも、対象講座が多くあります。

当制度を利用するには、雇用保険の加入期間などの条件を満たす必要があります。
詳しくは「ハローワーク(教育訓練給付制度)」をご覧ください。

授業風景

またハローワークの職業訓練を利用すれば、無料で受講する事も出来ます。
ただし選考があり、スケジュールもきつく時間がかかるなど、デメリットもあります。

その他にも、各自治体で介護資格の取得支援事業が行われています。

費用補助のある事も多いので、お住いの自治体で確認してみましょう。

地域の格安スクールを探す

冒頭で述べた通り、安さを求めるなら「地域限定のスクール」から選ぶ事になります。

地域差もあり運も絡みますが、教室の開講エリアが少ない格安スクールも存在します。
値段で言うと2万円~4万位ですね。

パソコンを見てショックを受ける女性

ただし、価格だけでスクールを決めるのは少し危険です。

大手も価格が高いだけあり、教室が豊富でサービスの質も高い所が多め。
教育訓練給付金にもよく対応してます。

通いにくかったり、予約待ちになる可能性もあるので注意。
各種割引を全て適用した値段表示の場合もあり、条件を満たせるか確認も必要です。

価格重視の場合も、スクール比較の際は下記要素も見ておく様にして下さい。

  • 対応地域や教室日程の充実度
  • 就業サポート
  • 給付金制度への対応

前述の給付金制度を使うなら、その対応有無を見て、実際の費用で比較しましょう。

下記サービスでは、給付金に対応した初任者研修講座を調べる事ができます。
資料請求も出来るのでご活用ください。

職場の「資格取得サポート」を使う

公的な補助金以外でも、介護事業者による費用サポートも多くあります。
その場合、多くは介護士として就業する事で資格費用の免除を受ける形となります。

転職による資格費用サポートを受けるには、主に下記2つの方法があります。

  • 介護事業に参入してるスクールを選ぶ
  • 資格費用支援のある職場に入職する

マネジメントイメージ

介護施設の運営も行うスクールでは、修了後にその会社への就業相談も受け付けてます。

介護士として就業し決まった条件を満たせば、受講料のキャッシュバックを受けられます。

大手では、「ニチイ」「ベネッセ」等が当制度を採用。

大手スクールの初任者研修講座を比較

無料で初任者研修が受けられる事も

その他の介護事業者も、初任者研修の費用サポートに取り組んでます。

各介護施設を運営する法人でも、費用補助制度を独自に作ってるので活用しましょう。
費用補助の条件は就業年数などが主で、負担額なども職場により異なります。

転職と資格取得が同時に進められるので、これから介護士を目指す方にオススメの方法です。

事業者側としては、新規職員の採用・定着を目的にしてます。

パソコンで仕事をするスーツ女性

もし費用サポートのある職場を探すなら、「かいご畑」がオススメ。

資格取得支援で職場検索ができ、未経験者に強い求人サイトです。
正社員から派遣まで対応してます。

かいご畑自体にも、無料で初任者研修を取れるキャリアアップ応援制度もあります。
※運営元の派遣スタッフとして就業すると、無料で資格が取れる

かいご畑の口コミ評判と使い方

介護資格や転職に関するお得な話

初任者研修とは少し離れますが、「介護資格の費用」や「転職支援金」の話をもう少し。

介護における資格や転職において、ちょっとお得な話を紹介します。

「実務者研修」「介護福祉士」にも支援金がある

資格取得の費用免除があるのは、初任者研修だけではありません。

下記の主要介護資格も、記事で紹介した制度の対象となる事が多いです。

  • 実務者研修
  • 介護福祉士

実務者研修なら、スクールの費用補助。
介護福祉士であれば「合格祝い金」といった形で、お金が支給されます。

資格サポートのある職場なら、上記制度によく対応してます。

試験勉強での疑問

また「実務者研修」は初任者の上位資格で、誰でも受講できます。

こちらの取得を目指した方がお得に見えますが、そうとも限りません。
初任者研修の修了者は、実務者研修の内容・費用で免除があります。

まずは初任者研修を取得し、仕事に就いた方が総合的なメリットは大きくなります。

初任者研修と実務者研修はどっちの資格を取るべき?資格の違いと選び方
「介護で働くのに資格が欲しいけど、初任者研修と実務者研修はどっちを取るべき?」、こんな疑問にお答えします。多くの場合、初任者研修から取るのがベターです。その理由や実務者と初任者の違い、それぞれのメリットなどを解説します。
ただし、スクールにより「初任者+実務者」の同時受講でセット割引もあります。
修了までの時間さえ問題ないなら、お得なプランとなってます。

「就労支援金」「転職祝い金」なども

介護士不足の解決に向け、新規の介護従事者向けの助成制度もあります。

2021年には、未経験者に向け「返済免除つきで20万円を貸付」する制度が始まりました。
「業界未経験」で「初任者研修等を修了」等の条件はありますが、支援金が得る事ができます。

介護へ転職で20万円の支援金「介護職就職支援金貸付事業」とは?
未経験者が介護職に転職すると20万円を支援金が得られる「介護就職支援金貸付制度」が2021年4月から開始されます。制度の利用対象者や利用条件について紹介します。支援金の返済免除を受けるには、2年間の継続勤務が必要です。制度について「介護士の見解」と「転職アドバイス」を交えお伝えします。

また人材確保のため、職場独自で転職祝い金を用意してる事も珍しくありません。

資格補助と同じく、「勤続期間」が受け取りの条件になる事が多いですね。
ただ祝い金の方が条件は緩めに設定される傾向にあります。

「資格補助」と「転職支援金」を利用すれば、お金の面でだいぶ楽になります。

車イスの介助

これから初任者研修を取得するのであれば、新しく介護士を目指す人も多いでしょう。

未経験者向けの転職情報も発信してるので、良かったらご覧ください。

介護職の未経験者にオススメの介護施設は?初心者向け職場と転職ステップ
介護の未経験者にオススメの職場と避けるべき職場を具体的に紹介します。転職で失敗を感じやすいのが入職直後です。初めての人が介護で働き続けられるよう、働きやすさ重視で「オススメの職場と転職手順」を解説。選ぶべき介護施設から求人サイトまでお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました