介護施設の生活で必要な持ち物まとめ!日用品や便利グッズを紹介

介護施設の生活に必要な持ち物と便利グッズ家族の介護

介護施設に入居する時には、新たな生活に向け色々な物を準備しなくてはなりません。
しかし施設の生活を知らないと、何が必要かはよく分かりませんよね。

そこで当記事では「介護施設に入居する際に必要な持ち物」をまとめました。

介護士経験を元に、必需品から便利グッズまで、生活に必要なモノを紹介します。

スポンサーリンク

介護施設の入居時に必要な「家具」「持ち物」

介護施設の入居時には、家具や衣類など、生活に必要な物を持ち込む必要があります。

あらかじめ居室に用意されてる家具類は、施設により異なります。
施設の案内やご本人の好みに応じ、必要な物を用意しましょう。

必須となる持ち物

まずは必須となる基本の持ち物をご紹介します。

老人ホームで必要となるもの

  • 衣類やタオル
  • 靴や内履き、靴下
  • 衣類ケース
  • 歯磨きセット、義歯ケース(入歯洗浄剤)

タオルや普段着などの衣類、靴は必須です。
基本的に衣服は自由ですが、靴には「踵が隠れるもの」等の指定がある事が多いですね。

またクローゼット等が用意される事もありますが、無い場合は衣類ケースが必要です。

歯磨きイメージ

また歯磨きセット入歯管理の品も用意しましょう。

ご本人の状況により、口腔ウェッティーやスポンジが必要になる事もあります。
消耗品なので、少し多めに用意すると良いですね。

食器や日用品が必要になる事も

「ヘアブラシ」や「爪切り」など、整容の品も必須となる可能性があります。

施設側で用意する事もありますが、持ち込みを求められる事があります。
男性なら、電動髭剃りも持参しましょう。

整容する高齢者と見守る介護士

他には、下記の日用品も必要になる可能性があります。

必須となる可能性がある物

  • 食器やコップ、箸・スプーン
  • 入浴用品
  • ティッシュやトイレットペーパー等
  • 整容用品
  • 寝具類
  • オムツ等の介護用品

これらは、「準備しなければならない可能性がある必需品」ですね。
施設毎にルールが異なるので、ご家族様に持ち込みを依頼する場合があります。

ここにない物でも、ご本人の必需品、ケアに必要な物があれば持参しましょう。

食器・箸類やコップ

食器箸類やコップは、主に施設側で用意されます。

ですが、ユニット型施設などでは「食器類の持参や購入」をお願いする事もあります。
その場合は、プラスチック製など軽くて割れない物を選びましょう。

食事を配る介護士

ユニット型施設では、ご飯やみそ汁の「盛り付け」は主に介護職員が行います。
そのため厨房の食器でなく、ご本人の食器を使う機会が多くなります。

介護用食器の種類とおすすめ商品

生活の中で「介護用の食器・スプーン」「介護用食事エプロン」が必要になる事もあります。
その際は、ご家族様に購入依頼の連絡があります。

介護用食事エプロンの種類と選び方

寝具やオムツ類は主に施設で準備される

寝具などのリネン類、オムツ類などは、主に施設側で準備します。

その場合でも、お好みのモノを持ち込む事も可能です。

シーツ交換

オムツや防水シーツ等は、要介護者向けの施設だと主に施設で準備します。

しかし住宅型等など自立者向けのホームでは、用意が必要になる事も。

物が分かりやすい消耗品は、費用のみ支払い、職員が代理購入する施設もあります。
詳しくは、相談員さん等に尋ねてみて下さい。

施設生活を楽しく快適にする便利グッズ

こちらは必須では無いものの、あると便利な持ち物です。

施設での生活が快適になるよう、必要に応じ用意しましょう。

介護施設の生活に便利なグッズ

  • 本やテレビ等の娯楽・趣味用品
  • 車イスクッション
  • 置き時計や写真
  • 小型テーブル、折り畳みイス
  • 加湿器

テレビや本など「趣味・娯楽品」

施設の生活は娯楽が少なく、退屈に感じる方も多いです。
ご本人の希望に応じ、趣味娯楽に関する品もあると便利です。

また居室へのテレビ持ち込みも可能です。

共有スペースでは、好きな時に好きな番組を見られないので、テレビは喜ばれますよ。

老人ホームへテレビ持ち込みは可能?お勧めサイズと持ち込む際の注意点
老人ホームの居室にはテレビの持ち込みが可能です。しかしテレビサイズや配置場所など、安全に楽しく利用する為の注意点もいくつかあります。またテレビ台が無い施設も多くあります。お勧めのテレビサイズや持ち込む際の注意点をまとめたのでご参考下さい。

他にも「塗り絵」や「脳トレ本」など、やる事を作ってあげるのも良いですね。
趣味に合わせて用意してみましょう。

高齢者向けのオススメ脳トレ本を特集!

困っている介護士

ただ趣味や娯楽品は、用意しても意外に無駄になってしまう事も…。
夢中になる方とそうでない方とで、極端に分かれる傾向がある気がします。

持ち込み過ぎず、相談しながら必要な分だけ用意しましょう。

「車イスクッション」や「座布団」

入居者様は、起きている時間は椅子車イスでの時間が大半です。

我々が思う以上に、座ったままの姿勢は辛いものです。

男性高齢者

車イス用のクッション座布団も、事前に用意しておきましょう。

出来れば「丸洗い」出来て「滑り止め」が付いてる物が望ましいですね。

車椅子クッションの種類と選び方【褥瘡予防にはどれが効果的?】
車椅子クッションの種類や選び方を説明します。素材による褥瘡予防や効果や使用感の違い、クッションの必要性などを解説。ウレタンやゲル、エアーといった素材に注目し、どれをどんな時に使うべきかお伝えします。介護保険の適用や愛圧分散効果など、クッション選びの参考となる情報をまとめました。

寝返りが難しい場合、安静な姿勢を作る為のクッションも理想的です。

また寝具が揃っている場合でも、タオルケットがあると温度調整がしやすくなります。
ひざ掛け等も季節問わず使われています。

加湿器

介護施設では、備え付けのエアコンがあっても加湿器が無いケースが多々あります。

冬場は暖房を付ける時間も多くなるので、出来れば持参しましょう。

ただその管理方法は施設により異なるので、事前に確認して下さい。
※給水や電源管理は職員、清掃管理はご家族がするなど

加湿器が無い場合、濡らしたタオルを干す等で代用することも

「時計」や「小型テーブル」

多くの介護施設では、居室に時計が無く時間が分かりません。

テーブルにおける小型の物があれば重宝します。

またテーブルは、写真等の小物も飾る事が出来ます。
収納タンスやテレビ棚で代用も効くので、家具の配置に応じて決めて下さい。

相談をするシニア夫婦

お元気な方であれば、机や椅子を持ち込むのもオススメ。

下記の様な活動もしやすくなり、居室での自分の時間が充実します。

  • 読書
  • 書き物

ベッドでは、「座って何かをする」には適してません。

机と椅子があると何かと便利です。
元気や意欲がある方は、こうした物があると自分の時間も充実しますね。

介護施設へ持ち込んではダメな物

介護施設に持ち込み禁止の物も紹介しておきます。
基本的に「現金」や「危険物」、「悪臭・騒音」の元となるモノは持ち込む事が出来ません。

また施設が衛生上問題と判断した物も、持ち込み禁止となる可能性があります。

「刃物や火器などの危険物」は持ち込み禁止

持ち込み禁止の危険物とは、下記の様なものです。

現金や貴重品も、多くの介護施設では持ち込み不可です。

介護施設に持ち込めない物の例

  • 現金や貴重品
  • 刃物(果物ナイフや包丁)
  • 発火物(ライター、ロウソクや線香)

参考:「サニーライフ(よくある質問 生活について)」より

紛失したら困る様な貴重品、高級品も避けましょう。

その他に認知症などがあると、思わぬ物が生活の危険になってしまう事があります。
介護職員と相談しつつ、居室の環境を整えていきましょう。

場合により持ち込めない物

持ち込み可としていても、制限ルールがある物があります。

例えば、下記の様な物ですね。

  • 食品
  • 携帯電話(スマートフォン)
  • その他「危険や問題がある」と判断されたもの

持ち込み物に制限があったり、施設により扱いが異なるので注意しましょう。

食品は「施設ルール」や「食事制限」に注意

食品や飲み物は、施設ルールご本人の制限により異なります。

例えば、市販の飲料や食品は可能、ご自宅で調理した品は不可とするケースもありますね。

基本的には、「市販の物で保存に問題なければ可」とする施設が多いです。

車イス上での食事

また食品の持ち込み時には、ご本人の制限などにも注意して下さい。

嚥下が悪くて食べれない物や、食事制限にかかってしまうと提供が難しくなります。
看護師や介護職員と相談し、能力や体調に合わせたモノを用意しましょう。

「スマホ・携帯」は施設種類による

近年では、介護施設内でも携帯を使う利用者が増えてきました。

ビデオ面会イメージ

ただ携帯やスマホの持ち込み可否は、施設種類により異なります。

大まかには、有料などの民間施設は持ち込み可能。
特養などでは不可となる事が多め。

また利用ルールを設けてる施設も多く、トラブルも発生してます。
持ち込みの際には、ご本人の様子も含め、よく検討しましょう。

老人ホームに携帯(スマホ)の持ち込みは可能?禁止施設やトラブルも
携帯電話やスマホは、多くの老人ホームで持ち込みが可能です。有料老人ホーム等は持ち込みやすく、特養や老健は禁止など、施設による傾向や使用ルールもあります。施設での新たな家族連絡手段となった一方、認知症や帰宅願望によるトラブル等もあり注意が必要です。施設に携帯を持ち込むべきかや職員サポート等、細かな実態もお伝えします。

「持ち込み不可」や「引き取り依頼」となる物

持ち込み可としていても、下記の様な物は「引き取り依頼」をされる可能性があります。

  • 劣化や不良品など、危険な家具・家電
  • 本人の生活に支障が出る物

…例えば、「ガタつく机」「壊れたシェーバー」等ですね。

高齢者のスマホトラブル

また認知症によるトラブル原因となる物も含まれます。

分かりやすい例は、先ほどの携帯電話ですね。
本人が強く依存したり、トラブル原因となる事が多い品です。

ケースバイケースですが、本人の生活に支障があると判断されれば、「持ち帰って欲しい」と言われてしまう物もあります。

施設に物を持ち込む前に注意する事

必要物品の準備や持ち込みの前にも、注意すべき事があります。
名前が無く紛失したり、不要な家電により電気代が発生してしまう事も…。

ここで述べる内容も事前に理解しておきましょう。

衣類や小物には「名前を書く」

衣服やタオル、小物等には名前を書いてから持ち込んで下さい。

他利用者様の荷物に混じってしまい、紛失の原因になります。

衣類はまとめて洗濯しがちなので、戻す時に分からなくなってしまいます。

主任イメージ

暗い色でも、布用白ペンがあれば書き込めますよ。
キレイに仕上げたいなら、フロッキー等も試してみて下さい。

黒い服に名前を書く方法を特集!おすすめ布用白ペンも紹介
黒など暗く濃い色の服に名前を書く方法を紹介します。おすすめの布用白ペンを実際に試してみました。他の色々な方法も紹介してます。

ヘアブラシや歯磨き粉の様な、日用品・消耗品にも忘れず名前を書きましょう。

家電の持ち込みで電気代が発生する

家電の持ち込みにより、電気代が発生する施設も多くあります。
その場合ですと、家電持ち込むと申請や使用チェックがあり、日毎や月毎に徴収される形です。

※介護施設により異なるので、詳しくはお尋ねください

電気代が発生する家電例

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電気髭剃り
  • 加湿器(使用季節のみ)

私が勤めていた施設では、介護職員が毎月使用チェックし、事務所に報告してました。
※加湿器は冬場の使用時期のみ電気代が発生していた

持ち込む家電が多くなると、それだけ電気代も高くなるので注意しましょう。

必需品から少しずつ揃え、不要品は持ち込まない

色々と紹介しましたが、最初から全てを用意せず、必需品から徐々に揃えるのがオススメ。

…というのも、生活の中で必要な品が分かる事が多いからです。
「購入したのに全く使わない」「後から必要な物が出てきた」なんて事もよくあります。

まずは衣服や靴、日用品など、必ず「必需品」から揃えるようにしましょう。
施設から持ち物の指示があるはずなので、まずは参考にして下さい。

タンスの持ち運び

また大き過ぎたり、重すぎる家具も避けた方が賢明です。

持ち込む時や持ち帰る時の事まで考え、商品を選ぶと良いですよ。

老人ホームに慣れてる引っ越し業者も多いので、活用しましょう。

まとめ

今回は「介護施設の生活に必要な持ち物」をご紹介しました。

最後に記事の要点をまとめます。

記事の要点

  • 衣類や靴、整容用品は必需品
  • 居室の家具は施設により異なる
  • クッションや娯楽用品もあると便利
  • 不要品の判断は難しい、必要なモノから徐々にそろえる

色々と述べましたが、やはり施設の指示に従ってもらうのが1番かと思います。

ただそれでも不要な物は出るし、逆に必要な物品も出てきます。
過剰に準備せず、徐々に揃えていくのが賢い方法でしょう。

面会

また現在はコロナにより、家族様が面会で生活を窺う事が難しくなりました。
今後は生活相談員をはじめとした、職員とのやりとりも重要になってくるでしょう。

物品の持ち込みの際は、事務所に預ける事が出来るのでご安心ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました