高齢者向け「机・テーブル」の種類と選び方【食事から作業まで】

家族の介護

食事や読書、細かい作業などに使う、机やテーブル。

これらは日々の生活になくてはならない道具です。
それは高齢者や要介護者にとっても同じ事。

ただ使い勝手や安全性を考えると、机選びにも工夫が必要です。

当記事では、「高齢者向け机(テーブル)の選び方」を中心に解説します。

  • テーブルの高さや大きさ
  • 介護施設に持ち込むなら、どんな机?
  • 高齢者向け机・テーブルのおすすめ商品

これら情報を中心に、「介護や高齢者を意識したテーブル」についてお伝えします。

スポンサーリンク

高齢者に向けた「机・テーブルの選び方」

まずは、高齢者向けの「机・テーブルの選び方」を確認しましょう。

高齢者の疑問

高齢になると、身体の衰えもあり不自由も増えます。
より安全性や快適性を重視した物選びが大切になりますね。

主に、下記点を意識した机選びを心がけましょう。

  • 高さ調整が可能
  • テーブルの角が危険で無い
  • ガタツキがなく、安定性が高い

高さ・大きさの目安

机の高さと大きさは、下記が目安と言われています。

  • 手を自然に降ろした状態での「肘の高さ」
  • 「手を伸ばして届く」ぐらいの奥行

良い姿勢で座れ、机に自然に肘が付けるようにしましょう。

また身体に近い位置の方が作業してて疲れません。

相談をするシニア夫婦

商品を買ってから、「高さが合わない」というトラブルも多々あります。

高さ調整が可能な商品もあるので、注目しましょう。

介護施設などでは、居室のスペースも限られています。
車椅子を使用する場合、通れるスペースがあるかも確認しましょう。

椅子の高さも一緒に考えよう

また一緒に使う椅子は、自然に踵がつく高さがベスト。

椅子の高さが合っていないと、お尻が痛くなったり、立ち上がりにくくなります。
自然に良い姿勢で使える椅子、机を選ぶようにしましょう。

高齢者向け椅子の選び方

角が丸く安定性がある

高齢者が使用する机には、安全性も求められます。

…というのも、介護現場では下記事故がよく起こります。

  • 転倒して机の角にぶつかる
  • 立ち上がり時に体重をかけ、倒れてしまう

若い人でも起こり得る内容ですが、高齢者の方が事故による危険は大きくなります。

テーブル類に限らず、事故リスクを意識した物選びが大切ですね。

主任イメージ

その観点から言うと、下記の様な商品を選びたいところ。

  • 机の角が丸めで、角ばっていない
  • ガタツキが無い
  • 軽すぎず、安定性が高い

またガタツキの原因は多々あります。
使用前に触って確かめるのが間違いないですね。

組み立て式の場合、ボルトがちゃんと締まってないケースもあるので注意。

「危険な商品」は施設から引き取りを頼まれる事も

安全性については、ご家庭はもちろん、介護施設への持ち込み時には特に配慮して下さい。

困っている介護士

安かろう悪かろうな商品では、施設から引き取りを頼まれる事も…。
無駄な買い物にもなってしまうので、ちゃんとした物を選ぶようにしましょう。

介護テーブルの種類

一般的な机の他にも、高齢者向け机には便利な種類もいくつかあります。

下記の様な机は、特に介護の場で活躍する商品ですね。

  • ベッドテーブル
  • 車椅子用の机
  • リハビリテーブル

ベッドテーブルイメージ

ベッドテーブルは、ベッド上での食事や作業に使用します。

体調不良時や入院中等に便利ですね。
高さ調整も簡単に可能で、食事用テーブルとして重宝します。

介護用ベッドテーブルの種類とオススメ商品を紹介!
介護用ベッドテーブルの使い方と種類についてまとめてます。使いやすいオススメタイプや使用場面など、詳しくご紹介します。ベッド上でも自分で食事が摂れるなど、介護負担の軽減にも繋がるので、ぜひお試し下さい。

また天板に切込みの入ったリハビリテーブルは、上体保持がしやすい特徴があります。

切込みがある事で、届く範囲が広がり自然に肘が付きやすくもなります。

車イス上での食事

車椅子に装着できる机もあります。
こんな感じで、車椅子のアームレストに載せて使用します。

おすすめの高齢者向け机・テーブル

ここからは、人気商品や気になった商品をいくつか紹介します。

高齢者向けの机として、オススメしたい商品をピックアップしました。

ヤマソロ「くつろぎテーブル」

こちらは、高座椅子にフィットするタイプのテーブル。
値段や高さ、デザインなど、総合的に見て標準的な高齢者向けテーブルですね。

ヤマソロ「くつろぎテーブル」

参考価格
※Amazon
約9,900円
サイズW80×D50×H63.5cm
重量7kg
機能・特徴
  • 高座椅子にフィット
  • 脚に滑り止め付き

コンセプト通り、高齢の家族の為に購入した方が多いようです。

「丈夫でぐらつかない」と、耐久面でも高評価。
施設の居室で使用してるという声も。

デザインも品が良く、置き場所を選びません。
価格もリーズナブルで、コスパに優れた商品ですね。

FLEXISPOT「電動式昇降デスクE7」

高さ調整に注目するなら、昇降デスクから選ぶのも良いでしょう。
電動式昇降デスクから、安全面に優れた商品をご紹介します。

FLEXISPOT「電動式昇降デスクE7」

参考価格
※Amazon
約73,700円
サイズ【天板】
W140×D70cm
【昇降範囲】
58-123cm
機能・特徴
  • 耐荷重125kg
  • カーブ付き天板
  • 丸角デザイン

価格がかなり高いですが、天板デザインをご覧頂きたく紹介。

商品ページを見ると分かりますが、テーブル角の安全性に優れています。
横だけでなく、縦方向にも丸角のデザインです。

切れ込みもあり、届く範囲が広く使いやすいですね。
昇降範囲が他商品より広く、耐荷重にも優れます。
似た雰囲気で探すなら、オーバーベッドテーブルも選択肢に入ります。
オーバーベッドテーブルを探す(Amazon)

ナカムラ「ダイニングこたつ(6段階高さ調節)」

こちらは、こたつ機能付きのテーブル
「幅」「高さ」のバリエーションも豊富で、季節や場所を選ばず使用できます。

ナカムラ「ダイニングこたつ」

参考価格
※Amazon
約73,700円
サイズ【広さ】
W90~150×D60~90cm
(1人~6人に対応)
【高さ】
45~70cm
機能・特徴
  • こたつ機能
  • 継ぎ脚で高さ調整
  • 椅子や掛け布団のオプション有り

広さは5段階、高さは6段階あります。

座椅子のお供のローテーブル、家族での食事テーブルなど…
使用場面を選ばず活躍できます。

寒さに弱い高齢者に優しい商品ですね。

広さは購入時に選択、高さは後から継ぎ脚で調整します。
継ぎ脚は「10cmx2個」「5cmx1個」を用意。

タック「ダイニングテーブル」

「介護施設では、どんな食事テーブルを使ってる?」
…そんな疑問の答えがこちらです。

タック「ダイニングテーブル」

参考価格
※Amazon
約28,300円
サイズW160×D75×H70cm
機能・特徴
  • 継ぎ脚で高さ調整
  • 丸角デザイン

こちらは、4人向けの介護テーブル。

「施設での食事」「教室での作業用」などの用途に使えます。
誰にでも使える事を意識した、ユニバーサルテーブルですね。

継ぎ脚での高さ調整も可能です。

所謂「介護・福祉施設向けテーブル」ですね。
その為、ショップによっては個人購入に対応してない事も…。

日進医療器 車いす用テーブル Eタイプ

こちらは、車いす用のテーブルです。
アームレスト(肘掛)に装着し、使用します。

日進医療器 車いす用テーブル(Eタイプ)

参考価格
※Amazon
約8,100円
サイズW50×D63×H2cm
重量1.5kg
機能・特徴
  • マジックテープで肘掛に固定
  • カーブ型天板
  • 樹脂製で軽量

テーブル裏には、マジックテープが装着されてます。
これを肘掛に巻き付け、固定して使用します。

テーブルが車椅子に合わない時、机を置くスペースが無い時に便利。

主に食事などの用途に使用します。

日進医療器「ライフケアテーブル」

こちらは、リハビリテーブルと呼ばれる商品。
折りたたみ可能でキャスター付きなので、スペースが無い時にも安心です。

日進医療器「ライフケアテーブル」

参考価格
※Amazon
約60,000円~
サイズW87×D63×H65~80cm
重量約20kg
機能・特徴
  • 高さ11段階調節
  • 折りたたみ可能
  • 天板の角度調整も25度まで可能

脚周りは、車椅子で出入りしやすくなってます。

リハビリテーブルは、上半身が安定するデザインなのも特徴。
車椅子の使用者や要介護にある方も、安心してお使い頂けます。

さいごに

高齢になると、普段の生活にも様々な危険が増えます。
テーブルに限らず、物選びの際には「安全性」を重視しましょう。

案内をする介護士

またテーブルの使用目的は色々だと思いますが…、

ご家庭では、トイレやお風呂の安全確保。
施設であれば、他にも持ち込むべき「家具」や「持ち物」もあります。

最後に、関連する情報記事を紹介して終わりたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました