介護や福祉資格に関する記事一覧

介護事務

介護事務認定実務者とは?試験内容から合格率、通信講座まで解説

介護事務認定実務者の資格取得方法をまとめました。受験申込から試験内容、合格率、独学テキストやユーキャン通信講座などの勉強方法まで紹介します。介護事務認定実務者試験は、受験資格が無く誰でも受けられます。通信講座を使えば、専門知識も分かりやすく学習出来ます。これから介護事務で働きたい方、介護事務資格はどれが良いか迷ってる方はぜひご覧ください。
介護士

認知症介護基礎研修とは?義務化や免除資格、eラーニング等を解説

令和3年より無資格の介護職員に受講が義務化された「認知症介護基礎研修」を解説。こちらは動画視聴によるeラーニングで認知症介護の基礎を学ぶ研修。誰でも受講でき、各分野の確認テストに合格する事で終了できます。受講義務があるのは、介護士などの直接介護に関わる職員。初任者研修と違い時間も費用も掛からないので、急ぎで何かしらの介護資格を取得したい方にオススメです。
介護士

実務者研修の試験内容と資格難易度を解説!落ちたらどうすれば良い?

介護福祉士を取る為の資格に、実務者研修があります。 修了試験や通学の必要があり、簡単ですが時間や学習なしには取れない資格です。 受講を考えてる方にも、「合格できるか心配」という声は多いはず。 当記事では「実務者研修の難易度と落ちた時に...
一般向け

高齢者入浴アドバイザーとは?資格取得方法や講師セミナーを解説

高齢者入浴アドバイザーの資格取得方法や認定講師セミナーなどを解説。教本を購入し、テスト回答する事で誰でも挑戦できる資格です。講師へのステップアップもでき、セミナーなどのお仕事に繋がるメリットもあります。高齢者の入浴事故を防ぐ為の知識ノウハウを学べ、家庭やお仕事で活かせる資格ですよ。高齢者入浴に関する情報も紹介中です。
相談援助

身上監護アドバイザーはどんな資格?試験・講座から仕事まで解説

身上監護アドバイザーとは、成年後見制度における後見人として活躍が期待される資格。後見人には資格不要ですが、制度を熟知した人材として信頼に繋がり、需要もある資格。身上監護アドバイザーの取得には、講座受講と試験合格が必要ですが受験資格はありません。取得方法からその後のお仕事・収入まで、詳しく解説します。
介護士

介護職員初任者研修の平均費用は?値段を安くする方法も紹介

介護資格の取得には、多くの時間とお金を必要とします。当記事では、介護職員初任者研修の平均費用と受講料を安くする方法を解説。費用相場や給付金制度、スクールの割引特典を知り、安い値段で介護資格を取得しましょう。他にも、資格や転職でお得になるお金の話も紹介してます。
転職活動

介護資格は履歴書にどう書く?初任者研修等の正式名称と書ける資格

初任者研修や介護福祉士など、介護資格の履歴書への正しい書き方と記入例をお伝えします。介護資格は呼びやすい通称を用いられる事が多いですが、履歴書では正式名称で記入する必要があります。介護職として面接を受ける際、「資格欄にどんな資格を書くべきか」「履歴書に書ける資格」も解説します。
介護士

初任者研修と実務者研修はどっちの資格を取るべき?資格の違いと選び方

「介護で働くのに資格が欲しいけど、初任者研修と実務者研修はどっちを取るべき?」、こんな疑問にお答えします。多くの場合、初任者研修から取るのがベターです。その理由や実務者と初任者の違い、それぞれのメリットなどを解説します。
介護士

介護福祉経営士とは?試験難易度やテキストなどの勉強方法を解説

介護福祉経営士の資格取得情報をまとめました。介護福祉経営士とは介護事業の経営の基礎と実践力を学ぶ資格、CBTによるパソコン受検で試験日程は毎日あります。テキストや対策講座などの勉強方法、合格率などを解説。合格後の更新手続き等も説明してます。
介護士

初任者研修の内容は難しい?【覚えられない時の学習方法】

初任者研修を受講してるけど、内容が難しくて覚えられない。本当に資格後取れるか不安。その感覚は普通ですし、完璧に理解出来なくても試験に合格は出来ますよ。資格さえ取得してしまえば、あとは経験と共に学んでいけばOK。そうした実情、テキストや実技の学習のコツをお伝えします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました