介護や福祉資格に関する記事一覧

看護助手

看護助手認定実務者試験の内容と勉強方法【テキストや通信講座情報も】

看護助手の資格である「看護助手認定実務者試験」。これは「看護助手実務能力認定試験」が名称変更した資格。その受験資格や問題、受験申込方法を解説。公式テキストや過去問による独学、ユーキャン通信講座など、勉強方法も紹介。履歴書にも書ける資格なので、これから看護助手を目指す方にオススメです。
介護士

介護福祉士受験の実務経験対象となる職場・職種解説【パートOK】

働きながら介護福祉士を取るには、実務経験が必要となります。 この方法は、「福祉学校等に通わず、実務経験で受験資格を満たす」という方法。 社会人から介護福祉士を目指すのであれば、最も一般的なルートです。 この「介護福祉士試験受験に必要な実務経...
介護士

【土日のみ可】初任者研修を働きながら取るならどこがいい?介護施設でもOK

初任者研修を働きながら取る方法を解説します。通学が少なく欠席フォローもある介護スクールや選び方などを紹介。またいきなり介護施設で働きながら資格を取る方法も可能です。資格と転職、どっちを優先すべきか等の話もお伝えします。
介護士

スマート介護士とは?資格試験の内容やテキストを紹介【介護ロボット】

スマート介護士は、介護ロボットや介護機器を活かして現場の業務改善を図る事が出来る人材です。取得により介護ロボットの導入や活用方法が身に付きます。当記事では、スマート介護士の資格試験、受験資格などの情報をまとめています。
介護士

介護に独学で取れる資格はある?介護士向けから介護事務まで解説

介護資格を独学で取りたい方、初めて介護関係の資格取得を目指す方に向けた内容を解説します。主だった介護資格は取得に研修参加が必要であり、独学での学習では取る事ができません。しかし中には独学のみで取れる介護資格も存在します。資格の取り方に触れつつ、独学のみで取得できスキルアップや仕事に役立つ介護資格を紹介します。
介護士

介護予防運動指導員とは?養成講座の受講条件や取得メリットを解説

介護予防運動指導員とは、介護や医療職、スポーツトレーナーなどの専門職向けの介護予防資格です。資格取得には、養成講座で研修を修了する必要があります。研修内容や受講の為の必要資格など、資格取得の為の情報をまとめました。
相談援助

福祉用具プランナーになるには?認定講習の受講資格や他資格との違いも解説

福祉用具プランナーになるには、認定講習を受講し修了する必要があります。認定講習には受講に必要な資格、福祉用具専門相談員などの実務経験も必要です。また更新制の資格であるのも特徴。認定講習の受講条件などを中心に、他資格との違いも含め解説します。
介護士

介護職員初任者研修とは?資格の取得方法・メリットを総合解説

介護職員初任者研修とは、旧ヘルパー2級に相当する資格。仕事や家族など介護に関わる方が基礎知識を学ぶ為の資格で、採用や資格手当、訪問介護への従事が可能等のメリットがあります。初任者研修の受講方法、カリキュラムからお得な取り方まで、「初任者研修の取り方」を詳しく解説します。
介護士

実務者研修はいつ受けるべき?「受講期間」と「試験に間に合うタイミング」

介護の実務者研修はいつ受けるべきかをテーマに解説。実務者研修の受講期間は約4カ月であり、介護福祉士試験は毎年1月下旬に行われます。受験を考えるのであれば、前年中の4月~8月頃には受講を始める事をオススメします。また給料アップ等のメリットもあるので、介護の仕事に慣れてきたら早めの受講もアリです。
介護士

実務者研修で給料は上がる?転職時の年収や資格手当、仕事のメリット解説

実務者研修は、介護士の転職時に給料や採用にどれだけ効果があるのか、その取得メリットをまとめました。平均年収や資格手当などの給料の増え方、転職での有利効果を解説します。実務者研修は、業務や職種の幅も広がり、関われる仕事内容も増える資格です。誰でも取れる資格ですが、未経験者は初任者研修の取得がオススメです。その理由なども解説します。
スポンサーリンク