介護士が介護講師になるには?必要資格や実務者研修教員講習会を解説

実務者研修の教員になる方法 働き方

介護福祉士として実務経験を積むことで、介護講師(教員)として働く事が出来ます。

その為の条件は、養成校や研修講師などで違います。

特に需要が高まっているのが、介護福祉士取得に必須な「実務者研修の講師」。
その為には、「実務者研修教員講習会」参加が必要です。

今回は、介護士が介護講師(教員)になる方法を紹介します。
実務者研修の講師を中心に、職場や研修別にその条件を解説します。
スポンサーリンク

介護講師・教員になるには

介護士が「介護教員・講師」を目指すには、介護福祉士として5年以上の実務経験が必要です。

加えて職場次第では、「介護教員講習会」や「実務者研修教員講習会」等の参加も必要になります。

介護教員・講師として働ける場所

  • 介護福祉士養成校
  • 実務者研修の講師
  • 初任者研修の講師
  • 福祉学校

いずれにせよ、介護福祉士を取得してから5年の実務経験が必要です。
※介護士として5年ではないので注意

実務経験で介護福祉士を取得するには、3年が必要です。
働きながら介護講師を目指すには、合計8年必要という事ですね。

介護福祉士とは

授業風景

また介護教員には、専任教員一般教員があります。

多くの場合、実務経験や研修などの要件があるのは専任教員です。
一般教員になる条件は厳しくないですが、指導できる科目が限られる等の制約があります。

専任教員は常勤のことで、主たる仕事を教員や講師とする人の事
一般教員とは、非常勤の職員を言います。
養成施設などでは、学生数になど規定条件に応じた専任教員が必要です。

「実務者研修の介護講師」に必要な資格・研修

実務者研修は、介護福祉士の受験に必須となった資格です。
そのため受講者も増加しており、講師の需要も高まっています。

実務者研修とは?

実務者研修の講師要件は、専任教員と一般教員で条件が異なります。

専任教員になるには、「実務者研修教員講習会」の参加が必須です。
一般教員の条件はなく、「相当の学識経験や実践的な能力を有する」と認められればなれます。

ただし一般教員が「介護過程Ⅲ」を指導するには、既定の条件があります。
加え「医療ケア」を指導できるのは、実務経験を経た看護師等です。

※専任教員であっても条件を満たさなくては指導できません

専任教員(教務に関する主任者)に必要要件
次の1・2のいずれかの要件を満たし、実務者研修教員講習会を修了している

  1. 実務5年以上の介護福祉士
  2. 介護に関する科目を教授する資格を有する者であって、以下のいずれかに該当
    ・大学等の教授、准教授、助教又は講師
    ・養成施設、福祉系高校(一般高校)での教歴3年以上
    ・福祉系高校(特例高校)、実務者研修での教歴5年以上
一般教員が注意すべき事(医療的ケアは専任教員も注意)
「介護過程Ⅲ(スクーリング)」と「医療的ケア」の担当教員には、下記要件が必要
 (スクーリングを委託する 場合においても同様)
<介護過程Ⅲ>
・ 専任教員要件の①又は②を満たし、実務者研修教員講習会、実習指導者講習会等を修了
<医療的ケア>
・ 実務5年以上の看護師等であって、医療的ケア教員講習会を修了していること等

参考:厚生労働省(実務者研修の指定基準について)より

要するに「介護過程Ⅲ」は、専任教員の条件を満たさないと指導できない、という事ですね。

医療的ケアは、看護師経験のある教員が指導します。
研修を受けた事のある方は、ここで講師が交代したのを覚えているかと思います。

実務者研修教員講習会とは

実務者研修教員講習会は、介護に関わる内容の他、教育方法について学ぶ講習です。

実務者研修の構成や教育方法、評価など、講師に必要な内容を具体的に学びます。
内容は下記の3科目合計50時間との講習となっています。

実務者研修教員講習会の内容

科目名 内容 時間
介護教育方法 教育方法の理論を基礎として、介護福祉教育における
具体的な教授・学習内容について理解する。
30時間
介護過程の展開方法 介護実践のためのアセスメント、計画立案、実施、
評価について、演習における具体的展開方法を学ぶ
15時間
実務者研修の目的
評価方法
実務者研修の目的と、研修の構成・評価の在り方を理解し、
実務者研修の教育方法を学ぶ。
5時間

実施団体は、これらの科目を適切に行えると、地方厚生局に届け出、認められた法人や団体です。
修了までの目安としては、週2回で2か月程度です。

「実務者研修教員講習会」は、資格情報サイトなどで実施スクールを見つけられます。

こちらから「講習会」の資料請求ができます。

「初任者研修の介護講師」に必要な資格・経験

初任者研修の教員要件は、科目別に定められています。

初任者研修には10科目あり、さらに科目ごとに複数の項目が用意されています。
教員要件も、その項目毎に細かく設定されています。

車イスの介助

調べたところ、初任者研修の教員要件は、都道府県で少し異なるみたいです。

介護士の場合、介護福祉士として5年の実務経験があれば、概ね満たせるようです。
参考:愛知県ホームページ(愛知県介護職員初任者研修課程 講師要件 )より

ただし「障害の理解」では、障害者福祉サービスでの実務が必要など…
科目によっては必要条件が加わる事もあるので、注意して下さい。

介護福祉士養成校の教員になるには

介護福祉士養成校の専任教員になるには、下記いずれかの要件を満たす必要があります。

介護福祉士養成校の専任教員要件

  • 介護福祉士、医師、保健師、助産師、看護師又は社会福祉士の資格取得した後
    5年以上の実務経験を有する者
  • 大学院、大学、短期大学又は高等専門学校において、教授、准教授、助教又は講師として、
    その担当する教育に関し教授する資格を有する者
  • 専修学校の専門課程の教員として、その担当する教育に関し3年以上の経験を有する者

介護士の場合、「介護福祉士として5年の実務経験があれば良い」という事ですね。

ポイント

また「介護」「こころとからだのしくみ」領域の専任教員には、条件が加わります。
下記全ての条件を満たさねばなりません。

領域名 専任教員の条件
介護
  • 介護福祉士の資格を取得した後5年以上の実務経験を有する者
  • 厚生労働大臣が別に定める基準を満たす講習会(介護教員講習会)の修了者
    その他その者に準ずる者として厚生労働大臣が別に定める者
こころとからだのしくみ
  • 医師、保健師、助産師又は看護師の資格を取得した後5年以上の実務経験を有する者
  • 厚生労働大臣が別に定める基準を満たす講習会(介護教員講習会)の修了者
    その他その者に準ずる者として厚生労働大臣が別に定める者

参考:厚生労働省(介護福祉士養成課程における 教育内容等の見直しについて)より

介護福祉士養成施設等の専任教員として、3年以上の教歴があれば教務主任となる事もできます。
※介護教員講習会の修了も必須

介護教員講習会とは

介護教員講習会とは、日本介護福祉士養成施設協会や、介護福祉士会が行う講習会。
※受講資格には、介護福祉士として5年の実務経験が必要

講習の内容は合計すると300時間にも及び、時間も費用もかかる講習です。

介護講習会の内容

基礎分野
(合計60時間ほど)
・社会福祉学(30時間)
・心理学(30時間)
専門基礎分野
(合計90時間ほど)
・教育学(30時間)
・教育方法(15時間)
・教育心理(30時間)
・教育評価(15時間)
専門分野
(合計150時間ほど)
・介護福祉学(30時間)
・介護教育方法(30時間)
・学生指導、カウンセリング(15時間)
・実習指導方法(15時間)
・介護過程の展開方法(15時間)
・コミュニケーション技術(15時間)
・研究方法(30時間)

福祉系高校で介護福祉士が必要な科目

福祉系高校の教員にも、介護福祉士が必要となる科目があります。

介護福祉基礎や介護実習を指導する教員のうち1人は、下記要件をいずれかを満たす必要があります。
※他には、コミュニケーション技術、生活支援技術、介護過程、介護総合演習が該当

介護基礎等の指導教員に求められる要件

  • 介護福祉士の資格を有する者であって、資格の取得後5年以上の実務経験を有する者
  • 介護福祉士の資格を有する者であって、文部科学大臣及び厚生労働大臣が別に定める基準を満たす研修を修了したもの
    その他これらに準ずるもの

参考:文部科学省(福祉系高等学校等の教員要件)より

教員として、介護福祉士の経験が求められる場面ですね。

実務者研修の講師・教員の求人は?

介護教員・講師の求人は、介護士と比べると少ないです。

介護職専門の求人サイト等で見つける事も難しいようです。
介護士とは違い、総合的な求人サイトを使った方が情報を見つけられるでしょう。

悩み

スクールによっては、教員講習会の条項要件に「講師となる意志がある事」といった感じの文言が書かれている事もあります。

講習先のスクールで、就職先を相談してみると良いでしょう。

実際に実務者研修講座を開講しているスクールを調べ、採用情報を調べる手もあります。
大手の場合、介護事業所とスクールの両方を運営している事もあります。

既にそういった所へお勤めの方は、講師となりたい旨を会社へ相談してみましょう。

まとめ

当記事では、「介護士が介護講師(教員)になる方法」をまとめました。

場所によっては必要な講習もありますが…、
介護福祉士の実務経験5年、が全体を通してのキーワードでしたね。

介護福祉士を5年というと、ちょうどケアマネの受験も可能になる年です。
自分が今後どう働きたいか考える、節目の年になりますね。

介護支援専門員(ケアマネ)とは

また講師という形にこだわるのであれば、講習や勉強会で活躍する方法もあります。
ここで説明した要件などは不要でしょうが、代わりにかなりハードルは高いです。

語れる経験やセルフプロデュース能力も必須です。

どういう形にせよ、介護講師を目指すなら「自分の経験から何を伝えられるか」という事を日々考えておく事も大切です。

実務経験を積みつつ、意識してスキルアップに励みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました