「介護予防運動指導員」の取り方 養成講座の内容や費用など

介護予防運動指導員とは 介護士

高齢者が自分らしく活き活きと生活するには、介護予防・重度化の防止も重要です。
近年、介護予防の重要性が広く認知され、その指導員の需要も高まりつつあります。

関連資格の中でも、高い評価のある「介護予防運動指導員」についてご紹介しましょう。
介護士や運動指導員として、差別化やスキルアップにつながる事でしょう。
受講条件や取得までの流れを解説します。

スポンサーリンク

介護予防運動指導員とは

「介護予防運動指導員」は、数ある介護予防の資格の中でも高い評価を受けています。
資格についての概要や取得のメリット、必要性などをお話しします。

 

資格の概要

介護予防運動指導員は、研修によって介護予防の専門知識・技術を身につけた事を証明する資格。
介護・医療・運動指導の現場で働く方が主な対象者であり、修得には、指定事業者が実施する研修講座を受講し、修了試験に合格する必要があります。

 

研修内容は「東京都健康長寿医療センター研究所」が開発・提供しています。
介護予防に関する資格は他にもありますが、高齢者医療・介護の専門研究施設によるものという事もあり、その中でも高い評価を受けている資格です。

東京都健康長寿医療センター研究所
高齢者について「医療と介護を支える研究」や「健康の維持・増進と活力の向上」などに取り組み、その研究成果は、高い評価を受けています。

 

資格の必要性と出来るようになる事

介護予防にも「予防給付」として、介護保険が適用されますし、介護予防の重要性は、今では広く認識されつつあり、介護制度も、介護予防や重度化の防止を重視して進められてます。
その重要性・必要性が広く認知された今、高い評価を受けるこの資格を取る事は、介護現場における自身の貢献・評価につながる事でしょう。

 

高齢者の健康寿命を縮める原因として、転倒による骨折や失禁、低栄養などが問題視されています。
介護予防は、高齢者に対する深い理解をもって、安全かつ適切に行わなければなりません。
たとえ既に介護現場に携わっていたとしても、運動指導に関しては専門的な学習が必要です。

資格取得の過程で、以下の様な業務について学習します。

  • 介護予防プログラムの立案
  • マシンや体操などの運動指導
  • 介護予防の事前・事後評価

 

資格を活かせる職場

「介護予防運動指導員」として、活躍できる職場をご紹介します。
以下のような職場で資格を活かすことが出来ます。

 

  • 介護施設(老人ホーム、介護老人福祉施設など)
  • 通所、訪問介護(デイサービス、デイケア、訪問介護事業所など)
  • 医療機関
  • スポーツセンターなど

 

介護や医療、健康運動指導の現場で活躍することが出来ます。
既にこれらの業務に携わっている方が、介護予防に関する分野でさらに能力発揮の機会が得られます。
活躍できる職場もそういった施設が中心です。

 

介護士であれば、介護施設全般で活躍できます。
特に資格が活きるのは、デイケアや老健など、介護予防やリハビリに重きをおく施設などです。
実際の求人では、デイサービス、有料老人ホームなどにも掲載がみられます。

スポーツセンターやフィットネスなど、スポーツ施設にお勤めの方にも有効です。
既にトレーナーとして働く方が取得する事で、介護予防に関する運動指導が行えます。

 

繰り返しですが、既に現場で働く方向けの資格です。
まずは、介護職員初任者研修などの基本的な資格取得から始め、併用する形で活かしていきましょう。

 

 

介護予防運動指導員の取得方法

介護予防運動指導員の取得には、研修講座を受講し、修了試験に合格する必要があります。
また保有資格によっては、実務経験も必要です。
受講資格から、研修修了までを解説していきます。

受講資格について

介護予防運動指導員の受講資格を説明します。
以下の資格を持つ方が受講対象です。

 

介護系資格

・初任者研修、訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)
 (実務経験2年以上)
・実務者研修、介護職員基礎研修
・介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士
・介護支援専門員

医療、その他の資格

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、
臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、
あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、
※健康運動指導士等

 

初任者研修(ホームヘルパー2級)は2年の実務経験が必要
上記資格を保有し、講座を受講する場合、2年の実務経験が必要です。
実務経験が必要なのはこの2資格についてのみであり、他の資格保有者は特に必要ありません。
特に受講制限がない実務者研修についても資格保有のみで受講できます。

 

「健康運動指導士等」とは?
センター研究所による説明を引用させていただくと、以下の資格を指します。

・健康運動指導士 及び 健康運動実践指導者
・ヘルスケア・トレーナー 及び ヘルスケア・リーダー
・競技別指導者資格(教師・上級教師)
・スポーツプログラマー1種 及び 2種 
・ACSM認定エクササイズフィジオロジスト 
・ACSM認定クリニカルエクササイズフィジオロジスト 
・アスレチックトレーナー

参考:地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
   介護予防運動指導員等養成事業 よくあるご質問

 

 

養成講座の受講方法と受講料

資格取得の為の養成講座を受けるには、対応している各スクールに申し込む必要があります。
詳しくは後述しますが、研修修了の目安は最短5日程度~1か月程度が目安です。
内容は、講義と実技となっており通学で学習する必要があります

 

費用については、スクールによって異なります。
研究所での説明では、以下の様にあるので、8万円前後が目安となるでしょう。

テキスト、修了証・登録証発行料等 を含め消費税込みで 6~8万円程度とお願いしています

 

スクールはこちらから検索、資料請求できます。
介護予防運動指導員のスクールを探す (ケア資格ナビ)

 

研修カリキュラムと修了試験について

以下が研修カリキュラムとなっています。
これらの内容について、講義・実習形式で学んでいきます。

  • 老年学
  • 介護予防概論
  • 地域づくりによる介護予防論
  • 高齢者の社会参加と介護予防
  • 介護予防・日常生活支援総合事業と
    介護予防コーディネーション
  • 行動科学特論
  • 介護予防評価学特論・実習
  • 介護予防統計学
  • リスクマネジメント
  • 高齢者筋力向上トレーニング特論・実習
  • 転倒予防特論・実習
  • 尿失禁予防特論・実習
  • 高齢者栄養改善活動特論
  • 口腔機能向上特論・実習
  • フレイル・サルコペニア予防特論
  • 認知症予防特論・実習
  • うつ・孤立・閉じこもり予防特論

これらの総学習時間は、計31.5時間(講義:19.5時間 実技:12時間)です。

 

修了試験について
試験を受けるには、原則すべての講義を履修する必要があります。
ただし、病気ややむを得ない事情での欠席の場合、総時間の8割程度の出席で受験が認められます。
合格基準等については公表されていませんが、合格率は高いと言われています。
講義をしっかり集中して聞いていれば、合格は難しくないでしょう。

不合格の場合も、1年以内であれば再受験が認められます

 

関連資格について

同じく介護予防を扱う資格に「介護予防指導士」があります。
似た名前ですが、認定機関も講習内容も異なります

介護予防指導士は、「マシンを使わない指導」が講習の特徴。
場所を選ばず実施できる内容となっています。

 

講習期間も3日と短いので、ちょっと手軽に受けられますね。
内容の方も、介護士全般が活かしやすいものだと思います。
比べると、本資格「介護予防運動指導員」の方が、「介護予防」により特化した内容でしょう。

学習内容を見比べて、比較検討してみてはどうでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました