介護夜勤は仮眠がない?仮眠時間がとれる介護施設の特徴とは

転職活動

介護施設の夜勤は、忙しく仮眠もない。
そんなイメージが強いと思いますが、まぁ実際も大半はその通りです。

ただ仮眠が取れる介護施設も存在します。
そうした職場にはいくつか特徴があるので、ご紹介します。

記事の内容

  • 仮眠がない介護施設の特徴
  • 夜勤中の仮眠時間
  • 仮眠がある職場を見つける転職活動方法

介護夜勤での仮眠の実態を話しつつ、「仮眠がある職場とない職場の特徴」を紹介します。

仮眠ありの求人の探し方もお伝えするので、転職活動の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

介護夜勤における仮眠の現状

介護施設の仮眠実態からお伝えします。

夜勤中の仮眠の有無を見分ける為のポイント、仮眠時間等をご紹介します。

介護夜勤で仮眠が取れる職場は存在する

冒頭で述べた通り、介護施設にも夜勤で仮眠が取れる職場は存在します。

しかし全ての職場がそうとは言い切れず、数もそう多くありません。
どちらかというと、仮眠が取れない職場の方が多いのが現状です。

夜勤中の仮眠

私自身は仮眠が無い職場の経験が多いですが、近年の転職先は仮眠有です。

「多くはないが、狙えば見つけられる程度にはある」という感じですね。
後述する特徴が分かれば、さらに見つけやすくなります。

夜勤で仮眠が無いのは違法?

残念ながら「夜勤中に仮眠を義務付ける法律」はなく、仮眠が無いのは違法となりません。

チェックポイントを教える介護士

ただし労働基準法では、労働者が休憩を取る権利が定められてます。

労働基準法第34条 ※参考:e-Gov(労働基準法)

労働時間が6時間を超える場合は、少くとも45分。8時間を超える場合は、少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない

また休憩は、一斉に与え自由に利用できなければなりません。

つまり仮眠は無くとも、夜勤中に休憩が取れないのはダメだという事です。

仮眠時間は「1~2時間」が平均

介護夜勤での仮眠時間を、実際の求人から調べてみました。

仮眠がある介護夜勤では、休憩も兼ねて「1~2時間の仮眠時間」という事が多いですね。
老健や特養、有料などの大型施設、看護助手なら大きめの病院で良く見られます。

ベッドで休むお婆さん

また仮眠を設けてるのは、主に16時間夜勤です。

8時間夜勤だと勤務時間も少ないため、ほぼ見つかりません。

現実的に仮眠をとるなら、2時間の休憩時間が必要でしょう。

「夜勤で仮眠なし」な介護施設の特徴

夜勤で仮眠が取れない介護施設は、「ワンオペ(1人体制)」の施設です。

夜勤中に職員は自分しかいない、だから休憩も仮眠もとれません。
職場側からは「休憩して」と指示があるでしょうが、現実的に無理という形です。

ピンチな女性

ワンオペ夜勤は、小型施設やユニット型施設に多い特徴ですね。

施設種類を出すと、下記施設はほぼ全て1人夜勤です。

  • グループホーム
  • 小多機
  • 看多機

また特養や老健の「ユニット型施設」は、大型施設ですが1人体制の夜勤です。

中には休憩用に職員を用意する施設もありますが、数は少ないです。
大型施設のユニット型なら、チャンスはあるかも…という感じですね。

ワンオペは業務量での負担など、仮眠や休憩以+外にも色々な問題を抱えてます。
仕事に不安のある方には、オススメしません。
介護施設のワンオペ夜勤の実態と問題点【ベストな人員体制とは?】
介護施設でのキツイ夜勤条件の1つであるワンオペ夜勤。職員1人体制では、仮眠も休憩もとれず利用者様の対応も難しいなど、疲れもストレスも溜まりやすい環境です。ワンオペ夜勤の問題点と実態を介護士経験から語り、安心して働ける介護施設について考察します。

仮眠が取れる介護施設を選ぶ転職のコツ

実際の転職活動中は、なかなか業務実態は見えてきません。

先の通り、「許可があっても現実的に無理」なんて事もあるので注意が必要です。

仮眠が取れる施設を見つけるにはどうすべきか。
求人の探し方から確認方法まで、その為のコツをご紹介します。

「大型施設の複数人夜勤」から選ぶ

前半で語ってしまいましたが、下記の様な職場を選ぶ事ですね。

仮眠がある介護施設の特徴

  • 夜勤が複数人体制の施設
  • 大規模施設(※但しユニット型はNG)
  • 求人に「仮眠有」と明記

単純ですが、求人に「仮眠有」と明記してる職場を選んで下さい。

転職サイトで「仮眠」でフリーワード検索すると、見つける事が出来ます。

パソコンで仕事をするスーツ女性

ただこの方法は、求人数があまり見つからないのが難点。

「仮眠あり」と書いてあっても、働いてみたら条件が違うという可能性も考えられます。
他の特徴条件も満たしつつ、仮眠時間まで具体的に記載してる方が信頼できますね。

「交代要員」と「2時間の休憩」は必須要素。
夜勤の職員数は2名以上、利用者に対し多いほど有利です。

仮眠有を狙うなら「看護助手」もあり

仮眠有の求人を調べた際に、「病院の看護助手」が多く該当しました。

夜勤中の仮眠にこだわるなら、介護施設以外からも探すと効率的です。

案内をする介護士

看護助手とは、病院における看護師のサポーターです。
身体介助等、介護士と共通する業務も多いので馴染みやすいかと。

 ⇒看護助手の仕事内容と必要資格

面接官やコンサルタントに聞く

もっとシンプルな方法は、担当者に直接聞く事ですね。

担当者と言うのは、転職コンサルタントでも職場の面接官でもOKです。

転職の面談

ただこの方法でも「職場的にはOKだけど、現実的にNG」という例もあり得ます。聞く時は仮眠の有無だけでなく、「どんな感じに取るのか?」と具体的な回答を引き出す聞き方をしましょう。

全てを鵜呑みにせず、「この環境は仮眠が取れるか」と自分でも考えてみるのも大切です。

転職コンサルタントに頼るならば、業界や内部情報に強いサイトを使いたいですね。

介護系転職サイトですと、「きらケア」がマッチング重視でサービス提供してます。

また正社員や派遣、夜勤専従など、サービスにより得意とする求人も異なります。
色々と比較したい人は、下記記事もご参考下さい。

 ⇒おすすめの介護系転職サイト6つを比較紹介

夜勤帯のシフトが楽な職場を選ぶ【妥協案】

妥協案として、仮眠を諦めて「夜勤帯で楽に働けるシフト」を探す手もあります。

8時間夜勤」や「準夜勤(深夜勤)」などの働き方ですね。

16時間夜勤も含めると、夜間帯のシフト時間はこんな感じ。

介護での夜間シフト例

  • 16時間夜勤(16:30~翌9:30)
  • 8時間夜勤(22:00~翌7:00)
  • 準・深夜夜勤(16:00~24:00等)

仮眠が取れる施設が見つからないなら、8時間や準夜勤といった働き方を選ぶ方法も有効です。
遅番を準夜勤と表現する職場もありますが、ここでは遅と夜勤の中間を指します。

妥協案ではありますが、時間的に手当にも期待できます。

収入アップにも繋がると思いますよ。

ポイントを説明する看護師

ただ8時間夜勤は、出勤日数の都合で「夜勤明けが公休扱いになる」等の注意点もあります。

勤務時間は短いので、好みや体力で決めて下さい。

 ⇒介護夜勤の8時間と16時間の違いは?

仮眠が無い介護施設は離れるべき?

自分の職場は夜勤中の仮眠が無いという方も多いと思います。

「他と比べブラック?」「転職すべき?」という疑問もあるでしょう。
しかし「仮眠が無い」というだけで、悪い職場と決めつけるのはちょっと早いです。

最低1時間の休憩が確保できてるなら、下記要素も含め判断しましょう。

職場の良し悪しは総合的に判断すべき

  • 同僚や利用者との人間関係
  • 働きやすい雰囲気
  • それなりに職員数がいる(休日数やシフトが落ち着いてる)

仲の良い介護士

これらはその一例にすぎず、自分の価値観で総合的に判断すべきという事ですね。

自分にとって何が重要か」をよく考え、決めた方が良いです。
特に人間関係に悩む介護士は多いので、そこに満足してるなら留まるのも有り。

ただそれ以上に自分の身体が大事ですので、心身の健康を害するなら、原因が何でも転職を検討すべきタイミングだと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました