介護の夜勤が怖くて不安!やりたくない時に出来ること

介護夜勤が怖くて不安!やりたくない 働き方

介護施設の夜勤は、一人で対応する施設も多く、忙しく大変。
高齢者を見るので、急変や事故など危険もあります。

経験の少ない職員もやらされるので、「怖い」「やりたくない」という方も多いのでは?

そこで自分の経験を元に、「介護夜勤に対する不安を解決する方法」を紹介。
細かな内容から、夜勤をしない働き方まで、夜勤をやりたくない時に出来る事を解説します。
スポンサーリンク

夜勤をやりたくない理由

夜勤が嫌な理由は、「忙しいうえ、仕事に対する不安やストレスがある」からではないでしょうか?

少なくとも、自分はそうでした。

寝ない人や不穏対応へのストレス、事故管理や体調不良への不安もあります。
体力的な面で辛い人も多いと思います。

急変や体調悪化時の対応が不安

夜勤中、特に焦るのが、利用者に急変があった時。

緊急時の対応方法について、不安に思う方もいるでしょう。
その内容も、体調悪化から事故まで様々。

利用者の急変例

  • 熱発
  • 転倒事故
  • 嘔吐など

急な事で焦ってしまい、冷静な判断が出来ない事も。

食事介助の事故

少しでも不安をなくすには、普段から他職員と対応方法を確認しておく事。

特に「熱が出た」「転んだ」等はよくある事です。
対応方法や連絡の必要性など、事前によく聞いておきましょう。

自分でも緊急時の対応を学んでおくと良いですよ。

日中から体調悪化している場合、夜間の対応について必ず確認しましょう。

看護師がおり、オンコール体制がある職場を選べば、夜間中に連絡して指示を仰げます。
夜間の緊急連絡についても、忘れずに確認して下さい。

もし精神的なダメージを負った時は…

私事ですが…、巡視時には、既に亡くなっている姿を発見した事もあります。

老人ホームで生活している方は、予測できない突然死を迎える事もあります。
いくら職員が気を付けていても、避けられない事態も起きる場所なのです。

「自分に落ち度があったからだ」と、当時は苦しい思いもしましたが…
他職員から「最期にあなたといる事を選んだんだよ」と言われ、心が救われました。
現在は、「何かあった時、すぐに気付いてあげたい」と巡視に一層力を入れてます。

もし現在悩みを抱えているのなら、同じ言葉を贈ります。

もし心に大きなダメージを負ってしまったら、一度夜勤から離れてみるのも手です。

職員が少なく心細い

夜勤帯は、どの施設も職員の数が少なくなります。

特にユニット型の施設は、その多くが1人での夜勤です。
最初の数回は先輩職員に付いてもらえますが、いずれは10~20名を1人で対応せねばなりません。

先ほどの急変対応もそうですが、相談できる相手がいないのは心細いもの。

夜勤イメージ

もし不安感が強ければ、複数人で夜勤が出来る職場を選びましょう。
特に未経験者は、最初は1人夜勤は避けた方が良いです

複数の職員で夜勤が出来るのは、従来型と呼ばれるような介護施設。
逆に言えば、ユニット型の施設を避けるようにすればOKです。

ユニット型施設の例
グループホームやユニット型特養など。

一人夜勤はストレスも大きい

意外に馬鹿に出来ないのが、仕事のストレス
1人夜勤では、利用者の対応は全て自分です。

センサーやコールが頻回、なかなか仕事が進まない。
そんな時、助けてくれる相手も聞いてくれる人もいません。・

ストレスから身を守るには、経験から得た色々が技術が必要。
相手を落ち着かせる上手い声かけ、受けたストレスを上手く流す等で対処しましょう。

介護士がストレスを感じる原因は?上手く対処し解消する方法を紹介!

介護施設の夜は怖い?

介護施設の夜勤と言えば、霊的なエピソードもよく聞きますが…、
私は霊感が無いので、他職員から聞かされるぐらいで特にないです。

利用者がトイレに起きた物音に驚くぐらいですかね。
転倒の方がよっぽど怖いです(笑)

ただ昔宗教に熱心だった方が、暗闇で何かを唱えてたり、手で十字をきってたりしてました。
初見はさすがに怖かったですね。

時間が長く忙しい

「夜勤が嫌だ」という理由には、単純に「長くて疲れるから」というのもあります。

8時間ならともかく、16時間の夜勤はなかなか疲れます。
でも、シフト的にゆっくり休めるのも16時間の方だったり…

加えて、オムツ交換やコール対応で忙しいという職場もあります。
「暇だ」という声も多くあるので、施設により忙しさの差は大きいです。

落ち込み

勤務時間や体力に不安があるなら、8時間夜勤の職場を選びましょう。

ただ8時間夜勤は、明けの日が公休扱いです。
※1日分の勤務時間で、日付をまたいで働いてる為

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?

8時間夜勤でありつつも、公休が多い職場を選ぶと余裕が出来ます。

また職員不足で夜勤回数が過剰になるケースも。
あまりに数が多いと、健康や私生活に悪影響でる可能性があります。

自分が望んでおらず、改善も難しければ、転職も検討しましょう。

無理して夜勤をやる必要はない

介護施設の夜勤は、危険が多く、介護士の経験や知識が問われる時間帯です。

冷静な判断力だけでなく、ストレスによる心のコントロール力も求められます。

しかし現状は、未経験者も少し慣れるとすぐに夜勤に入らされます。
人手不足により、職員の成長を促したり、待つことが出来ない職場も多い。

「不安」「無理だ」という気持ちは、ごく当たり前の事なので安心して下さい。
無理せず、自分のペースで成長できる職場で働きましょう。

未経験

夜勤が無いと収入も落ちますが、給料を増やす方法は夜勤だけではありません。
資格や職場選びなど、色々な方法でカバーできます。

夜勤で必要な能力は、昼間の勤務でも養えます。
夜勤に入るのは、経験を積み、介護士として自信をつけてからでも遅くありません。

例えば、特養の日勤パート。
特養では看護師から指示を仰げ、健康リスクの高い方が多い環境なので、かなり勉強になります。

夜勤を避けて働く方法

入居施設で常勤になると、夜勤をやらざるを得ません。
「無理だ」と思ったら、まずは無理なく働ける環境に身を置きましょう。

どうしても夜勤をやりたくないなら、夜勤を避ける働き方を選ぶ事です。

パート派遣社員であれば、入居施設でも日勤帯のみの勤務が可能。
正社員にこだわるなら、デイサービスなど夜勤のない職場を選べばOKです。

介護パートの働き方を紹介!仕事内容から給料、求人探しまで解説

パート等からも社員を目指せます。
「夜勤をやってみよう」と思ったタイミングで、施設に持ち掛けてみましょう。
こうすれば、自分の成長ペースに合わせ夜勤に入れます。

OK

ここまでの話で自分の希望が見つかったら、色々求人を調べてみましょう。
転職サイトだと、「日勤のみOK」など色々な条件で求人検索できますよ。

「よく分からない」という方も、アドバイザーに相談できるので安心ですよ。
希望を聞いて、一緒に職場を探してくれます。

マッチング重視のサイトを紹介しておきます。
きらケア介護求人

介護士転職サイトの特長別オススメ【未経験可】 

最後に

介護夜勤は、孤独ななか多くの不安ストレスと戦わなくてはなりません。

ケア方法や急変対応等を相談できる相手も少なく、経験者向けの勤務です。

しかし現状は、入職してすぐの職員も、少し慣れると夜勤に入らされます。
不安を拭うための指導体制も、十分でない職場も多いです。

夜勤は嫌だと思いつつも、給料の為にやらざるを得ない方も多いでしょう。
当時の自分を思い出し、こうして記事を書かせて頂きました。

またユニット型施設の一人夜勤を、問題視する声も挙がっています。

休憩や仮眠、残業など、その仕事環境にも課題は沢山あります。
少しずつでも改善されていく事を願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました