介護夜勤が「不安」「やりたくない」時に出来る解決方法とは?

介護夜勤が怖くて不安!やりたくない 働き方

介護施設の夜勤は、一人で対応する施設も多く、忙しく大変。
高齢者を見るので、急変や事故など危険もあります。

経験の少ない職員もやらされるので、「怖い」「やりたくない」という方も多いのでは?

そこで本記事では、「介護夜勤の不安を解決する方法」をお伝えします。

自分の経験を元に、「業務で気を付ける事」や「安心して夜勤が出来る職場」を紹介。
夜勤をしない働き方についても解説します。

スポンサーリンク

介護夜勤は不安も負担も多い

介護現場の夜勤は、介護士にとって不安やストレスが大きい時間です。
寝ない人や不穏対応へのストレス、事故管理や体調不良への不安もあります。

また体力的な面で辛い人もいらっしゃると思います。
夜間という時間や勤務時間の長さ、忙しさによる身体的負担も多いですよね。

体調不良や急変対応の難しさ

夜勤中特に焦るのが、利用者に体調不良や急変があった時。

緊急時の対応方法について、不安に思う方もいるでしょう。
その内容も、体調悪化から事故まで様々。

利用者の急変例

  • 熱発
  • 転倒事故
  • 嘔吐など

食事介助の事故

急な事で焦ってしまい、冷静な判断が出来ない事も。
最期のお見送りや予測できない突然死を発見する事もあり、精神的ダメージを負う職員もいます。

夜勤中は職員数が少ない

夜勤の不安や負担に拍車をかけるのが、職員の少なさ。
ユニット型施設など、1人夜勤の職場も多くあります。

判断に困った時の心細さ、多忙時に休憩が取れないなど、色々な面でキツイ時間です。

加えて職員不足の施設では、どうしても夜勤回数が多くなってしまいがち。

一人夜勤によるストレスや休憩の問題

1人夜勤では、利用者の対応は全て自分です。
その環境では、ストレスへの対処休憩時間の確保の問題があります。

センサーやコールが頻回、なかなか仕事が進まない。
そんな時、助けてくれる相手も聞いてくれる人もいません。

パソコン疲れ

特にユニット型施設では1人夜勤の為、休憩時間が取れない事を問題視する声も挙がっています。

センサー反応の多さや不穏への対処など、介護職員が受けるストレスも馬鹿になりません。
介護士がこれらから身を守るには、声掛け方法やストレスを受け流す技術等も必要になります。

介護士がストレスを感じる原因は?上手く対処し解消する方法を紹介!

夜勤の1人立ちを急かされる

介護での独り立ちは、通常は日中業務から業務方法を学び、夜勤は最後の仕上げという形になります。
期間は人それぞれですが、その人に合ったペースで業務を学ぶのが理想です。

介護士が独り立ちする期間と流れを解説

先輩からの指導

夜勤は不安も責任も大きい業務の為、経験問わず慎重に独り立ちを勧める必要があります。

しかし職員不足でシフトが回せず、独り立ちを急かす職場もあるのも事実。
焦りが仇となって、新人職員を潰してしまう職場もあるので注意が必要です。

夜勤の不安や負担を克服する方法は?

介護夜勤では、職場のサポート体制はもちろん、介護士としての総合力も必要になります。
不安や負担を感じるのは当然の事です。

これらを上手く払拭するには、下記の事を意識しましょう。

介護夜勤の不安を克服する方法

  • 体調不良や緊急対応方法の事前確認を徹底する
  • 慣れないうちは少し早めに動く
  • 夜勤者が働きやすい職場を選ぶ

順を追ってお話しします。

申し送りや緊急連絡の確認を徹底する

夜勤で出勤したら、夜間に備えしっかり申し送りの確認をしましょう。

体調不良者がいる場合、夜間の対応方法についてしっかり指示を仰いで下さい。
「こうなったら不安」という場面の事まで、こちらから尋ねる癖もつけましょう。

緊急時の連絡先やその判断基準まで、業務マニュアル等もよく理解しきましょう。

電話を受ける女性看護師

そういった面では、看護師が配置されオンコール体制がある施設が働きやすいですね。
具体的な指示確認や連絡がしやすく、安心感はあると思います。

オンコール体制
夜間の特変等について、看護師に連絡相談ができる

介護士としてスキルアップも図ろう

夜勤で落ち着いて働くには、介護士としての総合力が必須です。

介護夜勤で必要な能力

  • 特変への観察力や判断力
  • 不穏やストレスへの対応力
  • 丁寧かつ効率よく動く仕事力

介護夜勤では、不安やストレス、業務量との戦いです。
場数を踏み、地道にスキルアップを繰り返すのも必要な事です。

試験勉強での疑問

知識や経験が増えれば、徐々に不安も減ってきます。
自分でも緊急対応等の知識を調べておくと、いざという時の判断を助けます。

慣れないうちは早めに動く

また夜勤はマイペースに働けるのが特徴ですが、その分時間をみて業務を組み立てるのが重要です。
巡視やオムツ交換など、かかる時間を逆算して動きましょう。

慣れないうちは、10分位早めに動くのがオススメ。
時間に余裕を持つと、精神的余裕にも繋がり、アクシデントにも冷静に対処できます。

特に朝方の業務は余裕が無くなる事が多いので、気持ち早めに動くと良いですね。
但し、利用者様の睡眠や生活に迷惑を掛けない様には注意して下さい。

夜勤イメージ

また巡視はかなり重要な業務です。
寝ている時はその様子の変化には、なかなか気づけないものです。

安眠を妨げない範囲で、可能なら呼吸の様子までよく確認しましょう。
定時にしっかり巡視し記録に残す事が、いざという時に自分の身も守ります。

介護夜勤の仕事内容とは?巡視や排泄介助のポイント

時間に余裕を持ち、確認を怠らない様に注意しましょう。

独り立ちが不安な時は相談する

夜勤での指導ペースが早く、独り立ちが不安であれば素直に相談しましょう。
業務の流れや利用者対応などが分からない時は、付き夜勤の回数を増やして貰って下さい。

新人女性職員への指導

また最初から全て完璧にこなす必要はないです。
独り立ち後も失敗するのは普通ですし、重要なポイントだけ押さえてあれば大丈夫です。

あまりに完璧を求められ、業務ハードルが高すぎる職場は逃げてもOKかと思います

夜勤者が働きやすい職場を選ぶ

介護夜勤の不安や負担は、そうすぐに払拭できるモノではありません。
自力での克服を目指すには、とても時間がかかります。

その為、下記の様な「夜勤者が安心して働ける職場」を選ぶのも1つの手です。

介護士が安心して夜勤に入れる職場を選ぶ

  • オンコール体制がある
  • 複数名で夜勤に入れる
  • 独り立ちまでしっかりフォローがある

複数名かつオンコール体制がある施設

複数人で夜勤に入れ、看護師の配置やオンコール体制がある施設等がオススメ。
例えば、従来型の特養や老健、有料老人ホームなどですね。

ポイントを説明する看護師

自信がない間は、1人夜勤の施設は避けた方が無難でしょう。

体力的な不安があれば、8時間夜勤の施設がオススメ。
「明け=休日」になってしまいますが、公休の多い施設で働けば余裕も出来ると思います。

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?

もちろん、日勤のみで働いたり、デイ等の夜勤が無い職場を選ぶのもアリ。

職員指導力のある職場を選ぶ

出来る事ならば、新人指導力のある職場を選びたいものです。
職員数に余裕があり、独り立ちまでじっくり指導を受けられる職場が望ましいですね。

ですが、こういった内部情報は事前把握が難しいです。
職場見学や質問などで、情報を見聞きするしかありません。

転職の面談

あるいは、転職支援サービスの活用も有効。
内部情報の聞き出しや、夜勤の安心感を重視した職場選びなど、様々な相談が可能です・

マイナビ介護職 なら、サービスも充実しており、著しく定着率の低い求人の掲載を避けてます。
良質求人の紹介にも期待も出来ると思います。

もし精神的なダメージを負った時は…

老人ホームで生活している方は、予測できない突然死を迎える事もあります。
いくら職員が気を付けていても、避けられない事態も起きる場所です。

急な対応でのパニック、責任を感じ自分を責めてしまうなど…。
それにより精神的ダメージを受けてしまう介護職員も多くいます。

もし心に大きなダメージを負ってしまったら、一度夜勤から離れてみるのも手です。

落ち込み

私も、巡視時に既に亡くなっている姿を発見した事もあります。

「自分に落ち度があったからだ」と、当時は苦しい思いもしましたが…
他職員から「最期にあなたといる事を選んだ」と言われ、心が救われました。

もし現在悩みを抱えているのなら、同じ言葉を贈ります。

介護夜勤をやりたくない時に出来る事

もし「夜勤をやりたくない」気持ちが強いなら、夜勤を避ける方向に動きましょう。

夜勤のある施設で働くのであれば、「意思表示」や「雇用形態の変更」。
正社員にこだわるのであれば、「夜勤の無い職場」を選ぶ必要があります。

特に入居施設で正社員(常勤)でいるには、全シフトに対応できる必要がある事がほとんど。

腕組み疑問

「パートで日勤帯のみで働く」か、「常勤で少ない回数で夜勤をこなす」の働き方が現実的。また夜勤回数には制限や上限は無く、夜勤回数を減らすならその意思をよく伝える事が重要です。

介護職の夜勤は平均月5回!夜勤回数に上限や制限は無いの?

夜勤をせず正社員を目指すなら、夜勤の無い職場を選ぶ必要があります。
「訪問介護」や「デイサービス」などですね。

無理して夜勤をやる必要はない

夜勤が出来て1人前という風潮もありますが、別に無理して夜勤に入る必要はないです。

色々と話しましたが、言いたい事はこれに尽きます。
「不安」「無理だ」という気持ちは、ごく当たり前の事なので安心して下さい。

夜勤が不安なのは当たり前

介護施設の夜勤は、危険が多く、介護士の経験や知識が問われる時間帯です。

冷静な判断力だけでなく、ストレスによる心のコントロール力も求められます。

未経験

…にも関わらず、未経験者も少し慣れるとすぐに夜勤に入らされるのが現状です。
焦らず自分のペースで成長できる職場で働いて下さい。

収入や介護士経験を得る方法は夜勤だけじゃない

夜勤が無いと収入も落ちますが、給料を増やす方法は夜勤だけではありません。
資格職場選びなど、色々な方法でカバーできます。

夜勤で必要な能力は、昼間の勤務でも養えます。
夜勤に入るのは、経験を積み、介護士として自信をつけてからでも遅くありません。

例えば、特養の日勤パート。
特養では看護師から指示を仰げ、健康リスクの高い方が多い環境なので、かなり勉強になります。

車イスの介助

介護では、他にも色々な職場や働き方があります。

収入や経験を得る方法は、夜勤だけではありません。
焦らずじっくり、長く続けられる方法で働きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました