訪問介護員の仕事内容とは?必要資格から職場の種類まで違いを解説!

訪問介護員の仕事内容と職場 仕事内容

利用者様のお宅に伺い、サービスを提供する訪問介護員
介護施設とはちょっと違う、介護士の働き方の1つ。

その訪問介護員も、施設と同様に色々な働き方や職場があるんです。

今回は、訪問介護員の仕事内容についてまとめました。
必要資格、職場の種類による違いなど、分かりやすく解説していきます。
スポンサーリンク

訪問介護員の仕事内容

訪問介護とは、訪問介護員が利用者様のお宅に訪問し、介護サービスを提供するものです。

ホームヘルプサービス等とも呼ばれ、要介護者や要支援者が対象の介護保険サービスですね。
介護が必要な状態でも、住み慣れた家での生活が続ける事が出来ます。

基本的には日中のみ対応ですが、夜間対応や定期巡回のサービスもあります。
※詳しくは後述

車イスの介助

介護施設は無資格でも勤務できますが、訪問介護は初任者研修等の介護資格が必須です。

訪問介護職員は、オムツ交換などの身体介護、調理や買い物などの生活援助を行います。
サービス提供は、基本的に職員と利用者様のマンツーマンで行われます。

また本人の援助や生活の援助にならない行為は、介護サービスでは利用できません。

それぞれ確認していきましょう。

身体介護とは

身体介護とは、食事や入浴、排泄介助など、利用者の身体に触れる介助サービスです。

寝返りが出来ない方の体位交換、服薬介助なども身体介護に含まれます。
介護施設も含め、介護士として働く以上、どこでも行う仕事ですね。

車イスの高齢者の車で通院介助

訪問介護では、通院のための車の乗降介助も行います。
車で利用者様のお宅へ向かい、車の乗車中、乗り降りの介助をします。

また自立を促しつつの見守りも、身体介護になります。
これは「見守り的援助」と呼ばれ、やってあげるのではなく「共に行う支援」です。

見守り的援助とは?

見守り的援助は、利用者と共に行う自立支援・重度化防止の為のサービス

声掛けや促しを行いつつ、必要な時には介助に入れるよう見守りをします。

見守り的援助の例

  • 利用者に声掛けや手助けをしつつ、調理する
  • 洗濯ものを一緒に行う
  • 移動時に側に付き添う(必要な時に介助に入る)

利用者が出来る事を大切にし、安全に上手く行えるよう側で付き添うサービスですね。

生活援助とは

生活援助とは、本人や家族が家事を行う事が困難な場合に提供されるサービス。

家事等の日常生活援助の他、買い物や薬の受け取りなども対象です。

生活援助の例

  • 掃除や洗濯、衣類の整理
  • 食事の調理(配膳・下膳含む)
  • ベッドメイク
  • 買い物や薬の受け取り

訪問介護員ができない事

本人の援助や日常生活の援助に当たらない行為は、介護保険では利用できません。

例えば下記の様な行為は、訪問介護員は行えません。
生活援助と混合しやすいので注意しましょう。

訪問介護で対応できないこと

  • 利用者以外の洗濯・調理
  • 来客対応
  • 草むしりや洗車
  • ペットの世話

介護職員、利用者様、共に知っておくべき内容なので確認しておきましょう。

もし利用者様の立場で、ご覧になられている方がおられましたら…
対象外サービスを利用したい場合、高齢者向けの家事代行サービスを検討して下さい。
高齢者見守りサービスを紹介!セコムや家事代行まで特長比較

訪問介護サービスの種類

訪問介護は日中の対応を基本ですが、他にも色々な種類があります。

代表的なのが、下記の様なサービス。

訪問介護の種類

  • 訪問入浴介護
  • 定期巡回・随時対応型
  • 夜間対応型

1つずつ紹介していきますね。

訪問入浴介護

訪問入浴介護とは、職員が移動入浴車で自宅訪問し、入浴介助を行うサービス。

下記の様な、自宅での入浴が難しい方に向けたサービスです。

訪問入浴介護はこんな人が利用

  • 自力や家族サポートでの入浴が困難
  • 自宅の浴槽が狭く、入浴が難しい
  • 持病等の為、看護師による状態観察が必要

訪問入浴介護では、看護師1名介護士2名が1組になって利用者宅を訪問します。

入浴介助後の車イス移動

看護師による体調チェックを行い、組み立て式の浴槽にお湯をため、入浴介助をします。
入浴が難しい場合、部分浴や洗髪などのシャワー対応、タオルで身体を拭く(清拭)等も行います。

訪問介護と違い、複数の職員でお仕事が出来るのが特徴ですね。

業務の幅も決まっているので、仕事も覚えやすいと思います。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、24時間対応の訪問サービス。

日中・夜間共に、訪問介護・看護の両方が提供されます。
その為、自宅でも介護施設の様なサービスを受けられます。

ピンクの訪問車

その名の通り、介護員の仕事は「定期訪問(巡回)」と「随時訪問」に分かれています。

定期訪問の仕事

定期訪問では、1日に複数回定期的に訪問しサービスを提供します。

仕事内容は、食事や排泄(トイレ介助・オムツ交換)などがメインになります。
体位交換なども行うので、身体介護が多い仕事ですね。

1度の滞在時間は、20分~30分程度です。

随時訪問の仕事

随時訪問は、オペレーターが利用者からの連絡を受け、その指示に従い支援を行う仕事です。

随時訪問の待機中は、記録作成をしたり、他職員の代わりに訪問介護の仕事をします。
定期・随時共に、初任者研修があれば介護サービスの実施が可能です。

但し、オペレーターとなるには、介護福祉士が必要です。
※他資格では、看護師や社会福祉士、ケアマネなども可能

夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護とは、夜間帯に訪問介護員が身体介護を行うサービス。

ここでいう夜間とは、22時から翌朝6時までを指します。
また8時から18時までの時間は、このサービスは提供できません。

こちらも「定期巡回」と「随時対応」の2種類のサービスを行います。
※利用者はどちらのサービスも使用できる

定期巡回では、オムツ交換や体位交換などのサービス。
随時対応では、利用者の通報を受け、訪問介護員が駆け付けます。

ナースコール

随時対応は、利用者に緊急用のコールを持ってもらい、押すと巡回中の職員が訪問する仕組み。

転倒して動けない時、急な体調悪化で救急車を呼んで欲しい時などに使用できます。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅では、訪問介護事業所が併設されている事もあります。
※デイサービスも併設されている事も

この場合は、利用者様のお部屋に訪問し、介護サービスを提供します。
サ高住の職員が兼務している事も多く、生活支援も同時に行います。

ポイント

仕事感覚は、介護施設と訪問介護の中間みたいな感じですね。
※実際勤務しましたが、施設介護寄りでした

食事や飲み物の提供・介助、オムツ交換などが主な仕事です。

利用者様はそこに入居されているので、24時間対応のお仕事です。
居室内ではマンツーマンですが、他職員と仕事が出来る時間も多くあります。

訪問介護職員はどんな働き方ができる?

ひとことで訪問介護職員といっても、その働き方は様々。
常勤かパートかはもちろん、どんな訪問介護事業所を選ぶかでも違ってきます。

昼間が良いなら夜間対応型は避ける、1人が嫌なら訪問入浴介護など、希望に合った働き方が選べます。

転職サイトを活用すれば、事業所の種類で求人を探す事が出来るので活用しましょう。

また訪問介護ならではの要素に、「登録ヘルパー」と「サービス提供責任者」があります。

どんなモノかご説明しましょう。

登録ヘルパーとは

登録ヘルパーとは、訪問介護事業所に直接雇用されず、仕事を紹介してもらう働き方。
※非常勤のような感じですね

希望する曜日や時間を登録し、その時間に利用希望者がいれば仕事が紹介されます。

チェック

好きな時間を選び働けるので、忙しい主婦にも人気の働き方です。
普通の訪問介護だけでなく、随時訪問でも登録ヘルパーが活躍してます。

複数の事業所に登録する事も可能。
派遣で働く「派遣ヘルパー」という方法もあります。

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者は、通称”サ責”と呼ばれる役職者。
訪問介護サービスの計画・運営を行う、訪問介護の責任者ですね。

女性3人の会議

ケアプランに基づき「訪問介護計画書」を作成し、サービスがしっかり提供される様管理します。

利用者様の状況を見て、サービス内容の変更をしたりもします。

また訪問介護員の指導、管理も仕事です。
利用者様との相性を見て職員を決めたり、相談・指導も行い、職員をまとめていきます。

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者になるには、下記の資格が必要です。

サービス提供責任者に必要な資格

  • 介護福祉士
  • 実務者研修修了
  • 初任者研修を修了かつ、実務経験3年(540日)以上

このうち初任者研修修了者の場合、介護報酬の減算対象となります。
事業所としても採用しにくいので、サ責を目指すなら「実務者研修修了」を目指しましょう。

介護福祉士実務者研修とは?

訪問介護職員に必要な資格

訪問介護職員に必要な資格を説明します。

既に述べてしまいましたが、「資格と仕事の関係」を改めて確認します。

初任者研修は必須資格

冒頭で述べましたが、訪問介護員になるには初任者研修が必須です。
※旧ホームヘルパー2級相当の資格

訪問介護では、利用者様と1対1で介護サービスを提供します。
そのため適切な判断・ケアを行うには、「初任者研修以上の資格取得が必要」と介護保険法定められています。

介護士で働くならいずれ取得する事になるので、遅いか早いかという話ですね。
就業前に取った方が楽かと思いますので、問題ないでしょう。

OKサイン

また実務者研修、介護福祉士も仕事の幅を広げます。

介護資格と訪問介護員の仕事

  • 実務者研修 ⇒ サービス提供責任者
  • 介護福祉士 ⇒ 定期巡回・随時対応型訪問介護看護のオペレーター

この2つは初任者と合わせ、メインの介護資格です。
採用や待遇に大きく関わるので、積極的に取得を目指しましょう。

特に介護福祉士は国家資格で評価が高く、実務経験を積めば他職種の道もあります。
※詳しくは関連記事をどうぞ

介護福祉士とは?

訪問介護員にオススメの他資格

必須では無いものの、持っておくと便利な資格を紹介。
仕事の幅を広げたり、スキルアップに役立つ資格を集めました。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーとは、障害者の移動・外出を支援する資格です。
保有しておくと、ガイドヘルプサービスを行う訪問介護事業所で活かせます。

ガイドヘルパーの資格は3種類あり、対応できる障害内容が変わります。

ガイドヘルパー(移動介護従事者)とは?資格取得の養成研修を解説!
ガイドヘルパーとは、障害を持つ方の外出支援をする為の資格です。資格には種類があり、対応できる利用者や学習内容も異なります。養成研修の種類や内容など、資格の取り方をまとめました。

介護食の資格

調理業務もある事から、介護食関係の資格もオススメです。

給料評価というより、実用重視の資格ですね。
柔らかく食べやすい食事を作れるよう、調理技術やレシピを学ぶ事ができます。

女性訪問介護員の食事介助

資格には、「介護食アドバイザー」や「介護食コーディネーター」があります。
どちらも通信学習で取得出来ます。

概ね内容は似ていますが…
2つの違いとしては、通信講座を開いてるスクールなどですね。

訪問介護員の求人を見つけるには

訪問介護員の求人は、転職サイトやハローワーク、求人チラシ等で見つけられます。
介護施設と同様に、割と探しやすいお仕事です。

悩み

…しかし理想の条件となると、情報の多いサービスに分があります。

働きたい事業所のタイプや条件があるなら、介護職向け転職サイトを活用しましょう。
未経験者OKの求人もありますし、地域や職種で絞込検索が出来ます。

アドバイザーと相談して、希望する求人を見つけてもらう事も出来ます。
詳しくは、解説記事をご覧ください。

まとめ

今回は、訪問介護員の仕事内容をお話ししました。
いかがでしたでしょうか?

介護施設とは、また違った魅力があったと思います。
施設と違い個人で動くことも多いですが、そのぶん自由度の高いお仕事ですね。

介護は無資格・未経験者も、気軽に入っていける仕事です。
興味を持っていただけたら、初任者研修を取得してみて下さいね。

もし「時間の自由」を重視するのなら、派遣やパートで仕事を絞るのも手ですよ。
これなら介護施設で他職員と一緒に働く事も可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました