介護用尿取りパッドの種類と選び方【オススメ商品や尿量別サイズも】

介護用尿とりパッドの種類と使い方家族の介護

介護用の尿とりパッドについて情報を解説します。

昼や夜でのサイズ選びやパッドの種類、オススメ商品等の情報をまとめてます。
「パッドの使い方や選び方が分からない」と言う方は、参考にしてみて下さい。

記事の内容

  • 尿取りパッドの種類と使い方
  • パッドの選び方とオススメ商品
  • 尿漏れの原因と対策

尿取りパッドはオムツに比べ安価なので、経済負担も軽く出来ます。
介護負担の軽減にも繋がるので、オムツ類を使用するならぜひ使用して下さい・

基本的な事から尿漏れ対策まで、総合的にお話ししていきます。

スポンサーリンク

尿取りパッドとは

尿取りパッドとは、尿を吸収する使い捨てのパッド

オムツやパンツの中に装着する事で、汚染を防いでくれます。

尿失禁時は尿取りパッドの交換のみで済み、高齢者や介護者の負担軽減にも繋がります。
※便失禁や尿漏れ時は、オムツや下着も交換しましょう

 尿取りパッドの種類

パッドには立体ギャザーが付いており、尿漏れを防ぎやすいデザインになってます。

またオムツ類と比べ安価なので、オムツ代の節約になり経済的です。

種類は色々とありますが、特別記載がない限り基本は男女兼用です。
商品により尿の吸収量や大きさも異なり、尿量や場面に応じ選ぶ事が出来ます。

介護用尿取りパッドの種類と使い方

尿とりパッドは前述の通り、オムツ(パンツ)と肌の間に装着します。

尿取りパッドの種類による違いは、主に尿の吸収量です。
また種類によっては、少し違った使い方がある物もあります。

尿とりパッドの使い方の基本

まずは、尿取りパッドの基本的な使い方を確認しましょう。

尿取りパッドの使い方

  1. パッドの立体ギャザーをしっかり立てる
  2. オムツ(リハパン)の立体ギャザーの内側に装着
  3. お尻から前にかけ、脚の付け根にそうよう引き上げる

パッドの立体ギャザーは、装着前に手でしっかり立たせます。

またオムツやリハビリパンツ自体にも、吸水パッドや立体ギャザーがあります。
尿とりパッドは、それらのギャザーの内側に装着して下さい。

汚れた時は、尿取りパッドのみを交換すればOKです。

使用後は再利用せず、ご家庭で破棄して下さい。

介護オムツの捨て方と分別方法を解説!悪臭対策やオムツ用ゴミ箱も
家族介護をしていると、避けられないのが使用済みオムツ類の処理。地域によって分別方法が異なるので確認が必要です。当記事では、オムツ類の分別方法や臭わない捨て方を紹介。オムツ用のゴミ箱や置き場所、防臭袋など、オムツの捨て方を徹底解説します。

ズレ止めテープの使い方

また裏面に「ズレ止めテープ」があるパッドも販売されてます。

これはパッドがオムツやリハパンからズレない様、固定するのに使います。
必須と言う程でもないので、こだわらないなら気にせず選んでOKです。

「自分でトイレに行くけど、上手くパッドをあてられない方」等は、こちらが使いやすいですね。

尿の吸収量はどう違うの?

尿取りパッドは、どのメーカーも排尿1回分を150mlとして設計してます。
※パッケージ等にも、「〇回分吸収」といった表現が使われます。

尿吸収量により、商品名には下記表現がよく使われます。

商品選びの際に参考になるかと。

吸収量が少ないタイプ
(150~400ml)
レギュラー、スーパー
吸収量が多いタイプ
(600ml~)
ワイド、エクストラ
夜用(ナイト)

排尿〇回とは言いますが、尿量はその時々により違います

要介護者の生活リズムや尿量を見て、必要なモノを選ぶようにしましょう。

尿取りパッド

また尿とりパッドは、吸収量の多いほどサイズも大きくなります。

吸収量が少ないタイプは長方形ですが、吸収量が多いパッドはひょうたん型のワイドタイプが主です。

尿とりパッドのワイドタイプ

これは吸収量600mlのワイドタイプのパッド。
前やお尻にフィットしやすく、鼠径部にあたらない様にデザインですね。

基本的にはお尻側に広い方をあてますが、男性の場合は広い方を前にした方が尿漏れしにくい場合もあります。

「男性用尿取りパッド」の特徴と使い方

男性は女性よりパッドがあてにくく、尿漏れが多くなりがち。

そこで男性器を包むようにパッドをあてる「三角巻き」という方法がとられます。
※賛否あるので、後述の注意点もご参考下さい

男性用パッドとは、巻いてあてる事を想定し作られたパッドの事です。
しっかり包み込めるようデザインされ、尿漏れしにくい特徴があります。

オムツを開いて横にならずとも交換でき、負担が少ないのもメリット。

注意として、パットを巻くと防水シートが長く接触する為、肌トラブルの元になります。

お尻部分の広い方を前に持ってくる事で、対応も可能ですのでお試しください。

固定ホール等は非推奨です

またパッドが外れないよう、固定ホールがある商品があるのですが…

陰茎を傷つけてしまう事が多く、個人的に使って欲しくありません。

たまに通常パッドのギャザーに穴を開け、ホールドする方もいます。
尿漏れ時の負担は十分承知してますが、身体のケアも大事にして下さい。

「フラットタイプのパッド」の特徴と使い方

フラットタイプは、立体ギャザーが無く平面な長方形をしてます。

主な用途は、オムツ交換時にシーツを汚さないよう敷く形になります。

フラットタイプの用途

  • 交換中の失禁対策
  • 便失禁時のオムツ交換で
  • 陰部洗浄時に

こんな時に敷いておけば、ベッドを汚れから守る事が出来ます。

必須ではありませんが、あると便利なパッドです。

またギャザーが無いので、オムツ等に装着するにはあまり適してません。

似た用途で使える介護用品に防水シーツもあります。
尿失禁があったりやオムツ交換が必要なら、ぜひ利用するようにしましょう。

介護用防水シーツのオススメ種類と選び方【尿失禁対策】
家族介護では、夜間の尿失禁に毎日悩まされてる方も多いでしょう。そこで尿失禁対策に便利な「防水シーツ(ラバー)」の種類について解説します。正しい敷き方や洗濯方法などの使い方、繰り返タイプや使い捨てタイプなどの選び方、オススメ商品の情報をまとめました。

「両面吸収パッド」の特徴と使い方

両面吸収パッドは、防水フィルムが無く両面から尿を吸収できます。

通常の尿パッドと併せて使用し、補助する役割を持ちます。

両面吸収パッドの使い方

  • 尿取りパッドの上に重ねて使う
  • 尿漏れしやすい部分にあてる
  • 男性用パッドとして

詳しい使い方は、ネピアテンダーHPの商品説明が分かりやすいです。

両面吸収パッドは、通常の尿取りパッドとしては使用しません

防水フィルムが無いため、吸収した尿が下へ零れ落ちてしまいます。

尿取りパッドを補助し、尿漏れ防止に使うのが主ですね。

尿取りパッドの選び方

それでは尿取りパッドの選び方をご説明しましょう。

まずは普通の尿取りパッドを使用しましょう。
色々とご紹介しましたが、ノーマルタイプがあれば基本的に困りません。

昼用と夜用で使い分ける

尿取りパッドは、吸収量が多いものほど価格も高いです。

「昼用(小さめ)」「夜用(大きめ)」と2種類用意した方が経済的。
排尿が多くなるタイミングを見て、使い分けましょう。

ポイントを説明する看護師

尿の吸収量(大きさ)については、下記表を参考にしてみて下さい。

 尿量や失禁の少ない方尿量や失禁の多い方
日中150~400ml程度400~600ml程度
夜間800程度~1000ml程度~

長く介護士として働いてますが、大体こんな感じでしょうか。

夜間は交換しないものとして想定してます。
日中でも長く交換できそうにない時は、少し大きめの物を使用しましょう。

尿量に対し、大きすぎても小さすぎても肌トラブルに繋がります。
必要なサイズを上手く調整する事で、経済的にも肌トラブル改善にも効果的。

オススメの介護用尿取りパッドは?

私が仕事でよく使用してるのは、ネピアテンダーの尿取りパッド

色々と使った中では、かなり使いやすく感じます。
サイズも豊富なので、使い分けしやすいですね。

下記は施設向け商品ですが、Amazon等でも入手できます。
オムツだけでなく、リハパンや下着などに装着してもOK

上記を、昼と夜とで使い分けてみてはいかがでしょう?

尿量や失禁タイミングが掴めてきたら、適切なサイズに変更すると良いと思います。

パッドの尿漏れ原因と対処方法

ここからは、尿とりパッド使用時の尿漏れ対策を紹介します。

パッドの使い方や尿漏れ防止の為に出来る事など…
よくあるシチュエーションをまとめ、Q&A方式で解説していきます。

大きいパッドを使用してるのに漏れる

大きいパッドを使用していても、尿漏れしてしまう事はあります。

大きいパッドで尿漏れするのは何故?

  • 吸収量以上に排尿がある
  • 排尿の勢いが強い
  • 横を向いてたり、パッドが上手く当たっていない

まずは「パッドのどこが濡れているか」よく確認して下さい。

濡れてない部分があれば、当て方に問題がある可能性があります。

案内をする介護士

尿取りパッドは尿を吸収した後、内部の通って全体で吸収出来る仕組みになってます。

一部分しか濡れてないのに漏れてしまう場合、隙間が出来ている可能性が高いですね。

  • 立体ギャザーが立っていない
  • オムツサイズが大きすぎる
  • あてる時に隙間ができ、ズレてしまっている

パッドサイズの見直し前に、これらの問題が無いかもう一度見直してみましょう。

オムツによるサイズの違いは、ウエストだけでなく「」も違います。
大き過ぎるオムツは陰部とパッドを密着させにくく、漏れの原因となります。

パッド全体が濡れている場合、パッドが尿を吸収しきれてません。
「大きいパッドの使用」か「交換回数を増やす」事を検討しましょう。

「排尿の勢いが強い時」も尿漏れが発生しやすい

一気に排尿があった場合、パッドの吸収が間に合わず漏れてしまう事があります。

横を向いて寝てる時も、尿漏れが発生しやすい場面です。
隙間が発生しないよう注意し、お肌と密着させましょう。

水様便などの排便があった時なども、よく漏れてしまいますね。

一気に排尿がある方向けに、高速吸収のパッドがあるので紹介しておきます。

パッドの重ねあては効果がある?

尿取りパッドを2枚重ねるような使い方は効果がありません

パッドの裏面は尿を通さず、横に漏れていくので吸収量は変わりません。
間違ったパッドの使い方なので、注意しましょう。

尿漏れが心配な時は、吸収量の多いパッドを1枚使った方が効果的です。
あるいは、両面吸収パッドを使用するのも良いですね。

NGサイン

また交換が楽という理由で、2枚あてをする方も稀にいます。

パッドを引き抜いて交換すると、摩擦で高齢者の肌を傷つけてしまいます。
オムツやパッドを引っ張るのも間違ったオムツ交換方法なので、しないようにして下さい。

尿量による尿漏れが多くなるタイミング

介護度が高く、失禁の多い方を中心に見てきましたが…、
寝ている時」が尿量も失禁回数も多いですね。

これは夜に限った事ではなく、昼間にちょっと横になって休んだ時も当てはまります。

介助イメージ

また下記のような時も、尿漏れしやすいので注意しましょう。

尿漏れが多くなる時

  • 過剰に水分を摂った
  • トイレやオムツ交換の間隔が開いた
  • 排便コントロールの為、下剤を増やした

ご本人の「排尿パターン」と「トイレ(オムツ交換)の間隔」を見て、使用するパッドを選ぶと良いです。

普段より下剤を増やした時も、水様便による漏れが予想されます。
大きめのパッドを使用する等して対策しましょう。

またオムツ交換で横を向いた時トイレで立った時等も、失禁が多くなります。
衣類やシーツを汚してしまいがちなので、防水シーツや介助方法の工夫等で防ぎましょう。

トイレでの排尿も促してみる

パッドから逸れますが、トイレやオムツ交換時に排尿を促すのも尿漏れ防止に繋がります。

例えばトイレ時に付き添い、声掛けしつつ軽くお腹を押し、排尿を促すのも効果があります。
オムツ交換時の寝た状態でも、ちょっと腹圧をかけると排尿が多くある方もいます。

但し、あまり強く押さない様に注意!

トイレに座る高齢男性

また座った姿勢は排尿・排便を促すのに効果的。
失禁がある方でも、トイレで排尿できるようアプローチしていくと失禁量を減らせる事があります。

家の環境などでトイレを諦めているなら、ポータブルトイレ等の使用も検討しましょう。

まとめ

今回は「介護用の尿とりパッドの種類と使い方」をご説明しました。

基本的には、通常の男女共用でギャザー付きタイプを用意すれば良いです。
最後に要点をまとめておきます。

記事の要点

  • 尿とりパッドは、オムツやリハビリパンツのギャザー内側に装着
  • 「昼用」と「夜用(大きめ)」の2種類あると便利
  • 尿量に対し丁度良いサイズを選ぶと、肌にも経済的にも優しい
  • 排尿リズムを掴み、トイレでの排尿を促す等で尿漏れ防止を

尿とりパッドは、大きければ良いワケではありません。
その人の尿量に合ったサイズを使うのが、総合的にメリットがあります。

ご本人について理解を深め、ケアの改善に役立てて頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました