介護施設のオープニングスタッフを解説【仕事内容や苦労、転職方法】

介護のオープニングスタッフの仕事とメリット転職活動

人気の介護求人の1つに「オープニング施設」があります。
転職サイトなどでも特集を組まれており、人気の高さが伺えますね。

新しい職場を作っていくワクワク感、新規職員が入りやすい環境など、オープニングスタッフならではの魅力が沢山あります。

当記事では、自分の経験を元に、介護施設のオープニングスタッフを解説。

オープン時の仕事内容、メリットや苦労。
転職方法までご説明しましょう。

スポンサーリンク

介護施設のオープニングスタッフの仕事と特徴

介護施設のオープニングスタッフは、施設のオープン前から仕事があります。

オープン時にしか経験できない、貴重な内容も色々ありますよ。
さらに、新規施設ならではの働きやすさ、職場を作る面白さ・やりがいもあります。

まずはオープニング時の仕事内容、求人の採用条件等を解説します。

介護施設オープンまでの仕事内容

新規オープンの施設では、入居者様を迎えるための環境準備から行います。

事前研修やオリエンテーション等もあり、職員同士ゆっくり顔合わせする時間も持てます。

オープン前にもこんな仕事がある

  • 施設環境の準備
  • オリエンテーション(顔合わせ、研修など)
  • オープニングセレモニー

チェックポイントを教える介護士

オープニングセレモニーは、地域の方に施設を案内したり、挨拶する為のイベントです。
一度きりの内容なので、これも貴重な体験になるでしょう。

また入居者様が生活する為の環境整備、介護研修などもあります。

オープン前は時間が多く、職員同士も仲良くなれるチャンス。

オープン後は「仕事内容」をゼロから作る

開設準備が整ったら、少しずつ利用者様を迎え介護施設としてスタートします。

オープニングスタッフは開設後が本番と言え、1から仕事や環境を作っていきます。

  • 新規入居者の対応方法
  • 業務の流れや役割分担
  • 施設としてのルール作り

こうした内容をゼロから考え、作っていくのもお仕事です。

大変な苦労もありますが、人間関係もゼロからなので働きやすくも有りますね。

介護イメージ01

こうしたワクワク感、馴染みやすさがオープニングの魅力。

人気求人なので、転職サイトでも条件検索や特集が組まれてます。

オープニング介護求人は、転職サイトの「オープニング特集」で探すのが便利。

オープニング介護スタッフのメリット

介護施設のオープニングスタッフは、なぜ人気求人なのか。
その理由は、人間関係や仕事内容等にあります。

そのメリットをまとめると、こんな感じです。

オープニングスタッフのメリット

  • 人間関係が出来上がっておらず、入り込みやすい
  • 仕事や職場作りに深く関われる
  • 役職に就くチャンスが多い
  • オープニング当初は仕事が少なく、未経験者が覚えやすい

分かりやすく言うと、「職場へのとけ込みやすさ」や「仕事の面白さ」などですね。

新人職員が働きやすい環境

オープニングスタッフのメリットは、人間関係での馴染みやすさです。

通常新しい職場では、新人が入るのは勇気が要ります。人間関係も出来上がってるし、自分だけが業務が分からない為、ちょっと気後れしてしまいますよね。

その為、転職時には職場に慣れるまでが特に辛い期間です。

介護士のプライベートイメージ

オープニング介護施設であれば、皆対等なスタートなので安心感があります。

人間関係も仕事も分からないのは皆一緒ですから、緊張も緩和されますね。新人特有のやりにくさを回避できるので、働きやすいと感じる方が多いのです。

オープニングスタッフ同士は仲間意識も芽生えやすい傾向にあります。

職場づくりや役職に関われる機会が多い

オープニングスタッフのメリットは、役職に就くチャンスが多い事も挙げられます。

特にフロアやユニットのリーダー職は、その機会も多いです。

他の介護スタッフも、業務や職場づくりに貢献できる機会が多め。
仕事や職場の形が出来るまで苦労も多いですが、やりがいや評価を得る機会も多いと言えます。

カンファレンスイメージ

オープン前の施設準備やオリエンテーション、オープニングセレモニーなど、この時にしか経験できない仕事も沢山あります。

仕事での主体性が育ち、スキルアップにも繋がります。

未経験者に働きやすい面もある

オープン後は、利用者が徐々に増えていく施設がほとんどかと思います。

その為、オープン直後は仕事に余裕があります。

介護派遣の人間関係

そのため未経験者もゆとりを持ち、仕事を覚えられる時期があります。
時間も限られており、その後忙しくなるものの、こうした時期があるのはメリットの1つ。

募集も余裕を持って行われるので、採用を得やすい面もあります

事前の介護研修を受けられる

またオープニングスタッフは、事前準備として研修参加の機会が多いのも特徴。

現状の介護業界では、未経験者でも入職後に研修を受けられる機会が少なく、現場で働きながら覚える事もよくあります。施設研修も、業務の関係で全員参加が難しくなってます。

介助イメージ

私の経験では、オープニング準備中に事前研修を受けられる事が多かったですね。

移乗やオムツ交換などの確認も出来たので、未経験者には嬉しい内容だと思います。

オープニング介護スタッフのデメリット

魅力が多いオープニングスタッフですが、デメリットもあります。

職場ルールや業務など、施設としての形が整うまでは苦労や混乱が多くなります。

オープニングスタッフのデメリット

  • 職場ルールが出来上がるまで混乱がある
  • 教育環境が整っておらず、経験者の負担が多い
  • 人手不足に悩むことも

仕事の苦労や混乱が多い

オープニング施設は、基本的にトライ&エラーの繰り返しです。

仕事や職場ルール、人材など、施設が落ち着くまで時間がかかります

それがオープニングの醍醐味でもあるのですが、職場に不安を感じたり、「方向性が定まってない」と感じる事もあるでしょう。

怒る女性職員

時には、意見の衝突もありますし、途中で挫折してしまう職員がいるのも事実です。
職員が定着し、人員が落ち着くまで時間を要する事もあります。

「何とかなる」ぐらいに気楽に構え、気負いすぎない事も大切ですね。

経験者の負担が大きい

どこの介護施設でも、新しい入居者様が入ったら、まずはその理解から始まります。

観察を重ねて、適切な介助やケア方法を作っていくのです。

新規施設でも、利用者様1人1人にその作業を行います。
その為に経験者の判断を必要とする場面が多く、負担が偏りがちです。

その環境故、リーダー職の負担は特に大きいかと。
介護リーダーはなぜ辛い?

オープニング施設は忙しい

加え、定員が埋まるまで定期的に新しい方が入ってこられます。

1人のケア方法が確立しないなか、次々と入居があるので対応力も必要です。

職場ルールやその他業務についても、同様に確立を進めていきます。事前にゆっくりとした時間があるだけに、そのギャップが辛い時期があります。

経験者を中心としつつも、全てワンマンで決めていかず、
上手く皆で物事を考え、チームワークを作っていきましょう。

「人事評価」や「雇用改善」に時間がかかる

介護職員の仕事だけでなく、施設運営もゼロからのスタート。

その為、雇用改善への取り組みが形を成したり、効果を上げるまで時間を要する事もあります。
職員の評価基準や待遇なども同様です。

部屋が埋まるまで赤字な事も多く、初年はボーナスが出ない事も…

主任イメージ

もちろんそれらが形になった時、オープニングスタッフはその恩恵も大きいです。

勤続年数やそれまでの仕事評価など、活躍し評価を得るチャンスも多いですよ。

オープニング施設では、最初から完璧を求めずじっくりと働く事も大切です。

オープニング施設への具体的な転職方法

ここからは、オープニング施設への転職方法を解説します。

求人探しから応募資格、採用など、具体的な内容をお伝えします。

オープニング求人の応募資格

介護施設の求人は、基本的に「資格・経験不問」です。

オープニングスタッフでもそれは変わらず、未経験者でも応募可能
介護職員としてならば、誰でも応募する事ができ、採用も得られます。

マネジメントイメージ

経験者の方が優遇されますが、その点も含め、通常の介護施設と採用基準は変わりません

介護施設なので、無資格でも働く事ができます。
実際には、未経験の方も多くいるのでご安心下さい。

「初任者研修」があると採用に有利

未経験者の場合、初任者研修があると採用に有利になります。

初心者介護士

資格保有での待遇アップもありますし、仕事の面でも実用的です。
応募条件がある場合、「要初任者研修」となってる事が多いですね。

介護職員初任者研修とは?

特にオープニング施設は、徐々に忙しくなります。
就業後は無資格者も取得を求められるので、余裕のあるうちに取っておいた方が楽。

オープニング求人の見つけ方

介護職員としてオープニング施設で働く場合、採用より求人探しに苦労します。

…というのも、オープニング求人は通常より求人数が少ないです。
加え、自分の転職時期と募集がマッチする必要もあり、制約も多め。

パソコンで仕事をするスーツ女性

なので理想の求人を見つけるには、日頃からこまめな情報チェックが大切です。

新規オープンの介護求人を探す際は、下記の様な方法が有効です。

オープニングの介護求人を探す方法

  • 転職サイト
  • 求人チラシ
  • 同僚や知人の紹介

通常より求人数は少なくなるので、これらを上手く併用しましょう。

転職サイトの「特集」「エージェント」を活用

介護職向けの転職サイトでは、「オープニング求人特集」がよく組まれてます。

また求人検索の際、オープニングで絞り込めるサイトもあります。
エージェントによるの職場紹介も受けられるので、その旨を伝え紹介に期待するのも有効です。

非公開求人もあるので、まずは希望を伝え相談してみましょう。

下記の「スマイルSUPPORT介護」で対応してるので、お試しください。

スマイルSUPPORT介護

おすすめ介護士向け転職サイト4選!使い方と非公開求人を解説

「求人チラシ」や「紹介」で情報を得る

オープニングの介護施設は、求人チラシでの募集にも積極的です。

ただタイミング次第では、求人を見逃してしまう事もあります。
求人情報が来るのを待つ時間も必要で、確実性にも欠けます。

チェックしつつも、他の手段も併用し、積極的に情報収集することをオススメします。

仲の良い介護士

加えて現場の介護士も、多くの情報を持ってます。
もし現職の方であれば、同僚からの紹介など、思わぬところから新規オープンの情報が聞ける可能性も。

知人の紹介で転職失敗しない為の注意点

私も介護現場にいますが、新規施設の情報は、たいてい同僚から聞かされてます。

オープニングスタッフで採用を得る志望動機は?

貴重な新規オープンの求人を発見したら、ぜひ採用を得たいもの。

その為には、志望動機はどう伝えるべきでしょうか?

結論から言いますと、変に取り繕った回答はしなくて良いです。
無理せず自分の言葉で、失礼のないようにすれば良いです。

オープニングの志望動機

現実には、まだ施設としての実態がない状態です。

「オープニングスタッフ」や「施設形態」に注目した内容が自然でしょう。

オープニング求人での志望動機例

  • 貴重な機会に関わり、スキルアップしたい
  • 心機一転し、ゼロから介護を学び直したい
  • この種類の施設に興味があるので、話を伺いたい

個人的には、無理して背伸びした事を話すぐらいなら、「興味があるのでお話しを伺いたい」と伝えるのも良いと思ってます。

早期離職も多いので、長く定着する人材である事をアピールできると理想ですね。

志望動機も大事ですが、服装や言動などのマナーも大切です。
細かな気遣いや挨拶にも注意し、信頼を得るようにしましょう。

「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー

まとめ

今回は、介護施設のオープニングスタッフについてお話ししました。

魅力ややりがいが多く、皆で一緒にスタートを切れるのが魅力ですね。
苦労も多いですが、自分の成長も確実に実感できるはずです。

未経験者も活躍できますので、皆さんの手でぜひ良い施設を作っていって下さいね。

すぐに理想の求人を見つける事は難しいので、焦らず時間をかけて見つけましょう。
オープニングだけに注目せず、施設形態でも求人を選ぶと、ミスマッチを防げますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました