介護士に仕事が楽な職場はある?施設規模で傾向を解説

転職活動

忙しいイメージの強い介護士ですが、実際には職場により大変さの違いも大きく違います。
現役の介護士達も「介護は楽」「仕事がしんどい」と、様々な意見が挙がってます。

転職を考える身としては、少しでも仕事が楽な職場を選びたいもの。
そんなワケで、今回は「仕事が楽な介護士の職場」というテーマでお話しします。

始めに言ってしまうと、誰しもにとってが楽な職場は少ないです。
個人の感性や適性も異なるし、より良い仕事を目指せば途端に難しい物になるでしょう。

今回の話は、それを踏まえたうえでお聞き下さい。

スポンサーリンク

介護士で仕事が楽な職場はあるの?

仕事が楽といっても、何を以って楽とするかは人それぞれです。
当記事では、まずは「仕事量が少ない」という内容から話を進めます。

介護士が楽に働ける職場とは?

介護現場の大変さはそれぞれですが、施設や職場による仕事量の違いは確実にあります。

介護士にとって、それを決めるのは下記の様な要素です。

介護士の大変さを決める要素

  • 利用者の質や人数、職員配置
  • 他職種によるサポート
  • 職場の「介護への考え方」や「業務の組み立て方」

基本的には、利用者の人数が少なければ仕事量も少ないです。

レクリエーション

ただ介護度はその限りではなく、「元気な人が多いから楽」という話でもありません。
その人により必要なサービスやケアは異なります。

介護の大変さは身体介助だけではありません。
分かりやすいのが、デイサービスのレクリエーションでしょうか。

動けるからこその危険、性格による対応の難しさもありますね。

総合的には小規模施設

総合的に言うと、「利用者数の少ない小規模施設」は仕事量が少ない傾向にあります。

例えば、グループホームや小規模多機能といった施設ですね。
何だかんだ「利用者の数」による違いは大きいです。

ポイントを説明する看護師

ただ小規模施設にもデメリットはあります。

小規模施設で働くデメリット

  • 夜勤は1人体制
  • 他職種のサポートを受けにくい

特に分かりやすいのが、小規模施設ではほぼ1人夜勤だという事。
一応ユニット型特養などの1人夜勤と比べ、利用者数は少ないです。

夜勤の有無や内容も働きやすさを決める大事な要素です。

介護夜勤の8時間と16時間の違いは?知っておきたい夜勤の注意点
介護夜勤の8時間と16時間の違いは勤務時間だけだはありません。シフトの組まれ方や公休の扱いも違います。始める前に知りたい夜勤の事をまとめました。

介護施設も一長一短で、完璧な職場はなかなかありません。
他にも大変さに関わる要素は沢山あるので、順にみていきましょう。

利用者対応に集中できる職場

色々な施設を経験して思ったのが、また他職種のサポートを受けられる職場の方が楽という事。

介護現場での仕事は、利用者様の介助だけではありません。
不調があれば病院受診もするし、その判断や介護方法の改善策も考える必要があります。

これを全て介護士だけで行うのは荷が重く、多職職も協力・連携が不可欠です。

先輩からの指導

人員が少ない職場では、受診対応や細かな雑務も発生します。
相談員やケアマネ、看護師などと日頃から協力体制がある職場が働きやすいです。

他職種がいる事で「業務量の分散」ができ、「仕事での安心」も手に入ります。

この点で言えば、「大規模施設」の方が施設内の介護に集中しやすいです。
小規模施設は職員数も少なめなので、特に意識して職場を選びましょう。

職場やリーダーの考え方でも仕事内容は変わる

また同じ種類の施設でも、職場により「介護や仕事に対する考え方」は異なります。

介護リーダーと会議

夜勤のオムツ交換を例に出すと、「安眠重視で極力回数を少なく」とする所もあれば、「細かく排泄介助を行う」という施設もあります。

これらの良し悪しは別として、職場の業務の組み立て方で仕事量も変わってきます。

介護や仕事に関する考えが自分に近い施設を選ぶと、不満も少なくなります。

施設規模による傾向と特徴

施設種類ごとの傾向を簡単にまとめると、こんな感じ。

細かく見ると分かりにくいので、施設規模毎で説明します。

施設の種類 メリット デメリット
小規模施設
(グループホームなど)
利用者数が少ない
介護度が比較的低い
1人夜勤が多い
他職種のサポートが少ない
大規模施設
(特養や有料、サ高住)
複数人で夜勤ができる
他職種のサポートが充実
利用者数が多い
1人1人の介護量が多くなりがち

チェック

どこも一長一短ですし、傾向なのでこの限りでもありません。
自分が望む仕事内容や働き方も考慮しつつ、職場を選んで下さい。

ちなみに、大規模施設でもユニット型では1人夜勤になるので注意。

ユニット型とは、利用者と職員を固定した小規模グループの介護をする施設。
ユニット型介護施設とは?

「楽な介護施設」は鵜呑みにしてはダメ

介護業界で、よく仕事が楽と言われるのが下記の様な施設。

楽という評判のある施設

  • グループホーム
  • 小規模多機能
  • 有料老人ホーム
  • サ高住

確かに、この中にも仕事が楽な施設はあります。
しかし鵜呑みにしてはいけません。

NGサイン

私の話をすると、「グループホーム ⇒ サ高住 ⇒ 有料 ⇒ 特養」と経験しました。

正直な話、全部同じと言われても納得します。利用者が少ない施設は受診対応等で残業も多かったし、利用者数が多ければ、それはそれで忙しい。

利用者が元気な施設でも、対応の難しさには苦労しました。

利用者の状態や職場環境も変化するので、ずっと楽な職場もありません。

施設種類だけで断言する事は出来ない

施設による傾向はあるものの、個人の感性や利用者の違い等もあり、これだけで大変さを断言する事は難しいです。ネットや周囲の評判を鵜呑みにしてはいけません。

「楽そう」という理由だけで、転職をするのは危険です。

転職の面談

気になる施設があっても、もうちょっと詳しく情報収集してみて下さい。

給料や人間関係など、仕事内容以外も色々な躓きポイントがあります。
特に、内部に問題を抱えたブラック施設には要注意です。

求人や面接でのブラック介護施設の見分け方とは?
働き始める前に注意したい、求人広告や面接でのブラック介護施設の見分け方をお話しします。良すぎる条件や態度の悪い面接官など、「ちょっと危ないかも?」という施設の特徴をお伝えします。介護職での転職活動にお役立て下さい。

見学や面談、転職サイトでの詳しいアドバイスなどを活用し、「大丈夫だ」と確信を持てた施設で働きましょう。

仕事が少ないから楽とは限らない

介護の仕事の大変さは理解してますし、楽な職場で働きたいのもよく分かります。

ただ本当に楽して働きたいなら、もうちょっと具体的な考えを持った方が良いでしょう。

楽な職場にも不満は出てくる

人間贅沢なモノで、仕事が楽でも結局不満は出てきます。

結局は不満が出てくる

  • 仕事がつまらない
  • 時間が長くて辛い
  • 無駄なおしゃべりによるトラブル

こういう感情が出てくると、楽な仕事が苦痛になります。

整容する高齢者と見守る介護士

こんな時の為にも、働くモチベを支える理由が欲しいですね。

例えば…

  • やりたい仕事である
  • 給料が良い
  • 利用者とコミュニケーションが楽しい

何でも良いので、楽以外の魅力を感じられる仕事をしましょう。
やりたくない事を避けるのも大事ですが、それ以外に仕事に求めるモノも考えてみて下さい。

「避けたい事」と「やりたい仕事」を考えよう

自分にとって楽な職場を探すには、どう楽したいかまで明確にする必要があります。
働くうえで避けたい事と、やっても良い事を考えてみましょう。

レクリエーション

介護士の仕事内容や働き方は、職場によって違います。「レクは苦手」「夜勤は嫌だ」など、自分がどんな介護士タイプか考えると、理想に近い職場選びが出来ます。

介護士が自分の適性に合った職場で働くには?

現在の仕事内容に苦手意識があるなら、違う種類の施設に挑戦するのもアリです。

職場見学や転職相談で情報を集めよう

ただ前述の通り、事前に具体的な事を内容を知るのは難しいです。
職場見学転職サービスでの相談アドバイスも、活用しましょう。

介護施設の職場見学方法とは?申し込みから聞くべき質問まで解説
介護施設の職場見学をするにはどうすれば良いのか。申し込み方法から見ておくべきポイントまで詳しく解説します。服装や態度などのマナー、聞いておきたい質問内容も説明。転職を成功させる為の職場見学方法をお話しします。

介護系の転職サービスを利用すれば、職場見学の調整やマッチングも行ってくれます。
オススメを挙げるなら、「きらケア」が良いと思います。

ネガティブな情報も提供してくれるので、マッチング重視の方におすすめ。
派遣事業を行ってるので、内部情報にも強いです。

他にも「派遣」や「パート」で働き、自ら楽な条件を作り働く方法もあります。
介護派遣で働くメリットとデメリット

コメント

タイトルとURLをコピーしました