【介護施設と訪問介護】介護士で働くならどっち?メリットと適性解説

介護施設と訪問介護働くならどっち転職活動

介護の仕事には、様々な職場があります。
多くの介護士にとっては、「介護施設」か「訪問介護」かがポイントになると思います。

今回は、「介護施設と訪問介護のどっちで働くべき?」というテーマでお話しします。

働き方や給料、特徴などの違い、これらを私の介護士経験を交えお伝えします。
迷ってる方向けのチェックポイントも用意したので、参考にどうぞ。

どちらを選んでもメリットがあるので、経験や好みで選んでもOKです
スポンサーリンク

「介護施設と訪問介護」どっちが良いの?

「介護施設」と「訪問介護」。
まずはこれらについて、介護士として働く場合の違いを解説します。

2つの特徴を比べ、「どんな働き方が可能か」「どんな人にオススメか」をお伝えします。

介護施設のメリットと特徴

施設介護士のメリットは、無資格者でも働けること。

他職員と一緒に働く機会も多いので、未経験者も安心です。

介護派遣の人間関係

介護施設で働くメリット

  • 未経験者が働きやすい
  • 施設種類により、多少は利用者や仕事が選べる
  • ボーナス支給に期待できる

介護施設でも、種類が違えば仕事や利用者も違います。
特徴を理解すれば、ざっくりとですが自分のしたい仕事を選ぶ事が可能です。

身体介助が中心の特養、レクに重点を置いたデイサービス。
少人数制のグループホーム等が特徴的ですね。

仕事内容は、下記記事が参考になるかもです。
 ⇒特養介護士の仕事内容

ボーナス支給率が高い【正社員向け】

お給料で見た場合、介護施設はボーナスに期待が出来ます。

正社員の月給は訪問とほぼ同じですが、ボーナスの支給率に大きな違いがあります。

給料明細

特に優れているのが、特養などの入居施設

令和元年度の調査では、正社員の約90%が賞与の支給があると答えてます。
非常勤でも約50%でした。

ボーナス額にも期待できる「正社員向け」、という見方も出来ますね。

訪問介護員のメリットと特徴

訪問介護員は、介護施設と違いマンツーマンでサービス提供を行います。

初任者研修以上の資格を要する事もあり、どちらかというと経験者向けですね。

訪問介護員で働くメリット

  • 介護施設より、勤務時間や出勤日の融通が利きやすい
  • 決まった時間・内容で、マンツーマンの仕事ができる
  • 非常勤(パートや派遣)の時給相場が高い

訪問介護も、施設と同様にサービス種類で働き方を選べます。

例えば入浴専門の「訪問入浴」、「夜間対応」の訪問介護などですね。
一部のサービス付き高齢者向け住宅など、施設内で訪問サービスを行う事業所もあります。

誤薬の確認

また時間や介助内容、対象利用者など、仕事のスケジュールがはっきりしてるのも特徴。
やる事やらない事がはっきりしてるので、この働き方が好みの方にもお勧めですね。

訪問介護の仕事内容は下記をどうぞ。
 ⇒訪問介護員の仕事内容とは

非常勤の時給は高め

収入に注目すると、訪問介護員は非常勤の時給が高め。

令和元年の調査では、平均時給が1,281円でした。
施設職員が1,001円だったので、300円近く違いますね。

訪問介護

また「サービス提供責任者」など、役職者としての求人を見つけやすいのもポイント。
一般介護士より収入も高くなりますし、自発的なステップアップも狙えます。

希望時間に仕事紹介を受ける「登録ヘルパー」の働き方も可能です。
総合すると、「パートや派遣で稼ぎたい方向け」の側面もありますね。

施設か訪問かを決めるチェックポイント

介護施設と訪問介護、自分はどちらに向いてるか分からない。

そんな方の為に、簡単なチェックポイントを用意しました。
個人的主観も含めた補足情報としてご参考下さい。

こんな人は「施設介護士向き」

総合すると、下記の人が「施設介護士向け」だと思います。

こんな人は施設介護士向き

  • 初めて介護の仕事をする
  • 安心感をもって働きたい
  • 地方住まいで、あまり車を運転しない
  • 正社員やボーナスに関心がある

資格やボーナスについては、既述の通り。

介護士以外の職種とも働けるので、知識の積み重ねやスキルアップも早いですね。

仲の良い介護士

他介護士や看護師等のサポートがあるので、困った時も安心です。
その場で相談もできますし、体調不良や事故時も頼りにできます。

安心チームワークにピンときたら、介護施設です。

また車をあまり運転しない方は、入居施設がオススメ。
通所施設(デイ)だと送迎がありますし、訪問だと移動で車を使いがちです。

こんな人は「訪問介護士向き」

一方で、下記の人は「訪問介護向き」ですね。

こんな人は訪問介護員向き

  • 介護経験者
  • 一人ひとりにあった個別ケアを実践したい
  • 業務内容、スケジュールは明確な方が良い
  • 非常勤で収入アップを狙いたい

仕事内容を補足すると、訪問介護は仕事の時間と内容が決まってます。
例えば「〇時にAさんに15分で排泄介助」などという形ですね。

女性訪問介護員の食事介助

また訪問介護では、個人に合わせた介護を考え、提供します。
利用者宅で1対1という環境ですが、意外とそれが良いという声もありました。

一部施設でも個別ケアを実施してますが、介護方法にピンときたら訪問がオススメ。

1人の仕事が不安なら、「訪問入浴」や「施設内の訪問事業所」という手もあります。

求人を探しやすいのはどっち?

介護求人の総数で見ると、介護施設の方が多いです。
転職活動をしやすいのはこっちですね。

ただ施設種類を指定すると、結構ばらけます。
それでも数自体は介護施設の方が多く、探しやすいのが現状。

事務仕事

また「転職サイト」を利用する場合、施設と訪問では使うべきサービスが異なります。

求人数と使い勝手を調べ、それぞれで強いサービスを紹介します。

利用の際は、「事前にエリアや掲載求人をチェック」する事をお勧めします。

介護施設向けの転職サイト

介護施設を探すなら、多くの介護転職サービスが選択肢に入ります。
対応エリアさえ間違えなければ、好みで選んでOK。

個人的には、下記の2サイトがオススメ。

介護施設求人に強いサービス

  • マイナビ介護職
  • きらケア介護求人

マイナビ介護職は、求人の質が高くサポート力に優れた定番サイト
実績や知名度にたがわず、安定したサービスを受けられます。

 ⇒マイナビ介護職の口コミ評判と特徴

きらケアの方は、マッチング重視のサイトですね。
具体的な希望が出せる経験者向き、というのが個人的評価。

派遣を視野に入れたい場合もこちら。

 ⇒きらケア介護求人の口コミ評判と特徴

訪問介護向けの転職サイト

訪問介護の場合、転職サービスは良く選ぶ必要があるので注意。
介護施設メインのサービスもあるので、登録前には求人チェック推奨です。

疑問

調べた感じですと、「ミラクス介護」が良さげですね。
※旧スマイルSUPPORT介護

全体の求人数が多く、訪問求人もそこそこ掲載量があります。
訪問介護、訪問入浴など、細かく検索も可能です。

 ⇒ミラクス介護の口コミと特徴

対応エリアの問題もありますので、色々と比較検討する事をお勧めします。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。正社員やパート、派遣、資格したい未経験者など、ケース毎に適した転職サービスを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました