介護施設はどんな行事イベントがある?季節毎の内容や疑問点を解説

介護施設のイベント行事 介護施設の利用

老人ホームなどの介護施設では、1年を通し色々なイベント行事があります。

お花見や敬老の日など、季節感や特別な雰囲気を楽しめる内容になっています。

今回は、介護施設のイベント行事を季節ごとにまとめて紹介。
その他のイベントや細かな疑問点も解説していきます。

ご家族様も一緒に参加してOKなので、当日は一緒になって楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

介護施設の年間イベント行事

介護施設での生活は、外出や娯楽が少なくなりがちです。
その為、利用者様に季節や楽しみを感じていただくべく、様々なイベント行事が企画されます。

職員総出で外出レクをしたり、施設でお祭りを企画したり。
プレゼントや特別な食事など、1年を通し色々なイベントがありますよ。

まずは、介護施設でよく行われるイベント行事を季節ごとに紹介。

春のイベント行事

は暖かくなり、外出もしやすい季節です。
定番なのは、桜のお花見ですね。

桜のお花見

外出やお散歩など、施設外イベントが企画しやすい時期です。

春のイベント行事

  • お花見
  • 母の日
  • ひな祭り

の季節には、車でお花見に行くという施設も多いと思います。

公園で軽食を摂ってみたり、ドライブがてら桜を眺めたり…。
利用者様の状態や天気等に合わせ、お花見を楽しんで頂きます。

ただ桜の時期は、外出にはちょっと肌寒い事も。
桜に絞らず、アヤメなどのお花見が企画される事もありますよ。

他には、ひな祭りや母の日、端午の節句などがあります。
当日は特別なイベント食を提供したり、施設内でカフェなど、施設により個性が出るところです。

夏のイベント行事

のイベントには、夏祭り七夕に関する企画をする施設が多いですね。

七夕

ただどうしても日中は暑く、熱中症等の健康上のリスクも出てきます。
もう少し過ごしやすくなってから、秋祭りとして実施される事が多いですね。

夏のイベント行事

  • 夏祭り
  • 流しそうめん
  • 花火
  • 七夕

流しそうめんは施設内で行えますし、夕方以降の涼しい時間に花火等も企画されます。
七夕には皆で短冊を作ったり、イベント食を楽しんだりして頂きます。

特に花火は、身体の自由や嚥下状態に関係なく、見て楽しむ事が出来るイベント。
施設内の敷地を利用し、行われる事が多いですね。

秋のイベント行事

暑さ和らぐの季節には、紅葉や秋祭りなど、施設外に出てのイベントも企画されます。
定番である「敬老の日」のお祝いもこの季節です。

季節柄、色々なイベントが企画しやすい時期ですね。

秋のイベント行事

  • 秋祭り
  • 紅葉
  • 敬老の日

秋祭りは、施設全体を会場としたお祭りです。

ゲームや食事などの出店、ボランティアさんによる演奏会、職員による出し物等を企画。
ご家族様も招待し、一緒に楽しんで頂きます。

また介護施設では、敬老の日も大切な記念日です。
喜寿や米寿など、ご長寿のお祝いや表彰、プレゼントなどが企画されます。

ご家族様のお祝いももちろんOK、ご家族そろって楽しめるイベントも沢山ありますよ。
面会時の注意点は、下記記事内で紹介してますので参考下さい。
老人ホームへの面会時間と頻度はどれぐらいが良い?マナーと注意点

冬の行事

のイベントと言えば、クリスマス餅つき、初詣など。
年越しや正月など、季節感や風情溢れる行事が多い時期ですね。

お正月

外に出るのは寒いですので、施設内で快適に楽しめるイベントが中心になります。

冬のイベント行事

  • クリスマス会
  • 初詣
  • 餅つき
  • 節分

クリスマスにはケーキやプレゼントを楽しんで頂き、年越しにはお蕎麦を食べます。
新年には、初詣や餅つき、そして2月には節分の豆まきですね。

蕎麦やお餅などは食べられない高齢者も多いので、刻んだり代替食などで楽しんで頂きます。
また寒い時期ですので、考慮して初詣には行かない施設も多いと思います。

インフルエンザなど、感染症にも注意すべき時期でもあります。

介護施設の通年イベント

介護施設では、季節行事の他にも色々なイベントが企画されます。
外食やお買い物など、個別に楽しみを提供する事もあります。

日常生活にも娯楽

またイベントというよりは、レクリエーションと言える内容も多いですね。

他にはこんなイベント行事も

  • カラオケ大会
  • 演奏会
  • 誕生日会

定番の季節イベントだけでなく、オリジナルイベントを企画する介護施設もあります。
施設によっては、個性溢れるユニークなイベントも。

またイベントと構えず、職員とお散歩したり、ゲームやレクを楽しんだり。
日常生活の中にも、色々な娯楽が取り入れられています。

誕生日会

通年イベントの1つに、一人ひとりに合わせた誕生日のお祝いがあります。

誕生日会を行う事もありますが…
何もせず、ご家族とゆっくり団欒して頂く時間とする事も多いですね。

誕生日プレゼント イメージ

施設としては、月ごとにお祝いし、皆でケーキを食べるという所が多いと思います。
職員からは、色紙メッセージでのお祝いも定番です。
【認知症でもOK】ポップアップ型バースデーカード特集

お誕生日は、ご家族様の面会も多くなります。
やっぱりご家族との時間が何よりのプレゼントになりますので、ぜひ顔を見せてあげて下さい。

お誕生日プレゼントも用意されると、喜ばれますよ。
老人ホームの家族に贈るオススメ誕生日プレゼント

介護施設でのお買い物

店舗の協力により、施設のスペースを利用しお店が開かれる事もあります。
また元気な方の多い施設では、職員付き添いで外出し、お買い物ができる機会も。

こんなお店が来る事も

  • 洋服店(シャツやズボン等)
  • コンビニ

施設個々の取り組みになるので、必ずあるとは言えませんが…
外出機会の少ない施設生活では、自分で選び買う楽しみがある貴重な機会です。

私も何度か立ち会ってますが、利用者様も良い表情が沢山ありました。
セブンイレブン等のコンビニにご協力頂いた事もあり、デザートや肉まんなど特に好評でしたよ。

疑問

また施設での生活では、どうしても衣類が不足します。
数をご用意頂いても、繰り返し利用しているとすぐよれてしまうのです。

洋服店では、高齢者向けの洋服をご自身で選べます。
何を購入すべきか分からない方もご家族も多いですし、家族様にとっても良い話かと思います。

外出時も含め、お買い物の予算については、事前にご家族へ説明がされます。
入所時に同意書等以って、お話しがある施設もあるでしょう。

施設での旅行はある?

1泊2日の旅行企画を実施した経験がありますが、実現は難しいのが現状です。

高齢者にとって健康上のリスクもあり、職員のマンパワーも必要とします。
特に大規模施設や介護度の高い施設では、現実的ではありません。

逆に自立度の高い方の施設や、小回りの利く小規模施設の方が可能性はありそうです。
私も職員として旅行に同行した事がありますが、その際はグループホームでした。

介護施設の旅行

行くからには、職員の自己満足でなく、多くの利用者様が楽しめる必要があります。

利用者様の身体負担や健康リスク、その為の職員体制。
旅行を楽しめる心身状況も必要ですし、実現の為のハードルは高いですね。

外泊という事であれば、ご家族様のお宅へ戻り、宿泊するという事も可能です。
もし「外の空気を」とお考えであれば検討してみて下さいね。

イベント行事が多い方が良い介護施設?

イベントが多い方が良い介護施設かというと、どちらとも言えません
「日常ケアの質」や「利用者様がどう感じてるか」など、良し悪しを語る要素は多々あります。

ただ職員数が多い可能性も高そうですので、そこに注目すると良い介護施設とも考えられます。

介護業界の現状としては、何より職員の数が足りません。
職員数が足りないと、どうしてもサービスの質を落とし対応しなくてはならない状況も出てきます。

イベント行事が多いと良い施設?

そしてイベント行事は、多くの人手を必要とします。

休日出勤や残業など、健全な勤務体制でイベントを多く実施出来てるのなら、職員数が多い(定着率の良い)施設とも判断できますね。

サービスの質を高めたり、余暇活動を提供する余裕も出てくるかと思います。
特に個別の外出希望に、無理なく速やかに対応できる所は、良い介護施設だと思いますよ。

下記の書籍でも、色々な特集や施設探しのコツが書かれてます。
高齢者ホーム 2020 週刊朝日ムック

介護施設イベントのQ&A

ここからは、施設イベントの細かな疑問に対する情報をご紹介します。

Q&A方式で色々とまとめてみたので、ご参考下さい。

イベントに出なくても良い?

イベントはあくまで娯楽ですので、嫌な人に強制はしません

「多勢や賑やかな場が苦手」という方もいらっしゃいます。
せっかくのイベントなのでお誘いはしますが、「嫌だ」という時は無理強いはしないので、ご安心ください。

体調不良の時も、身体の方を優先します。

当日は、普段の様に居室で過ごされる方もいらっしゃいます。
フロアを見守る職員も配置されますので、大丈夫です。

また健康や体力的な問題などで、参加が難しい方もいらっしゃいます。
そうした方々は参加時間を短くする等して、無理なく楽しめるよう配慮されます。

お祭りなど1日を通してのイベント時は、午前のみ参加といった方も多いですよ。

行事イベントの企画は誰がする?

介護施設でのイベント企画は、主に介護職員が中心になり行う事が多いですね。

施設により詳細は異なりますが、行事委員会を設置し、企画や話し合いをする施設もあります。

また予算やスケジュール等を記載した、行事計画書を作成する事もあります。
施設全体でのイベントでは、これらを使って職員全体に内容を周知します。

施設イベントの企画

イベント後は写真をまとめて掲載し、面会時にご家族へ様子をご紹介したりもします。
写真はご家族様へ配られる事もあります。

もしフロアの掲載写真で欲しいものがあれば、職員に相談してみて下さいね。

車イスの人は車での外出も可能?

車イスの方も、車での外出は可能です。
施設には福祉車両があるので、車イスに乗車したまま乗り込めます。

車のトランクにあたる部分が、車イスの乗降スペースになってます。

少人数であれば、軽自動車やコンパクトカー。
多人数だとワゴン車を使用、軽とワゴンを保有している施設が多いかと。

ただどうしても、一度に乗れる人数が限られてしまいます。

お花見などのイベント時には、歩ける方や座位を保てる方など、他利用者様との兼ね合いを見て、複数回に分け実施されます。

寝たきりや普通食が摂れなくても楽しめる?

介護施設を利用中の方には、所謂「寝たきり」状態にある方もいます。

そうした方は、通常の車イスでは上手く座位が取れない為、リクライニング型の車イスを使用します。

職員やご家族付き添いのもと、無理のない範囲で参加が可能です。
福祉車両も大型車であれば、リクライニング型車イスの乗車に対応してます。

イベント食は食事形態も考慮

また施設イベントは、食べる楽しみを提供するものも多いです。
特別食の時も、刻みペースト等にも対応し、なるべく同じ食事が摂れるよう配慮されます。

施設内に厨房がある時は厨房で、グループホーム等においては、介護職員が調理を担当します。
外食の時も、お店によっては「刻み」ぐらいであれば対応してくれる所もある様です。

施設イベントにボランティアで参加したい

介護施設では、よくボランティアの募集もしています。
参加するには、直接問い合わせたり、施設ホームページを確認する等してみると良いでしょう。

ボランティアさんによるイベント行事の定番は、音楽の演奏会です。
懐かしの歌を一緒に歌ったり、琴の演奏会などが多いですね。

自分の趣味娯楽を通じ、活動に来てくれる方が多いみたいですね。
何か関心がある物があれば、そうした地域団体に所属してみてはいかがでしょう?

イベントだけでなく、傾聴ボランティアという方法もあります。
高齢者傾聴スペシャリストの取得方法と通信講座

新型コロナの影響で行事イベントは減った?

現在世間を騒がせている新型コロナウイルス。
介護施設もその影響を受けており、行事イベントの実施が難しくなってます

ご家族の直接面会も難しくなり、電話やビデオ通話が中心となっています。

老人ホームへの面会時間と頻度はどれぐらいが良い?マナーと注意点
老人ホーム等の介護施設の家族面会。その頻度や時間、守りたいマナーなどを解説します。よくある面会の悩みも実際のケースを交え、お話ししていきます。

多くの介護施設では、大規模なイベントは中止しているでしょう。
しかしながら、普段の生活に楽しみを増やす取り組みもあります。

例えば私の勤務先では、下記の様に娯楽を増やす活動をしてます。

介護施設における娯楽の提供

  • 普段とは違うジュースやおやつを購入し、楽しんでもらう
  • 音楽CDやDVDなどを購入
  • 本や雑誌を持ち寄り、施設に寄付

介護施設でも、現状は一般家庭と同じくステイホームな感じですね。

音楽やお笑いのCD・DVDは、かなりご好評頂いてます。

介護施設の高齢者にオススメの音楽CD・DVD集【演歌・昭和歌謡】
介護施設の高齢者に評判が良かったオススメの音楽CD・DVDを紹介します。演歌や昭和歌謡など、ヒットソングを集めたCDが長く使えて便利です。他にもお年寄りの意外な音楽好み、関心を持たれる映像など、実際のエピソードと併せお話しします。

この様に、普段の生活の中で楽しみを増やす工夫をしています。

まとめ

今回は、「介護施設のイベント行事」についてお話ししました。
私自身は介護度の高い施設に勤めていたので、少し寄ってしまった所もあると思います。

イベントは、閉鎖的になりがちな施設の生活を活気づける特別な日です。

普段のレクリエーションと違い、当日は特別な雰囲気が感じられる事でしょう。

季節やお祭り感など、難しい事抜きに「生きている喜び」を感じて貰いたいですね。
利用者様に楽しんで頂くには、ご家族や職員も一緒になって楽しむことも大切ですね。

また普段の生活においても、自主的に余暇活動を楽しまれる方もいます。
脳トレや塗り絵など、習慣や趣味にやりがいを見出す方も多いですよ。

ご本人の関心がある様なら、提案してみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました