「介護職の転職」に関する記事一覧

転職活動

【介護職の派遣切り事情】その理由や前兆、切られない為の働き方

人手不足の介護業界でも、派遣切りは行われます。その理由はコストカットの為が主で、前兆も少なく介護派遣が切られてしまう事もあります。ただ同じ介護派遣でも、切られやすい人とそうでない人がいます。記事では、介護派遣が切られない為の働き方、派遣切りされた時の対処方法を解説。介護業界なら派遣切りにあっても仕事は多く問題はありません、そのあたりも解説します。
働き方

介護派遣のメリットとデメリット!正社員とどっちがオススメ?

介護業界では、派遣と正社員どっちで働くのが良いのか。派遣社員と正社員のメリットとデメリットをまとめつつ、どちらがオススメかを比較します。介護派遣は時給相場が良く、柔軟な働き方が出来るのがメリット。ボーナスを得にくい、派遣切りの可能性があるデメリットもありますが、需要の高さからあまり気にならないのも現状です。派遣から正社員になる事も出来るので、派遣やパートで働きつつ、良い職場があれば正社員を目指す動きがオススメです。
転職活動

介護業界への転職時期はいつが良い?求人や賞与で見る転職タイミング

介護業界での転職活動は、採用確率で言えば特に時期を気にせず問題ありません。ただ賞与や処遇改善などの収入面、求人数が多くなる時期などはあります。未経験者であれば、資格の取得タイミングも考えて転職活動をする必要もあります。介護で働く気持ちがあり、良い求人が見つかった時がベストタイミングですが、知っておきたい転職スケジュールの話を説明します。
転職活動

介護職が転職で高収入を得るには?【資格や職場、転職サイト等】

介護職が転職で高収入を実現する方法をお伝えします。介護業界でも施設長等の管理職は高収入ですし、ケアマネや介護士でも高収入の求人はあります。年収400万円以上なら一般的な介護士も現実的ですし、さらに収入を増やす事も可能。その為の資格条件や職場選び、転職サイトなどを説明します。
転職活動

脱ニートに介護職をオススメする理由【面接や資格の就職アドバイス】

脱ニートや無職期間が長く就職に困ってる方にオススメしたいのが、介護のお仕事。資格取得などの就職支援も豊富にあり、未経験者の採用にも積極的です。また収入も悪くなく、経験してしまえば転職に困らない等、メリットも多い職業です。長く介護職として働く私が、介護職として社会復帰する具体的方法・魅力を紹介。ニート脱出に使える介護資格や面接などのアドバイスもお伝えします。
転職活動

介護職の職場の選び方解説!施設種類や法人、働く場所はどこが良い?

「介護職で働くならどの施設種類が良い?」「介護士はどんな場所で働く?」という声にお応えし、介護施設や訪問などの介護事業所の種類、運営法人など、介護職の職場の選び方を解説します。職場種類による仕事や働き方の違いなど、職場の選び方を働く介護士目線で解説します。
転職活動

介護での転職で失敗しない為には?成功のコツを失敗談の理由から解説

介護で転職を考えてるけど、失敗はしたくない。そんな方へ、私の介護業界での転職失敗談とその理由をご紹介します。介護業界での転職を成功させるには、職場を安易に決めず、情報収集と比較が重要です。失敗したと思った時の、転職判断についても解説します。
転職活動

介護職未経験者にオススメな介護施設と資格【具体的な転職ステップ】

介護の未経験者は、初任者研修の資格を取り、介護施設へ転職するのがオススメです。その中でも働きやすい施設種類や職場を具体的に紹介します。転職で失敗を感じやすいのが入職直後。初めての人が介護で働き続けられるよう、働きやすさ重視で「オススメの職場と転職手順」を解説。選ぶべき介護施設から転職サイトまでお伝えします。
転職活動

介護資格は履歴書にどう書く?初任者研修等の正式名称と書ける資格

初任者研修や介護福祉士など、介護資格の履歴書への正しい書き方と記入例をお伝えします。介護資格は呼びやすい通称を用いられる事が多いですが、履歴書では正式名称で記入する必要があります。介護職として面接を受ける際、「資格欄にどんな資格を書くべきか」「履歴書に書ける資格」も解説します。
働き方

介護職が転職でワークライフバランスを実現する方法

介護職がワークライフバランスを実現する為、転職で意識すべき事とその具体例を解説します。介護職は仕事への負担過多になりがちなので、生活を大切にした選択が「仕事と生活の充実」に大切です。介護における「働き方の多様性」を活かし、雇用形態を柔軟に使い分け、その時の生活スタイルにあった働き方を提案します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました