介護職は中卒の採用もある?給料や資格など学歴の疑問を解説

介護士は中卒でも働ける転職活動

転職活動において、自分の学歴が気になる方も多いと思います。
介護士を中心とした介護職の場合はどうでしょうか?

結論から言うと、中卒でも介護士になれます

給料アップや資格など、その後のステップアップにもハンデはほぼ無いです。

記事の内容

  • 中卒でも介護士になれる?
  • 介護士の応募・採用条件
  • 給料や役職など、働くうえで不利はない?
  • 採用率アップの為に出来ること

当記事では、こういった疑問にお答えしていきます。

中卒でも採用はありますし、働くうえでも学歴による問題は少ないです。
順にお話ししていきますね。

スポンサーリンク

中卒でも介護士になれる?

カンファレンスイメージ

いきなり中卒OKと言われても、ちょっと不安ですよね。
…ですが、大丈夫です。

  • 介護求人の応募採用条件に「学歴」はない
  • 介護資格の取得に学歴は必要ない
  • 実際の現場でも、中卒者や未経験者が活躍してる

この様に介護士になるために、学歴を求められる場面は少ないです。

採用・給料面でも、中卒者が不利になる事はありません。
まずは、介護士の応募条件や採用についてご説明します。

中卒でも介護士の採用はある【応募条件は資格・経験】

マネジメントイメージ

先述の様に、介護士の求人は学歴を応募条件とする職場はほぼないです。

「高校卒業」と書かれた求人もありますが、極まれです。
実際に調べて頂くと分かりますが、学歴に触れる求人はほぼ無いです。

介護職は、もちろん中卒の採用もあります。

多くの介護現場で欲してるのは、誠実に働き定着してくれそうな人材です。
学歴や年齢は関係なく働く事が出来るので、安心して下さいね。

介護士の応募採用条件

スマホを持つひよこ

実際の採用面接で見られるのは、「実務経験」と「資格」の有無です。

ただ未経験・無資格でも、介護士として働く事は可能です。
経験や資格を求められるのは、「訪問介護」や「役職者」求人がほとんどです。

訪問介護では、初任者研修以上の介護資格が求められる

入居などの介護施設であれば、無資格でも働く事が可能で採用もあります。
介護資格も、その多くは経験・学歴関係なく取得できます。

介護職の最終学歴

主任イメージ

介護職の最終学歴に関するデータも、紹介します。

介護職の最終学歴
※福祉学校など、一部データは割愛

  • 中卒(3.5%)
  • 高卒(48%)
  • 大卒(9.3%)

※介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果)より

社会全体での平均学歴も考えると、どの学歴で見ても満遍なく人はいます。
調査データからも、中卒者も採用がある事が分かりますね。

「初任者研修」は中卒でも取れる

初心者介護士

介護資格も、学歴に関係なく取得することが出来ます。

下記は、介護士の実務評価に関わる資格

  • 初任者研修(入門)
  • 実務者研修(応用)
  • 介護福祉士(国家資格)

初めて介護に関わる人は、まずは初任者研修を取得。
その後は経験年数に応じ、より上位の資格を目指す事となります。

初任者研修に受講資格はなく、誰でも取得が可能です。
内容は学校の勉強とは関係ありませんし、勉強が苦手な方でも大丈夫です。

介護職員初任者研修とは?

マネジメントイメージ

「学歴が気になり、採用を得られるか不安」という方は、初任者研修を取得しましょう。
資格手当による待遇アップに繋がるので腐りませんし、面接でのアピールに使えます。

志望動機なんかは、下記記事も参考にしてみて下さい。
異業種と書きましたが、未経験という点では共通ですので使えるはずです。

異業種から介護職へ転職は可能?注意点や使える志望動機などを解説
異業種から介護職に転職する際の注意点をお伝えします。「採用はある?」「異業種からの志望動機」「介護業界の特徴や給料」など、初めて介護職に就く時に知りたい情報を異業種から始める方向けにまとめました。

中卒者も「介護福祉士」になれる

案内をする介護士

介護の国家資格である介護福祉士も、学歴関係なく取得できます。

下記は、介護福祉士の取得条件です。

  1. 実務経験3年以上
  2. 実務者研修を修了
  3. 上記2つを満たし、介護福祉士国家試験に合格

この様に、中卒者でも国家資格である介護福祉士になれます。
福祉学校などで取得するルートもありますが、大半は上記方法で取得されます。

介護福祉士に必要な実務経験を解説

介護福祉士があれば、給料アップにも大きく貢献します。
それだけでなく、ケアマネや相談員など他介護職種への道にも繋がってます。

介護は地道に経験を積めば、学歴や経験関係なくキャリアアップできる仕事ですね。

中卒介護職の給料やキャリアについて

介護士は学歴関係なく採用があるとは、他記事でも繰り返しお伝えしてきました。

せっかくなので今回は、働き始めた後の事を深堀したいと思います。
役職や給料など、「働くうえでも中卒者は不利にならないのか?」という事です。

チェックポイントを教える介護士

介護職は、給料やキャリアアップの面でも学歴を気にせず働く事が可能です。

介護では学歴は関係ない

  • 給料への影響は少ない
  • 役職やステップアップのチャンスもある
  • 年齢問わず未経験者も多い

大卒も中卒も介護業界では、ほぼ平等です。

介護業界は、他人との待遇差をあまり気にせず働けます。
学歴がコンプレックスになっていても、快適に働けると思いますよ。

学歴はほぼ給料に影響しない【中卒でも影響なし】

計算機を持った女性

介護士の給料を決めるのは、主に資格経験です。

他は、役職や夜勤手当ぐらいですね。

もちろんボーナスや処遇改善も、学歴で差別はされません
大卒者でも学歴が給料に与える影響はほぼなく、あったとしても微々たるものです。

無資格大卒者より、中卒の介護福祉士の方が給料は高いです。

介護職の平均給料

給料明細

介護士の平均給料は、年収にして約360万円程度。
月給にすると、約21万円ほどとなってます。

また給料を増やす要素には、下記要素があります。

  • 資格手当
  • 夜勤手当
  • 賞与や処遇改善

中卒未経験で介護士で働くとしても、賞与や基本給が多い職場を選ぶ。
あるいは夜勤回数を増やすなどして、高収入を目指す事も出来ます。

介護士の平均年収とボーナスはいくら?資格や転職での給料アップ方法
介護士の平均年収やボーナス額や支給率など、介護士の給料相場を解説します。介護士の平均年収は約360万円、ボーナスは約55万円。ただしこれは平均であり、実際の額は職場により大きく異なります。転職や資格取得、働き方など、介護士が収入アップを目指す方法もご説明します。

介護士の給料は職場差も激しく、学歴より転職活動がモノを言います。
さらに介護業界は、売り手市場なので転職活動も有利に進めやすいですね。

誰でも役職に就けステップアップも可能

介護では、能力があれば誰でも役職に就く事が出来ます

リーダーや役職者を学歴で選ぶ事はほとんどないです。
給料に影響がないと言ったのは、こういう理由もあるからです。

介護サービスの相談

介護福祉士やケアマネなど、介護職としてのステップアップ方法も同じです。
勉強や実務経験が必要な資格も多いですが、それは皆一緒です。

専門学生でもない限り、中卒も大卒も辿る道は同じですよ。

学歴が影響する資格は、「社会福祉士等の極一部で大卒者が有利」というだけ。

介護系資格は難易度がやさしめ

会議の様子

介護系の資格は、難易度も全体的に易しめです。

ケアマネや介護福祉士など、勉強が必要な資格もありますが、その他は簡単です。

介護福祉士なんかも、国家資格の中では取りやすい方です。
勉強は必要ですが、苦手な方でも合格は十分狙えますよ。

学習内容も初めて触れる内容が多く、試験も4択の選択式です。
そういう意味でも、学歴ハンデは少ないと言えますね。

介護は中卒者も学歴を気にせず働ける

介護業界は、年齢問わず未経験で転職されてくる方が約半分位です。

「介護職のキャリアは長くて数年程度」の方が多いという事ですね。

メモを取る中途採用の未経験者

つまり、学歴関係なく同じスタートに立てるうえ、自分と近い立場の人が沢山いるという事。

見ようによっては、快適な環境ではないでしょうか?

介護業界で重要なのは、あくまで人柄実務経験です。
その実務経験も少ない職員が沢山いるのですから、入りやすい業界ですよ。

何にせよ仕事に入ってしまえば、年齢や学歴を考える暇もなくなります。

職員同士でも学歴なんか気にしないですね。

未経験向け「介護求人の選び方」

チェックポイント(ひよこ)

ここまで話した通り、中卒でも問題なく介護士になれます。

それよりも、転職先の選びの方が大切です。
介護施設と言ってもピンキリですので、変な職場を選ばないよう注意しましょう。

仕事を続けモノする為にも、最初の職場は特に大切です。
ここからは未経験者向けの介護転職のポイントを解説します。

介護士で働く時の最初の目標

ベッドで休むお婆さん

もしこれから介護士を目指すのであれば、下記を目標にしましょう。

  • 初任者研修の取得
  • 入居介護施設への転職

資格と転職はどちらが先でもOK。

収入などに余裕があれば、資格取得を先にすると良いと思います。
すぐ働きたい場合、最初はパートで働くとスクーリング日程も組みやすいです。

まずは入居施設で働く

疑問のある介護職員

介護事業所には、大きく下記の3種類があります。

  • 入居施設(老人ホーム)
  • 通所施設(デイサービス)
  • 訪問介護

「住む施設」と「通う施設」。
あるいは「自宅訪問」で働くかという事です。

訪問は未経験者に敷居が高いのは先述の通り。

個人的なオススメとしては、入居施設ですね。
通所施設よりも、入居者の事を覚えやすく落ち着いて働けると思います。

自立度の高い方が多い環境を選べば、未経験者でも覚えやすいですよ
個人的には、「介護付き有料老人ホーム」がバランスが良く未経験者向けです。
介護職未経験者にオススメな介護施設と資格【具体的な転職ステップ】
介護の未経験者は、初任者研修の資格を取り、介護施設へ転職するのがオススメです。その中でも働きやすい施設種類や職場を具体的に紹介します。転職で失敗を感じやすいのが入職直後。初めての人が介護で働き続けられるよう、働きやすさ重視で「オススメの職場と転職手順」を解説。選ぶべき介護施設から転職サイトまでお伝えします。

介護求人の探し方

パソコンで仕事をするスーツ女性

介護求人の情報を調べるには、介護系の転職サイトを活用します。

未経験・無資格OK等の条件でも調べられ、求人の紹介も受けられます。
無料で利用でき、転職相談も可能です。

オススメな介護転職サイト

介護専門の転職サイトですと、きらケアが内部事情に強くマッチング重視でオススメ。
転職サポートにも定評があり、「よく分からない」という方も安心です。

きらケア介護求人の評判や口コミは?

派遣でも良いという方は、かいご畑もオススメ。
無料で介護資格を取れるサービスもあり、未経験向け求人も豊富です。

通勤イメージ

良い職場を見極めるには、職場見学や面接でもよく確かめる必要があります。
参考記事を載せておくので、良かったらご覧ください。

まとめ

今回は「中卒でも介護士で働けるか」をお伝えしました。

繰り返しですが、中卒でも介護士になれるし、学歴を気にせず働く事が出来ます。
給料など色々と言われてますけど、十分暮らしてけるし、意外と楽しい仕事ですよ。

車イスの介助

いきなり働くのは不安な方は、まず「初任者研修」を取る事から始めてみましょう。

介護スクールも老若男女関係ないので、入っていきやすいですよ。
知識や介護技術を学べば、ちょっと自信もつくはずです。

この機会に介護士仲間が増えてくれると嬉しく思います。

介護職員初任者研修を受けた感想をお届け!雰囲気や大変だった事は?
介護職員初任者研修の感想をお伝えします。教室の雰囲気や役に立った事、大変だった事など、感想を詳しくご紹介します。介護士として就業する前に知っておきたい情報もお話しします。
大手スクールの初任者研修講座を比較!費用やエリア・取得日程まとめ
「初任者研修講座のスクールはどこがいい?」とお悩みの方へ、全国や広範囲に対応した「大手介護スクールの初任者研修講座」を比較しまとめました。費用や取得日程、就業サポートなど、介護スクール選びの比較検討にお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました