介護士の平均給料やボーナスはいくら?給料内訳と年収アップ方法解説

介護士の給料を知ろう 介護職の悩み

介護士の募集って多いけど、給料や賞与(ボーナス)が気になる。
他の介護士と給料額を比較したい。

そんな疑問にお答えすべく、「介護士の平均給料額と年収アップ方法」をまとめました。

低賃金なイメージの介護士ですが、採用の多さもあって意外と悪くない仕事ですよ。
給料を増やす為の方法、働き方も沢山あるのでご参考下さいね。
スポンサーリンク

介護士の平均給料とその内訳

まずは介護士の平均給料額からお話しします。
介護士の給料は、基本給に「各種手当・賞与」を加え、見ていく事になります。

給料実態をより把握する為、まずその給料内訳からご説明します。

介護士の給料内訳内容

介護士の給料内訳を細かく見ると、下記の様になります。

介護士の給料内訳

  • 基本給
  • 処遇改善手当
  • 役職・職務手当
  • 夜勤手当
  • 資格手当
  • 家族手当、通勤手当
  • 時間外(残業)手当

これらに賞与を考慮した数字が、今回紹介する内容です。

給料明細

介護士ならではの要素に、処遇改善手当があります。
これは「介護士の給料アップ」や「働きやすい職場づくり」を促す為に支給されるお金です。

要件を満たした事業所に支給され、事業所ごとの分配方法で職員に支給されます。
資格経験などキャリアを積むことで、支給額は増える傾向にあります

介護士の平均月給と年収

それでは介護士の平均給料を見ていきます。

下記は、介護士の「月の平均給与額(基本給+手当+賞与等)」です。

介護士の平均給与額と内訳(月給・常勤)

介護職員の平均給料と内訳

参考:厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果) より一部キャプチャ

賞与を考慮すると、常勤の月給はH30年度で平均30万円を超えました。
「非常勤・時給」で見た場合、同調査では時給1,110円です。

常勤の場合、単純計算で言うと、平均年収は360万円程です。

チェック

低賃金のイメージが強い介護士ですが、その給料は事実年々アップしてます。
総額はもちろん、基本給や各種手当など総合的に増えていますね。

また各種手当が占める割合も大きいのも特徴ですね。
後述する給料アップ方法にも関わる要素です

所定内賃金でみる平均月収

別の調査で、賞与などを除いた「所定内賃金(月給)」のデータもあります。

令和元年度では、介護施設の職員が平均月給「212,455円」。
訪問介護職員が平均月給「212,281円」でした。

日給や時給で見ると、訪問介護職員の方が高くなります。
施設職員の平均時給は「約1,000円」、訪問介護は「約1,300円」

※参考:介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果について)より

サービス提供責任者の場合は、平均「月給246,373円」。
同じ介護職員でも、役職者の方が収入は総じて高くなります。

決して高給取りではないですが、仕事も得やすい。
また仕事を失うリスクも少ないので、安定した職業とも見れます。

介護職に将来性・安定性はある?

賞与(ボーナス)の現状

令和元年度の介護労働安定センターの調査では、「賞与がある」と答えた介護職員は、正社員が71.9%
非常勤では38%でした。

賞与の支給の有無を事業形態で見ると、下記の順になります。

賞与の支給がある介護事業所ベスト3
※令和元年度

  1. 入所施設(特養などの入居施設)
  2. 通所施設(デイサービスなどの通いの施設)
  3. 訪問介護事業所

賞与の有無で見ると、特に入所施設が優れています。
正社員で約90%、非常勤も約50%が「賞与の支給がある」と答えています。

私も色々と職場を回りましたが、賞与がある所の方が多いですね。小さすぎる法人でもない限り、あると思って良いかと。

介護士の平均賞与(ボーナス)額

同調査では、介護職員全体の平均賞与額は「541,988円」でした。
介護施設等で働く他職種等も含めると、平均は「581,448円」になります。 

事業所別にみると、訪問より介護施設の方がボーナスの支給額は多いです。

また介護職内で区別すると、一般介護士より「サービス提供責任者」や「生活相談員」などの方が支給額が多くなり、最も高いのが介護支援専門員の「680,934円」でした。

余談ですが、賞与と処遇改善手当を同時に支給する施設が多いです。
確認の際は、「賞与」と「処遇改善手当」を分けてきちんと確認しましょう。

介護士の年収アップ方法

続いて介護士が給料アップを狙う方法を紹介します。

長く介護士をしてますが、経験では下記の方法が効果的です

介護士に有効な給料アップ方法

  • 資格を取る(勤続年数を増やす)
  • 転職する
  • 役職に就く
  • 夜勤を増やす

基本的には各種手当アップ狙いで、スキルや評価を高めていく形ですね。

順を追って、具体的にお話ししましょう。

資格手当を増やす方法

介護士が資格手当で給料アップを狙うなら、下記の資格を取得しましょう。

給料アップになる介護資格

  • 初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士

これらはどの職場でも給料アップになる資格です。
資格手当だけでなく、賞与や処遇改善に影響する事も多いです。

実際にどの程度の違いがあるか見てみましょう。

保有資格で見る介護士給料

介護士の給料 保有資格別

参考:厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果) より一部キャプチャ

給料額に注目すると、国家資格である介護福祉士が特に優秀。

資料を見ると、介護福祉士の月給は賞与等込みで「313,920円」です。
勤続年数の差もありますが、資格なしとでは5万円ほどの差があります。

介護福祉士の資格手当はどれぐらい?【収入アップ効果アリ】
介護福祉士の平均年収や資格手当相場を解説。介護福祉士のメリットや収入アップ効果を詳しく解説します。介護福祉士取得後の転職のコツ、自分の転職経験などもお伝えしてます。
介護福祉士とは?受験資格やメリットなどを総合解説
介護福祉士は試験を受けて取得する国家資格。受験資格や試験情報、合格率や出題範囲、仕事や役割、総合的に解説します。

介護資格は、実務経験に応じ「初任者」「実務者」「介護福祉士」と順に取得するのが定石。
介護福祉士は1つの到達点と言える資格ですね。

実務者は「サービス提供責任者」、介護福祉士は「相談員」「ケアマネ」に繋がる資格でもあります。介護職内でのステップアップという点でも欲しい資格ですね。

他には、ケアマネ社会福祉士も介護士として働く場合にも手当が付くケースが多いです。

また喀痰吸引等研修レクリエーション介護士等、内容特化した資格もあります。

介護・福祉の資格一覧

勤続年数は給料に影響する?

勤続年数で介護士の給料はどれぐらい増えるでしょうか。
結論から言うと、給料ベースで見るなら、勤続年数はあまり気にする必要はないです。

こんなデータがあります。

『勤続年数で見る介護士の月給』

介護士 給料 勤続年数

参考:厚生労働省(平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果) より一部キャプチャ

月給で見ると1年で1,000円程度、総合すると2~3,000円程度という感じです。

ただしこれは、賞与や各種手当も含めたデータです。
勤続中の資格取得等も考慮すると、もうちょっと低くなるでしょうか?

「勤続年数だけ」では、あまり給料アップ効果的は望めないですね。
基本給への加算で無く、昇給手当という形になる事も多いです

勤続年数より実務経験が大事?

話がそれますが…、
処遇改善の加算要件の1つに、「経験や仕事に応じ、昇給の基準を定める」という内容があります。

昇給ルールのしっかりした職場は、処遇改善加算にも期待できるという事ですね。
能力評価による昇給は、「キャリアパス手当」等とも呼ばれます。

車イスの介助

勤続年数は給料にあまり関係ないと言いましたが…、
その理由は、中途採用者の場合でも経験者として給料評価を受けられる為です。
※給料ルールの定まった職場を選ぶ必要はある

転職時の給料ダウンは、あまり気にする必要は無いかと。
介護士としての「実務経験年数」の方が評価対象になる事が多いですね。
※その場合、実務能力も重要です

また採用率の高さもあり、転職回数があってもあまり不利になりません。

介護職は転職回数が多いと採用に不利?伝えるべき転職理由とは
介護職は、転職回数が多くても採用で不利にはなりません。これまでの経験は強みとして、転職に活かせるので安心して下さい。転職理由の伝え方や実体験、無駄な転職を減らすポイントなども、あわせて解説します。

ただし短期間かつ無計画に転職を繰り返すのは、あまり褒められたモノではありません。
失敗してもOKですが、ご自身の目指すプランに沿って計画的に行っていきましょう。

役職など介護職としてステップアップする

介護職としてのステップアップで収入を伸ばす方法もあります。

より収入の多い「生活相談員」「ケアマネ」は、介護士経験から目指せる資格です。特に、サービス提供責任者は、実務者研修取得で要件を満たせます。

サービス提供責任者になるには

また介護士としてもリーダー等の役職から上を目指し、役職手当に期待する方法もあります。
フロア(ユニット)リーダーで、大体「月10,000~1,5000円」程度ですね。

人手不足もあり、役職に就くチャンスも多いですよ

事務仕事

ただ多くの場合、今までの仕事はそのままにリーダー業務が加わります。
業務負担は増えるので、その点は上手く立ち回る必要がありますね。

リーダー介護士の仕事内容を解説!悩みや辞めたい時の対処法も紹介
介護士のリーダーになったら何をすれば良いのか、その仕事内容や役割を解説します。また辛くて辞めたいと考える現職リーダーも多くいます。ユニットリーダーの経験を元に、その理由や対処法などをお話しします。

それでも介護士を続けるなら、1度くらいは経験しておくべきでしょう。
嫌なら途中で降りてOKです

役職ポストが埋まってないオープニング施設なんかが狙いやすいですね。
自信があればいかがでしょう?

介護施設のオープニングスタッフは大変?メリットとデメリットを解説
介護施設のオープニングスタッフは、人間関係の入りやすさとそのやりがいから人気の求人です。仕事は大変ですが、意外に未経験者も働きやすい要素もあったりします。実際のメリットやデメリット、求人の探し方などを解説します。

夜勤の回数を増やす

介護士の夜勤手当は、1回につき「7,000~10,000円」ぐらいが目安です。
分かりやすく給料が増えるので、夜勤に積極的になるのも手ですね。

ただ夜勤手当は、施設により額にばらつきがあります。

拘束時間の長い16時間夜勤の方が、手当が多い傾向ですね。
保有資格で手当てに差をつける職場もあります。
介護夜勤の8時間と16時間の違いは?知っておきたい夜勤の注意点
介護夜勤の8時間と16時間の違いは勤務時間だけだはありません。シフトの組まれ方や公休の扱いも違います。始める前に知りたい夜勤の事をまとめました。

夜勤の巡視

また手当目当てで夜勤に入りたい職員も多いので、あまり回数をこなせない事も。
…なので稼ぐことに特化するなら、夜勤専従で働くのも手ですね。

夜勤のみなので生活リズムを作りやすく、効率的に稼ぐ事が出来ます。
介護士として自信が付いたらチャレンジしてはいかがでしょうか。

夜勤専従介護士は給料をいくら稼げる?夜勤のメリットとデメリット
介護の夜勤専従で働くと、夜勤手当で給料が稼げます。パートや派遣での雇用なので、常勤で夜勤をやるより自分を大事に働く事も可能です。手当以外のメリットにも注目し、夜勤専門で働く事を解説します。

転職で年収アップを狙う

介護士が転職で年収アップを狙う際のポイントをお話しします。
基本給や賞与はもちろん、ここまで述べてきた手当にも注目しましょう。

また処遇改善を給与総額に含めず表記する職場もあります。

年収などが高く表記されてる職場は、処遇改善込みで表記してる事が多いです。
給与表記が低くても、意外と収入が良くなるケースもあります。

年収だけでなく、内訳や各種手当のチェックも大事ですね

転職の面談

給料について直接聞くのが間違いないですが、面接ではあまりお金の話もしにくいでしょう。

そんな時は、介護職向けの転職サイトを活用しましょう。

コンサルタントが情報を持ってますし、必要なら代行して聞いてくれます。
非公開求人の紹介が受けられれば、好待遇で働ける職場にも期待できます。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。

施設種類で給料に違いはある?

施設形態で言うと、特養有料老人ホームが高めの傾向にあります。
加えて地域により介護報酬も違い、県をまたぐと給与に違いが出る事も。

特に特養は、他と比べ給料が高め
特別養護老人ホームの介護士の仕事内容と給料を解説
特別養護老人ホームは給料が良いけど忙しい?意外にも、介護士にとって悪くない環境だったりします。実際の勤務経験を活かし、特養介護士の仕事と給料等を紹介していきます。

ボーナスや正社員の収入は入居施設が高めですが、時給だけでみると訪問介護が高めの傾向でした。「働きたい雇用形態で決める」というのも、1つの方法ですね。

また資格取得の費用サポートも増えてきてます。
未経験者などは、こういった職場を狙うのもオススメです。

資格や研修サポートも処遇改善の加算要件の1つなので、良い職場の判断情報になりますね。

最後に

今回は、「介護士の平均給料と年収アップ方法」をお伝えしました。

高給取りではないものの、給料額は徐々に改善されつつあります。

また介護士として給料アップを狙うなら、資格実務経験がカギとなります。
能力や評価を高め、自分に合った施設や働き方を選ぶ事で、ワークライフバランスを整える事にも繋がります。

総合的なスキルアップ、評価システムのしっかりした会社選びが重要ですね

記事中では、介護福祉士が1つの到達点とも述べました。
もし既に資格をお持ちなら、他職種も含め、介護職としての総合的なスキルアップも考えましょう。

最後にスキルアップに役立ちそうな関連記事を紹介し、終わります。
ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました