介護職に将来性はある?リスクを減らし安定する為の転職方法と働き方

働き方

キツイイメージの強い介護職ですが、将来性も安定性もある職業です。

仕事が無い、採用が無い等といった転職の悩みとは無縁です。
これは大きなメリットではないでしょうか?

私も現役で働いてますが、悪くない仕事だと思いますよ。
但し、介護職として真に安定するには、いくつか自分でも工夫が必要です。

当記事では、介護職の将来性を語りつつ、現実的な安定を手に入れる方法を提案。
介護職が長く幸せに働く方法を紹介します。
スポンサーリンク

介護職に将来性・安定性がある理由

介護職には、将来性も安定性もあります。
結論から言うと、「高くはない所で安定した仕事」ですね。

この先仕事に安定を求めるなら、限りなく現実的な職業です。

下記がその理由になります。

介護職に将来性と安定性がある理由

  • 介護職には誰もがなれる
  • 介護はこの先ずっと需要がある
  • 技術進歩があっても、仕事内容は変わらない

1つずつ内容を述べていきます。

介護職には誰でもなれる

介護職には、誰でも就く事が出来ます。

これは別に介護の仕事を軽視してるワケでなく、採用があるという話。
向き不向き等は、また別の話

女性訪問介護員の食事介助

強いて言えば、初任者研修が必要な事くらいでしょうか。
それでも無資格でも採用はありますし、資格取得サポートする職場もあります。

介護職員初任者研修の取り方を解説!受講内容やメリットも紹介
介護職員初任者研修とは、仕事や家族など介護に関わる方が基礎知識を学ぶ為の資格。初任者研修の取得方法や研修内容、お得な取り方までまとめて解説。

介護業界は、深刻な人手不足の状態にあります。
キャリアプランの失敗があっても、全く足かせになりません。

年齢や性別、職歴や転職回数など…、
誰でも仕事に就くチャンスがあり、職業選びの選択肢に入ります。

採用が多く再現性が高い

介護職で採用を得る事は、決して難しくありません。
真面目な話、これは非常に重要です。

他にも探せば、将来性や安定性の高い仕事は色々とあるでしょう。
…ですが、実際「その仕事に就けるか?」と考えた時、多くの場合は難しいのではないでしょうか?

OKサイン

「介護職が安定」と話したところで、限られた人しか就けない様では意味がないです。

キャリアプランに対する再現性が高いのも、大きなメリットです。

介護業界内でも、職場が合わず転職を繰り返す事もあるでしょう。
そんな時でも、仕事も採用もある安心感は大きいですよ。

介護職は転職回数が多いと採用に不利?伝えるべき転職理由とは
介護職は、転職回数が多くても採用で不利にはなりません。これまでの経験は強みとして、転職に活かせるので安心して下さい。転職理由の伝え方や実体験、無駄な転職を減らすポイントなども、あわせて解説します。

上記記事でも言ってますが、転職回数が多くてもOKです

介護はこの先も確実に仕事がある

この先も介護の仕事がなくなる事はありません
少子高齢化の現状は、まだまだ変わる事はないでしょう。

また現在世間を騒がせてる「新型コロナウイルス」。
この影響で仕事の悩みが増えた方も、多くいらっしゃる事と思います。

そんななか介護業界では、事業の継続を要請されています。
※参考:厚生労働省「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」

介護は、社会や経済に変化があっても確実に仕事があります
それだけ必要とされ、社会に欠かせない仕事です。

前述の誰でも介護職になれるという点と併せ、将来性・安定性の面で優れた仕事です。

多くの人にとって、現実的な選択となるでしょう。

技術進歩が介護に与える影響は?

介護の仕事は、人間による対応・コミュニケーションが不可欠です。

技術の進歩により、人の手が要らなくなる事はありません

介護ロボット・介護機器も、徐々に広まりつつありますが…
これらは、あくまでも仕事を楽にする為のツールです。

記録業務

利用者の変化を把握したり、身体介護を楽にするための道具ですね。
最終的な対応は、人間が必要になります。

機械任せにする事は、極めて難しい仕事ですね。

業務負担が減っても、介護職員が不要になる事はありません。

介護職への転職リスク

それでは逆に、介護職が抱える問題点やリスクとは何でしょうか?

私が介護士として働いた経験から思うのは、下記の内容です。

介護職の問題点

  • 給料や労働環境が不十分な職場が多い
  • 腰痛などの身体的リスク
  • 人の命を預かる仕事である

業種による問題点は、何も介護職に限った事ではありません。
先に言ってしまうと、十分食べていける収入はあります。

介護職ならではの特徴は、人の命を預かる仕事だという事でしょう。

順を追ってみていきましょう。

介護職は薄給激務?

給料が安いイメージの介護職ですが、そこまでではないです。
十分生活できるレベルですし、ボーナスや処遇改善手当が出る職場も多々あります。

ただある程度の収入・待遇を得るには、正社員や夜勤で働く必要もあります。

落ち込み

そうなると問題になるのが、身体的な負担
介護職として、長く安定するには避けて通れない問題です。

職員(常勤)不足の問題

特に正社員(常勤)は、介護業界の職員不足を一手に引き受ける存在。
介護では、特に正社員が不足しています。

下記は、介護士である私が現在進行形で抱えてる悩みです。

正社員介護士は大変

  • 休日出勤や残業が増える
  • 夜勤回数が多くなる

介護派遣やパートも高時給ですが、総合的な待遇は正社員に分があります。

具体的には後述しますが…
自分に適した職場・働き方をきちんと理解する必要がありますね。

腰痛などの身体的リスク

腰痛を抱える介護士が多くいるのも事実ですが、これは対応策があります。

介護職が出来る腰痛対策

  • 「ボディメカニクス(身体の楽な動かし方)」を学ぶ
  • 身体介護の少ない事業所で働く
  • 経験を積み、相談援助職に就く

介護サービスの相談

介護職は、現場の介護士だけではありません。
「介護支援専門員」や「生活相談員」等といった、相談援助職もあります。

生活相談員になるには?

どれも介護士経験から目指せる職種なので、覚えておきましょう。

現場の指導力は未経験者の壁か

労働環境についてもう1つ課題に感じてるのが、現場の教育・指導能力
これは未経験者に対するモノだけでなく、中途採用の経験者に対してもです。

例えば、1番の不足職種である介護士。
新規職員への指導が上手く出来ず、即戦力を期待しすぎな現場が多いです。

せっかくの人材に対し、不安を煽り定着を妨げてる様に映ります。

適当な新人指導

きちんと指導を受けた経験がない為、人の指導も出来ない。
そんな人が多い気がしますね。

ある意味、未経験者には敷居が高い環境といえるかもしれません。

誤解の無いようお伝えしますが、指導力がある職場も多々あります。
私も素晴らしい先輩達に多くお世話になってきました。

 

転職活動は慎重に

介護の職場もピンキリで、良し悪しの差が激しいです。
上記の様な事態を避ける為にも、転職活動は慎重に行いましょう。

転職の面談

…とはいえ、未経験者がその判断をするのは至難の業。
職場見学転職サポートなどを、積極的に活用しましょう。

介護施設の職場見学方法とは?

転職サイトですと、マイナビ介護職 が求人の質や定着率にこだわっておりオススメ。
未経験者へのサポート力も優れているので、安心ですよ。

 

介護職は人の命を預かる仕事だという事

介護職は、誰かの家族をお預かりする仕事です。
それが1番の魅力であり、リスクとも言える点でしょう。

例えば、「ドーナツ裁判」の様な事例もありました。
裁判なんて事は滅多にありませんが、それだけ「大事な家族を預かる仕事」でもあるのです。

こうしたリスクはどの仕事でも抱えてますが、介護職として働く以上、その自覚は持つべきでしょう。

人と関わるからこその楽しさもある

暗い話が続きましたが、何だかんだ介護は楽しい仕事ですよ。

車イスの介助

辛い時もありますが、慣れてくれば利用者様と笑って過ごす時間が増えてきました。

ご本人からも家族からも、感謝の言葉を頂く事の方が多いです。
私はなかなか気づけませんでしたが、これは介護ならではの魅力ですよ。

介護職が生活を安定させるには?

介護職が抱える、「給料」と「身体的負担」の問題。
仕事に不自由しないとはいえ、待遇と労働環境の改善無しに安定する事は難しいです。

介護士の立場で語ると、私が考える解決方法は下記。

介護職が安定する為の方法

  • 実務経験を積み、資格取得する
  • 自分に合った種類の事業所で働く
  • 派遣やパートで働く

介護職が真に安定するには、まずは労働環境です。
正社員を捨て、非正規を選ぶのもアリだと思います。

メモをとる新人女性職員

最終的な目標は何にせよ、まずは自分の能力や収入を高め、選択肢を増やす事です。
その過程で、自分に合った職場が見つかればベストですね。

その為に出来る事をお話しします。

給料と選べる職種を増やす

まずは実務経験資格取得で、自分の評価を高める方法です。

給料のベースアップを図る事で、派遣やパートでも高時給で働く事が可能です。
正社員の負担から逃れつつ、収入ダウンのダメージを減らせますね。

介護派遣のメリットとデメリット

介護は、転職後も実務経験による給料評価があります。
資格取得しつつ、地道に経験を積めば、どんな職場でも評価が得られます。

上手くやれば、転職による給料アップも十分狙えます。

OKサイン

介護士が取得したい資格は、介護福祉士ですね。

国家資格ですので、1番給料アップ効果がある資格です。
介護士の賃金アップに使用される処遇改善も、介護福祉士やベテランが優遇されます。

実務3年で取れるので、まずはこれを取得しましょう。

介護福祉士とは?受験資格やメリットなどを総合解説
介護福祉士は試験を受けて取得する国家資格。受験資格や試験情報、合格率や出題範囲、仕事や役割、総合的に解説します。

また資格取得により、他の介護専門職としても働けます。

介護士で楽に働ける職場を探すもよし、ケアマネや相談員等を目指すのも良いでしょう。
管理職を目指すなど、ひたすら給料を追うのもアリですね。

職員不足を逆手に取り、自分の理想を追求しましょう。

関連記事
介護福祉の資格一覧

自分に合った介護事業所で働く

介護施設事業所の種類により、合う合わないは確実にあります。

介護の職場は、その事業所により勤務形態や人員配置に大きな違いがあります。
給料や休み等の待遇も、職場によりかなりのバラつきが多いです。

ちょっと例を出します。

介護事業所の種類例

  • 入居施設【24時間介護サービスを提供】
  • 通所施設【自宅から通う施設、主に日中対応】
  • 訪問介護【利用者様の自宅に訪問、主に日中対応】

また入居施設でも、小規模と大規模で「利用者の定員」「職員配置」に差があります。
仕事内容なども異なるので、自分に合った職場を選びましょう。

介護派遣の人間関係

経験上、同じ種類の施設はどこも働く感覚は一緒です。

辛いと思ったら、違う種類の職場で働いてみるのがオススメ。
介護は転職回数をそこまで気にしなくて良いので、挑戦的に動いてみましょう。

もし未経験からなら、下記の本が職場理解が捗ります。

長く安定して働くには、色々な職場を知るのも大切な経験です。
幅広い視野を持って職場選択できるようになりましょう。

いずれにせよ、より良い職場を調べ選ぶ意識が重要です。
職場環境に依存せず、自らワークライフバランスを作る意識も大切ですね。

派遣やパートで心身の安定を重視し働く

給料のベースアップが出来れば、正社員を捨てる選択肢も出てきます。

介護福祉士取得など評価が高まれば、派遣やパートでも高時給で働けます。
この段階に来たら、「自分が働きやすい環境を作る」事も考えましょう。

先に述べた2点を踏まえ、非正規で働くという事ですね。
収入と身体の余裕のバランスを取る余裕も出てきます。

仕事に疲れた介護士は正社員から離れてみよう【しんどい時は非常勤】
忙しく休みもないなど、介護士を苦しめる人手不足。仕事が辛い時は働き方を見直してみましょう。介護派遣やパートなら、自分のペースを1番にした働き方も可能。介護業界は正社員に固執せず、非正規がオススメです。その理由を経験談と共にお伝えします。

上記記事でも言ってますが、現状で介護士が正社員を続けるのはキツイです。

理想の職場を探し転々とするのは、ある意味賭けです。
それならば、自分で労働環境を作る事も覚える必要があります。

非常勤から正社員を目指す方法もあるので、ぜひ心に留めて頂ければと思います。

ポイントを説明する看護師

介護派遣で働く場合、「きらケア介護求人」が高単価求人に強いです。

きらケア介護求人の評判や口コミは?個人評価と共に解説【派遣対応】
きらケア介護求人の評判や口コミをまとめ、個人評価も加えて解説。メリットやデメリット、お勧めしたい方など、その特徴や魅力について語ります。介護派遣会社としての評価も解説しています。

非正規雇用には働き方の自由がある

「何故非正規なのか」という話をもう少し。

非正規にもメリットは多く、多様な働き方を選べます。

「日勤のみで出勤日数を減らす」、「夜勤専従で稼ぐ」などですね。
さらなる収入アップを目指す事も可能です。

夜勤専従介護士は給料をいくら稼げる?夜勤のメリットとデメリット
介護の夜勤専従で働くと、夜勤手当で給料が稼げます。パートや派遣での雇用なので、常勤で夜勤をやるより自分を大事に働く事も可能です。手当以外のメリットにも注目し、夜勤専門で働く事を解説します。

加えて、自分に合った職場を選べれば、身体的負担もだいぶ軽減します。
収入・身体的負担の問題も減り、長く続けられる仕事になると思いますよ。

介護は職員不足で、労働環境が悪化しています。

その将来性・安定性を享受するには、自分で理想の条件を作るよう動く事も大切です。
上手く評価を得られる職場を選び、自分が安心して働ける条件で働きましょう。

まとめ

今回は、「介護職の将来性と安定性」について語りました。

最後に要点をまとめます

記事の要点

  • 介護職に将来性と安定性はある
    (誰でも職業選択肢に入り、この先も仕事がある)
  • 真に安定するには、健全な労働環境が必須
  • まずは収入アップを図り、給料と労働時間のバランスを自分で取る事が大切

こんなところでしょうか。

薄給激務など、悪いイメージが強い介護職ですが…
決して悪い仕事じゃないですよ。

将来性も安定性も十分にある仕事です。
ただその労働環境は整っているとはいえず、自分でも改善に動く必要があるという事ですね。

転職サイトのエージェントを活用するなど、慎重な転職活動を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました