介護職の仕事内容の記事

転職活動

施設介護職員の「日勤の仕事内容」を解説!「日勤のみ」で正社員になれる?

介護施設における日勤介護職員の仕事内容を解説します。日勤は9時から18時までのシフトで、入浴や排泄、食事などの介助が仕事です。早番や夜勤に比べ、職員の多い時間なので業務に余裕があるのがメリット。日勤のみで働く事も可能ですし、正社員になれる求人もあるので未経験者にもオススメです。
介護職で働く

介護における「ケース記録」の書き方【例文付きで解説】

介護施設などで使う「ケース記録(ケア記録)」の書き方を例文付きで解説します。ケース記録を書くべき時や内容、文章表現などを詳しく紹介。介護施設を想定したケース記録の例文も、日勤・夜勤帯ともに紹介。スムーズに分かりやすい文章記録を作成するコツもお伝えします。
介護職で働く

介護職は力仕事ばかり?業務内容と力がない人でも働ける施設も紹介

介護職は力仕事も多いですが、そうでない職場もあります。力が弱い、自信がない方でも、働きやすい介護施設もあります。当記事では「力仕事」の観点から、介護士の仕事を解説。力仕事や体力的にキツイ業務、力仕事が少ない介護施設などを紹介します。介護職転職を考えてる方は、ぜひご参考下さい。
介護職で働く

夜勤介護士の持ち物を紹介!飲食物や便利グッズ、仕事用品まで解説

介護施設の介護士が夜勤で用意したい持ち物をまとめました。夜食や飲み物の量、上着や仮眠グッズなど、夜勤で準備すべきモノを現場の介護士が解説。夜勤での便利グッズから仕事での必需品まで、介護士のリアルな意見をお届けします。
介護職で働く

サービス付き高齢者向け住宅の「介護職の仕事内容」!資格・給料の転職情報も

サービス付き高齢者向け住宅における介護職員の仕事内容を解説します。サ高住で義務付けられてるのは、安否確認や生活相談。生活の悩みを解決したり、様子確認や見守りが主な仕事です。ただサ高住によっては、デイや訪問介護事業所を併設し、施設の入居者へ介護サービスを提供する事もあります。それら含めた仕事内容、必要資格や給料などの転職情報を御紹介します。
介護職で働く

介護助手の仕事内容とは?看護助手との違いや給料も紹介!

介護助手の仕事内容や役割を詳しく解説します。看護助手は介護士のサポーターで身体介助は行わず、清掃やシーツ交換などが仕事です。専門的な知識や経験は必要なく、無資格でも安心して働く事が可能です。当記事では介護助手の業務を細かく説明、介護士や看護助手との違い、給料や資格の話などもしていきます。求人の探し方等、介護助手になる為の情報を網羅的にまとめました。
介護職で働く

介護施設の送迎ドライバーの仕事内容とは?資格や志望動機も解説

介護施設の送迎ドライバーの仕事内容や必要資格を解説。デイサービスや入居施設での送迎業務や福祉車両、給料等についてお伝えします。送迎ドライバーには2種運転免許は必要ないですが、介護補助員や営繕など、様々な仕事を兼務する事もあります。その業務範囲や実際の求人など、介護ドライバーになりたい方に必要な情報をまとめました。
介護職で働く

介護職向けに「会議の議事録の書き方」を解説!書くべき内容と記入例

介護職はよく会議がある仕事であり、「議事録が書けない」と悩む方も多いと思います。そこで、介護職向けに議事録の書き方を解説。書くべき事や記入例、議事録を分かりやすく書くポイントをまとめました。ケアカンファや委員会など、各会議の議事録作成にお役立て下さい。
介護職で働く

新人介護士の為のプリセプター制度とは?教育方法やメリットを解説

介護では、新人教育方法として「プリセプター制度」を採用する職場があります。この制度では、先輩職員がマンツーマンのOJTで指導します。評価シートの記入や振り返り、目標設定を通し、独り立ちまでサポートを受けられます。人間関係やメンタルのサポートも有り、早期離職が目立ちがちな介護士も安心して指導を受けられます。プリセプター経験をもとに、教育内容やメリット・デメリットなどを具体的にまとめました。
介護職で働く

介護施設の「職場体験方法」と「実際の雰囲気」を紹介

介護の職場の雰囲気を知りたい方へ、「複数の施設で働いた印象」と「職場体験・見学の方法」をお伝えします。やはり雰囲気の悪い職場もありますが、その多くは穏やかで落ち着いた雰囲気が多め。職員も利用者も「真面目で穏やかな人」が多く、初めての人も馴染みやすいですよ。職場体験や見学方法もあるので、雰囲気の悪い職場を避ける事も可能です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました