介護士になるには?資格や仕事内容など必要情報を徹底解説!

介護士になるには?働き方

介護の仕事に興味がある、介護士になりたい。
だけど、介護士になるにはどうしたら良いのか?

記事の内容

  • 資格は必要?
  • 未経験者はどうしたら良い?
  • どんな仕事をするの?

こんな疑問にお答えしつつ、介護士になる為の方法をお伝えします。

未経験無資格からでも、介護士になれるので大丈夫です!

今回は、これから介護士になる方へお伝えしたい情報をまとめました。
「仕事内容」や「必要資格」、「転職活動」まで、じっくり解説します。

これを機に、介護の仕事に興味を持っていただけると幸いです。

当記事はかなり総合的な内容になります。
関連記事も多数あるので、合わせて読み進めて頂くと一層理解が深まると思います。

スポンサーリンク

介護士とは「自立や自分らしい生活を支援する人」

まず初めに、介護士とは何かをご説明します。

介護士は、高齢者など介護を必要とする人の暮らしを支え、自立に向けた支援をします。
介護施設や訪問介護において、身体介助生活援助をするのが仕事ですね。

介護が必要になっても、その人らしい生活が送れるよう支援します。

介助イメージ

下記が3大介護とも呼ばれる、代表的な介助(仕事)内容です。

3大介護

  • 食事
  • 排泄(トイレやオムツ交換)
  • 入浴

要介護者の能力を引き出しつつ、充実し自立した生活に向け支援をします。

シーツ交換

病院での介護をイメージする方もいると思いますが、こちらは看護助手という職種。
介護士と仕事内容は似てますが、治療の為の「看護チームの一員」という位置付けになります。

看護助手とは?

介護士になるには?

介護士になる方法は、特に難しい事はありません。
無資格未経験からでも、採用を得るチャンスは十分あります。

年齢や性別も問わず採用もあるので、ご安心ください。

但し、職場によっては無資格で働く事は難しいので注意しましょう。

介護士の職場と必要資格

介護資格と仕事の関係は、下記の厚生労働省の図が分かりやすいです。

介護業務と介護資格

引用元:「厚生労働省(介護に関する入門的研修の概要)」より

介護士の職場は、主に「通所・入居施設」と「訪問介護」に分けられます。
無資格では訪問介護員にはなれないので、ご注意ください。

介護事業所の種類介護士に必要な資格
介護施設
(老人ホーム、デイサービス等) 
無資格で働ける
訪問介護
(利用者の自宅に訪問)
「初任者研修」以上が必須
※生活援助従事者研修は、生活援助のみ可能

介護施設は無資格でも働けますが、訪問介護では「初任者研修」という資格が必要です。
訪問介護はマンツーマンで介護を行うので、相応の能力を求められます。

※ちなみに看護助手は無資格OK

介護職員初任者研修とは?資格の取り方やメリットを解説
介護職員初任者研修とは、旧ヘルパー2級に相当する資格。仕事や家族など介護に関わる方が基礎知識を学ぶ為の資格で、採用や資格手当、訪問介護への従事が可能等のメリットがあります。初任者研修の受講方法、カリキュラムからお得な取り方まで、「初任者研修の取り方」を詳しく解説します。

正式には「介護職員初任者研修」という資格で、旧ヘルパー2級相当の資格です。
介護の基本知識、介助技術を学ぶものですね。

生活援助従事者研修は、初任者の下に位置する入門資格。
訪問介護の生活援助が可能になりますが、受講先が少ない問題もあります。
生活援助従事者研修とは?

年齢や性別は採用に関係ある?

介護士になるには、学歴や年齢による制限はありません
男性介護士も多く活躍しており、性別を気にする必要もありません。

若い介護士もいますし、50~60代から挑戦されている方も珍しくありません。

介護職の採用に年齢制限はある?未経験者の平均年齢はどのぐらい
介護士などの介護職は年齢関係なく挑戦でき、採用に年齢制限もありません。「それでも転職は不安」という方の為に、平均年齢や年齢を気にせず働ける職場を解説します。年齢による体力が不安な方向けの施設・働き方もご紹介します。

短期パートなど働き方も多彩ですので、主婦層の方も多くいらっしゃいます。

実際の現場でも年齢・性別問わず、色々な人が介護士として働いてます。
心配ないので、気兼ねなくチャレンジして下さいね。

「初任者研修取得」と「介護施設への転職」を目指そう

無資格未経験からであれば、まずは介護施設で働く事をオススメします。
他職員と一緒に働けるので、自身が無い方も安心です。

また無資格でも介護士として採用がありますが、初任者研修を持っていた方が有利です。
介護施設で働く場合も、入職後に取得を求められる事がほとんどです。

介護士は資格なしで働ける?初任者研修が必要な理由

初任者研修は、民間スクール等で講座を受講し取得します。

まずは初任者研修を取ろう

もしすぐにでも働きたい場合、費用などの資格取得サポートのある職場を狙ってみましょう。

介護系の転職サイトなら、こういった条件でも求人検索できます。
未経験者向けの求人紹介も受けられるので活用しましょう。

介護士の職場と仕事内容

介護士の仕事は、どの職場でも共通する業務が多いです。
ただ選ぶ職場によっては、細かな業務や仕事環境、働き方に違いが出ます。

何故かというと、介護サービスの種類により、対象利用者も違えばサービス内容も異なる為。

下記の様に、仕事内容や働き方に違いが出ます。

同じ介護士でもこんな違いが

  • 勤務時間や夜勤の有無
  • 対象利用者
  • 業務内容

介護士の基本となる仕事を紹介しつつ、各サービスの特徴を説明しますね。

介護士の仕事内容

まずは、介護士の仕事内容を紹介しましょう。

冒頭でも述べましたが…、
介護士の仕事は、介護を必要とする人に日常生活のお手伝いをする事。

特に先ほどお話しした3大介護、「食事・排泄・入浴」ですね。
これらの介助は、どこでも共通する介護士の仕事です。

介護士共通の仕事

  • 食事を食べる
  • トイレに行く、おむつの交換をする
  • お風呂に入る

それに伴う着替えや歩行付き添い、お薬のサポートなど、細かく言えば沢山あります。

そして職場により、利用者様の介護度などが異なります。

その為どんな介助が多いか、認知症対応があるかなど…、
利用者対応や業務に違いが出てくるんです。

食事介助の事故

これらは簡単に聞こえるかもしれませんが…、
誤嚥や転倒など、高齢者は様々な危険事故リスクを抱えてます。

利用者様の出来る事を活かしつつ、危険に気付く観察力も必要です。

初任者研修は、そうした能力を養う為の資格です。
利用者様やご自身の為にも、ぜひ取得をご検討くださいね。
介護職員初任者研修のスクールを探す

ケア方法の確認や記録

介護士は意外にも、記録や書類作成の仕事も多いんです。

利用者様の状態を観察し、食事や排泄量、日々の様子などの記録も大切な業務です。
これらの生活状況を記録し、情報共有や健康管理に役立てます。

近年では、パソコンで介護ソフトを使用した記録業務が主流。

訪問介護では、サービス実施時に介護伝票を作成したりもします

介護リーダーと会議

また個人に合った適切なケア方法を考えるのも、介護士の重要な仕事です。

こんな事も考える

  • オムツ使用や交換回数は適切か
  • 入浴方法は安全か
  • 食事や水分の摂取状況はどうか
  • 声かけなどの対応は適切か

ケアカンファや会議など、これらを情報共有し、検討する場もあります。

余暇活動やコミュニケーション

レクリエーション行事イベント等、余暇の提供も仕事です。
日常的なレクは難しくとも、行事イベントは行うという施設も多いです。

介護施設はどんな行事イベントがある?

コミュニケーション

また利用者様とのコミュニケーションも大切な仕事です。

特に施設においては、介護士は最も身近な存在。

利用者は、不安悩みなど様々な感情を抱えています。
ここで得た情報を活かし、解決していく事も、利用者様のケアに必要になります。

話を聞くだけで喜ばれる方も多いので、お話しが苦手でも大丈夫です!

介護サービスでみる仕事の違い

それでは、介護施設やサービスの種類の説明に移ります。

介護士の職場は、施設か訪問かという話をしましたが…、
もう少し細かく分ける事が出来ます。

仕事内容でみる介護士の職場

  • 入居施設
  • 通所施設
  • 訪問介護

車イスの介助

介護施設で働く場合、「入居」か「通所」かで仕事の感覚が違います。

入居施設は、24時間体制なので夜勤もあります。
施設により受け入れ可能な利用者も違い、介護度や身体介護量も違います。

通所施設は、日中を中心とした通いの施設です。
デイサービスやデイケア等、レクやリハビリに特化しています。

こんな介護施設がある

グループホーム小規模で認知症に対応
特別養護老人ホーム介護度3以上の方が入居
デイサービス主に日中のみ、レクリエーション重視
有料老人ホーム主に民間が運営、自立~要介護の方まで様々

一緒に働く他職種や、施設の設備など、細かな点も違います。
介護施設にある入浴設備の種類を解説

それでは、施設やサービスごとに特徴を見ていきましょう。

グループホームの特徴や仕事

グループホームとは、認知症の方に向けた小規模施設です。
認知症の方が安心して暮らせるよう、家の延長を意識した作りになっています。

グループホームの仕事特徴は、職員が料理をする事。
他施設より入居人数も少なめです。

グループホーム介護士の仕事内容を解説!1日の流れや必要資格を紹介
グループホームにおける介護士の仕事内容を解説します。1日の流れや必要資格、他施設と比べての特徴などを詳しく紹介。自立度の高い少人を対象に、認知症対応が学べるので、未経験者にもオススメです。ただ安心して働く為には介護に集中できる職場選びも重要。仕事から職場選びまで詳しく解説します。

ちなみにグループホームでは、利用者最大9人の1グループで生活します。
施設全体では、2グループまでと決まってます

このグループをユニットと呼び、ユニットを形成する施設を「ユニット型」と呼びます。
他には、特養などでも見られる作りですね。

ユニット型介護施設とは?ユニットケアのメリットや問題点を解説

特別養護老人ホームの特徴や仕事

特別養護老人ホームとは、介護度の高い方が利用される施設です。
※基本的に介護度3以上

身体介助量や健康リスクの高い方が多く、施設設備や他職種も充実しています。

特別養護老人ホーム介護士の仕事内容と給料を解説
特別養護老人ホームは給料が良いけど忙しい?意外にも、介護士にとって悪くない環境だったりします。実際の勤務経験を活かし、特養介護士の仕事内容と平均給料等を紹介していきます。

介助スキルを磨くにはうってつけですね。
経験上、基本に忠実なケアを行う施設が多く、勉強になります。

男性が多い傾向にあるので、男性介護士にも働きやすいでしょう。

デイサービスやデイケアの特徴

通所施設には、デイサービスデイケアがあります。

介護が必要でも、家での生活を続けられるサービスですね。
通いという事もあり、送迎業務なんかもあります。

デイサービスの介護予防運動

デイサービスでは、レクリエーションなどの余暇活動。
デイケアは、リハビリに特化したサービスが提供されます。

デイサービスの仕事内容を紹介!必要資格やデイケアとの違いは?
デイサービスにおける介護士の仕事内容などを解説します。送迎やレクなどの仕事や1日の流れ、デイサービスの種類、必要資格等を紹介します。デイサービスとデイケアとの違いも解説してます。

主に日中のみの業務ですが、一部では夜間対応のお泊りデイもあります。
夜勤をしたくない方や、不規則な勤務を避けたい方にオススメ。

訪問介護の特徴

訪問介護では、利用者の自宅に伺い介護サービスを提供します。

こちらも基本的には日中のみ対応ですが、夜間対応の事業所もあります。

訪問介護

訪問介護と言っても、実は下記の様に色々種類があるんです。

訪問介護サービスの種類

  • 訪問入浴
  • 24時間の定期巡回
  • 夜間のみ対応

働き方も色々あって、雇用契約をせず仕事の紹介を受ける「登録ヘルパー」というモノも。

詳しくは、下記で解説しています。

訪問介護員の仕事内容とは?サービス内容から転職情報まで解説
訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容を詳しく紹介します。訪問サービスによる仕事の違いや必要資格、訪問求人に強い転職サイトまで総合解説。訪問介護員になるうえで知っておきたい情報をまとめてます。

他の介護施設や働き方

他の介護施設としては、有料老人ホームサポート付き高齢者向け住宅などがあります。

有料老人ホームは、主に民間企業が運営する施設。
自立度の高い人向け、介護度の高い人向けなど、利用対象者も幅広いです。

サポート付き高齢者向け住宅も、入居施設です。
生活援助が中心ですが、訪問介護事業所やデイサービスが併設され、職員が兼務する事が多いですね。

介護の現場と業界の仕組み

「介護現場や業界をもっと知りたい」という方には、こちらの本がお勧め。
介護サービスの仕組み、仕事など、幅広い内容を読みやすく解説してます。

メモを取る中途採用の未経験者

また正社員と非常勤で、求められる勤務条件は異なります。
勤務時間以外にも、シフトや業務範囲に違いもあるので注意しましょう。

介護職で正社員になるには?資格や年齢等の条件と社員になれない時の解決策
介護職で正社員になる方法をお話します。勤務条件や資格・経験、パートや派遣との業務の違いなど、具体的に解説します。他にも「正社員になれない時の解決方法」、「派遣と正社員どっちが良い?」といった疑問にもお答えします。

介護士に向けた転職活動のコツ

介護士になる事は難しくありませんが、転職活動ではいくつか注意点があります。

介護は採用の敷居が低い分、職員不足に悩む職場も多くあります。
そういった職場は、やはり働きにくい傾向があります。

採用を得やすい反面、こちらで上手く職場を見定める必要があるのです。

ここからは、その為の情報をお届けします。
求人の探し方面接での注意事項を説明します。

求人は転職サイトで探す

介護業界も、転職活動の主流は転職サイトです。
介護職に特化したサービスがあるので、使用をお勧めします。

介護転職サイトの使い方を解説!探せる職種や非公開求人とは?

介護向けの転職サイトでは、希望条件での求人検索のほか、転職相談サービスもあります。
内部情報を多く持つアドバイザーもいますので、活用しましょう。

電話を受ける女性看護師

給料や職場の雰囲気など、些細な事でも聞いてOKです。
職員の定着率を尋ねてみるのも有効です。

内部情報やミスマッチ防止に特化した転職サイトだと、「きらケア」があります。

求人の質や定着率重視の「マイナビ介護職 」もオススメですね。
各サービスの特徴などは、下記記事を参考下さい。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。正社員やパート、派遣、資格したい未経験者など、ケース毎に適した転職サービスを紹介します。

アドバイザーとの連絡が嫌なら、連絡が任意なサービスもあります。

正社員以外の働き方も知っておこう

介護士不足はご存知かと思いますが、職員がいない職場は残業が多いです。
勤務時間も不定期なので、身体の負担が辛くなる事も…。

介護の仕事は好きだけど、そうした環境が嫌で辞めていく職員もいます。

落ち込み

そこで自分の生活やペースを守る働き方として、介護派遣パートがあります。
※正社員は全時間帯のシフトに対応できる必要がある

  • 日勤のみで働く
  • 短時間勤務
  • 自分のペースで夜勤専従で稼ぐ

この様な働き方も選べます。

近年は、介護派遣やパート職員の時給も高めです。
無理して身体を壊すなら、正社員にこだわる事もないと思いますよ。

介護の職場には、人手不足による負の連鎖がある職場があります。
求人が頻繁に出てないか、職場の雰囲気はどうかなど、十分に注意を払いましょう。

不安になったかもしれませんが、きちんと雇用改善に努力する会社もありますよ。
良い職場もちゃんとあるので、ご安心ください。

介護にもホワイト企業は存在する!転職したくなる優良介護施設を紹介
忙しいイメージの介護業界にもホワイト企業は存在します。職員不足解決に向け、給料や休日など様々な取り組みが行われているのです。思わず介護に転職したくなるような、職場改善の成功例を紹介します。

介護の面接内容と採用のコツ

採用の敷居が低いといっても、面接での振る舞いは重要です。

採用に慎重な施設もあるので、信頼を得られる様にマナーを確認しましょう。

特にレベルの高い志望動機は必要ありませんが、人柄を見られます。
自分が大事な利用者を任せられる存在か、よく考え臨みましょう。

介護士もスーツでの面接が基本です。
「介護職の面接で落ちた」を防ぐ 質問対応や服装マナー

面接

未経験者が採用の可能性を高めるには、初任者研修の取得が有効。
「仕事の為に資格を取った」という姿勢は評価されます。

介護職の面接は、施設(職場)見学も兼ねていることが大半です。

内定だけにこだわらず、きちんと職場を見定めるようにしましょう。

こんな事を気にしてみよう

  • 職員の働きぶり
  • 施設内の汚れや雰囲気
  • 給料や勤務内容の説明

ちなみに初任者研修でも、施設見学を行わせてくれるスクールがあります。
施設で1日職場体験が出来るので、興味があれば試してみると良いですよ。

介護士からのステップアップも考えよう

介護士として経験を積むと、色々なステップアップが可能です。

まずは、主要となる介護資格を見てみましょう。
下に行くほど評価が高い資格です。

主要介護資格

  • 初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士
  • 認定介護福祉士

このうち認定介護福祉士は、まだ新しく取得者も極わずか。

国家資格でもある介護福祉士が、実質1つのゴールと言えますね。
給与評価も1番高い資格です。

介護福祉士の受験には、実務経験3年実務者研修の修了が必要。

ポイント

実は介護福祉士からも、色々なステップアップ方法があります。

介護福祉士として実務経験5年を積むと、下記の様な職種にもなれます。

  • ケアマネージャー
  • 介護講師

介護士の関連職種として、他にも「福祉用具専門員」などもあります。
※利用者にあった福祉用具の提案などをする

この様に介護士としても、それ以外の職種としても、色々な道があります。
自分がなりたい理想像を今から考えておくと良いですね、

関連記事
介護と福祉の資格一覧

こんな介護士を目指そう

最後に介護士になる心構えとして、介護士に大切なことを考えてみましょう。

利用者の数だけ、考えや生活スタイルがある為、介護は絶対的な正解のない仕事です。
そして自分の考えが凝り固まるほど、苦しくなる仕事でもあります。

柔軟かつ相手を尊重する姿勢が大切ですね。

またレクや身体介護、認知症対応など…
介護士により得意分野が異なり、個性が出るのも面白いところ。

異業種での経験を活かし、色々な提案や発想が出来る方もいます。
自分なりの介護士の在り方を、追及してみましょう。

日常生活にも娯楽

…といっても、私は介護士になった当初は自分の事で精一杯でした。
やりがい楽しさが見えてくるのは、どの仕事でも時間がかかります。

もし迷いがあれば、下記記事もご覧になって頂ければと思います。

介護士にやりがいやメリットはある?働いて分かった仕事の魅力
介護士の仕事に興味があるけど、やりがいやメリットを知りたい。そんな方へ、10年近く働いた経験からリアルな声をお届けします。介護士の仕事は大変ですが、楽しい事もあればやりがいもあり、仕事としてのメリットもあります。働いて分かった介護の魅力をお伝えします。

介護の仕事は、経験を積んだだけ、見える景色が変わってきますよ。
考えて仕事ができるようになると、また面白さややりがいが見えてくる仕事です。

ぜひこの機会に介護士を目指してみて下さいね。

最後に

今回は「介護士になるには?」という事を、総合的にお話ししました。
長くなりましたが、お付き合いありがとうございます。

介護士になるには、特に難しい条件はありません。
強いて言えば、初任者研修が必要という事ですね。

これから介護士を目指すという方には、どんな職場や介護サービスがあるかに注目して欲しいですね。
色々経験しましたが、結構違いは大きいですよ。

仕事を知り、自分の適性や希望を考えると、ミスマッチも減らす事が出来ます。

初任者研修のスクールでも、そういった就職サポートがあったりもします。
同じ悩みを持った仲間にも出会えると思いますよ。

介護職員初任者研修を受けた感想をお届け!雰囲気や大変だった事は?
介護職員初任者研修の感想をお伝えします。教室の雰囲気や役に立った事、大変だった事など、感想を詳しくご紹介します。介護士として就業する前に知っておきたい情報もお話しします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました