生活援助従事者研修はどんな資格?取得メリットから問題点まで解説

介護士

2018年より始まった新しい介護資格、生活援助従事者研修を解説します。

この資格は「介護職員の入門的資格」に位置し、初任者研修より短時間で取得できるのが特徴。
訪問介護で生活援助が可能になるメリットもありますが、新資格という事で受講が進んでいないという現状もあります。

当記事ではその点の問題点も踏まえ、生活援助従事者研修について総合的にまとめました。
スポンサーリンク

生活援助従事者研修とは?

生活援助従事者研修は、2018年から始まった新しい介護研修です。
生活援助中心型のサービスの従事者とその質を確保する為、必要知識の習得を目的としてます。

実施主体は、初任者研修と同じく「都道府県又は都道府県知事の指定した者」

介護業務と介護資格

※「厚生労働省(介護に関する入門的研修の概要)」より引用

介護の資格キャリアパスでは、初任者研修の下に位置する資格ですね。

研修内容も、「初任者研修の簡易版」とも言える構成になっています。
上位研修へのステップアップも可能です。

老人ホームやデイ等の入居・通所施設の介護士はもちろん、訪問介護でも生活援助の仕事が出来ます。

訪問介護での生活援助が可能になる

生活援助従事者研修を修了すると、訪問介護での「生活援助」が行える様になります。

訪問介護

訪問介護員は無資格では働けず、初任者研修以上の資格が必要です。
当資格の取得により、訪問介護の生活援助業務が行えるようになります。

生活援助とは、家事や買い物などの日常生活のサポートの事です。
オムツ交換などの「身体介護」は行えないので注意しましょう。

訪問介護員の仕事内容とは?

初任者研修より短時間取得でき、免除もある

生活援助従事者の研修時間は、合計59時間です。
初任者研修が計130時間なので、半分以下の時間で取得が可能です。

加えて、初任者研修の受講時に内容の免除を受ける事が出来ます。

少しずつ時間をかけ、段階的にステップアップが可能という事ですね。

当資格と同時に始まった「入門的研修」は、計21時間とさらに短い内容になってます。
ただこちらは、業務範囲が無資格者と同じなので注意です。

介護に関する入門的研修とは?

生活援助従事者研修のカリキュラム内容

生活援助従事者研修は、講義演習(実習)の形で行われ、一部は通信学習にも対応。
学習科目は初任者研修と同じで、時間数を減らした構成になっています。

下記は、生活援助従事者研修のカリキュラムです。

学習科目 時間数
職務の理解 2時間
介護における尊厳の保持・自立支援 6時間
介護の基本 4時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携 3時間
介護におけるコミュニケーション技術 6時間
老化と認知症の理解 9時間
障害の理解 3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術 24時間
振り返り 2時間
合計 59時間

参考:「厚生労働省(介護員養成研修の取扱細則について)」より

これに加え、筆記試験による修了評価(約0.5時間)も行われます。

評価の難易度は、「理解しているレベル、列挙・概説・説明できるレベル」を想定。
評価が十分でない場合、必要に応じ補講が行われます

初任者研修と比べると、「こころとからだのしくみ~」の時間が大きく減らされてますね。
※75時間⇒24時間

また通信学習にも対応しており、全59時間のうち29時間の範囲内を通信学習で学べます

生活援助従事者研修の問題点

生活援助従事者研修は、新しい資格なのもあって問題点も多く抱えています。

調べていて、気になったポイントをお伝えします。

研修講座に対応したスクールが少ない

現状では「生活援助従事者研修」に対応したスクールは非常に少ないです。
資格情報サイト等でも、ほとんど情報が入手できません。

都道府県のHPで「介護員養成研修指定事業者」を見ても、指定事業者数は極わずかでした。
例えば栃木県の研修指定事業者は、初任者が22社に対し生活援助は2社だった
※R2.8/26時点

今のところ(記事執筆時点)資格の取りようがなく受講が進んでない状態です。
そのため費用や取得スケジュールなど、詳細も分かりませんでした。

通学も必要な研修で、研修講座の少なさは致命的ですね。

女性訪問介護員の食事介助

「入門的研修」もありますが、業務範囲は無資格者と変わりません。
仕事の為に入門資格を取るなら、結局「介護職員初任者研修」となってしまいますね。

スクールも多いので、費用やエリアなど選択の幅も広いです。

介護職員初任者研修の取り方

訪問介護への対応は難しいとの懸念

生活援助従事者研修では、自立支援・重度化防止の視点を持って「適切なサービスを提供できるようになるのか?」と、不安懸念の声も挙がってます。

参考:「全国ホームヘルパー協議会(令和3年度介護報酬改定への対応に関する意見書)」より

洗濯物を干す女性

生活援助は身体介護より難しい」と語る訪問介護員もいます。
例えば家事にしても、「他人の家でその人の方法が求められる」など、身体介護とは違った難しさがあると言われています。

受講者が評価を得るには課題が多い

いくら生活援助が可能になっても、実際の業務では相応能力は求められます。
またこの様な評価がある中では、採用や評価など、仕事に活かす事は難しいと思われます。

研修内容や現場の人材管理など、受講者が能力を発揮するにはまだ課題が多いようです。

ポイントを説明する看護師

もし無資格から、急ぎで介護士を目指すなら「介護施設」から選びましょう。

職場の資格取得サポートを受けたり、スクーリング中は非常勤で働くなど、働きながらでもご自身に合った方法で資格取得も出来ますよ。

介護士は資格なしで働ける?

まとめ

そんなわけで、生活援助従事者研修の解説でした。

「取得しやすく初任者研修への免除もある」「生活援助が可能」と魅力もあるので資格ですが、受講が進んでいないのが現状、今後に期待ですね。

車イスの介助

もし介護士となる為に取得検討されてるならば、繰り返しですが「初任者研修の取得」か「介護施設で働く」という選択になります。

仕事の面で不安があれば、下記で参考になる書籍もご紹介しています。
介護士へお勧めしたい本まとめ【初心者・未経験向け】

転職サポートであれば、マイナビ介護職が未経験者に親切です。
マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました