サービス提供責任者になるには?必要資格から経験能力まで総合解説

サービス提供責任者になるには 介護職で働く

訪問介護事業所における役職に「サービス提供責任者」があります。
訪問介護サービスを総合的に管理する大変な仕事ですが、その分お給料も高めに設定されてます。

今回は「サービス提供責任者になる方法」を解説します。
業務や必要資格だけでなく、能力や経験など現実的な面からもお話ししていきます。

スポンサーリンク

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者は、訪問介護事業所に配置が義務付けられている役職者です。
※略して「サ責」とも呼ばれます

介護リーダーと会議

ケアプランに基づき介護計画書を作成したり、訪問介護員への指導や業務管理等が仕事です。
文字通り、訪問介護事業所におけるサービス責任者ですね。

サービス提供責任者に必要な資格

サービス提供責任者になるには、下記の資格が必要です。

サービス提供責任者に必要な資格

  • 介護福祉士
  • 実務者研修
  • 旧介護職員基礎研修課程
  • 旧ホームヘルパー1級課程 

「介護職員初任者研修修了者(旧ヘルパー2級含む)」も、3年以上の実務経験があれば資格要件を満たせましたが、2018年の改定により除外されました。

※参考:「厚生労働省(平成30年度介護報酬改定における各サービス毎の改定事項について)

これから目指す場合、実務者研修以上の資格が必要なのでご注意下さい。

実務者研修とは?

同行援護・行動援護を行う事業所の場合

同行・行動援護を行う事業所でサービス提供責任者になるには、上記資格以外にも条件が加わります。

※これらは知的・精神障害や視覚障害のある方への支援の事。

同行援護の介護事業者
「同行援護従事者養成研修」の修了が必要です。
研修は一般課程と応用課程があり、どちらも修了しなくてはなりません。
行動援護の介護事業者
「行動援護従業者養成研修」の修了が必要です。

これらの研修については、下記記事でも触れています。

ガイドヘルパー(移動介護従事者)とは?

サービス提供責任者の仕事と役割

サービス提供責任者の仕事は、訪問介護計画書の作成や業務管理などです。
関連者との連絡調整や指導なども行い、適切なサービスを運営できるよう管理します。

訪問介護事業所におけるリーダー的役割を担う人ですね。

サービス提供責任者の仕事例

  • 訪問介護計画書の作成
  • 利用者の状態変化、サービスへの意向の把握
  • サービス担当者会議出席
  • 訪問介護員の業務管理、実施状況の把握
  • 訪問介護員に対する研修、技術指導

訪問介護計画書はケアプランに基づきつつ、利用者の状態・意向等を確認しながら作成されます。
状態変化やニーズ応じ、適宜見直しも行います。

サービス担当者会議に出席し、計画の説明や状態・意向の把握等もしなくてはなりません。
それらについて職員への指示や指導、業務状況の把握や管理も行います。

新人女性職員への指導

利用者の状態把握、家族や関係者との連携。
業務の管理に職員の指示育成など、その役割は多岐にわたります。

訪問介護サービスを行うにあたっての核となる存在ですね。

その仕事柄から、事業所の管理者介護員の業務を兼ねる事もあります。

職場と配置基準

サービス提供責任者の職場は、既述の通り訪問介護事業所です。
事業所は、他の介護施設内に併設されている事もあります。

訪問介護サービスでは、「利用者の数40人に対し1人以上のサービス提供責任者(原則は常勤)」の配置が義務付けられてます。ただし下記の条件を満たす時は、利用者50人につき1人の配置が認められます。

下記全てを満たす場合、利用者50人に1人の配置も可

  • 常勤のサービス提供責任者を3人以上配置
  • サービス提供責任者の業務に主として従事する者を1人以上配置
  • サービス提供責任者が行う業務が効率的に行われている場合

サービス提供責任者になるには資格も経験も必要

サービス提供責任者になるには、実務者研修介護福祉士が必要とお話ししました。
このうち実務者研修は取得制限が無く、誰でも取れる資格です。

ただその役割や業務内容を考えると、それだけでは不十分とも言えます。

ポイントを説明する看護師

利用者の把握やサービスの管理、職員への指導。
これらを適切に行うには、相応の能力が求められます。

現実的には、ある程度の実務経験、介護技術・知識が必要になります。

介護福祉士の取得が分かりやすい方法

サービル提供責任者を目指すにあたり、最も分かりやすい道筋は「介護福祉士」の取得です。

介護福祉士とは?

介護福祉士の受験条件は「実務経験3年」と「実務者研修」が必要です。
目指す過程で資格要件も満たせますし、実務経験も蓄積されます。

介護福祉士自体も評価の高い資格なので、介護士で働くなら取得した方がお得です。

訪問介護員やリーダー経験も活きる

介護士目線での話になりますが…

実務経験の内容としては、訪問介護員は経験しておきたいですね。
ただ訪問介護は基本的にマンツーマンなので、未経験からだとキツイかもしれません。

訪問介護員の仕事内容とは?

0から始める場合、まずは施設介護から始めてみると良いでしょう。
後は利用者様のケア方法など、日々試行錯誤しつつ総合力を高める事です。

特にユニット型施設では、少ない利用者様に深く関われます。
主体性を持ってケアを考える機会も多くなりますよ。

車イスの介助

介護施設を含め、リーダー職の経験も役に立ちます。
介護技術や知識だけでなく、主体になり仕事を考えたり、人を動かす経験があると後々活きてきます。

「介護の仕事」と「役職者の仕事」は別物なので、ぜひ経験しておきましょう。

介護福祉士を目指しつつ、この様な経験を意識して取りに行きたいですね

サービス提供責任者の勉強に使える書籍

「もっとサービス提供責任者の仕事を知りたい」という方は、下記書籍が参考になります。

サービス提供責任者の為の実践的テキストです。
その役割や仕事について詳しく解説があります。

訪問介護サービス提供責任者テキスト 改訂版

介護士として総合的に学習したい方は、下記記事もご覧下さい。

介護士へお勧めしたい本まとめ

サービス提供責任者の給料と転職情報

ここからはサービス提供責任者の給料や求人など、転職情報の紹介になります。

平均給料額

サービス提供責任者給料については、月給や賞与等を調査したデータがあります。

サービス提供責任者の平均給料額(令和元年度)

職種 平均月給 平均賞与額
サービス提供責任者 246,373円 599,029円
訪問介護員 212,281円 428,909円
介護職員 212,455円 541,988円

※参考:介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果について)より

サービス提供責任者は、他の介護職員と比べ給料は高めです。
業務内容や求められる能力が反映された形ですね。

ちなみに平均時給は1,297円でした。

ただし相応の業務も担当するという事なので、介護職としてのスキルアップは必要不可欠です。

サービス提供責任者に対応した転職サイト

サービス提供責任者は、管理者や介護員も兼ねる事があります。
転職活動の際は、待遇だけでなく業務内容もよく確認するようにして下さい。

求人は、他介護職と同じく介護系転職サイトに多くあります。

使用サービスを選ばずとも、ほとんどの転職サイトで対応してます。
「こだわり条件」の項目にもあり、スムーズに検索できるでしょう。

事務仕事

使いやすい無難なサイトとしては、マイナビ介護職 をお勧めしてます。
サービス提供責任者の求人も多く扱ってますね。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

まとめ

今回は「サービス提供責任者になる方法」をお話ししました。

記事の要点

  • サービス提供責任者になるには「介護福祉士」や「実務者研修」の資格が必要
  • 利用者様の把握や職員指導など、総合的なサービス管理を行う
  • 介護職の実務経験、リーダー経験などで能力も養う必要がある

業務範囲が広く大変ですが、その分やりがいもある仕事です。
利用者様の介護以外にも色々な事に関われるので、そこに面白さを感じられれば魅力あるお仕事だと思いますよ。

介護・福祉の資格一覧
介護・福祉の資格を種類別に一覧にまとめました。資格の比較や検索、検討にお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました