サービス提供責任者になるには?資格要件や仕事内容、平均給料を解説

サービス提供責任者になるには介護職で働く

訪問介護事業所における役職に「サービス提供責任者」があります。

訪問介護サービスを総合的に管理する大変な仕事ですが、その分お給料も高めに設定されてます。

今回は「サービス提供責任者になる方法」を解説します。
業務や必要資格だけでなく、能力や経験など現実的な面からもお話ししていきます。

スポンサーリンク

サービス提供責任者とは

カンファレンスイメージ

サービス提供責任者は、訪問介護事業所に配置が義務付けられている役職者です。

※略して「サ責」とも呼ばれます

ケアプランに基づき介護計画書を作成したり、訪問介護員への指導や業務管理等が仕事です。
文字通り、訪問介護事業所におけるサービス責任者ですね。

サービス提供責任者の資格要件

チェックポイント(ひよこ)

サービス提供責任者になるには、下記の資格が必要です。

サービス提供責任者に必要な資格

  • 介護福祉士
  • 実務者研修
  • 旧介護職員基礎研修課程
  • 旧ホームヘルパー1級課程 

※参考:「厚生労働省(平成30年度介護報酬改定における各サービス毎の改定事項について)

この中で最も条件を満たしやすいのは、実務者研修ですね。

実務経験などは必要なく、誰でも取得できる資格です。
介護福祉士の受験にも必須なので、実用的です。

実務者研修とは?

「介護職員初任者研修修了者(旧ヘルパー2級含む)」も、3年以上の実務経験があれば資格要件を満たせましたが、2018年の改定により除外されました。

同行援護・行動援護を行う事業所の場合

疑問のある介護職員

同行・行動援護を行う事業所でサービス提供責任者になるには、さらに条件が加わります。

※これらは知的・精神障害や視覚障害のある方への支援の事。

同行援護の介護事業者
「同行援護従事者養成研修」の修了が必要です。
研修は一般課程と応用課程があり、どちらも修了しなくてはなりません。
行動援護の介護事業者
「行動援護従業者養成研修」の修了が必要です。

これらの研修については、下記記事でも触れています。

ガイドヘルパー(移動介護従事者)とは?

サービス提供責任者の仕事内容と役割

会議の様子

サービス提供責任者の仕事は、訪問介護計画書の作成や業務管理などです。
関連者との連絡調整や指導なども行い、適切なサービスを運営できるよう管理します。

訪問介護事業所におけるリーダー的役割を担う人ですね。

サービス提供責任者の仕事例

  • 訪問介護計画書の作成
  • 利用者の状態変化、サービスへの意向の把握
  • サービス担当者会議出席
  • 訪問介護員の業務管理、実施状況の把握
  • 訪問介護員に対する研修、技術指導

訪問介護計画書はケアプランに基づきつつ、利用者の状態・意向等を確認しながら作成されます。
状態変化やニーズ応じ、適宜見直しも行います。

サービス担当者会議に出席し、計画の説明や状態・意向の把握等もしなくてはなりません。
それらについて職員への指示や指導、業務状況の把握や管理も行います。

新人女性職員への指導

利用者の状態把握、家族や関係者との連携。
業務の管理に職員の指示育成など、その役割は多岐にわたります。

訪問介護サービスを行うにあたっての核となる存在ですね。

その仕事柄から、事業所の管理者介護員の業務を兼ねる事もあります。

サービス提供責任者として働ける職場

車を運転する介護職

サービス提供責任者の職場は、既述の通り訪問介護事業所です。

訪問介護員の仕事内容とは?

また訪問介護事業所は、下記の様な介護施設内に併設される事もあります。

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 有料老人ホーム

これらの職場では、施設内の利用者様に訪問介護サービスを提供してる事も。
訪問介護ステーションとはまた違った雰囲気になるかと思います。

サービス提供責任者の配置基準

男性職員

サービス提供責任者は、「利用者の数40人に対し1人以上」を配置する必要があります。

また最低1名は常勤専従である必要があり、利用者数は前3カ月の平均値とします。

また利用者の数が40人を超える場合、常勤換算方法が使用できます
その場合、利用者数÷40を小数第一位に切上げた人数となります。

計算機を持った女性

加え「下記条件」を満たす時は、利用者50人につき1人の配置が認められます。

下記全てを満たす場合、利用者50人に1人の配置も可

  • 常勤のサービス提供責任者を3人以上配置
  • サービス提供責任者の業務に主として従事する者を1人以上配置
  • サービス提供責任者が行う業務が効率的に行われている場合

※参考「東京都福祉保健局(訪問介護)

都道府県などの自治体HPでも掲載がありますので、そちらも併せて確認下さい。

実際にサービス提供責任者になるには?

チェックポイントを教える介護士

サービス提供責任者になるには、実務者研修介護福祉士が必要とお話ししました。

このうち実務者研修は取得制限が無く、誰でも取れる資格です。

ただその役割業務は、利用者の把握やサービスの管理、職員への指導など多岐に渡ります。
これらを適切に行うには、相応の能力が求められます。

現実的には、ある程度の実務経験、介護技術・知識が必要そうですよね。
次は「サービス提供責任者になるには」という事を、現実的な観点から情報補足します。

サービス提供責任者の応募条件

主任イメージ

実際の求人をみても、応募資格は実務者研修以上とするモノがほとんどです。

ただ下記の様な資格要件が加わる事もあります。

  • 自動車免許
  • 介護福祉士
  • 実務経験

まず訪問介護という仕事柄、ほとんどの職場で自動車免許が求められています。
ただAT限定可など、車が運転できればOKとする職場が多め。

また「介護福祉士」を条件とする職場も一部で見受けられます。
経験者優遇という文言もよくあり、経験や資格があるほど選べる職場も増えていきます。

介護福祉士とは

介護福祉士の取得には、基本的に実務経験が必要です。

実質的に経験者を求めてる形ですね。
介護職としての給料アップに繋がる資格ですし、介護福祉士があればベストです。

非常勤(パート)でも働ける?

相談をするシニア夫婦

サービス提供責任者は、非常勤として勤務する事も可能です。

ただし非常勤職員でも、「常勤の半分以上の時間を勤務」しなくてはなりません。
また事業所は、最低1名は常勤のサービス提供責任者を配置する必要があります。

さて実際の求人では、そのほとんどが正社員での募集となります。

パート求人は、常勤の半分以下とかなり少なめでした。
現実的には、パートでは働きにくいと考えるのが自然ですね。

介護職でパート勤務を希望するなら、介護士が最も働きやすいかと思います。
介護パートで働いた感想をお届け!

「訪問介護員」や「リーダー経験」も活きる

サービス提供責任者の資格要件には、実務経験までの規定はありませんでした。

ただ最も取りやすい実務者研修も、資格では「応用」に位置する資格です。
つまり介護経験があり、介護福祉士の取得を目前とする人を想定した内容ですね。

この点でも、実質的にはある程度の実務経験が求められるという事ですね。

相談をするシニア夫婦

実務経験の内容としては、訪問介護員は経験しておきたいですね。
ただ訪問介護は基本的にマンツーマンなので、未経験からだとキツイかもしれません。

訪問介護員の仕事内容とは?

0から始める場合、個人的には施設介護から始める事をオススメしてます。

訪問介護を意識するなら、サービス付き高齢者住宅も良いかと思います。
介護の基本的な事に自信がついたら、訪問に挑戦してみてはどうでしょう?
サービス付き高齢者向け住宅の「介護職の仕事内容」!資格・給料の転職情報も
サービス付き高齢者向け住宅における介護職員の仕事内容を解説します。サ高住で義務付けられてるのは、安否確認や生活相談。生活の悩みを解決したり、様子確認や見守りが主な仕事です。ただサ高住によっては、デイや訪問介護事業所を併設し、施設の入居者へ介護サービスを提供する事もあります。それらの介護士を兼務し、身体介護を行う可能性もあります。負担少なく働けるのがメリットですが、転職の際は仕事内容のミスマッチに注意しましょう。

他には、リーダー職の経験も役に立ちます。

介護技術や知識だけでなく、主体になり仕事を考えたり、人を動かす経験があると後々活きてきます。
「介護の仕事」と「役職者の仕事」は別物なので、ぜひ経験しておきましょう。

介護福祉士を目指しつつ、この様な経験を意識して取りに行きたいですね

サービス提供責任者の勉強に使える書籍

「もっとサービス提供責任者の仕事を知りたい」という方は、下記書籍が参考になります。

サービス提供責任者の為の実践的テキストです。
その役割や仕事について詳しく解説があります。

訪問介護サービス提供責任者テキスト 改訂版

介護士として総合的に学習したい方は、下記記事もご覧下さい。

介護士へお勧めしたい本まとめ

サービス提供責任者の給料と転職情報

スマホを持つひよこ

ここからはサービス提供責任者の給料や求人など、転職情報の紹介になります。

平均給料や転職活動に使えるサービス等を紹介します。

サービス提供責任者の平均給料と賞与

サービス提供責任者給料については、月給や賞与等を調査したデータがあります。

サービス提供責任者の平均給料額(令和元年度)

職種平均月給平均賞与額
サービス提供責任者246,373円599,029円
訪問介護員212,281円428,909円
介護職員212,455円541,988円

※参考:介護労働安定センター(令和元年度 介護労働実態調査結果について)より

サービス提供責任者は、他の介護職員と比べ給料は高めです。
業務内容や求められる能力が反映された形ですね。

ちなみに平均時給は1,297円でした。

ただし相応の業務も担当するという事なので、介護職としてのスキルアップは必要不可欠です。

サービス提供責任者に対応した転職サイト

サービス提供責任者は、管理者や介護員も兼ねる事があります。
転職活動の際は、待遇だけでなく業務内容もよく確認するようにして下さい。

求人は、他介護職と同じく介護系転職サイトに多くあります。

使用サービスを選ばずとも、ほとんどの転職サイトで対応してます。
「こだわり条件」の項目にもあり、スムーズに検索できるでしょう。

パソコンで仕事をするスーツ女性

使いやすい無難なサイトとしては、マイナビ介護職 をお勧めしてます。

サービス提供責任者の求人も、そこそこ多く扱ってますね。
絞り込み検索も出来ますし、エージェントからの求人紹介もありますよ。

マイナビ介護職の口コミや評判を紹介!

まとめ

今回は「サービス提供責任者になる方法」をお話ししました。

記事の要点

  • サービス提供責任者になるには「介護福祉士」や「実務者研修」の資格が必要
  • 利用者様の把握や職員指導など、総合的なサービス管理を行う
  • 介護職の実務経験、リーダー経験などで能力も養う必要がある

業務範囲が広く大変ですが、その分やりがいもある仕事です。

利用者様の介護以外にも色々な事に関われるので、そこに面白さを感じられれば魅力あるお仕事だと思いますよ。

福祉・介護資格の種類一覧
介護・福祉の資格を種類別に一覧にまとめました。簡単な概要も一緒に説明しているので、資格の比較や検索にお役立てください。それぞれ別記事にて取得方法や概要を解説してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました