ガイドヘルパー(移動介護従事者)とは?資格取得の養成研修を解説!

ガイドヘルパーの取り方 介護士

ガイドヘルパーという資格をご存知でしょうか。

障害により外出が難しく、自分の希望や楽しみを諦めなくてはならない人がいます。
ガイドヘルパーは、そんな方達が安心・安全に外出できるよう支援する為の資格。

介護士の働き方も多様であり、外出や移動に多く関わる仕事もあります。

今回は、「ガイドヘルパー(移動介護従事者)」の資格取得方法を解説します。
養成研修の種類や内容、仕事についてご紹介します。
スポンサーリンク

ガイドヘルパーとはどんな資格?

ガイドヘルパーは、移動介護従業者とも呼ばれる資格です。
障害により外出が困難な方の移動を支援するのが、お仕事です。

資格を取得すると、視覚や全身に障害を抱える方の外出介助や支援が可能になります。

外出介護従業者という名称変更もありましたが、現在は移動支援従事者と呼ばれます。

歩行介助をする女性

資格の取得には、都道府県や福祉学校による養成研修を受講します。
また利用者の障害に応じ、研修も3種類に分かれています。

受講資格は都道府県により異なり、初任者研修(ヘルパー2級)などが必要な事も。

移動介護の仕事内容とは

ガイドヘルパーは、障害者の移動を支える存在です。
利用者が、安心かつ安全に外出できるようサポートします。

買い物や通院・通勤等だけでなく、旅行などの余暇活動も対象です。
障害に苦しむ人が自分らしい生活を実現する為、お手伝いをするのが仕事です。

車イスの介助をする女性

必要に応じ、外出先での食事・排泄といった介助も担当します。
移動だけでなく、外出先で必要になる生活動作のサポート介護も行います。

ガイドヘルパーは3種類ある

ガイドヘルパーは、利用者が持つ障害の区別により3種類あります。

知的機能・視覚・全身性障害」の3つで分けられ、受けるべき研修の養成課程も異なります。

ガイドヘルパーの種類

  • 知的障害者ガイドヘルパー
  • 視覚障害者ガイドヘルパー
  • 全身性障害者ガイドヘルパー

チェック

現在は、視覚障害者のサポートは同行援護従業者。
知的障害者は行動援護従業者という形に移行されています。

サービス提供には、障害に対応した研修を受ける必要があります

知的障害者ガイドヘルパー

知的障害者ガイドヘルパーは、重度の知的・精神障害を持つ方を対象に支援します。

移動の介護だけでなく、行動の際に生じ得る危険を回避するための援護もします。
取得には、「知的・精神障害課程の養成研修」を受けます。

※他には、行動援護従業者養成研修があります。

また介護職員初任者研修の保有者は、知的障害者の外出介助を行えます。
初任者研修の取得方法

視覚障害者ガイドヘルパー

視覚障害者ガイドヘルパーは、視覚障害により移動に著しい困難を抱える方を支援します。
※同行援護従業者とも呼びます。

移動のサポートの他、外出先で必要な情報の提供なども行います。
取得には、「同行援護従業者養成研修」を受けます。

ポイント

また研修には、一般課程応用課程があります。

応用課程は、同行援護サービスを行う事業所の「サービス提供責任者」に必要な資格です。
受講には、一般課程の修了等の条件があります。

全身性障害者ガイドヘルパー

全身性障害者ガイドヘルパーは、脊髄損傷による四股麻痺など、全身性障害を持つ方をサポートします。
※全身性障害とは、両上肢、両下肢のいずれにも障害が認められる方などです

移動介護のほか、食事や排泄などの外出先での生活介護も行います。
取得には、「全身性障害者課程の養成研修」を受けます。

ガイドヘルパーの取得方法と研修内容

ガイドヘルパーの資格は、研修を修了する事で取得でき、試験はありません。
資格ごとに定められたカリキュラムを終える事で、取得出来ます。

研修内容は、講義と演習形式で進められます。

ガイドヘルパーの資格は、既述の通り3つに分かれています。
自分に必要なモノを考え、受ける研修を決めましょう。
給料面では、全身性障害のガイドヘルパーが優遇されてます

受講資格は、都道府県やスクールにより異なります。
保有資格による費用や内容の免除もありますが、その判断は都道府県に委ねられています。

初任者研修があれば無難、介護福祉士があればさらに取りやすくなります。

ガイドヘルパーの研修講座は、こちらから資料請求できます。

講座名はスクールにより若干異なりますが…、見ればわかる程度の内容になってます。

養成研修カリキュラム

ガイドヘルパーの各研修のカリキュラムを、簡単に紹介します。
※参考:京都府ホームぺージ等より

抱える障害により学ぶべき内容も異なるので、研修時間もそれぞれで違います。

取得までの日数や時間は、実施機関により異なりますが…
大体2日程度~が目安となります。

知的・精神障害者の養成課程

知的・精神障害者のガイドヘルパー研修は、計18時間ぐらいが目安。

教科名 学習形式 時間
ホームヘルプサービスに関する知識 講義 1時間
障害者(児)福祉の制度とサービス   2時間
移動支援の制度と業務   1時間
障害者(児)の心理   2時間
知的・精神障害者を介助する上での基礎知識   6時間
移動支援の方法等 演習 6時間

全身障害者の養成課程

全身障害者のガイドヘルパー研修は、計15.5時間ぐらいが目安。

教科名 学習形式 時間
ホームヘルプサービスに関する知識 講義 1時間
障害者(児)福祉の制度とサービス   2時間
移動支援の制度と業務   1時間
障害者(児)の心理   1時間
重度脳性まひ者等全身性障害者を介護する上での基礎知識   2時間
移動介護にあたっての一般的注意   3時間
移動介助の方法 演習 2.5時間
生活行為の介護   1時間
交通機関利用時の介助演習   3時間

同行援護従業者養成研修 一般課程

同行援護従業者養成研修の一般課程は、合計20時間です。

教科名 学習形式 時間
視覚障害者(児)福祉サービス 講義 1時間
同行援護の制度と従業者の業務   2時間
障害・疾病の理解Ⅰ   2時間
障害者(児)の心理Ⅰ   1時間
情報支援と情報提供   2時間
代筆・代読の基礎知識   2時間
同行援護の基礎知識   2時間
基本技能 演習 4時間
応用技能   4時間

同行援護従業者養成研修 応用課程

同行援護従業者養成研修の応用課程は、合計11時間です。
※一般課程の資格取得者などが受講対象です。

教科名 学習形式 時間
障害・疾病の理解Ⅱ 講義 1時間
障害者(児)の心理Ⅱ   2時間
場面別基本技能 演習 2時間
場面別応用技能   1時間
交通機関の利用   2時間

ガイドヘルパーとして働ける職場

ガイドヘルパーの職場は、訪問介護事業所や障害者支援施設など。
障害者に向けたグループホームなどでも働けます。

介護施設での仕事と比べると、身体介助による負担が少ない傾向にあります。
利用者様と1対1での仕事なので、その分自身の判断力が大切になります。

訪問介護職員の女性

特に活躍が多くなるのは、訪問介護事業所ですね。

資格取得支援をする職場もあるので、探してみてはどうでしょう?
転職サイトのアドバイザーにその旨を伝えれば、一緒に求人を探してくれますよ。

介護転職サイトの使い方を解説!探せる職種や非公開求人とは?
介護職向けの転職サイトの使い方を紹介します。探せる求人や職種、応募方法など利用の流れを解説。非公開求人やアドバイザーのサポート内容なども説明しています。

ガイドヘルパーと併せて持ちたい資格

ガイドヘルパーの資格を活かすには、主要な介護資格も持っておきましょう。

特に、初任者研修、実務者研修、介護福祉士の資格が有効です。
団体によっては受講条件にもなりますし、費用や内容の免除もあります。

これら主要資格は、給料や採用などに強い効果を発揮します。

もし無資格の状態からなら、まずは初任者研修を取るのが良いでしょう。
ガイドヘルパーと併せて持つことで、実用的な資格になります。

そこからガイドヘルパー等、職場に応じた資格を取りつつ実務経験を積み、介護福祉士を目指すルートがオススメです。

関連記事
介護・福祉の資格一覧

まとめ

今回は、ガイドヘルパーの資格についてまとめました。

障害で外出が難しい方を支援する、外出支援のプロですね。
1対1で付き添い、利用者様の希望する生活を実現する仕事です。

利用者様の喜びに触れる機会も多く、やりがいも感じられる事でしょう。

障害に応じ3種類の研修があるので、自分がどう働きたいかイメージして資格を選ぶようにしましょう。

ガイドヘルパー研修は、こちらから資料請求可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました