ガイドヘルパーになるには?資格取得方法から転職まで解説

ガイドヘルパーになるには介護士

障がいにより外出が難しく、自分の希望や楽しみが叶えられない。

そんな方達を助けるのが、ガイドヘルパー(移動介護従事者)というお仕事。
視覚や知的障がいのある方の移動を助ける、介護資格の1つです。

当記事では、ガイドヘルパーに必要な資格について解説。

研修内容から転職先まで、ガイドヘルパーになる為の情報をまとめました。
スポンサーリンク

ガイドヘルパーになるには?

ガイドヘルパーは、障がいにより外出が困難な方の移動をサポートする人です。

「移動介護従業者」とも呼ばれ、主に訪問介護などのお仕事で活躍します。
※外出介護従業者という名称変更もありましたが、現在は移動支援従事者と呼ばれます。

主に、下記障がいのある方の外出補助を行います。

  • 知的障がい
  • 視覚障がい
  • 全身性障がい

これらに対応した養成研修を修了する事で、ガイドヘルパーとなる事が出来ます。

資格の取得には、都道府県や福祉学校による養成研修を受講します。
また利用者の障害に応じ、研修も3種類に分かれます。

受講資格は都道府県により異なり、初任者研修(ヘルパー2級)などが必要な事も。

ガイドヘルパーの資格種類と可能業務

ガイドヘルパーの資格は、障がいに応じ3種類に分かれます。

先ほど紹介した「知的機能・視覚・全身性障害」の3つですね。

ガイドヘルパーの種類

  • 知的障害者ガイドヘルパー
  • 視覚障害者ガイドヘルパー
  • 全身性障害者ガイドヘルパー

現在は、視覚障害者のサポートは「同行援護従業者」。
知的障害者は「行動援護従業者」という名称に移行されてます。

案内をする介護士

ただ初任者研修以上の資格があれば、「知的障がい者」の外出介助は行えます。
「視覚障害」と「全身性障害者」の外出介助は、養成研修を修了しなければ行えません。

また研修の受講条件は、自治体により異なります。

受講条件のない事も多いですが、初任者研修以上の資格を求められる事もあるので注意。

知的障害者ガイドヘルパー

知的障害者ガイドヘルパーは、重度の知的・精神障害を持つ方を対象に支援します。

移動の介護だけでなく、「行動の際に生じ得る危険」を回避するための援護もします。
取得には、「知的・精神障害課程の養成研修」を受けます。

※他には、行動援護従業者養成研修も対象。

チェックポイントを教える介護士

また介護職員初任者研修の保有者は、知的障害者の外出介助を行えます。

他ガイドヘルパー資格の受講条件となる事も多いので、持っておきたい資格ですね。

初任者研修の取得方法

視覚障害者ガイドヘルパー

視覚障害者ガイドヘルパーは、視覚障害により移動に著しい困難を抱える方を支援します。

※同行援護従業者とも呼びます。

移動のサポートの他、外出先で必要な情報の提供なども行います。
取得には、「同行援護従業者養成研修」を受けます。

試験勉強での疑問

また研修には、一般課程応用課程があります。

応用課程は、同行援護サービスを行う事業所の「サービス提供責任者」に必要な資格です。
受講には、一般課程の修了等の条件があります。

全身性障害者ガイドヘルパー

全身性障害者ガイドヘルパーは、脊髄損傷による四股麻痺など、全身性障害を持つ方をサポートします。

全身性障害とは、「両上肢、両下肢のいずれにも障害が認められる方」などを言います。

移動介護のほか、食事や排泄などの外出先での生活介護も行います。
取得には、「全身性障害者課程の養成研修」を受けます。

ガイドヘルパーは訪問介護を中心に活躍

ガイドヘルパーを活かせる職場は、訪問介護事業所や障害者支援施設など。

他には、障害者に向けたグループホームなどでも活躍できます。

実際の求人では、訪問介護ステーションが主ですね。

介護イメージ01

ガイドヘルパーのお仕事は、前述の通り障がい者の移動を支えることです。

利用者が、安心かつ安全に外出できるようサポートします。

買い物や通院・通勤等だけでなく、旅行などの余暇活動も対象です。
障害に苦しむ人が自分らしい生活を実現する為、お手伝いをするのが仕事です。

必要に応じ、外出先での食事・排泄といった介助も担当します。

移動だけでなく、外出先で必要になる生活動作のサポート介護もお仕事です。

ガイドヘルパーの資格取得方法と研修内容

ガイドヘルパーの資格は、各障がいに応じた研修を受ける事で取得できます。

研修内容は、主に「講義」と「演習」形式。
また修了試験はありません。

どれも15~20時間程度と、比較的短時間で取得が可能です。

ガイドヘルパー養成研修の受講方法

ガイドヘルパーの養成研修は、各自治体が指定する事業者が行っています。

受講要件やカリキュラムも、自治体により多少異なります。
保有資格による費用や内容の免除もありますが、その判断は都道府県に委ねられています。

個人的に色々調べてみましたが、初任者研修があればほぼ受講可能な印象です。

パソコンで仕事をするスーツ女性

ガイドヘルパー養成研修は、あまり多くは実施されていません。

そのため主要介護資格と比べ、教室探しに苦労する可能性があります。

研修を行うスクールは、各自治体ホームページ等でも公開されてます。
下記の様な資格情報サイトでも、扱っているのでご活用ください。

養成研修のカリキュラム

ガイドヘルパーの各研修のカリキュラムを、簡単に紹介します。

※参考:京都府ホームぺージ等を参考

取得までの日数や時間は、実施機関により異なりますが…。
長くて20時間、大体2日程度での取得が可能となってます。

各研修において共通の学習事項もあり、ガイドヘルパー内での免除もあります。

知的・精神障害者の養成課程

知的・精神障害者のガイドヘルパー研修は、計18時間ぐらいが目安。

教科名学習形式時間
ホームヘルプサービスに関する知識講義1時間
障害者(児)福祉の制度とサービス 2時間
移動支援の制度と業務 1時間
障害者(児)の心理 2時間
知的・精神障害者を
介助する上での基礎知識
 6時間
移動支援の方法等演習6時間

全身障害者の養成課程

全身障害者のガイドヘルパー研修は、計15.5時間ぐらいが目安。

教科名学習形式時間
ホームヘルプサービスに関する知識講義1時間
障害者(児)福祉の制度とサービス 2時間
移動支援の制度と業務 1時間
障害者(児)の心理 1時間
重度脳性まひ者等全身性障害者を
介護する上での基礎知識
 2時間
移動介護にあたっての一般的注意 3時間
移動介助の方法演習2.5時間
生活行為の介護 1時間
交通機関利用時の介助演習 3時間

同行援護従業者養成研修 一般課程

同行援護従業者養成研修の一般課程は、合計20時間です。

教科名学習形式時間
視覚障害者(児)福祉サービス講義1時間
同行援護の制度と従業者の業務 2時間
障害・疾病の理解Ⅰ 2時間
障害者(児)の心理Ⅰ 1時間
情報支援と情報提供 2時間
代筆・代読の基礎知識 2時間
同行援護の基礎知識 2時間
基本技能演習4時間
応用技能 4時間

同行援護従業者養成研修 応用課程

同行援護従業者養成研修の応用課程は、合計11時間です。

※一般課程の資格取得者などが受講対象です。

教科名学習形式時間
障害・疾病の理解Ⅱ講義1時間
障害者(児)の心理Ⅱ 2時間
場面別基本技能演習2時間
場面別応用技能 1時間
交通機関の利用 2時間

ガイドヘルパーとして転職活動をする

ガイドヘルパーとしてお仕事を始めたい時は、主に下記が職場となります。

  • 訪問介護事業所
  • 障碍者支援施設
  • 障碍者向け介護施設

実際に求人を調べてみましたが、ガイドヘルパーの専任は少ないみたいですね。

求人数の関係で、転職先は訪問介護事業所が多め。
また一部では、「ガイドヘルパーの資格取得サポート」がある職場もありました。

訪問介護職員の女性

これからお仕事を始めるなら、訪問介護をメインに探してみましょう。

訪問介護では初任者研修が必須なので、まだの方はそちらを取得推奨です。
既にお持ちなら、働きながらの資格取得を目指しても良いですね。

ただし、「移動介護の仕事がしたいのに、現実は違った」というミスマッチには要注意。

求人検索やミスマッチ防止には、介護系転職サイトを活用しましょう。
コーディネーターに相談して内部情報を探り、やりたい仕事ができる職場を紹介して貰いましょう。

おすすめ介護職向け転職サイト6つを比較紹介!求人や強みの違いは?
おすすめ介護職向けの転職サイト6つを比較紹介します。求人数や検索機能などの使いやすさ、アドバイザーのサポートなどを比べ解説します。正社員やパート、派遣、資格したい未経験者など、ケース毎に適した転職サービスを紹介します。

訪問介護の仕事内容は、下記でご説明してます。

訪問介護員の仕事内容とは?サービス内容から転職情報まで解説
訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容を詳しく紹介します。訪問サービスによる仕事の違いや必要資格、訪問求人に強い転職サイトまで総合解説。訪問介護員になるうえで知っておきたい情報をまとめてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました