おすすめ高齢者見守りサービスを比較紹介!その特徴や選び方を解説

高齢者見守りサービス高齢者のサービスと制度

「離れて暮らす一人暮らしの親が心配」、「もしもの時に助けてくれる人がいない」。

そんな時には、高齢者見守りサービスを使用すると便利です。
これは訪問による安否確認、カメラや家電を使った異常検知などのサービス。

当記事では、おすすめの高齢者見守りサービスをまとめました。
見守り方法を比較し選べるよう、種類のバリエーション重視で選んでます。

見守りサービスの種類や特徴、その選び方など…。
親の見守りに役立つサービスを解説紹介します。
スポンサーリンク

高齢者の見守りサービスで出来ること

高齢者の見守りサービスといっても、その形は様々。
実際のサービスを紹介する前に、どんな内容があるかを解説します。

高齢者の見守りサービスは、安否確認を主とした内容です。
「親に何かあったら心配」というご家族、「緊急時に助けて欲しい」という高齢者に利用されます。

自宅でくつろぐ高齢男女

孤立しがちな家の中の見守りが中心ですが、屋外で助けを呼べるモノもあります。

異変時には、家族のスマホに知らせたり、サービスによっては職員が駆け付けます。
家の防犯火災対策も兼ねた内容もあります。

おすすめサービスを紹介する前に、前知識として少し内容を紹介します。

「カメラ検知」や「訪問見守り」による安否確認

高齢者の見守りサービスには、下記の様な種類があります。

見守り方法は様々

  • カメラやセンサーによる検知
  • 緊急時の駆け付け
  • 訪問による見回り

前述の通り、どれも見守る側に安否を伝える事を目的としたサービス。
種類による違いは、見守りの方法です。

楽し気なシニア夫婦

主な方法は、「カメラ」や「センサー」による検知が中心です。
「家電の使用状況(真夏に暖房など)」等から、異常を検知するサービスもあります。

他には、「高齢者が自発的に助けを呼ぶ」、「職員の訪問見回り」等も可能です。
家族が家電を遠隔操作できるサービスもあり、近くで暮らしてるようにサポート出来ます。

高齢者見守りサービスの選び方

見守りサービスでは、安否確認と共に「運営会社の強みを活かしたサービス」も提供してます。

例えば「家事代行サービス」を使えば、見守りも兼ねて援助を受けられます。
介護認定を受けずとも、買い物や受診付き添いなども可能。

郵便局のサービスなんかは、近況等も尋ねコミュニケーションをとってくれます。

傾聴の図

見守りサービスを使用するメリットは、「第3者の力」を借りられる事。
これを活用する事で、1人暮らしや外出中等といった時も、見守りの目を厚くすることが可能です。

見守りサービスの選ぶ時は、今現在ある不安や悩みから、それを解決できる内容を選びましょう。

高齢者見守りサービスの選び方

  • 「遠方の1人暮らし」 ⇒ 訪問やカメラ通話、防犯・防災
  • 「持病が心配」 ⇒ 緊急駆け付け
  • 「外出や生活に不安」 ⇒ 家事代行
  • 「留守中が心配」 ⇒ 見守りカメラ

家電や鍵の遠隔操作が出来るサービスを使えば、防犯・防災にも利用できます。

まずは、ご家族の生活スタイルや問題点を理解する事から始めましょう。
また使用前には、ご本人の了承も得ておきましょう。

おすすめの高齢者見守りサービス

それでは、「お勧めの高齢者見守りサービス」を紹介します。
サービスバリエーションを重視で選びました。

クラウドケア(訪問介護・家事など)

最初に紹介するのは、訪問による介護サービスを提供するクラウドケア。
介護職員が訪問し、様々なサービスを提供します。

介護保険のサービスではないので、誰でも様々なサービスを受ける事が出来ます。

  • 介助や認知症対応、家事代行
  • 受診や外出の付き添い、
  • 日中や夜間の見守り

このように、家族不在時の見守りも依頼できます。

不在時の安否確認、お話相手、趣味のお相手なども依頼できます。
従来の訪問介護では対応できない、様々な依頼が出来るのが魅力ですね。

計算機を持った女性

依頼内容に応じ、担当ヘルパーをマッチングし訪問サービスを提供します。

似たような他サービスと比較しても、料金は安め。
土日や夜間など、時間も問わず依頼できますよ。

基本料金は、1時間2,750円~。
東京・千葉・埼玉・神奈川などの関東圏で対応してます。

クラウドケア

パソナライフケア「家ゴトConcierge(家事代行)」

「家ゴトConcierge」は、安否確認や夜間見守りにも対応した家事代行サービス

運営のパソナグループは介護事業も手掛け、高齢者に配慮したサービスが受けられます。
要望を組み合わせ、フルオーダーで自分に合った家事代行サービスを依頼できます。

介護保険は利用しないけど、訪問によるサポートを受けたい時に最適。

対応地域
関東エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
関西エリア:大阪府・兵庫県・京都府

掃除洗濯や料理などの家事、見守りや安否確認など…、
「助けて欲しい事」をまとめ、自分にあったサービスプランを作成できます。

買い物代行も頼めますし、通院や買い物への同行も可能。
庭の手入れや、難しい役所手続き代行も頼めます。

利用方法
問い合わせ後に訪問があり、要望を伝え利用プランを作成。
ハウスコンシェルジュを決定し、利用開始です。
※初回サービス時は、プランナーも同行してくれます

日本郵便「みまもり訪問サービス」

日本郵便でも、訪問の見守りサービスを提供しています。
申込むと、郵便局員が月に1回自宅へ訪問してくれます。

マネージャー

訪問時には、30分を目安に近況を確認しつつお話ししてくれます。

固定質問と好みで選べる内容について、計10項目の質問を実施。
結果は、家族へメールか郵送(月額186円)で報告してくれます。

料金は、月額2,500円(税別)
電話や郵便局HPから申し込めます。

高齢の方だと、郵便局への信頼を寄せている方も多く、安心感がありますね。
人と話す機会が少ない方へ、コミュニケーション目的で依頼するのも良いかもしれません。

「遠くても安心プラン(家電の使用状況確認)」

「遠くても安心プラン」は、家電の使用状況から生活を見守るサービス。
提供元は、株式会社NNコミュニケーションズ。

女性高齢者

エアコンやテレビ等、8つの家電使用状況をスマホに通知します。
沖縄・離島には未対応

遠くても安心プランの特徴

  • いつどんな家電を使用したか、スマホに通知
  • 設置工事は、分電盤に小さいセンサーを取り付けるのみ
  • 契約電気会社の制限なし

真夏に暖房など、「家電の使い方がおかしい」と察知すると、確認連絡もしてくれます。
心配だけど行けない時も、訪問確認を依頼できます。

料金プランは2種類
月額料金を抑えた「買取コース」、初期費用を抑えた「レンタルコース」から選べます。

 契約初期費用月額費用
買取コース35,750円2,170円
レンタルコース3,300円3,270円

レンタルコースは、最低利用期間が2年。
途中解約や撤去時に、別途費用が発生します。

気にはなるけど、大袈裟なサービスやカメラを設置する程じゃない時に便利です。
見守られる側のプライバシーに配慮したサービスですね。

監視や介護を思わせる方法に拒否感がある方にも、導入しやすいサービスです。

見守りカメラを個人で使用する方法

ビデオ面会イメージ

企業の見守りサービスだけでなく、個人で見守りカメラを購入する方法もあります。

同居中で留守中が心配な方、カメラ機能のみ使用したい方にオススメです。
工事不要なので、簡単に導入できます。

見守りカメラの機能

  • カメラを通じた会話
  • スマホアプリによるカメラ操作、異常検知
  • 動画の録画

Amazonなどでも多数出回ってるので、入手もしやすいですよ。
詳しくは下記記事で解説してます。

介護用見守りカメラの使い方とオススメ機種を紹介!防犯対策も可
1人暮らしや留守中、高齢の親が心配。介護用見守りカメラはそんな時の安否確認に役立ちます。カメラの使い方や機能、オススメ商品など情報をまとめました。通話やセンサー検知など機能も多彩ですし、防犯対策にも使用できますよ。

「GPSロガー」による車の位置確認

スマホトラブル

サービスではありませんが、親の運転が心配な方もいると思いますので…
GPSロガー」という商品を紹介します。

GPSロガーは、位置情報を測り記録しておける機械です。
車に取り付けたり、持ったまま移動すれば、どこを通ったのか確認が出来ます。

GPSロガーには「リアルタイム追跡機能」付き商品もあり、位置情報をスマホやPCで確認可。

リアルタイム追跡型GPSロガー【WillGPS RT2300J】磁石付き

新品価格
¥18,880から
(2020/3/31 23:50時点)

上記は、SIMカードなど携帯電波が不要なタイプ。
電波状況が良い時に通信を行ってくれます。

価格も高めで、取り扱いも少ないのが欠点ですね。
別途SIMカードの契約が必要な商品もあります。

車の盗難防止にも役立つので、興味があればいかがでしょう?

自治体の在宅高齢者向けサービス

お住いの地域の自治体でも、見守りサービスを提供してる事があります。
市のホームページで、「高齢者福祉の取り組み」として情報掲載されてます。

市の在宅福祉サービス例

  • 福祉電話の貸与、電話訪問
  • 緊急通報装置の貸与
  • 援助員の派遣、一時支援

参考:船橋市(在宅福祉サービスの一覧)より

介護度が高い方や、家族介護向けの支援活動も行ってます。
在宅理美容や配食サービス、オムツや日常生活用具の支給等があるので、確認してみましょう。

また身元確認ステッカーを配布するなど、認知症の徘徊対策などもしています。

認知症のおすすめ徘徊対策グッズまとめ【徘徊センサー・GPS】
認知症の徘徊対策グッズのおすすめ商品をまとめました。ご家庭でも使いやすい人感センサー、GPS等を中心に種類や使い方をお伝えします。徘徊防止だけでなく、家庭内での転倒・転落防止にも使用可能。他の誰かが徘徊を発見した時の連絡に使える見守りグッズ、取り組みも紹介中です。

まとめ

今回は、高齢者の見守りサービスについてお話ししました。

これらを使えば、下記の様なサービスを受けられます。

高齢者の見守りサービスで出来ること

  • センサーやカメラによる異常検知
  • ボタンによる救急通報
  • 防犯、防火対策
  • 訪問による安否確認、家事代行

見守りサービスは大変便利ですが、生活の全てをカバーしきる事は難しいです。
特にご家族による声掛けや訪問で、不安や様子の変化を察知していく事も大切です。

時には地域の方の協力も経て、高齢者が不安なく過ごせるよう配慮していきましょう。

もし親と同居中という事であれば、「家庭用ナースコール」もお勧めです。
家庭用ナースコールで家族の危機を知る方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました