運転免許更新での認知機能検査とは?問題や点数採点を解説

認知機能検査の問題と配点を解説高齢者のサービスと制度

75歳以上の高齢ドライバーは、運転免許の更新時等に認知機能検査があります。
これはその名の通り、「判断力」や「記憶力」等の認知機能を調べる検査です。

当記事では、認知機能検査の内容を詳しく解説します。
出題問題や採点方法、点数結果により必要な対応などお伝えします。

検査が必要な時や不合格時の対応、問題集についてもご紹介します。
スポンサーリンク

認知機能検査とは

パソコンをする高齢者

まず認知機能検査とは、75歳以上の高齢者ドライバーを対象とした検査。
内容は判断力や記憶力の測定するもので、簡単に言うと認知症テストです。

「受検が必要な時」や「結果通知後対応」など、検査の概要や流れからご説明します。

75歳以上からは「免許証の更新」で受検

先述の通り、認知機能検査は75歳以上の高齢者を対象とした検査。

高齢者ドライバー1

運転免許の更新時、一定の交通違反をした場合などに、検査を受ける必要があります。

認知機能検査の受検が必要な方

  • 運転免許証の更新満了日で75歳以上になる方
  • 信号無視や一時不停止などの一定の違反をした場合

免許の更新の場合、満了する日の6か月前から受検が可能
警察から、高齢者講習の内容と共に通知が届きます。

違反の場合は、通知から1ヵ月以内に検査を受ける必要があります。
期限を過ぎた場合、免許証の取り消しや停止処分になるのでご注意ください。

認知機能検査の内容

認知機能検査では、記憶力や判断力を測定します。

検査内容は、下記3項目です。

認知機能検査の検査内容

  • 時間の見当識
  • 手がかり再生
  • 時計描写

試験勉強での疑問

これらの検査の採点後、記憶力・判断力について評価があります。
評価は下記の3段階。

認知機能検査の結果判定
 ※記憶・判断力について…

  • 心配ない
  • 少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)
  • 低くなっている(認知症のおそれがある)

検査結果は、後日またはその場で書面で通知されます。

不合格だったら免許証はどうなる?

記憶・判断力が低い(認知症のおそれがある)」という結果の場合、警察から連絡があります。

その後、下記の対応を求められます。

検査で不合格時の対応方法

  • 「臨時適性検査(専門医による診断)」
  • 「医師の診断書の提出」

シニアドライバーの運転免許

この結果、認知症でないと診断された場合、「高齢者講習や免許更新の流れ」になります。
認知症であると診断された場合、「運転免許の停止・取り消し」となります。

認知機能検査の問題内容と採点方法

チェックポイント(ひよこ)

認知機能検査は、「時間の見当識」「手がかり再生」「時計描写」の3項目。
合計で約30分ほどのテストです。

これらの問題内容と点数配分、採点方法を具体的に解説します。
※参考:警視庁(認知機能検査について)より

時間の見当識

検査日の「年月日、曜日、時間」を問う問題です。

合計15点満点で、配点は下記。

時間の見当識の採点方法

  • 年(5点)
  • 月(4点)
  • 日(3点)
  • 曜日(2点)
  • 時間(1点)

この様に、答えやすい内容ほど点数が高くなってます。
時間は、概ね3分程度。

「年」に関しては、和暦でも西暦でも可能です。

但し和暦の場合、元号を間違えると誤答になるので注意。

手がかり再生

ボードに描かれたイラストを覚える問題です。
ボードには4種類のイラストが描かれ、「ボード4枚(イラスト16種)」について回答します。

イラストを覚えた後は、時間をおく為に介入問題があります。
その後、覚えたイラストを答える流れになります。

勉強する看護学生

回答の際はヒントがありますが、自力で答えた方が点数が高いです。

自力正解で2点、ヒント有りで正解だと1点。
全問正解で32点満点です。

ヒントとなる手がかりは、「動物」「身体の一部」等といった内容です

時計描写

指定された時間を、正しく時計に描くテストです。

円と時間の数字を書き、指定時刻を表す時計針を書き込みます。
針だけでなく、時計の文字盤を正しく書けているかも採点のポイントです。

7点満点で、下記の点をチェックされます。

時計描写の採点ポイント

  1. 1から12までの数字のみが書かれている
  2. 数字の順序
  3. 数字は正しい位置にあるか
  4. 2つの針があるか
  5. 時を正しく示しているか
  6. 分を正しく示しているか
  7. 長針と短針は正しい長さか

採点と結果判定方法

ここまで述べた3つのテストの総合得点で、認知機能の判定がされます。

総合得点は、単純に3つのテストの合計ではなく、下記式で計算します。

総合得点の計算式
総合点=1.15×(見当識の点数)1.94×(手がかり再生の点数)2.97×(時間描写の点数)

例えば、時計描写は配点が少ないですが、倍率は高め。
各検査でバランスよく得点する事が求められます。

配点と倍率で見ると、手がかり再生が占める割合が大きめですね。

授業風景

総合点による結果判定基準は、下記。

総合点による結果判定方法

  • 49点未満
    ⇒「記憶力・判断力が低い(第1分類)」
  • 49点以上76点未満
    ⇒「記憶力・判断力が少し低い(第2分類)」
  • 総合点が76点以上
    ⇒「記憶力・判断力に心配ない(第3分類)」

必ずしも、満点を取る必要はありません。
ベストな結果を求めるなら、76点以上の獲得を目指したいですね。

認知機能検査の問題集・対策本

認知機能検査の問題集も販売されてるので、ご紹介します。

自分で調べて読みやすそうな本、評価が高かった本等を選びました。
自主返納時の「自己検査」、「脳トレ」などに活用してはいかがでしょう?

75歳からの運転免許認知機能検査 テキスト&問題集

認知機能検査の問題集としては、ベストセラー的な位置づけの本です。

問題集だけでなく「テキスト」としても使える本で、丁寧な解説があります。
大型本かつカラーも豊富に使われており、見やすい定番の1冊ですね。

運転免許認知機能検査模擬テスト

こちらは、価格が安く購入しやすい模擬テスト。
シンプルな内容ではありますが、購入者からは「これで十分」との声が多くありました。

「高齢者ドライバーの疑問へのQ&A」も掲載されてます。

高齢者向けの脳トレ本

皆さん、「検査で不合格になりたくない」という思いはあると思います。
ただ「素の自分に対する安全評価」をきちんと受けるのも大切な事です。

シニア夫婦

その意味では小手先の対策でなく、脳トレに励むのも有効です。
または、健康のために体操に励んでみるのもタメになるはずです。

活き活きと暮らす為、自分で出来る事からチャレンジしてみましょう!

免許返納や事故対策も考えよう

高齢者の疑問

高齢ドライバーともなると、運転免許の返納を考える方もいるでしょう。
「親の運転が心配」という方もいらっしゃるかと思います。

おまけとして、事故対策や返納等の関連情報をお伝えします。

運転免許返納のメリット

免許の返納にもいくつかメリットがあります。
運転経歴証明書が発行され、身分証明に使えますし、交通機関を中心に割引等があります。

「生活に困る」「運転が出来ないのは嫌だ」、という方もいるでしょうが…
不安を感じたら、自主返納や家族への相談をしてみて下さい。

運転免許の返納方法と特典

「親に免許返納を頼むノウハウ本」もあるみたいですね。

また免許返納後には、シニアカーを移動手段とする事も可能。

シニアカーは歩行者扱いであり、無免許でも運転が出来ます。
移動手段のために返納を迷ってるなら、検討の価値アリですね。

シニアカーの基準や必要免許とは?オススメ車種から乗れる場所まで紹介
シニアカーの基準から乗り方、機能など、基本的な事を詳しく解説します。シニアカーは車椅子に近い扱いであり、歩行者として扱われます。歩道を走ることはできますが、店内などは乗れないことが多いので注意が必要です。高齢者へのオススメ車種や介護保険でのレンタルなども紹介中です。

「親の運転の見守り」や「事故対策」を考える

車が生活必需品となってる地域も多くあります。
そのため運転免許の返納が難しかったり、家族の理解が得られないケースもあると思います。

そんな時は、「運転する時間のルールを作る」「事故の危険などを話し合う」など、安全に運転する方法から考えてみましょう。

強い否定や結論を急がず、少しずつ危険意識を高めながら解決しましょう

運転が不安なシニア女性

どうしても「運転が心配」という時は、GPSロガーという商品があります。
これのリアルタイム追跡型を使うと、車の位置をスマホで確認できます。

お互い運転を不安に思ってる時、緊急時の位置情報のやり取りに便利です。

ちょっとお高いのがネックですね。
また取り付けの際は、本人の了承を得てから使用して下さい

下記記事で詳しく解説してます。
 ⇒高齢者の見守りサービスの種類とオススメ

安全運転相談窓口に相談する

都道府県の警察では、安全運転相談窓口が設置されています。

加齢による身体機能の低下や病気など…、
運転に不安のある方、そのご家族からの電話相談を受け付けています。

相談は、看護師など医療や専門知識に強い職員が担当。

「♯8080」で、発信地域を管轄する都道府県の安全運転相談窓口につながります。
参考:警察庁(安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)について

コメント

タイトルとURLをコピーしました