シニアカーの基準や必要免許とは?オススメ車種から乗れる場所まで紹介

シニアカーの基準とは家族の介護

高齢になると、車の運転や歩行も昔の様にはいかなくなります。
移動に困った高齢者に使用されるのが、シニアカー

今回は、そんなシニアカーを詳しく解説します。

  • シニアカーの基準
  • シニアカーの基本的な使い方と機能
  • オススメ車種

シニアカーは歩行者として扱われ、免許不要で使える乗り物です。
大きくは電動車椅子に含まれ、介護保険でのレンタルも可能。

免許返納した高齢者にぜひオススメしたい福祉用品です。

スポンサーリンク

シニアカーとは

シニアカー

シニアカーとは、3~4輪のハンドル付きスクーターの様な乗り物。

電動カートとも呼ばれ、充電式で走行します。

道路交通法では歩行者として扱われ、無免許でも運転できるのが特徴ですね。
バスケットがあるモデルも多く、買い物時などの持ち運びにも重宝します。

法的には電動車椅子に近い位置づけの乗り物ですね。
まずは「シニアカーとは?」という基礎知識から解説します。

シニアカーの基準

チェックポイント(ひよこ)

シニアカーは、正式には「ハンドル形電動車いす」等と呼ばれます。

道路交通法では「原動機を用いる身体障害者用の車いす」とされ、下記基準が設けられてます。

車体は次の大きさを超えないこと
  • 長さ:120cm
  • 幅 :70cm
  • 高さ:120cm
    ※(ヘッドサポートを除いた高さ)
車体構造は次の内容を満たすこと
  • 原動機として、電動機を用いる
  • 最高速が6km/hを超えない
  • 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がない
  • 自動車又は原動機付自転車と外観を通じて明確に識別することができる

これらが、シニアカーの大まかな基準ですね。
法律的には、電動車椅子や歩行者などと扱われます。

連続走行距離は、大体30㎞前後が標準です。
実際の商品には「バスケット付き」の物も多く、買い物にも便利ですね。

シニアカーと電動車椅子の違い

シニアカーの正式名称内に、電動車椅子という言葉が出てきました。

どちらも法的な基準等は同じですが、実際の仕様は大きく異なります。

電動車いす

電動車椅子(上記画像)とは、その名の通り「電動で走る車椅子」。

ジョイスティックで操作したり、自走をアシストしたり出来る商品です。
大きさは普通の車椅子より少しだけ大きい物が多いですね。

一方でシニアカーは、電動で走るスクーターといった形が特徴です。
車椅子と違い、「ハンドル操作」なのも違いですね。

シニアカー2

形状が違う以上、利用すべき方も異なります。
これは「車椅子」と「シルバーカー」で例えると、分かりやすいかもしれません。

どちらかというと電動車椅子は、普段から車椅子を使用してる方向け。
シニアカーは、歩けるけど長距離の歩行や荷物が辛い方向けの商品です。

シニアカーは、より歩行に関してより自立度してる方向けの商品ですね。

シニアカーは無免許で運転可能

運転経歴証明書を持つシニア夫婦

シニアカーの運転には、免許は不要です。
先述したシニアカーの基準を満たすものは、車両から除かれ歩行者として扱われます

歩行者扱いなので、走れる場所は歩道です。

※参考「警視庁(原動機を用いる身体障害者用の車椅子に係る確認申請手続)」より

最高速の時速6kmは、成人の早歩きほどと言われてます。
それ以上の速度が出ると、自動車や原付などと同様の扱いになります。

「運転免許の返納」後の移動手段にも

シニアカーは免許不要ですので、運転免許の返納後の移動手段として使用できます。

免許返納後は、やはり車に代わる移動手段が必要になります。
不便さを理由に返納を迷ってるなら、検討してみると良いでしょう。

運転が不安なシニア女性

返納メリットとして、「移動をサポートする特典」を得る事が可能です。

内容は自治体で異なりますが、コミュニティバスや鉄道などの割引が中心。
「シニアカーの購入割引券」を配布する自治体もあるみたいなので、チェックしてみて下さい。

運転免許の返納方法とメリット

介護保険でのレンタルが可能

相談をするシニア夫婦

シニアカーは介護保険上では車椅子に含まれ、福祉用具貸与に対応してます。

原則として要介護2以上であれば、1割負担でレンタルが可能です。
※収入により、2~3割負担になる事も

介護保険でのレンタルを検討する場合、まずはケアマネジャーへ相談しましょう。

要支援・要介護1とそれ以外では、貸与対象が異なります。
対象外の方への貸与判断は、介護認定の結果等で市町村が要否します。

また購入の際には、消費税はかかりません。
また付属品を一緒に購入する場合も、消費税はかかりません。

「レンタル対象のシニアカー」の調べ方

スマホを持つひよこ

レンタル対象のシニアカーは、テクノエイド協会のHPで調べられます。

こちらの福祉用具情報システム(TAIS)を使えば、介護保険に対応した商品を調べられます。

シニアカーの場合、「貸与」「車いす」と検索。
さらに電動三輪車(四輪車)と絞り込めば、見つけられると思います。

他の福祉用品も調べられるので、活用してみて下さいね。

シニアカーを運転できる場所【店内・電車】

高齢者の疑問

シニアカーは歩行者扱いなので、乗れる場所は基本的に歩行者と同じ。
車道ではなく、歩道を通行します。

ただし、シニアカーを店内などで運転できるかは、各施設の対応に任されてます
乗り入れ可能な店舗もあれば、事故や汚れを理由に不可とされる事もあります。

一般的には、シニアカーは自転車やスクーター同様の扱いで、不可とするケースが多いです。

その点「電動車椅子」は、一般的な車椅子と同じく利用できる施設は多め。

正解を教えるひよこ

現状は施設内での利用が厳しいですが、近年「鉄道でのシニアカー利用要件」が緩和しました。

「介護保険の利用」などの人的条件が撤廃され、誰でも利用対象となりました。
特急列車等には大きさなどの構造要件があるものの、通勤型車両での構造要件はありません。

※参考「国土交通省(ハンドル形電動車椅子を使用した鉄道利用について)

鉄道でのシニアカー利用は、かなりしやすくなったと言えますね。

ただし実際の対応状況は、駅の構造や工事状況により異なります。
利用の前には、各鉄道会社に確認してください。

シニアカーの機能と選び方

主任イメージ

次に実際の商品から、シニアカーの機能や特徴を見てみます。

実物のシニアカーから、種類や選び方を確認してみましょう。

シニアカーの乗り方と機能

まずは代表的なシニアカーの「SUZUKI セニアカー」を見てみます。

シニアカーを指し「セニアカー」と呼んだりするほど、知名度の高い商品です。

シニアカー2

シニアカーの乗り方
※suzuki セニアカーの例

  1. 電源は鍵を差し込み、ひねると電源ON
  2. レバーを押し下げると、アクセルがかかる
    ※離すとブレーキがかかる
  3. ハンドルを切れば、左右に曲がれる
    ※前後の進路方向は、スイッチで切り替え可能
  4. 充電は本体のコードで、家庭用コンセントで行う

ここまでは、スクーターと同じ様な使用感覚ですね。

シニアカーならではの配慮として、乗り降りの位置が低めなのも特徴。
充電は家庭用コンセントで可能です。

シニアカーの様々な機能

下記の様に、セニアカーならではの機能もあります。

  • 最高速度の設定ができる(時速1km~6km)
  • ウインカーやランプ
  • クラッチハンドルで、手押しと電動走行の切替えOK
  • 買い物に便利な大型バスケット
  • パンクレスタイヤを使用

バスケットやパンクレスタイヤ、ウインカーランプ等の仕様は、他でもよく見られますね。

セニアカーの他機能としては、「操作や異常時の音声案内」。
「曲がる際の自動減速(速度に応じ時速4.5kmまで)」などもあります。

タブレットを紹介する女性

レビュー動画をあげて下さってる方もいるので、ご紹介します。

【スズキ セニアカー】試乗レビュー!オススメ!!

 

また他のシニアカーにも様々な機能があり、折り畳める軽量タイプも存在します。

後ほど様々な商品を紹介しますので、ご参考下さい。

シニアカーの選び方

シニアカーを選ぶ時は、下記点を見ると良いでしょう。

  • 連続走行距離
  • 高齢者が使いこなせるか
  • 段差や坂道に対する性能

まず使用者である高齢者が乗りこなせる事が第一です。
特に「ハンドルやボタン周りの分かりやすさ」は重視した方が良いですね。

パンクレスタイヤ、衝突時の耐久性など、いざという時の安全性も重要です。

チェックポイント(ひよこ)

また長距離を移動するなら、連続走行距離が長い方が安心です。

実際に走る場所も考え、段差や坂道に対する耐性もチェック。
気になる方は、「実用登降坂角度」や「段差乗り越え高さ」の数値が大きい商品が良いですね。

オススメのシニアカー紹介

実際の商品より、オススメのシニアカーをまとめました。

定番モデルからオシャレな物、折り畳み可能な商品まで紹介。
「高齢者が安心できる物を」という事で、福祉用具情報システムに登録のある商品を扱います。

「セニアカー ET4D」【オーソドックスな高齢者向け】

まずは先ほど紹介したスズキのセニアカー。

定番モデルならではの安定性、さらには高齢者向けの親切な機能が光る商品。
まさにシニアカーの見本ですね。

セニアカー ET4D(SUZUKI)

希望小売価格368,000円
連続走行距離31km
サイズ119.5×65×114.5mm
総重量100kg
性能【最高速度】前進6km/h 後退2km/h
【段差乗り越え高さ】7.5cm
【実用登降坂角度】10度
機能・特徴
  • ハンドルまわりが、見やすく操作しやすい
  • バスケットやレッグシールドの快適装備
  • 各種お知らせの音声案内

セニアカーには大きく3種類のモデルがあり、こちらは標準的なモデル。

他には、お求めやすい価格の「ET4E」。
小回り重視の「タウンカート」があります。

正解を教えるひよこ

まずハンドル周りのボタンが高齢者に親切
表示灯がすごく見やすく、ボタンの役割も見てすぐ分かるようになってます。

先ほど紹介できなかった機能としては、LEDによるヘッド・後方のランプ。
クラッチハンドルによる「電動走行と手押しの切り替え」等があります。

またオプション品も充実しており、別売でステッキホルダーも装着できます。
他にもフロアマット、カバー等も多数あり、カスタマイズ性も高い商品ですね。

「シニアカー bestlife」【折り畳み対応】

こちらは、折り畳み可能なシニアカー
車に積んで運ぶもOK、標準的な性能を持った利便性に優れたタイプ。

シニアカー bestlife
(HAIGE)

希望小売価格139,800円
連続走行距離36km
サイズ112×65×114.5cm
総重量58kg
性能【最高速度】6km/h
【段差乗り越え高さ】5cm
機能・特徴
  • 折り畳み可能
  • アクセルレバーを左右に設置
  • 12VUSB給電口装備

折り畳みに対応しており、車のトランクへの収納も可能。
軽量でオシャレなシニアカーですね。

しかしながら36kmの連続走行が可能。
家庭用電源で充電でき、バッテリーパックを外しての充電もOK。

またUSB給電口も装備しており、GPSナビ等も使用可
※漏電の原因となるため、降雨時は使用不可

「電動シニアカート scooterd07」【安価な短距離向けタイプ】

こちらも折り畳みできるシニアカー。
ハンドルやシート位置の調整も可能で、体型に合わせた柔軟な使用が可能です。

電動シニアカート scooterd07
(インターナショナル・トレーディング)

希望小売価格129,980円
連続走行距離17km
サイズ106×53×87cm
座面高さ49~52cm
総重量39kg
性能【最高速度】6km/h 後退3.5km/h
【実用登板角度差】約8度
機能・特徴
  • 折り畳み可能
  • ハンドル・シート位置調整可能
  • 跳ね上げ式ひじ掛け、シート回転可能

折り畳みの他、ハンドルやシート位置の調整が可能。
コンパクトで軽量なので、持ち運びもしやすいです。

衝突時の衝撃緩和もあるので、いざという時の備えもあります。

ひじ掛けが跳ね上げ式で、シートも回転可能。
乗り降りがしやすく、様々な配慮が見られるシニアカーですね。

その反面、連続走行距離は少なめ。
しかし、他の標準機能はきちんと搭載してます。

安価ですし、コスパの良い商品ですね。

さいごに

今回はシニアカーについてご紹介しました。

高齢になると、様々な移動の悩みが出てきます。
シニアカーは長距離の移動、買い物等に便利な商品ですね。

シルバーカーを使う女性

また他にも、高齢者の移動を支える福祉用品はあります。

例えば、「杖」や「歩行器」、「手すり」等ですね。
中でも歩行器は、移動や買い物など、短距離ならシニアカーに近い目的で使えます。

下記記事で解説してるので、良ければご覧ください。

介護用歩行器とシルバーカーの種類とおすすめ商品!違いや選び方も解説
介護用歩行器の種類やおすすめ商品、使い方を解説します。「杖での歩行が不安」「買い物の荷物が辛い」、そんな時は歩行器やシルバーカーで解決できるかもしれません。家の中でも、歩行器があれば移動や立ち上がりを楽に出来ます。キャスターの有無による使い勝手、構造や機能などによる選び方。介護保険によるレンタルまで詳しくお伝えします。

また家庭内でも、ちょっとした工夫で住みやすい環境にする事が出来ます。
関連記事を紹介するので、ぜひご参考下さい。

介護で使える「オススメの玄関手すり」!置くだけや住宅改修、取付位置も解説
介護や高齢者を悩ます玄関の段差、段差や歩行が辛い時に便利な玄関用の手すりを解説します。工事不要「置くだけ手すり」、住宅改修で付けられる手すり等の種類や特徴。取付位置や高さなどを細かく解説します。オススメしたい「置くだけ玄関手すり」、住宅改修での手すり設置の費用相場もご紹介しています。
介護での「風呂場・浴槽の手すり」を解説!工事不要や住宅改修も対応
高齢者介護で便利な「お風呂用の手すり」を解説。浴室の壁や浴槽など、様々な場所に設置できる手すりの種類と使い方を紹介。工事不要で後付けできる物、住宅改修での設置場所・費用まで幅広く説明。吸盤型や浴槽手すりのオススメ種類、各風呂手すりと介護保険の利用条件などもお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました