介護用歩行器の種類とおすすめ商品!シルバーカーとの違いや選び方

歩行器の種類とおすすめ商品家族の介護

足腰が弱り、杖歩行もおぼつかない。
買い物袋を持って歩くのが辛い。

そんな時に使用したいのが「歩行器」や「シルバーカー」。
屋内・屋外でも使え、高齢者の移動を助けてくれます。

今回は「歩行器の種類や使い方、おすすめ商品」をまとめました。

  • 歩行器の種類や名称(構造)
  • 種類別の特徴・機能
  • 使用場面に応じた歩行器の選び方

これら内容を中心に、歩行器について詳しくお伝えします。

本人の悩みに合った歩行器選びのヒントとなれば幸いです。

スポンサーリンク

介護用の歩行器とは

歩行器は、主に高齢者の移動をサポートする介護用品です。

歩行器イメージ2

持ち上げて使うシンプルな物、キャスター付きの歩行車など、機能・形も様々。

シルバーカー(押し車)、ショッピングカーも歩行器に含まれます。

歩行の安定や収納機能

歩行器は、その名の通り歩行をサポートする介護用品です。

杖より体重を支える面積が広く、より歩行が安定します。
下記の様な時は、杖より歩行器を選ぶと良いでしょう。

  • 杖歩行が不安定になってきた
  • 荷物を持って歩くのが難しい
  • 休みながらでないと、距離を歩くのが難しい

手すりとお婆さん

「杖では不安だけど、車椅子を使う程じゃない」、というイメージですね。

収納ボックス座面があるタイプもあるのも特徴です。
キャスター付きタイプも多く、人気モデルの1つですね。

歩行器の名称と構造

歩行器の名称と構造について、簡単に説明します。

下記は、四輪歩行車と呼ばれるタイプの図です。

歩行器の名称図

これはキャスター・座面等があるタイプの歩行器ですね。

休む時はブレーキレバーを降ろし、座面に座る事が出来ます。
座面の下には収納ボックスがあり、荷物などを置く事が出来ます。

所謂シルバーカーに近い種類ですね。

車輪構造の違い

前輪の構造には、下記3つの種類があります。

  • 自在輪
  • 半固定式車輪
  • 固定式車輪

固定式車輪はまっすぐ進みやすく、自在車輪は曲がりやすいです。

半固定は中間という感じですね。

歩行器ダブル車輪

また車輪には左右1輪ずつの「シングル」、2つずつの「ダブル」があります。
ダブルの方が、溝や凹凸に強いですね。

加えて、車輪が大きい方が凹凸や段差に強くなります。

介護保険によるレンタルも可能

歩行器は、介護保険によるレンタルが可能な福祉用具です。

介護認定を受けた、要支援・要介護の方が利用対象。
福祉用具貸与事業者より、1割~3割負担でレンタルが可能です。

介護サービスの相談

注意として、シルバーカー等の一部歩行器は利用対象となりません

詳しくは。自治体やケアマネージャーにご相談ください。

介護用歩行器の種類と使い方

それでは、具体的に歩行器の種類を確認します。

種類毎の使い方、歩行器の選び方などをお話しします。

歩行器の種類と特徴

介護用の歩行器は、主に下記種類があります。

  • 固定型四脚歩行器
  • 交互型四脚歩行器
  • キャスター付き歩行器(歩行車)

大まかには、キャスターの有無で分ける事が出来ます。

順に見ていきましょう。

固定型四脚歩行器

固定型四脚歩行器は、手で持ち上げて使う種類ですね。

歩行器イメージ1

「両手で歩行器を持ち上げて、足を前に出す」という使い方をします。

腕の力があり、安定して立ってられる方向けですね。

前輪にキャスターが付いたタイプも存在します。

交互型四脚歩行器

交互型は、左右交互にずらして移動します。

交互型四脚歩行器

固定型と似た様な形ですが、左右のフレームを片方ずつ動かせます。
1歩ずつ、ゆっくりと歩く事ができる種類ですね。

固定型と同じように使うと危険なので、注意。

キャスター付き歩行器(歩行車)

キャスター付きの歩行器は、歩行車と呼ばれます。

歩行車には、下記の様な種類があります。

  • 前腕支持型歩行器
  • 四輪歩行車
  • 二輪式歩行器(ロレーター)
  • シルバーカー
「シルバーカー」と「四輪歩行車」の違い
シルバーカーは、歩行が安定してる方向けの商品です。
歩行サポート力や安定性は「四輪歩行車」の方が優れてます。

前腕支持型歩行器

歩行車の手持ち部分は、自転車の様なグリップが一般的。

しかし肘を曲げて載せるタイプも存在し、「前腕支持型」と呼ばれます。
安定性に優れ、操作もしやすいのが特徴ですね。

前方2本がキャスターである「二輪式の歩行器」もあります。
wikiではロレーターと呼ばれてますが、実際には4輪式の歩行器を指す事も多い様子。

座面や収納カゴの有無は、商品により異なります。

使いやすさも含め、購入前によく確認しましょう。

歩行器の選び方

歩行器を選ぶ時は、下記要素に注目しましょう。

  • 本人の身体状況
  • 使用場面
  • 目的

チェックポイントを教える介護士

まずは歩行器を使う「場所」、「目的」を明確にしましょう。
本人の身体状況も理解し、安全に使える物を選んで下さい。

「屋内」「屋外」どちらで使うか?

例えば屋内であれば、下記種類等が主に使用されます。

  • 固定型
  • 交互型
  • 前腕支持型

シルバーカーを使う女性

屋外であれば、「その他の四輪歩行車」「シルバーカー」が主に使用されます。

本人の歩行能力も見て、状態にあった歩行器を選びましょう。

買い物や休憩に使いたい

買い物や休憩に使うならば、シルバーカー歩行車から選ぶと良いです。

買い物や収納重視なら、シルバーカー。
歩行や座面の安定性では、歩行車が優れてます。

買い物が辛い高齢者

腰掛けたい時は、座面と押手の高さ、座面の大きさもチェック。

座面は膝位か、それより少し高い位が立ち上がりが楽になります。
また小型タイプは安定性に欠けるので、避けた方が良いです。

身体に合った調整が出来る(高さ調整目安)

歩行器は、本人の身体や能力を見て選ぶのも重要です。

よく言われる歩行器の高さ目安は、下記。

  • グリップを持った時、肘が軽く曲がる
    楽に少し前傾した姿勢
  • 前腕支持型の場合、肘が90度に曲がる高さ

※参考「歩行器・杖選定の目安」より

相談をするシニア夫婦

歩行器は、利用者の身体に合ったサイズ選びが重要です。
サイズ感や高さ調整範囲など、事前によく確認したいですね。

困った時は、福祉用品店等の専門相談員にも相談しましょう

事故リスクに配慮し、上手く使える物を

歩行器は、歩行が不安定な人の為の介護用品です。

歩行が不安定という事は、転倒等の事故リスクも高い状態です。

  • 歩行器を上手く扱えず、転倒する
  • 坂道や段差での転倒
  • ブレーキを掛け忘れ、座面から転落
    あるいは転倒する

こうした事故リスクに配慮した商品選びも重要。
場所や身体に合った物かつ、本人が上手く扱えるかまで考えて決めて下さい。

困っている介護士

またこれらの判断は、素人には非常に難しいです。

介助や見守りが必要、リハビリ目的で使うなど…。
危険リスクが高い時は、専門家に相談する様にして下さい。

ネット通販でも、介護用品の専門ショップもあります。
下記では、専用フリーダイヤルで「商品説明」や「選定」も行ってますよ。

おすすめの介護用歩行器

ここからは、補足も兼ねて実際の商品を紹介。

自分で気になった物、人気商品など、オススメの歩行器をピックアップ。
価格や機能等の比較にお役立て下さい。

Cific「歩行器 交互・固定2way式」

続いては、固定・交互式の切り替えが可能な歩行器です。

どちらを使うべきか迷った時に便利です。

Cific「歩行器 交互・固定2way式」

参考価格
(Amazon)
約6,000円
サイズ(高)76.5~94㎝×(幅)53cm×(奥)46cm
重量2.6kg
機能・特徴
(メーカーより)
  • 高さ調整8段階
  • 交互式・固定式切替
  • 折りたたみ可

こちらは、執筆時点でAmazonの売れ筋ランキング上位にある商品。

口コミを見ていると、家庭で移動式の手すりとして使われてる様子。
家は段差が多いので、キャスター無しの方が上手く使えるみたいですね。

トイレ等での立ち上がりが安心という声が多く見られました。

値段が手頃で、折り畳み機能があるのも高評価。

島製作所「マーチS」(シルバーカー)

まずは、標準的なシルバーカーを紹介。

収納スペースも広く、買い物かごも載せられます。
花柄やチェック柄など、オシャレなデザインが用意されてます。

島製作所「マーチS」

参考価格
(Amazon)
8,800円~
サイズ(高)84~93cm×(幅)50cm×(奥)60cm
ハンドル高
84~93cm
座面
(高)43cm×(幅)36cm×(奥)29cm
重量7.5kg
機能・特徴
(メーカーより)
  • 高さ4段階調整
  • ハンドブレーキ、停車ブレーキ有
  • 前輪ダブル(動作角度120度)
    ※固定も可
  • 杖・傘ホルダー付き
  • 折りたたみ可

メーカー説明では、「車体が広く安定性良好、スタンダードなタイプ」との事。

Sはスチールの意味で、バッグ以外の本体はスチール製です。

ブレーキは、ハンドブレーキと停車ブレーキを搭載。
使いやすいオーソドックスなタイプです。

自立歩行が可能な方は、シルバーカーを中心に検討しましょう。

マキテック「キャリースルーンN」(シルバーカー)

屋外での使用が多いシルバーカー。

「段差乗り越えが心配…」という方は、下記商品もオススメ。
約3cmまでの段差を楽に通過できます。

マキテック「キャリースルーンN」

参考価格
(Amazon)
15,170円~
サイズ(高)80~100cm×(幅)42.6cm×(奥)55.7cm
ハンドル高
80~100cm
座面
(高)44cm×(幅)22.8cm×(奥)20.7cm
重量3.7kg
機能・特徴
(メーカーより)
  • 高さ調整5段階
  • ハンドブレーキ、停車ブレーキ有
  • 前輪シングル(自在)
    ※段差用補助輪付き
  • 杖・傘ホルダー付き
  • 折りたたみ可

前輪の前に補助輪があり、約3cmまでの段差なら楽に乗り越えられます。

前方のバッグを倒せば、腰掛座面として使えます。

軽量・コンパクトタイプをお探しの方にもオススメ。

竹虎ヒューマンケア「ハッピーIINB」(歩行車)

こちらは、標準的な四輪歩行車

座面クッションとカゴも搭載、屋内外で使える人気モデルです。

竹虎ヒューマンケア「ハッピーIINB」

参考価格
(Amazon)
約23,100円
サイズ(高)78~87㎝×(幅)55.5cm×(奥)62cm
【ハンドル高】78~87cm
【座面】(高)50cm×(幅)30.5cm×(奥)30.5cm
重量7.7kg
機能・特徴
(メーカーより)
  • 高さ調整5段階
  • 座面クッション、カゴ有
  • 折りたたみ可
  • ハンドブレーキ、停車ブレーキ搭載

メーカ曰く、「シンプルかつ安全性と信頼性が高いスタンダードタイプ」。

ブレーキの耐久性も高く、座面も安定性重視のデザイン。
口コミも高評価で、施設内や屋外などを中心に活躍してるとの事。

人気の高い定番モデルですね。

便利な「歩行器付属品」

歩行器やシルバーカー使用にあたり、下記付属品もあると便利です。

  • ステッキホルダー
  • 反射板

杖を使用されるのであれば、ステッキホルダーも取り付けられます。
機能になくとも、後付け可能な商品もあります。

また屋外の使用がメインなら、反射板は欲しいですね。

車や自転車に存在を知らせ、少しでも事故防止に繋げましょう。
シールタイプを使えば、楽に貼り付けられます。

【関連情報】移動・立ち上がりを助ける介護用品

今回は、「歩行器とシルバーカー」についてお伝えしました。

ただ歩行が辛いという事は、その他場面でも悩みが出てきます。

  • 立ち上がりが辛い
  • トイレやお風呂が不安
  • 転倒事故が心配

きっと、こんな不安もある事と思います。

これらの場面でも、やはり介護用品が役に立ちます。
役立ちそうな記事をピックアップしたので、良ければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました