「高齢者向け椅子」の選び方とオススメ商品まとめ

高齢者向け椅子の選び方家族の介護

高齢になり足腰が弱り、立ち上がりが辛い。
座ってくつろげる椅子が欲しい。

そんな方の為に、「高齢者向けの椅子の選び方とおすすめ商品」をまとめました。

記事の内容

  • 椅子の特徴と機能
  • 高齢者向けの椅子の選び方
  • おすすめの高齢者向け椅子

高齢者向けといっても、特徴や使い道も様々。
おすすめ商品はもちろん、目的に合った理想の椅子に出会えるよう、その選び方から解説します。

スポンサーリンク

「高齢者向けの椅子」はどんなモノ?

高齢者向けの椅子といっても、具体的な決まりはありません。
その為、使い道や目的にあった物を選ぶ事が大切です。

オススメ商品を紹介する前に、その特徴や選び方からお話しします。

日常生活にも娯楽

高齢者向けの椅子は、商品名では「高座椅子」や「介護チェア」などと呼ばれます。

その他の機能や特徴は、椅子によって異なります。万能に使える商品は少ないので、失敗を防ぐには「どう使いたいか」の目的を明確にする必要があります。

当記事では、リビング等での使用を想定してます。
シャワーチェアについては、「介護用シャワーチェアの選び方」を参考下さい。

「立ち上がりが楽」で「疲れにくい」

高齢者向け椅子の共通点は、立ち上がりが楽で疲れにくい事ですね。

自宅でくつろぐ高齢男女

その為、下記の特徴を持った商品が多いです。

高齢者向け椅子に多い特徴

  • 手すりが持ちやすい
  • 座面の高さ調整ができる
  • 安定感やクッション性が高い

立ち上がりに注目すると、「手すりが持ちやすく、力が入りやすい」。
「座面の高さを立ちやすい位置に調整できる」という使い方が可能になります。

手すりを使うと椅子に負荷がかかるので、安定性の高さも大切ですね。
また「和室」と「洋室」、どちらにおいても馴染むデザインの椅子も多いですよ。

「休息用」と「活動用」で使い分けよう

高齢者向けの椅子が欲しい理由は、人それぞれでしょう。

ただ大まかには、主に下記の理由になると思います。

  • 立ち上がり等を楽にしたい
  • 寝たきり防止や休息に使う
  • 食事や交流、体操などの活動に使いたい

立ち上がりについては、前述の通り。

その他2つを見ると、「休息」か「活動」かになりますね。

高齢者イメージ

「休息用」と「活動用」では、使うべき椅子が異なります。
椅子をどう使いたいかを事前に考えておくと、失敗も少なくなります。

休息に使うのであれば、「背もたれが高く、リクライニング機能があるもの」。
活動に使うなら、「背もたれが低めで、動きやすい物」等が選択肢に入ります。

高齢者向けの椅子の選び方

ここからは、高齢者向け椅子の選び方を具体的に紹介します。

良い椅子の選び方の1つに「良い姿勢で座れる」という考え方があります。
「何が良いか分からない」という時に、参考にしてみて下さい。

基本的には、「ご本人の好みで決めてOK」です。
欲しい機能や好みのデザインなど、気分よく使える物を選びましょう。

正しい姿勢で使える椅子を選ぼう

なぜ椅子での姿勢が大事なのか。
それは悪い姿勢で座ると、下記の様な悪影響がある為。

悪い姿勢で座ると…

  • 背中が丸くなる
  • お尻の痛み、褥そうの原因になる
  • 食事や立ち上がりなど、動作がしにくくなる

椅子に座る正しい姿勢と悪い姿勢

例えば、お尻が前に滑る「ずっこけ座り」は特に良くないですね。

立ち上がりも食事もしにくく、動きにくさの原因になります。
加えてお尻も痛くなるし、床ずれの原因になる可能性もあります。

高齢者向け椅子の理想と、真逆の椅子になってしまいますね。

「活動」や「休息」など目的が何にせよ、自然と姿勢よく座れる椅子が理想
長時間使用するのであれば、座面のクッション性も大切です。

詳しい選び方は、次項から解説します。

椅子座面の「高さと奥行」の選び方

椅子座面の高さと奥行は、座った時の姿勢に大きく影響します。

椅子の奥行と高さ

例えば、「奥行が深すぎる」「座面が高すぎる」ような椅子は、ずっこけ座りの原因になります。

奥深く腰掛けた時に、”膝の裏が当たらない”。
膝が上がらず、”自然にかかとが床につく”のが、ちょうど良い奥行と高さになります。

「高さ調整機能」があると、こういった調整も効きやすくなります。

また椅子の幅も、姿勢や座りやすさに影響します。
狭いと窮屈ですし、広すぎると姿勢が崩れやすくなります。

「お尻の両脇に握りこぶし1つ分の余裕があると、ちょうど良い幅」と言われてます。

「座面の傾き」と「クッション」について

座面には「5℃前後の傾き」があると、姿勢の維持がしやすくなります。

傾きが無いと、お尻が前に滑りやすくずっこけ座りの原因に。
傾きが強すぎると、後方に引かれ過ぎて立ち上がりしにくくなります。

ポイントを説明する看護師

また座面のクッションは、柔らかすぎると姿勢が崩れやすくなります。
ほど良い固さで、長時間快適に座れる物がベスト。

背クッションも、同様に長時間使っても苦にならないモノが理想。
背中のカーブに合った形が良いですね。

「背もたれ」と「肘掛」の選び方

背もたれの高さは、休みやすさや動きやすさに影響します。

肩甲骨の下まで位だと「動きやすさ」。
頭までサポートするタイプは、「休息用」として使うのに優れます。

椅子の使用場面と目的に応じ、選ぶと良いですね。

一般的に背もたれの角度は、「95~105°位」が多くなります。

それ以上寝かせたい場合は、下記機能付きの椅子を選ぶと角度変更が可能です。

椅子の「背もたれ変更」が出来る機能

  • 『リクライニング機能』
     ⇒「背もたれ」のみが傾く
  • 『ティルト機能』
     ⇒「座面と背もたれ間の角度を維持」しつつ、椅子が傾く

ティルト機能は、車椅子等の介護に重きを置いた用品に多いです。
一般商品から選ぶなら、リクライニング機能ですね。

また肘掛は、「肘を曲げた時に肘が付く高さ」が目安。
立ち上がりに使用する場合、少し長めで握りやすいデザインを意識して選びましょう。

おすすめの高齢者向け椅子

それでは、おすすめの高齢者向け椅子をご紹介します。

先述の選び方も意識してますが、機能や価格のバリエーションを最重視してます。
その点だけご了承ください。

大商産業「高座椅子 VT-250」

まずは、高齢者向け椅子に欲しい機能を搭載した商品から。
「リクライニング」と「座面高さ調整」に対応しています。

大商産業「高座椅子 VT-250」

参考価格
(Amazonより
約17,990円
サイズ
【幅】63cm
【奥行】72~134cm
【高さ】99~108cm
【座面高】37~46cm
機能・7段階リクライニング
・座面高さ4段階調整可能
備考・カラー2種類
・オットマン付きVerも有り

主に休息用のイスとして使いやすい商品です。
「テレビを見てくつろぐ」なんて時にオススメですね。

リクライニングは7段階、座面高さは4段階の調整が可能。

山善「高座椅子 KMZC-55」

こちらは機能を充実させつつ、少し背もたれを低くしたタイプ。
完成品で届くので、組み立ても不要です。

山善「高座椅子 KMZC-55」

参考価格
(Amazonより
約9,700円~
サイズ
【幅】54cm
【奥行】54cm
【高さ】68~80cm
【座面高】27/31/35/39cm
機能・リクライニング3段階
・背もたれは折りたたみ可能
・座面高さ4段階調整可能
備考・組み立て不要

リクライニングは3段階調整可能で、背もたれは折りたたみ可。
座面高さは4段階の調整に対応。

「サイズ」「機能」「価格」のバランスが良い商品ですね。
背もたれが高くない方が良いという時は、こちらが良いかと。

山善「優しい座椅子 SKC-56H」

組み立て不要は嬉しい人が多いと思うので、山善さんよりもう1つ紹介。

こちらは、座面が低く場所を取らないタイプ。
手軽に立ちやすい環境が作れ、組み立ても不要。

山善「優しい座椅子 SKC-56H」

参考価格
(Amazonより
約7,700円~
サイズ
【幅】57cm
【奥行】51cm
【高さ】56cm
【座面高】22/26/30cm
機能・背もたれは折りたたみ可能
・座面高さ3段階調整可能
備考・カラー2種類
・組み立て不要

小型椅子のメリットは、持ち運びが楽でスペースを取らない事。

椅子を使う程ではないが、立ち上がりを楽にしたい時にオススメ。
和室にも合うデザインなので、どこでも使えます。

山善の商品は、他にも組み立て不要の椅子が販売されてます。
興味があれば、調べてみて下さいね。

タンスのゲン「回転式ハイバック高座椅子」

こちらは、回転式で足置きもある椅子。
高齢者向け椅子にある機能を満載した商品ですね。

タンスのゲン「回転式ハイバック高座椅子」

参考価格
(Amazonより
約18,800円
サイズ
【幅】60cm
【奥行】66~125cm
【高さ】82~98.5cm
【座面高】40cm
機能・リクライニング
・オットマン付き
・回転式
備考・カラー2種類
・オットマンなしVerも有り

デザイン・機能的に、休息用のイスにオススメ

オットマンと言うのは、足置きの事ですね。
リクライニングと併用すると、快適に休む事ができます。

ただオットマン付きの椅子は、立ち上がり時に邪魔になってしまう事もあります。
立つ時は、きちんと下げる様に注意しましょう。

ottostyle.jp「ダイニングチェア 介護椅子」

「介護施設では、どんな椅子を使ってる?」。
その答えが、下記の様な商品です。

ottostyle.jp「ダイニングチェア 介護椅子」

参考価格
(Amazonより
約7,200円~
サイズ
【幅】53cm
【奥行】55cm
【高さ】79cm
【座面高】33/36/39cm
機能・座面高さ3段階調整可能
備考・カラー豊富にあり

ここまでに紹介した椅子と比べ、かなり普通ですね。
シンプルな物を求める方にオススメです。

普段使い用のイスとして、無難に使いやすい商品です。
座面高さも3段階で調整可能で、簡単な機能は付いてます。

施設では、「車椅子を使わない、自分で歩ける人」が主に使用されます。
食事時やダイニングでくつろぐ時なんかに使われます。

【関連情報】立ち上がりや転倒が不安な時の便利グッズ

高齢者向け椅子が欲しい時は、「足腰や転倒が心配」という悩みもあるかと思います。

最後に関連情報として、高齢者の家庭生活を安全にするグッズを紹介します。
家の中で簡単に使用できる物ばかりなので、知っておくと便利ですよ。

例えばこんな事ができる
 ※クリックで解説記事へ

他には、立ち上がりが辛い時は「介護ベッド」の導入を考えても良いかと思います。

使用したい場面、機能など、椅子と共通する所も多いですね。
必要となった時の為にも、知識を持っておくと役立つと思いますよ。

介護用ベッドのオススメはどれ?機能やサイズと共に選び方を解説!
介護用ベッドのおすすめ商品や選び方等をまとめました。機能やサイズによる種類の違い、使い方や必要な機能など、基本的な事から総合的に解説します。介護経験での使用感を交えつつ、詳しく解説。立ち上がりの辛い高齢者にも、使用をお勧めします。

もう1つ椅子繋がりとして、座ってできる体操の情報も。

活き活きとした身体作りには、運動も大切です。
そうした介護予防の体操には、座ったまま簡単に出来る内容も多くあります。

良い椅子が見つかったら、活用してみてはいかがでしょう。

高齢者に人気の体操DVDを紹介!介護予防や施設レクも対応
年齢による衰えや健康が気になる方へ、高齢者向けの体操DVDを紹介します。施設高齢者に人気があったDVDを中心に、誰でもできて頑張らずに続けられる内容を重視し選びました。自分の為の健康運動や介護予防だけでなく、施設レクにも使用できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました