和式トイレが工事不要で洋式に!簡易洋式便座のオススメと選び方

和式トイレを洋式する方法 介護用品

高齢になったり、不調で体力が落ちていると、辛いのが和式トイレ
「引っ越し先が和式トイレしかない」など、お困りの方もいるのではないでしょうか?

今回は「簡易洋式便座」というモノで、和式トイレを洋式にする方法をご紹介します。

商品を選ぶ時に注意する事や、色々な機能など…
その特徴やオススメ商品についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

簡易洋式便座で洋式トイレにできる

簡易洋式便座とは、和式トイレを洋式トイレのように使用する為の便座です。
和式トイレにかぶせるだけで、洋式と同じく腰かけて使用できます。

簡易設置型洋式便器(トイレ)等とも呼ばれ、メーカーにより言い回しが異なります。

実物は、このような商品です。

簡単に設置でき工事不要のため、設置費用が安く済ませやすいのもポイント。

1つ注意点として、ご家庭のトイレの作りにより、購入すべきタイプが異なります
後述しますので、確認してから購入して下さいね。

介護保険を利用しての購入も可能

簡易洋式便座は「介護便座」とも呼ばれ、介護保険を利用しての購入も可能です。

チェック

その場合、要介護認定を受けている事が前提条件になります。
また介護度によって利用可能かどうか異なりますので、自治体やケアマネに確認して下さい。

目安としては、要介護2となる事が多いみたいですね。

ご注意
また当記事では、通販での商品リンクを掲載していますが。
通販では、介護保険の適用が出来ないケースが多いので、その点ご了承ください。

もし介護保険を利用したい場合、ケアマネなどへ相談し、都道府県の指定を受けた事業者を紹介して貰ってください。

簡易洋式便座の種類と選び方

簡易洋式便座には、据置式両用式の2種類があり、これら違いは便座の高さです。

段差がある和式トイレ

和式トイレには、段差があるタイプと無いタイプがあります。
平らな床の上に便器があるものもあれば、画像の様に段差の上に便器があるものもあります。

適した種類を選ばないと、高さが合わず、使いにくいので注意しましょう。

和式トイレのタイプと適した洋式便座

  • 段差がある和式トイレは「両用式」
  • 床が平らな和式トイレは「据置式」

購入の前には、自宅のトイレをよく確認してみましょう。

据置タイプは、商品により便座の設置向きを変更できます。
スペースを有効活用して、使いやすい向きも選べますね。

洋式便座の色々な機能

簡易洋式便座には、便座の高さ以外にも、商品によって色々な機能が備わっています。

簡易洋式便座の機能

  • 暖房便座
  • ソフト便座
  • オイルダンパー(蓋がゆっくり閉まる)

トイレ内にコンセントがあれば、暖房便座も選択肢に入ります。
寒い時期でも便座が暖かいので快適、商品によって温度調整も可能です。

便座が柔らかい素材でできている「ソフト便座」などもあります。

手でOKサインする女性看護師

また便座カバーで代用する手もあります。
その場合、O型の便座カバーに対応している事が多いようです。

オイルダンパーを採用している便座は、蓋の開閉時にゆっくりと動きます。
バタンという音はかなり気になるので、あると嬉しい機能ですね。

高齢になると、トイレに限らず動くのが億劫になる方が多いです。
快適な環境を作る事で、自立を促したり活気的な生活に繋げていきたいですね。

購入前には便座の大きさもチェック

トイレの段差の有無の他にも、自宅のトイレに設置できるか大きさをチェックしましょう。
商品説明に寸法も表記されているので、幅や高さなどを確認しておくと良いですよ。

また十分な足引きスペースが無いと立ち上がりにくいです。
設置後に窮屈になりすぎないよう、商品の幅や形状にも注目しましょう。

平面に設置する据置タイプなら、向き変更の必要性や対応商品かどうかも確認しましょう。

疑問がある女性看護師

暖房など機能が充実するほど、やはり価格は高くなります。
そのあたりも考え、検討していただければと思います。

もし介護目的で使用される場合は、手すりの設置も検討して良いかもしれません。
こちらも簡単に設置できる商品が販売されていますよ。

タイプ別おすすめの簡易洋式便座

ここからは、おすすめの簡易洋式便座を特集します。
両用式と据置式でタイプ別に、価格目安やサイズも併せ紹介します。

事前説明として、同じコンセプトの商品を、両用と据置それぞれ販売してるメーカーが多いです。
もし自宅に対応してないタイプでも、調べると対応タイプが販売されてるかもしれません。

また価格は、執筆時にAmazonで確認した内容です。
ショップや時期により異なる可能性があるので、目安としてお考え下さい。

両用式の簡易洋式便座のおすすめ(段差あり用)

段差がある和式トイレに適した、両用式の洋式便座のおすすめを紹介します。
段差があっても立ち上がりやすいよう、高さが調整されている便座ですね。

シンプルで安いものから、機能にこだわった商品を選びました。

安価でシンプル「テイコブ腰掛け便座(両用式)」

まずは幸和製作所より、シンプルなデザインの「テイコブ腰掛け便座

価格 4,290円程
サイズ
(幅×奥行×高さ)
38cm×64.5cm×19.5cm

簡易洋式便座の中では、比較的安価な購入しやすい商品。
(Amazon確認で4,300円ほど)

その代わり特筆する様な機能はなく、作りも非常にシンプル
接地面はすべり止めのゴムがついています。

O型の便座カバーが使えるので、併用すると良さそうですね。

機能にこだわるなら「サニタリエース OD 両用式」

暖房やソフト便座、便座の補高など、機能にこだわりたい場合はこちら。
アロン化成の「サニタリエースOD」がおすすめ。

便座は標準タイプの他、暖房便座とソフト便座とバリエーションがあります。
便座とフタにオイルダンパーを使用しているので、手を離しても安心です。

上記は、暖房便座タイプですね。

別売の補高スペーサーを取り付ければ、便座の高さも調整できます。
上フタは臭いが漏れにくい形状になっており、臭い対策もバッチリです。

機能が充実している分、ややお高いのがネック。

安定感や立ち上がりに配慮「サニタリエース HG」

同じくアロン化成より、「サニタリエースHG」。
先ほどの商品のバージョン違いですね。

標準便座のみとなっていますが、安定感や立ち上がりに配慮した構造になっています。

価格 8,000円程
サイズ
(幅×奥行×高さ)
40cm×63cm×21.5cm

本商品の特長は以下

  • ネジで便座と仮固定できる
  • 便座お尻部分がやや高く、立ち上がりやすい
  • 便座が取り外し可能、お手入れがしやすい

高齢者に配慮しつつ、お手入れがしやすいという、洋式便座のデメリットを克服した商品。

便座カバーでクッション性や暖かさをカバーすれば、隙のない便座になりますね。

据置式のおすすめ簡易洋式便座(段差なし用)

続いて、据置式の洋式便座のおすすめを紹介。
段差のない平面なトイレにはこちらを使用しましょう。

基本的な機能は両用と同じですが、90度や180度など、向きを変更し設置できる商品もあります。
段差が無い分、スペースを有効活用して設置できますね。

また見た目が似た商品にポータブルトイレがあります。
間違って購入しないよう、注意しましょう。

シンプル安価な「トンボ 洋式便座 据置型」

据置型もまずはシンプルなデザインの便座を紹介します。

新輝合成株式会社より、「トンボ 洋式便座(据置型)

価格 4,300円程
サイズ
(幅×奥行×高さ)
43.5cmx56cmx39.5cm

こちらは、シンプルな代わりに安価なタイプですね。
価格は4,300円程度。

探せばもう少し安い価格の便座もありますが、価格目安としてはこの辺りになりますね。

機能充実で設置向きも変更可「サニタリエース」

据置式でも機能を求めるなら、アロン化成の「サニタリエース」シリーズがオススメ。

暖房やソフト便座、便座補高といった機能。
それに加え、設置向きの変更が可能なシリーズもあります。

価格 17,210円程
サイズ
(幅×奥行×高さ)
44.5×61.5×40cm

こちらのSDタイプは、90度回転して便座を設置する事も可能なタイプです。
加えて暖房便座機能が付いてます。

サニタリエースの据置式便座は、3タイプあります。

アロン化成の据置式便座

  • サニタリエースOD(標準)
  • サニタリエースSD(90度回転可)
  • サニタリエースHG(180度回転可)

これらから、暖房便座やソフト便座といった機能の有無を選ぶ事が出来ます。
上記商品は、SD(90度回転)タイプで暖房機能付きということですね。

機能で価格が変わってきますから、必要なものを取り捨て選択できるのも魅力です。

前後の向き変更可で便座カバー付き「パナソニック 洋風便座N」

こちらの据置便座は、180度回転して設置可能なタイプ。
便座カバーも付属してます。

パナソニックより「洋風便座据置型N」です。

価格 10,660円程
サイズ
(幅×奥行×高さ)
44cm×60cm×39cm

商品のバリエーションに乏しい分、アロン化成より価格は安い傾向にあります。
※ショップにより値段は異なります

機能にこだわりが無く、前後の向きだけ変えたい場合、こちらの方が安く済むかもしれません。
便座カバーが付いてくるのも、何気に嬉しいですね。

介護目的ならポータブルトイレもアリ

介護目的で洋式便座の導入を検討されている方もいるかと思います。
…でもトイレが遠かったり、使用に不安が残る事もあるかもしれません。

介護ベッドで休む男性とポータブルトイレ

ご本人の状態や、トイレ環境次第では、ポータブルトイレの使用も良いかもしれません。
設置場所も自由で、寝室にも置けます。

下記記事で特集していますので、よろしかったらご覧ください。

ポータブルトイレの種類と選び方 臭い対策方法

最後に

今回は、和式トイレを洋式にできる「簡易洋式便座」についてお届けしました。

最後に商品選びや購入のポイントについて、要点をまとめます。

簡易洋式便座とは

  • トイレに段差があるかで、購入すべきタイプが違う
  • 暖房便座やソフト便座などの機能も
  • 介護保険を利用できる(要介護度や事業者の指定など、条件有)

もし立ち上がりに不安があれば、簡単に設置できる手すりもあるので検討しましょう。
またトイレットペーパーホルダーなども、簡単に置ける商品がありますよ。

トイレの使用感が変わる事で不便になる事もあるでしょうから、必要に応じ活用して下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました