介護で使える「浴室すのこ」を解説【段差解消で滑らない床に改修】

介護向け浴室すのこで段差解消家族の介護

お風呂場の段差解消には、すのこを敷くと便利です。

工事不要で浴室のバリアフリー化ができ、下記の様な悩みを解決できます。

  • 入口と洗い場の段差を解消したい
  • 浴槽が高くて、入りにくい
  • お風呂場でシャワーキャリーを使いたい

当記事では、介護や高齢者を意識した「浴室すのこの使い方や選び方」を紹介。

高さ調整しつつ、滑らない床で段差解消が可能ですよ。
すのこを敷く際の注意点、介護保険との関係等、幅広くお伝えします。

スポンサーリンク

介護で使える「浴室用すのこ」とは

すのことは、板を組み合わせた台みたいな物です。

すのこ

床の一部を切り出したような形ですね。
これを敷く事で、お風呂場の段差を解消する事が出来ます。

工事不要で設置できるので、高齢者介護などでもよく使われますね。
木製のイメージが強いですが、樹脂製の物も存在します。

まずは、浴室用すのこの特徴。
敷く際の注意点などを確認します。

「すのこ」で浴室の段差解消が出来る

前述の通り、浴室用のすのこは主に段差解消に使用します。

浴室用すのこには、下記の様な特徴があります。

  • 「滑り止め」や「防カビ」機能
  • カットや高さ調整に対応
  • 介護保険が使える商品もある

浴室は滑りやすく危険ですので、それに対応した商品が中心ですね。

通常のすのこより、より「安全性」や「段差解消」を意識した商品が多いのが特徴。
滑らず水はけの良い床に回収できます。

案内をする介護士

実際には、「浴室全体の床を底上げ」するよう敷かれます。
その為、カット等による隙間調整も対応した商品もよく見られます。

介護現場でもよく導入され、介護保険で購入できる商品もあります。

また介護で使うすのこには、主に浴室用浴槽用があります。
※単にすのこと言った場合、主に浴室用すのこを指します。

「浴室用すのこ」とは

浴室用すのこは、お風呂の洗い場に敷く物ですね。

下記の様な時に使用します。

  • 脱衣室と浴室の段差解消する
  • 浴槽縁が高く、またぐのが大変な時

手すりを使って入浴する高齢者

すのこを敷く事で、脱衣室と浴室間にある入り口段差を解消できます。

また床が高くなる事で、浴槽縁の高さも低くなります。
「浴槽が高くて跨ぐのが大変」という時にも便利ですね。

「浴槽用すのこ」とは

浴槽用すのことは、浴槽の中に敷くすのこです。

これを使うと、浴槽への出入りが楽になります。

  • 浴槽の深さをカバーできる
  • 浴槽内で座るなど、快適な姿勢も確保できる

浴槽用すのこを使うと、浴槽深さを浅く出来ます。
「お風呂が深く出入りが恐い」という時は、コチラですね。

疑問のある介護職員

浴槽用すのことして使える物に、浴槽台があります。

「介護用浴槽台」の使い方と選び方

浴槽台は過去に解説してますので、本記事では浴室用すのこを主に解説します。

浴室すのこの「使い方と選び方」

浴室用すのこを敷く時は、洗い場全体に敷き詰めましょう。

滑り止めがある商品もありますが、部分的に敷くと不安定になり危険です。
動かないよう、全体に敷き詰めて下さい。

すのこの目や間が大きいと、足の指などが挟まり危険です。
板の間隔は6mm、あるいはそれ以下になるよう注意しましょう。

工事イメージ3

その他に知っておきたい点には、下記があります。

  • 洗い場は、排水の為に微妙に勾配がある
  • 分割して設置すると、取り外しや掃除が楽
  • 「蛇口に風呂おけが入らない」「浴槽高さが低くなりすぎた」など…
    不便が発生する事もある

何にせよ、購入の前には「浴室の広さ段差高さをよく調べる必要がある」という事ですね。

加え、床が高くなる事によるデメリットが発生する可能性もあります。

例えば、「相対的に浴槽が深くなり、入りにくくなる」等ですね。
※洗い場から見た浴槽の高さは、40cm程が出入りに丁度良いとされる

「高さ調整」や「滑り止め」がある商品を選ぶ

ここまでの条件を満たすなら、高さ調整カットに対応したすのこを選びたいですね。

またお風呂場は滑りやすいですので、表面の滑りにくさも重要です。

チェックポイントを教える介護士

すのこには、カットオーダーメイドに対応した商品も多数あります。

高さ調整や隙間調整材に対応した商品もあるので、購入の際は活用しましょう。

工事不要とはいえ、安全に設置するのは意外と難しいです。
リフォーム業者でも対応してますので、依頼してしまうのも1つの手ですね。

介護保険と浴室用すのこ

浴室用のすのこは、介護保険を使った購入も可能です。

介護サービスの相談

入浴補助用具として、福祉用具購入に対応してます。
要支援1から要介護5の方まで、1割~3割負担で購入ができます。

ただし対象となるのは「都道府県の指定を受けた事業者からの購入」のみです。
介護保険を使って購入したい場合、まずは自治体やケアマネに相談して下さい。

お風呂場の段差解消と住宅改修

段差解消という事で、介護保険と住宅改修にも触れておきます。

介護保険の対象となる工事には、段差解消の住宅改修も含まれます。
お風呂場の住宅改修で見ると、下記の様な内容が対象となるようです。

  • 床をすべりにくい床材に取替
  • 床のかさ上げ、入りやすい高さの浴槽に取替等
  • 手すりの設置

参考:高住会(介護保険でできる住宅改修(浴室編)

工事イメージ1

すのこの設置は、住宅改修でなく福祉用具購入の対象。
住宅改修での段差解消は、床や浴槽の工事が主な対象となります。

また支給額は、介護区分に関わらず「支給限度基準額20万円の9割(18 万円)」が上限。
原則、事前申請となるのでご注意ください。

※参考「厚生労働省(介護保険における住宅改修)

こちらも詳しくはケアマネ等に相談して下さい。

「介護向け浴室すのこ」のおすすめ商品

ここからは、実際にどんな商品があるのか見ていきます。

介護や高齢者向けの「浴室用すのこ」をご紹介します。

TOTO浴室すのこ(カラリ床)

介護で浴室にすのこ設置する時、よく使用されるのがTOTOのカラリ床

これをすのことして使用できます。

カラリ床は、TOTO製のユニットバスに採用されてる床。
翌日には乾いているという、水はけの良さが特徴ですね。

その他の商品特徴は、下記です。

  • 様々な長さ・幅で販売
    5mmピッチでカットし出荷する「イージーオーダー」も可能
  • 高さ調整やカットもOK、浴室を隙間なく埋められる
  • 滑りにくく、乾きやすい

乾きやすくて滑らない、お風呂場に適したすのこですね。

防カビ対策にも適してます。
転倒防止はもちろん、浴室用車椅子の使用にも対応。

参考価格としては、25X95cmサイズでおよそ15,000円。
高さは、約6~17cm範囲で調整できます。

スノコちょうせい君

スノコちょうせい君も、福祉用具として使われる浴室すのこです。

水はけ良く、滑らないタイプの天板なので、お風呂場向きですね。
高さ調整やカットにも可能です。

商品バリエーションは、高さ調整幅が異なるA~Dタイプの計4種類。
6.5cm~22cmまでの高さが選べます。

価格目安は、40×90cmサイズで24,000円ほど。

公式サイトでは、設置方法や設置事例も紹介されています。

ロイヤルスノコ

低価格な簡易すのこも紹介しておきます。

例えば、こちらのロイヤルスノコですね。

発報素材を使用したスノコで、暖かな使用感が特徴。

60×85cmサイズで、高さは3.6cm。
1枚約3,000円と気軽に購入できます。

溝や排水穴もあり水はけにも配慮、凹凸や滑り止めで安全性も高めています。
安さを重視するなら、検討してみてはどうでしょう。

リフォーム業者にすのこ設置を依頼する

工事不要とは言え、浴室にすのこを敷き詰めるのは大変です。

  • 長さや高さを測る必要がある
  • キレイに敷き詰めるには、すのこのカットも必要
  • 浴室や状態にあった商品を選ぶ必要がある

こんな感じで、意外と手間もかかり難しいですよね。

工事イメージ2

「もし自力では無理そう」と思ったら、リフォーム業者に依頼すると良いでしょう。

すのこ設置時の費用を調べてみたところ、下記事例が見つかりました。

  • 段差解消+手すり設置【15万円】
  • すのこ設置+内窓取り付け+その他【15万円】

業者や工事内容により異なりますが、すのこ設置のみなら10万円以内に収まりそうですね。

手すりの設置も、安くて2万円程~で可能。
浴室の悩みが沢山あるなら、この機会に相談してみると良いでしょう。

下記サービスで、業者や見積価格などの比較ができます。

お風呂を安全にする介護用品情報

最後に、高齢者介護と浴室の関連情報をご紹介します。

手すりを使って入浴する高齢者

まずは、お風呂場用の手すりですね。
工事不要の介護用品もあれば、住宅改修で設置できる手すりもあります。

手すりがあると、洗い場での移動、浴槽への出入りが安定します。
転倒事故を減らせるので、高齢者のいるご家庭ではまず検討したいですね。
介護での「風呂場・浴槽の手すり」を解説!工事不要や住宅改修も対応
高齢者介護で便利な「お風呂用の手すり」を解説。浴室の壁や浴槽など、様々な場所に設置できる手すりの種類と使い方を紹介。工事不要で後付けできる物、住宅改修での設置場所・費用まで幅広く説明します。吸盤型や浴槽手すりのオススメ種類、各風呂手すりと介護保険の利用条件などもお伝えします。

他には、高齢者向けのシャワーチェアもあります。

介護を意識した商品は安定性に優れ、安全な風呂椅子として使用できます。
手すりと併用すれば、洗い場での動作もかなり安定しますね。

介護用シャワーチェアのオススメはどれ?高齢者向け風呂椅子の選び方
高齢になり体が動かず毎日の入浴が辛い、入浴介助を楽にしたい。そんな時は「介護用シャワーチェア」が便利です。悩みや困りごとに応じ、おすすめのシャワーチェアとその選び方を解説します。家族で使う安全な風呂椅子欲しい時にもご検討ください。

その他のお風呂用介護用品は、下記記事で解説してます。
良かったらご覧ください。

お風呂で使える介護用品まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました