浴槽台の使い方と選び方を解説【入浴介護】

家族の介護

高齢になると、浴槽をまたぐ動作が辛くなってきます。
お風呂の中でも姿勢が安定せず、入浴が不安な方も多いでしょう。

そんな時に便利なのが「浴槽台」。
これは浴槽を跨ぐ時の踏み台、浴槽内でのイスとして使える物です。

今回は「浴槽台の選び方と使い方」を解説します。
家族の介護や入浴に不安がある方は、ぜひご参考下さい。
スポンサーリンク

介護で使う浴槽台とは?

浴槽台とは、お風呂の中に設置する台の事で「浴槽内椅子」「半身浴チェア」とも呼ばれます。

主に介護など、高齢者が安全に入浴する目的等で使います。
入浴中の姿勢を保ったり、立ち上がりやすくする等の効果があります。

浴槽内でのイスや踏み台に使える

浴槽台は、主にステップ台イスとして使用します。
浴槽を跨ぐのをサポートしたり、浴槽内のイスとして姿勢を安定させてくれます。

用途が幅広い商品になると、シャワーチェアを兼ねる物もあります。
目的に応じ、慎重に商品を選ぶようにしましょう。

シャワーチェアは、別記事で解説してます。
介護用シャワーチェアのおすすめ商品と選び方

チェック

他の入浴補助用品に「入浴台」や「バスボード」があります。
これらは浴槽縁や上に固定して出入りをしやすくする道具です。

混同しやすいのでご注意ください。

浴槽台の具体的な使い方

浴槽台の使い方を説明する前に、実物を確認してみましょう。
商品リンクで申し訳ないですが、この様な道具です。

一見、低めのシャワーチェアの様な形をしていますね。

浴槽台の使い方としては、下記の様な方法があります。

浴槽台の使い方

  • 浴槽内で腰掛ける
  • 浴槽内・外でのステップ台
  • 浴槽内で倒し、つい立てにする

例えば、浴槽が広くて足が届かずお尻が滑る時。
そんな時に「つい立て」や「イス」として使用すると、姿勢が安定し、立ち上がりも楽になります。

入浴介護をする女性

他にも浴槽内が深い時や浴槽縁が高い場合に、高低差の緩和に使用する方法もあります。
ただし、浴槽内では段差が生まれてしまう点には注意です。

「浴槽手すり」を併用するとさらに安全

この様に便利な浴槽台ですが、それでもお風呂場は高齢者にとって危険が多い場所です。
身体状況や浴室環境に応じ、適切な福祉用具の使用を心がけましょう。

手すりを使って入浴する高齢者

「浴槽の出入り」や「浴槽内での姿勢保持」を目的とする場合、浴槽台だけでは少し不安に感じられるかもしれません。そんな時は浴槽手すりを併用すると、安全性が増します。

上記の様な「簡易取り付けタイプ」もあるので、ご本人の状況に応じご検討ください。

また浴槽縁の高さが高い場合、洗い場側にすのこを置くという手もあります。
危険防止として、滑り止めマットなどの道具も便利です。

介護で使う「オススメ入浴滑り止めマット」まとめ【転倒事故防止】
入浴介護中の転倒事故防止に使える「入浴滑り止めマット」を紹介します。敷き方や選び方から、オススメ商品まで詳しく解説します。お風呂の中だけでなく、洗い場や浴槽縁に使える様々な滑り止めをご紹介してます。

介護保険は適用される?

浴槽台は特定福祉用具の「入浴補助用具」に該当し、購入時に介護保険の適用が可能です。
この他には、浴槽用手すりやシャワーチェア等も入浴補助具です。

介護サービスの相談

注意として、特定福祉用具は指定を受けた事業者から購入した場合に限り、給付の対象です。
例え給付対象の商品でも、指定外の事業者から購入した場合は対象外です。

介護保険を利用したい場合、詳しくは自治体やケアマネージャーに相談して下さい。

Amazon等の通信販売は、そのほとんどが給付の対象外です。
当記事でも通販商品を紹介してますので、ご購入の際はその点ご了承ください。

浴槽台の種類と選び方

吸盤で固定するタイプ」と、重みで沈む「自重タイプ」があります。

「吸盤タイプ」は固定力がありますが、入浴中には動かせません。
置ける場所も、浴槽内専用の商品が多くなります。

「自重タイプ」は動かせる分、滑ってしまう可能性もあります。
浴槽外でも使用できる商品が多く、使用場面が幅広いモノが多いですね。

ポイントを説明する看護師

また高さ「調整機能」や「天板の素材」にも注目です。柔らかいタイプは座り心地が良く、硬いものは踏み台として安定し、滑り止め機能がある商品が多くなります。

実際に商品を見ながら、確認していきましょう。

吸盤タイプの特徴

吸盤タイプは固定力があり、軽量で持ち運びが楽なのが特徴です。

使い勝手は良くも悪くも吸盤次第なので、商品選びや設置方法も大切ですね。

吸盤タイプは、洗い場の小さく細かなタイルには設置が難しい点に注意。
その意味で「浴槽内専用の商品」です。

こちらはアロン化成の「吸盤タイプ浴槽台」です。

天板は、「ソフトクッション」と「すべり止めシート」の2種類。
上記商品は、すべり止めタイプですね。

大吸盤の中に小吸盤がある2重構造で、横滑りしにくいのが特徴。
ワンタッチボタンで取り外し可能なので、外す時も簡単です。

自重タイプの特徴

自重タイプは重さで沈むので、設置場所を選びません。
浴槽内と洗い場での使用を兼用できる商品が多いのも特徴です。

重いイメージですが、軽さや扱いやすさを意識した物も多いですね。
商品数も多く、サイズにこだわる場合も探しやすいでしょう。

こちらは、軽くて扱いやすい自重タイプの浴槽台。
天板に「すべり止めシート」を採用し、踏み台として使いやすい商品ですね。

アロン化成のあしぴたシリーズは、脚裏に滑り止めゴムと小吸盤を使用してます。
自重タイプながら、吸盤タイプの良いとこ取りをした商品ですね。

浴槽が狭い時は「ミニサイズ」も便利

浴槽が狭い時は、ミニサイズもあります。

下記は、「ミニサイズのソフトクッションタイプ」ですね。

高さ調整も可能で、他商品ラインナップも豊富。
アロン化成は、入浴や排泄介護用品に強いメーカーなのでオススメです。

浴槽台の選び方まとめ

ここまでで浴槽台の種類がある程度ご理解いただけたと思います。

最後に、浴槽台の選び方をまとめておきます。

浴槽台の種類 使用例 注意点など
吸盤タイプ 浴槽内でのイス、踏み台 タイルが細かいと吸着しにくい
洗い場での使用は不向き
自重タイプ 浴槽内外でのイス、踏み台 脚の滑り止め・安定性に注意して選ぶ

イスとしてならソフトクッション、踏み台なら滑り止めシートの天板がお勧め。
どちらのタイプを使うにしても、「横滑りしにくい商品を選ぶ」のが大切ですね。

まとめ

今回は「浴槽台の使い方と選び方」をご説明しました。

身体が上手く動かない時は、入浴の楽しみも持てなくなります。
高齢者・介護者どちらにとっても、不安の多い時間になってしまうでしょう。

そんな時は、浴槽台をはじめとした入浴補助具を検討しましょう。
悩みに合った道具を上手く選べば、きっと入浴の楽しみを取り戻せますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました