介護用食事エプロンの種類と選び方【食べこぼし防止のオススメは?】

介護の食事用エプロンの種類とおすすめ商品介護用品

介護の場では、食事用エプロンがよく使用されます。
ですが、「どんな時に使用すべきか」「どんなものを選ぶべきか」ご存知でしょうか?

食事用エプロンは使用回数も多くなりがちなので、使い勝手の良い品を選びたい物。
当記事では、「介護用食事エプロンの種類やおすすめ商品」をまとめました。

食べこぼし防止性能、デザインなど、介護での食事エプロンを解説。
自分で使ってみてのおすすめエプロンもご紹介します

※介護士など、介助する側のエプロンは下記をご覧ください
 ⇒介護士用のおすすめエプロンを特集!

スポンサーリンク

介護で食事用エプロンが必要な時

自分で食事が食べられるけど、身体が上手く動かずどうしても食べこぼしてしまう。

そんな時に食事エプロンを使用すると、衣服やテーブルの汚れを気にせず楽しめます。

介護用食事エプロンを使いたい時

  • 自分で食べられるが、食べこぼしがある
  • 食事介助を必要とする

たとえ認知症があっても、食べこぼしに「申し訳なさ」「気恥ずかしさ」は感じます。
衣服汚れによる更衣の負担なども軽減できます。

女性訪問介護員の食事介助

実際の介護現場では、食事介助が必要な方にも多く使用されています。

施設によって考え方は異なる事がありますが…、
主に食べこぼしのある方・食事介助が必要な方に多く使用されます。

こういった時に、ご家族へ購入依頼する事もあるので覚えておきましょう。

エプロンは、食事を楽しく衛生的にする為の商品ですね。

介護用食事エプロンの種類

介護で使う食事用エプロンは大きく分け、以下の2種類があります。

介護用食事エプロンは2種類

  • 繰り返し利用できるタイプ
  • 使い捨てタイプ

どちらにも良いところはあり、一長一短です。

これらは、撥水加工で表面がツルツルとしたデザインになっています。
食事中に濡れてしまっても大丈夫ですし、食事汚れによる染みが付きにくい仕様です。

「繰り返し利用」できる食事エプロン

介護用の食事エプロンは、「繰り返し利用できるタイプ」が主流です。

もし迷ったらこちらがオススメ、種類も多く様々なデザインを選ぶ事が出来ます。
施設で購入を頼まれた場合も、こちらを選べばOK。

介護エプロン

利用後は洗濯機でまるごと水洗いし、繰り返し利用できるのが特徴。
エプロンの質も、繰り返しタイプの方が優れます。

またエプロンの丈やポケットの有無など、好みの物を選びやすいのもこちら。

例えば、ロング丈ならテーブルや衣服全体をカバー可能。
ポケットが、あれば食べこぼしをキャッチします。

こちらは「Amzonの口コミ」で評価の高い商品。
上記はオーソドックスなタイプですね。

凝ったデザインのものも発売されているので、利用者の好みに合わせることも可能です。

ただ繰り返し利用してると、いずれ色褪せや劣化も発生します。
色褪せが目立つようになってきたら、買い替え時かと思います。

「使い捨てタイプ」の食事エプロン

使い捨てタイプは、毎回新しいものを使用できるので衛生的です。

洗濯の手間は省けますが、ゴミが出てしまうのが欠点ではあります。
外出先等での使用などに備え、1箱ストックしておくと便利かと思います。

デザインはシンプルなものが多く、透明なビニールエプロンが主流です。

多くは上記の商品のように、10枚~60枚ほどで1箱となっています。
利用する際は、1枚ずつ取り出して使用することが出来ます。

ポイントを説明する看護師

衛生面では優れますが、総合的な使い勝手は「洗えるタイプの方が優秀」ですね。
枚数がある分、1枚1枚の質は低いので使い心地も良くないです。

いざという時の「備え」として、持っておくのが良いかと思います。

介護用食事エプロンの選び方

繰り返し・使い捨てタイプ共に、「100円ショップ」等でもエプロンが売られてます。

但し、安かろう悪かろうというパターンが多く、あまりお勧めはしません。

毎日使うものですし、質の低い商品だと、エプロンの使用目的を達成出来ません
食べこぼしを防ぐ、衣服を汚れから守るという、本来の目的を忘れないようにしましょう。

車イス上での食事

また食事用エプロンは色々な所で販売されてますが、必ず介護用である事を確認し購入して下さい。

介護用でない場合、単におしゃれ用品であったり、食べこぼし防止に不向きだったりします。
子ども用のよだれかけ等と間違わない様にも注意

介護での使用に不適切な場合が多く、その場の使用目的と合いません。
「介護用(大人用)」という表記に注目して選びましょう。

おすすめの食事エプロンは?

エプロン2タイプのメリット、デメリットを簡単にまとめました

繰り返しタイプ
種類が多く、個人にあった物を選べ、機能性に優れる
×洗濯が必要
使い捨てタイプ
毎回新しいものを使え、衛生的
×ゴミが出る、デザインはシンプルで質で劣る

介護福祉士の月収

既述の通り、個人的なおすすめは「繰り返しタイプ」。
機能性、使い心地、デザイン、これらにおいて優れてます。

使った事のある商品ですと、オススメは下記の食事エプロン。

幅が広くて使いやすく、滑りにくいのが特徴。
1日3回洗っても長く使えたので、耐久性も心配ないです。

柄は2種類、どちらも男女兼用でイケると思います。
迷ったらコレと言えるくらいにはオススメですね。

気分良く食事できる「おしゃれエプロン」

介護現場で働いているので、見慣れてしまったのですが…。

食事エプロンは、「介護されてます」「食べこぼします」という主張が強い事に気付きました。
これでは、「食事用エプロンは嫌だ」という人がいるのも頷けます。

腕組み疑問

食事用エプロンには、そうした需要にこたえ、おしゃれエプロンも開発販売されてます。

例えば「衣服と馴染むようデザインされたもの」ですね。

こちらの食事エプロンは、シャツの様なデザインになっています。

単体でもおしゃれエプロンですが、前開きの上着を羽織ると違和感がなくなります
周りの目が気になる方にも、勧めやすいですね。

デザイン重視なので、機能性はそれに特化したものには劣ります。
上手く両立したものがあれば良いですが、やはりどちらかに寄ってしまうみたいです。

その方に合わせ、気分良く使えるものを選んであげましょう。

エプロンだけじゃない「食事の介護用品」

食べこぼしを防ぐ方法は、食事エプロン以外にもいくつかあります。

そうした食事の介護用品代替方法の情報もお伝えします。
ご本人が気分よく食事出来る方法を選びましょう。

「介護用食器」と「滑り止め」

エプロンが必要な理由の1つとして、食事が上手く口に運べない事があると思います。

「スプーンで上手くすくえない」、「口に運ぶ途中で落としてしまう」などですね。

介護スプーン

そんな方のために、介護用のスプーンや食器があります。

身体が上手く動かせない方でも、食事がとりやすいよう設計されています。
使用する事で、「本人が自分で食べること」をサポートしてくれます。

介護用食器の種類とオススメ商品を紹介!【スプーンやコップも対応】
高齢者介護や手の不自由な方向けの介護用食器を解説。お椀やスプーン、コップなど、目的や機能に応じた種類やオススメ商品を紹介します。

また、「食器の滑り止め」を使用する方法も有効。

特に片手で食事をされる方にオススメしたいグッズですね。
専用のお盆なんかも開発されてます。

介護で使える「食事滑り止めマット」おすすめ特集【トレーも対応】
食器が滑ってこぼれる、上手く食べられない。介護でのそんな食事の悩みを解決する「食事用滑り止めマット」と「介護用食器トレー」のおすすめ商品をご紹介します。滑らず丸洗いも出来るシリコンマット、食器を固定できるトレーなど、自分で見て便利だと思った商品を選びました。

フェイスタオルを使用する方法

エプロンの代替手段として、フェイスタオルを使用する事もあります。

普段は気にならないけど、「食事のソースが気になる」なんて時に便利ですね。
大袈裟な雰囲気も出ないので、コチラの方が拒否なく使用できる方もいるかもしれません。

ベッドで食事介助をする女性

また安易なエプロンの使用は、相手の自尊心を傷つける事があります。

「自分が情けない」「馬鹿にするな」と感じてしまう人もいるのです。
食事エプロンの使用前には、本人と意思確認も大切ですね。

他にも椅子や姿勢、食品など、食事には色々なアプローチ方法があります。
色々な面から総合的にサポートすると、問題の解決に繋がりやすくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました