【食べこぼし防止】介護用食事エプロンの種類と選び方

介護の食事用エプロンの種類 介護用品

介護の場では、食事用エプロンがよく使用されます。
ですが、「どんな時に使用すべきか」「どんなものを選ぶべきか」ご存知でしょうか?

食事用エプロンは、毎日繰り返し使用するものなので、汚れが着きにくいものを選びましょう。
またエプロンの安易な使用は、介護を受ける側の自尊心を傷つけてしまう事があります。

これらを踏まえ、介護用食事エプロンの種類と使用時の注意点などを説明します。

※介護士など、介助する側のエプロンは下記をご覧ください
 ⇒介護士用のおすすめエプロンを特集!

スポンサーリンク

介護で食事用エプロンが必要な時

自分で食事が食べられるけど、身体が上手く動かずどうしても食べこぼしてしまう。
それでも自分で食事が食べられるのなら、その方が美味しく食べられますよね。

そんな時、衣服やテーブル等の汚れを気にせず、食事を楽しめるよう食事エプロンを使用します。

たとえ認知症があっても、衣服やテーブルを汚してしまった事に「恥ずかしさ」や「申し訳なさ」を感じる方は多くいらっしゃいます。

介護エプロン

実際の介護現場では、食事介助が必要な方にも多く使用されています。

施設によって考え方は異なる事がありますが…、
主に食べこぼしのある方・食事介助が必要な方に多く使用されています。

また衣服が汚れたらすぐに更衣出来ればよいのですが、介護現場ではそれが出来ない事もあります。

気分良く過ごせる事はもちろん、清潔・衛生目的の為にも食事用エプロンが使用されています。

介護用食事エプロンの種類

介護で使う食事用エプロンは大きく分け、以下の2種類があります。

介護用食事エプロンは2種類

  • 繰り返し利用できるタイプ
  • 使い捨てタイプ

どちらにも良いところはあり、一長一短です。

これらは、撥水加工で表面がツルツルとしたデザインになっています。
食事中に濡れてしまっても大丈夫ですし、食事汚れによる染みが付きにくい仕様です。

繰り返し利用できる食事エプロン

介護用の食事エプロンは、「繰り返し利用できるタイプ」が主流です。
商品種類も多く、様々なデザイン・使用があります。

仕様の違いについては、エプロンの丈ポケットの有無などですね。

ロング丈ならテーブルや衣服全体をカバーできるし、ポケットがあれば食べこぼしをキャッチします。

利用者や環境に合わせて、色々な選択肢を取ることが出来ますね。
凝ったデザインのものも発売されているので、利用者の好みに合わせることも可能です。

現物はこのようなものになります。
凝ったデザインも多々ありますが、こちらはオーソドックスなタイプです。

利用後は洗濯機でまるごと水洗いし、繰り返し利用できます。

しかし3食毎回となると、いずれ色褪せや劣化がみられるようになります。
色褪せが目立つようになってきたら、買い替え時かと思います

使い捨てタイプの食事エプロン

使い捨てタイプは、毎回新しいものを使用できるので衛生的です。

洗濯の手間は省けますが、ゴミが出てしまうのが欠点ではあります。
外出先等での使用などに備え、1箱ストックしておくと便利かと思います。

デザインはシンプルなものが多く、透明なビニールエプロンが主流です。

多くは上記の商品のように、10枚~60枚ほどで1箱となっています。
利用する際は、1枚ずつ取り出して使用することが出来ます。

衛生的ではあるのですが、数が多いだけに1枚1枚の質は「繰り返し利用」には劣ります

介護用食事エプロンの選び方

繰り返し・使い捨てタイプ共に、100円ショップなどでもエプロンが売られています。

但し、安かろう悪かろうというパターンが多く、あまりお勧めはしません。

毎日使うものですし、質の低い商品だと、エプロンの使用目的を達成出来ません
食べこぼしを防ぐ、衣服を汚れから守るという、本来の目的を忘れないようにしましょう。

ポイントを説明する看護師

また食事用エプロンは色々な所で販売されていますが、必ず介護用である事を確認し購入して下さい。

介護用でない場合、単におしゃれ用品であったり、食べこぼし防止に不向きだったりします。
子ども用のよだれかけ等と間違わない様にも気をつけましょう。

介護での使用に不適切な場合が多く、エプロンを使用目的と合わないので、介護用という表記に注目して選びましょう。

繰り返しタイプと使い捨てタイプ どちらが良い?

それぞれのメリット、デメリットを簡単にまとめました

繰り返しタイプ
種類が多く、個人にあった物を選べ、機能性に優れる
×洗濯が必要
使い捨てタイプ
毎回新しいものを使え、衛生的
×ゴミが出る、デザインはシンプルで質で劣る

繰り返しタイプ」の方が、機能性に優れており、食べこぼしを防ぐにはこちらが良いです。
何度も使う事を考慮し、使いやすいようデザインされたものが多いです。

施設などでも、ほとんどの方がこのタイプを使用されています。
洗濯の手間が問題にならなければ、こちらを使用しましょう。

一方「使い捨てタイプ」の利点は、毎回新しい物を使用するので衛生的という事。

毎回新品という事を踏まえ、介護施設側でストックし、必要な方に使用してもらったりしてます。
いざという時に使用したり、外出先などで使用できるよう備えておく感じですね。

3食毎回の洗濯も手間ですし、ご家庭で使用するのももちろんアリです。

ご本人の食事の様子次第ではこちらも選択肢に入るでしょう。
エプロンの丈や機能性では劣るので、比較的食べこぼしの少ない方向けですね。

エプロンを使用する前に注意する事

冒頭でも述べた通り、安易なエプロンの使用は利用者の自尊心を傷つける事があります。

「自分が情けない」「馬鹿にするな」と感じてしまう人もいるのです。
食事エプロンが必要だと思ったら、使用する前に本人に確認をとるようにしましょう。

女性訪問介護員の食事介助

エプロン代わりに、フェイスタオルなどを利用される方もいます。

どっちが良いという話ではなく、本人が受け入れ、気分良く食事が出来る方法を選びたいものですね。

姿勢や食器の位置などを意識する事で、食べこぼしを防げるケースもあります。
エプロン以外のアプローチ方法も、同時に考えてみましょう。

気分良く食事できるオシャレエプロン

介護現場で働いているので、見慣れてしまったのですが…。

食事エプロンは、「介護されてます」「食べこぼします」という主張が強い事に気付きました。
これでは、「食事用エプロンは嫌だ」という人がいるのも頷けます。

腕組み疑問

食事用エプロンには、ぱっと見で介護用と分かりにくいよう配慮されたものがあります。

普段着の様に、衣服と馴染むようデザインされたものですね。

例えばこちらの食事エプロンは、シャツの様なデザインになっています。

単体でもおしゃれエプロンですが、カーディガンなど前開きの上着を羽織ると違和感がなくなります
周りの目が気になる方にも、勧めやすいですね。

デザイン重視なので、機能性はそれに特化したものには劣ります。
上手く両立したものがあれば良いですが、やはりどちらかに寄ってしまうみたいです。

その方に合わせ、気分良く使えるものを選んであげましょう。

エプロンだけじゃない「食事の介護用品」

エプロンが必要な理由の1つとして、食事が上手く口に運べない事があると思います。

スプーンで上手くすくえない、口に運ぶ途中で落としてしまうなどですね。

介護スプーン

そんな方のために、介護用のスプーンや食器があります。

これらは身体が上手く動かせない方でも、食事がとりやすいよう設計されており、使用する事でこれらの問題を解決できるかもしれません。

例えば、こちらの様な商品です。
上記は、握りやすいようスポンジが付いているタイプですね。

他にも食事がすくいやすい形状をしたスプーン類、食器類などもあります。

案内をする女性看護師

加えて、「食器の下に滑り止めを使用する」、「お盆を使用する」といった方法もあります。

介護施設では、ランチョンマットやお盆を使って配膳してます。
本人が気分よく食事できる方法を色々考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました