介護用オススメお尻ふきを紹介!トイレやオムツ交換などの介護負担を軽減

おしりふきの種類と選び方 介護用品

介護にあたり、どうしても避けられないのがトイレ・オムツ交換といった「排泄介助」。
家族介護をされている方で、苦労をされている方も多いのではないでしょうか?

排泄介助では、介護者が汚れを拭きとり、本人に代わって清潔に配慮する必要があります。

そんな時に活躍するのが、「おしりふき」です。

今回は、介護で使用する「おしりふきの種類や選び方」を解説しオススメを紹介。
介護士経験を活かし、トイレやオムツ交換の介護負担を減らせるよう、情報をまとめました。
スポンサーリンク

「介護用おしりふき」はどんなモノがある?

まず「おしりふき」について、家族介護を前提として簡単にご説明します。

ご家庭の場合は、市販のおしりふきを購入し、使用していただく事になります。

ポイントを説明する看護師

一般的には、使い捨てのウェットタイプが主流です。

特に、感染症予防・介護者の負担軽減の為、「使い捨てタイプ」を使用しましょう。
汚れを拭きとるという目的もあり、ウェットタイプをまず持っておきたいですね。

介護施設では、「清拭タオル」という専用のタオルを濡らし、ウォーマーで温め使用。

おしりふきの種類

おしりふきの種類」について、簡単に述べます。

排泄介助で使用できるものは、大きく分け下記の2種類。

ウェットタイプ
尿・便等の汚れを拭きとるのに使用します

ドライタイプ
水気を拭きとるのに使用できます
濡らしてウェットタオルとしても使用可、ウォーマーで保管もできる

繰り返しますが、手軽さや使用目的もあり「ウェットタイプ」が主流です。

水気の拭きとりも、厚手ウェットタオルを絞れば、ある程度代用可能かな…と。

ポイントを説明する看護師

後は、「お肌にやさしい」、「トイレに流せる」等、商品ごとに細かい特徴があります。

タオルの厚さや大きさも商品によって違いますね。
加え、電子レンジやウォーマー等を使用し、温めても使用できるタイプもあります。

お尻拭きは色々な商品名がある

  • 「からだふき」
  • 「清拭タオル」
  • 「ぬれタオル」

実際の商品名には色々とありますが、どれもおしりを拭くのには問題ありません。

使い捨てウェットタイプのおしりふき

ウェットタイプは、最も標準的なおしりふきです。

サイズは色々ですが、迷ったらこのタイプを持っておけば良いです。

こんな商品でして、袋から1枚ずつ取り出して使用する事が出来ます。

お肌に優しいのは、「無香料・ノンアルコール」タイプですね。
特にこだわりがなければそちらを使用すると良いでしょう。

アルコール除菌のタイプは刺激があり、あまり使用すると皮脂などお肌に悪いです

また商品を選ぶ際には、取り出し口にも注目して下さい。

ここが上手く閉まらないと、中のタオルが乾いてしまいます
使用中に、接着が弱くなってしまう事もあるので、しっかり蓋が出来るタイプを選びましょう。

※上記商品は、これらを考慮し選んでみました

オムツ交換時は「大きめのおしりふき」がオススメ

便など汚れを落としにくい場面では、小さいタオルでは使いにくい時があります。
手も汚れてしまうし、薄いタオルでは頼りなさを感じる事もあるでしょう。

特にオムツ交換を中心に使用する場合、大きく厚手のタオルがオススメです。
排便時の拭きとりやすさが違います。

織って拭き取り面を変えながら使用すると、便汚れの時もやりやすいですよ。

必要に応じお湯で流し、ゴシゴシでなく、優しくポンポンと拭くのがポイントです。
タオルにお湯でさらに湿らせ、水気を含ませると落としやすい場合もあります。

もっと大きいタイプは「からだふき」

今回はおしりふきから紹介させてもらいましたが、もっと大きいものは「からだふき」です。

そちらだと、上記で述べたような使い方がしやすいかと。
併せてご紹介しておきますね。

価格や自分での使いやすさも考慮し、選んでください。

介護施設で使用している清拭タオルは、大きめの体拭きを湿らせ温め使用してます。

トイレに行ける場合、「流せるタイプ」を選ぶ

トイレに流せるタイプも、使用後の処理が楽でオススメです。

主にトイレを使用される場合、持っておきたいですね。
最近では流せるタイプも商品種類が多く、探しやすいですよ。

一度に沢山使用するとトイレを詰まらせてしまうので、注意しましょう。
こまめに流すようにすれば大丈夫です。

ウォシュレットが付いているご家庭もあるかと思いますが、やはりそれだけでは不十分。

トイレに1箱常備しておくと安心です。

あまり大判でも流しにくいので、サイズは標準的なものが多いですね。
上記では、蓋がしっかりしており、無香料・ノンアルコールの物を選んでいます。

おしりふきを温めて使用する

排泄介助で清拭タオルが冷めてしまった時、「寒い」「冷たい」という声が多くあります。

介助される側にとって、冷たいタオルは不快感を感じる事が多いのです。

温かいタオルを使用すると「気持ちが良い」と、反応もだいぶ違いますね。
相手の反応というのも、介護者の精神的負担に大きく影響があります。

こちらのおしりふきは、電子レンジやウォーマーで温めて使用できます

ちょっと手間になりますけど、使用される側も安心できるかと思います。
後述の「ドライタオル」でも同じような使用が可能です。

使用上の注意
取り出してすぐは熱いので、使用前には介護者が温度を確かめるのを忘れずに。

ドライタオルの使い方

ドライタイプは、主に水気を拭きとるのに使用します。

おしりふきというより「介護用使い捨てタオル」と言った方が良いですね。
商品を探す際も、「使い捨てタオル」「ドライタオル」ぐらいで探した方が、見つかるでしょう。

ボトルのお湯で陰部やお尻を洗浄した後などは、そのままだと水でビタビタです。

ドライタオルは、そんな時に素早く水気を拭きとる事ができます。

タオルを濡らし、ウォーマーで保管すれば「使い捨ての温かいタオル」として利用できます。
工夫を凝らせば、利用の幅が広い介護タオルです。

おしりふきは必要な介護場面を考えて選ぼう

おしりふきは、必要となる場面を考えると選びやすいです。

お尻拭きの選び方

  • トイレなら「流せるタイプ」
  • オムツ交換なら「厚手の大判タイプ」
  • 要介護者に配慮するなら「温められるもの」

この様に相手の状態に合わせ選ぶと、排泄介助の負担軽減につながるかと思います。

ウェットタイプは、どうしても、「乾いてしまう」事があるので注意。
最後まで”ちゃんと使える”商品を選ぶのも大切です

トイレに座る高齢男性

またここまでは、介護者目線で語りましたが…
高齢者がご自分で使用されるケースもあるかと思います。

その場合は、蓋の開けやすさ取り出しやすさなどを重視してあげると良いでしょう。

お尻拭きとあわせて使用したい介護用品

トイレ介助オムツ交換が必要な時、持っておきたい介護用品・知識などをご紹介します。

お尻拭きと一緒に使用を検討してみて下さい。

手洗いをする女性看護師

まず排泄介助の際に持っておきたいのは、下記の用品。
※関連記事へリンクしてるので、ご参考下さい

他にも「陰洗ボトル」も持っておきたいですね。

陰洗ボトル
便汚れなどをお湯で洗い流す、陰部洗浄に使用します。
市販の物もありますが、ペットボトルの蓋に穴をあける等して代用も可能

また排泄介助で、お役に立てそうな知識等を下記でまとめています。
興味をひくものがあれば、ご覧になってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました